ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/12/20 朝刊

2018/12/20

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞



 【新春お年玉号】   投資スタイル別の厳選銘柄を一挙ご紹介!


      手続きをお忘れなきよう、宜しくお願い申し上げます。



    〓 詳 細 〓 http://www.aqua-inter.com/2019/otoshidama.html




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/12/20 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 何かと忙しい師走、ついつい睡眠不足になる方も多いかと思います。


           「睡眠不足だと太る?」


 以前、米国のスタンフォード大学とシカゴ大学の研究チームが、「睡眠不足
だと食欲が増えて太る傾向があるのは、食欲を高めるホルモンの分泌が増える
一方、エネルギー消費を促すホルモンが減るのが原因である」とする調査結果
を発表していました。


 これまで、睡眠時間と食欲ホルモンの相関関係は動物実験では分かっていま
したが、人間で実証されたのは初めてです。20台前半の健康な男性12人を
対象に、睡眠時間が2日連続で1日4時間の場合と9時間の場合を比較したと
ころ、4時間だと主に胃から分泌され、食欲を高める「グレリン」の血中濃度
が平均28%増える一方、エネルギー消費を促す「レプチン」が18%減少。
実際に全員が強い食欲を訴えたそうです。


 また、別の調査では、1日の睡眠時間が常に5時間の集団は、8時間の集団
に比べ、グレリンが平均14.9%多く、レプチンが15.5%少ないと判明
しています。


 「睡眠不足だと太る」というのは、どうやら本当のようですが、いずれにし
ましても、健康のためには、しっかりと睡眠をとること、これが重要ですね。


 ちなみに、『メタボリックシンドローム』とは、内臓脂肪型肥満によって、
さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を言い、治療の対象として考
えられるようになっています。


 肥満症や高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立し
た別の病気ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満
)が原因であることが分かってきたことが、その背景にあります。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      23323.66(−351.98)▼1.49%
□ナスダック       6636.83(−147.08)▼2.17%
□S&P500      2506.96(− 39.20)▼1.54%

□ダウ輸送株       9147.66(−297.81)▼3.15%
□半導体株(SOX)   1127.44(− 49.92)▼4.24%

□NY原油先物(1月限)   47.20(+ 0.96)
□NY 金先物(2月限) 1256.40(+ 2.80)

□為替      (対ドル)112.47(前日比0.07円安)
        (対ユーロ)127.98(前日比0.12円高)

□CME日経225先物    20630(−290)※大阪終値比



 19日のNY株式市場は、FOMCの結果を受けて大幅反落。指数はそろっ
て年初来安値を更新しました。

 午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えてこの日序盤は
様子見ムードが強い中、米連邦準備理事会(FRB)は利上げに対して従来よ
り慎重な姿勢を強めるのではないかとの期待が相場を支援。

 前日までの3日間で12%下げた原油相場が4日ぶりに反発したことや11
月の米中古住宅販売件数が減少予想に反して増加したことに加え、来年1月に
貿易協議を開催する方向で米中が調整しているとの報道なども好感されダウは
一時381ドル高まで上げ幅を拡大しました。

 午後2時にFOMCの結果(声明文)が発表されるとムードが一変。FRB
はこの日の会合で追加利上げを決定し、来年の利上げ回数見通しは前回の3回
から2回に減少しました。ここまではほぼ市場の予想どおりでしたが、利上げ
についてはもっと消極的に、景気認識については強気にという市場の期待に反
し、声明文で「さらなる段階的な利上げを行う」との文言を残したことは市場
が思っていたのよりはややタカ派的で、19年のGDP成長率と物価見通しを
それぞれ下方修正したことで市場心理が悪化しました。

 ダウは一時513ドル安と、直前の高値から短時間で894ドル急落しまし
た。引けにかけては下げ幅を縮小したもののダウは3月に付けた安値を下回り
年初来安値を更新、昨年11月15日以来約1年1カ月ぶりの安値で取引を終
了。ナスダック指数は昨年10月26日以来約1年2カ月ぶりの安値水準とな
っています。

 S&P業種別指数は全11業種が下落。一般消費財・サービス、テクノロジ
ー、工業、コミュニケーションなどが下落率上位となっています。

 この日はダウを構成する30銘柄中、通信のベライゾンを除く29銘柄が下
落。序盤の相場上昇をけん引した重機のキャタピラーがマイナスに転じ、原油
相場の反発を手掛かりにプラス圏で推移していたシェブロンやエクソンモービ
ルなどもマイナスに転じたあと下げ幅を拡大しました。

 業績見通しを下方修正した物流のフェデックスが急落し、同業のUPSもつ
れ安。同じく業績見通しに対する失望売りで半導体のマイクロン・テクノロジ
ーが大幅安となり、エヌビディアやアプライド・マテリアルズなどの半導体関
連株が下げ幅を拡大しました。

 交流サイト(SNS)最大手のフェイスブックが大幅安。データの取り扱い
や漏洩の問題でワシントン州が同社を提訴したと伝わっています。アマゾンや
アップルなども下げ幅を拡大し相場を圧迫しました。一方、好決算を発表した
食品のゼネラル・ミルズが買われ、アナリストが投資判断を引き上げたチョコ
レート大手のハーシーが上げています。

