ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/11/22 夕刊

2018/11/22

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

         << 平成最後のまぐまぐ大賞! >>

        aquaの「ハロー株式」に1票をお願いします。

  ─────────────────────────────────

 下記ページの左上にある【このメルマガをまぐまぐ大賞2018に推薦する】を
 クリックしていだければ簡単にご投票いただけます。

         https://www.mag2.com/m/0000059907.html


  これからの励みにもなりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/11/22 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 明日の「勤労感謝の日」が収穫を祝う宮廷行事が由来となっていますように、
アメリカおける11月第4木曜日の「感謝祭」(サンクスギビングデー)の祝
日も、最初の入植者が初めての収穫を神に感謝したことが起源となっています。

 感謝祭の日は家族や親しい友人と七面鳥の丸焼きを囲み、翌日の金曜日には
家族総出で買い物に出かけるというのが定番の過ごし方で、感謝祭翌日の金曜
日の小売店の売り上げは大幅に伸びて黒字になることから「ブラックフライデ
ー」(黒字の金曜日)と呼ばれ、この日から米年末商戦(クリスマス商戦)が
スタートします。

 また、明けて月曜日はオンラインショッピングが急増することから「サイバ
ーマンデー」と呼ばれます。

 米国おける個人消費はGDPの7割近くを占め、年末商戦の約1カ月間だけ
で年間消費の約2割を使うとされるだけに、年末商戦のスタートとなるブラッ
クフライデーとサイバーマンデーの動向は投資家にとりましても大きな関心事
です。

 ちなみに、全米小売業協会によりますと、年末商戦期間を含む11〜12月
の米小売売上高は前年同期比4.3〜4.8%増の7200億ドル(約82兆
円)前後と見込まれています。

 伸び率は過去5年平均(3.9%増)を上回りますが、昨年(5.3%増)
ほどではないようです。

 尚、近年の年末商戦の傾向としてアマゾンが売上げを伸ばす一方、実店舗は
苦戦していますが、今回もその傾向は変わらないとみられます。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.信頼感指数と態度指数






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21646.55(+139.01)△0.65%
◎TOPIX  1628.96(+ 13.07)△0.81%

◎売買高概算   12億0162万株
◎売買代金概算   2兆0810億円
◎時価総額   605兆2277億円

◎値上り銘柄数 1451   ◎(年初来)新高値 14
◎値下り銘柄数  580   ◎(年初来)新安値 87
◎変わらず     81

◎騰落レシオ(25日) 86.73%(前日比4.90%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 5勝7敗 ●〇●〇●〇●●〇●●〇 41.6%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −1.07% 75日線比 −4.16%


◎為替  (対 ド ル)113.04(前日比0.18円安)
     (対ユーロ)128.93(前日比0.41円安)

◎出来高上位

 1.三菱UFJ<8306> 626.7円(−  9.1円) 9616万株
 2.みずほ  <8411> 189.1円(−  0.1円) 8676万株
 3.日産自  <7201> 961.5円(+  7.4円) 3150万株
 4.日経Wイン<1357>  1230円(−   16円) 1889万株
 5.ヤフー  <4689>   311円(+    7円) 1618万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 18710円(+  240円) 1114億円
 2.任天堂  <7974> 31410円(+  390円)  683億円
 3.三菱UFJ<8306> 626.7円(−  9.1円)  596億円
 4.ソフトBK<9984>  8787円(−   78円)  589億円
 5.トヨタ自 <7208>  6821円(+  106円)  522億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が3日ぶりに上昇、139円(0.6
5%)高の2万1646円で取引終了です。

 昨晩のNYダウは0.95ドル安とほぼ横ばいでしたが、ナスダックは63
ポイント高の6972となっており、東京市場も朝方から買いが先行。米中貿
易摩擦問題を背景に世界景気の減速懸念がくすぶるなか、陸運、食品、建設、
医薬品、小売、不動産といった内需株中心に買いが入っています。10月の訪
日外国人数が10月として過去最高となるなど増加したことでインバウンド関
連にも物色の矛先が向かっています。売買代金は2兆810億円、上海総合指
数は6ポイント安の2645です。