 NY原油(WTI)は4日ぶりに反発。原油相場は前日に1年4カ月ぶりの
安値をつけており、この日発表された週間の在庫統計で原油在庫が3週連続で
減少したことを手がかりに買い戻しが優勢となりました。NY金は3日続伸と
なりましたが、FOMCの結果発表後の時間外取引ではマイナスに転じていま
す。



 ┏━━━━━━━━━━┓
 ┃アクア・スペシャル版┃  〜 大好評の有料版 〜 
 ┗━━━━━━━━━━┛       


    新規でのお申し込みは、新春号とのセットが【お得】です。


          → http://www.aqua-inter.com/2019/otoshidama.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は前日比127円安の2万0987円と3月26日以来
およそ9カ月ぶりの安値水準で取引を終了しました。

     日経平均の前日までの勝敗 ●●●〇●●〇〇●〇●●

 個別銘柄では、NEC、CRI、ソースネクストなどが逆行高。新規上場の
ソフトバンク(ソフトバンクグループの国内通信子会社)の終値は公募価格を
約15%下回りました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は大幅反落。ダウは年初来安値を更新し、昨年11月以来の安
値。ナスダックス指数は昨年10月以来の安値で取引を終了しました。

 米連邦準備理事会(FRB)は今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で
今年4回目となる追加利上げを決定し、来年の利上げ回数の見通しが前回の3
回から2回に減少したことは概ね市場の予想どおりでしたが、景気認識を後退
させた上で利上げ姿勢を堅持したことが投資心理を悪化させました。

 CME日経平均先物の終値は2万0630円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万0987円と比べ360円ほど安い水準。本日早朝の大阪取引所の日
経平均先物(夜間取引)終値は2万0600円となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万1360円 5日線
 2万1000円 心理的節目
☆2万0987円 昨日終値
 2万0880円 昨日安値
 2万0630円 CME日経平均先物
 2万0617円 終値ベースの年初来安値(3月23日)

 
 東京証券取引所が発表した12月14日現在の裁定取引に伴う現物株の買い
残(期近・期先合計)は7277億円で、前の週から3817億円減少しまし
た。

 先週は株価指数先物が先行して下げる場面が多く、割安になった先物を買い
戻し、割高な現物株を売る裁定解消の取引が活発化し、現物株の買い残が大き
く減少。2016年9月26日時点以来約2年3カ月ぶりの低水準で、ここ数
年のピークだった今年1月5日時点(3兆4266億円)と比較しておよそ5
分の1の水準にまで縮小しています。

 ※裁定買い残等: http://www.aqua-inter.com/hint/w_data.html#weekly



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 対外・対内証券売買契約
 10:00 11月の白物家電出荷額
 14:00 2019年のマンション市場予測
 15:00 投資部門別株式売買動向
 16:00 11月のコンビニ売上高


 日銀金融政策決定会合の結果は昼頃に明らかになる予定で、15:30には
日銀の黒田総裁が記者会見を行います。

 関係閣僚会議の後、12月の月例経済報告(景気に関する政府の公式見解)
が公表されます。

 海外では、英中銀金融政策委員会の結果と議事要旨、週間の米新規失業保険
申請件数、12月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数、11月の米景気先
行指標総合指数などの発表が予定されています。



◎新規上場
 ――――
 Amazia(東マ・4424) 公開価格1320円
 AmidAH(東マ・7671)   〃 1460円



●その他のトピック

・金融庁、コインチェックを仮想通貨の登録業者に認可

・日本製粉、来年3月1日納品分から市販冷食を値上げ

・KYB、今期最終赤字拡大 新たな不適切行為も判明

・エフィッシモ、JDIやデクセリアルズを5%超保有

・バルニバービ、来年1月末基準日に1対2の株式分割



◎明日の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 21日(金) 日本:11月の全国消費者物価指数(CPI)
        米国:7〜9月期GDP確定値
        米国:11月米耐久財受注額
        米国:11月の個人所得・個人消費支出(PCE)
        米国:つなぎ予算の失効期限


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 不時の高下をみせる 後場の波動に注意

 <相場高低判断> 前場保合い、後場下る




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、

    理由は一つしかない。

    自分が持っていないもののことを考えているからだ。

    喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに。


           アントニー・デ・メロ(インドのカソリック神父)





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆12月20日 今日は何の日 六曜:赤口

 果ての二十日、鰤の日、霧笛記念日、デパート開業の日、シーラカンスの日、
 人間の連帯国際デー



〜 皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 13年連続受賞 =


◎まぐまぐ大賞 2018
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第3位

→ https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/asset-stock.html


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

→ http://melma.com/contents/moy2017/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

     〓重要〓    〜〜 メルマガの未着について 〜〜


 メルマガが未着となるケースがあるようです。未着の際は下記を参考に
 ご対応していただければ改善するものと思われます。

    まぐまぐ https://help.mag2.com/000335.html
 
    メルマ! http://melma.com/contents/help/reder_3_4.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。