 業種別では、水産、陸運、食品、建設、医薬品、小売、不動産などの上げが
目立ち、一方で海運、鉄鋼、銀行などが下げています。

 個別銘柄では、独立系SIの日本ラッドがストップ高、150円高の909
円となっています。人工知能(AI)を手掛ける米企業ディメンショナル・メ
カニックスと業務提携したと発表。事業拡大による収益向上を期待した買いが
入っています。

 資生堂が264円高の7464円と値を飛ばしています。10月の訪日外国
人客数が264万人と前年同月比1.8%増加。10月として過去最高を記録
し、9月の訪日外国人客数が台風21号や北海道地震の影響で5年8ヶ月ぶり
にマイナスとなっていただけに売上増を期待した買いが入っています。コーセ
ーも800円高の1万8610円と値を飛ばしています。

 ユニー・ファミリーマートが830円高の1万6670円と大幅高で上場来
高値を更新。消費増税に伴う消費落ち込みへの対策として、政府がプレミアム
付き商品券を販売することを検討していると報じられ、売り上げ増加期待から
買いが入っています。イオンも37.5円高の2714.5円、ドンキホーテ
も210円高の7500円と値を上げています。

 携帯コンテンツ配信のフォーサイドがストップ高、50円高の230円とな
っています。中国アリババグループ企業と業務提携したと発表。世界最大規模
の決済サービス「アリペイ(支付宝)」の加盟店向けにスマホなどによる決済
手法の提供を開始することで業績拡大を期待した買いが集まっています。

 その他、一押しのJR東海がインバウンド関連として630円高の2万29
30円と値を飛ばし、ユニチャームも65円高の3397円、業務用チョコレ
ート製造の米ブロマーチョコレートカンパニーを買収する不二製油が5日連続
高で250円高の3740円と大幅高となっています。

 本日の新高値銘柄は、新日本科学、ジャパンベストレスキュー、すかいらー
く、三重交通、塩野義、持田薬、ドンキホーテ、ユニーファミマ・・・等々で
す。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     

                 
             有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(9433)KDDI      3,600→ 3,300円

[野村証券]
 引上げ B→A(2501)サッポロ      2,550→ 3,000円
 据置き   B(6479)ミネベアミツミ   2,300→ 2,130円
 据置き   B(7240)NOK       2,400→ 1,800円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(1861)熊谷組       3,800→ 4,200円
 据置き   A(4061)デンカ       5,020→ 4,060円
 据置き   A(5019)出光興産      6,160→ 6,060円
 据置き   A(5020)JXTG      1,070→ 1,080円
 据置き   A(6586)マキタ       6,500→ 5,700円
 据置き   A(9605)東映       14,900→16,600円

[みずほ証券]
 据置き   A(1605)国際帝石      1,550→ 1,500円
 据置き   A(3289)東急不動産     1,000→   900円
 据置き   A(3402)東レ        1,000→ 1,050円
 据置き   A(4189)KHネオケム    4,500→ 4,100円
 据置き   A(4114)日本触媒      9,200→ 8,700円
 据置き   A(9044)南海電鉄      3,750→ 4,100円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎消費者物価
 ―――――
 10月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、値動きの
 大きな生鮮食品を除く総合で101.6と前年同月に比べ1.0%上昇しまし
 た。22カ月連続の上昇で、2カ月連続で1%台の高い伸びとなっています。

 生鮮食品及びエネルギーを除く総合は101.4で、前年同月比0.4%の
 上昇。伸び率は除生鮮食品、除生鮮食品エネルギーともに市場予想と一致し
 ました。



◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 11月11日〜11月17日

  海外投資家 −1792億円(+3620億円) 3週ぶり売り越し



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 11月第2週(11月12日〜16日、日経平均569円下落昇・週間)

  個人投資家 +1074億円(−1776億円) 3週ぶり買い越し

  海外投資家 −1369億円(+2440億円) 3週ぶり売り越し

  事業法人  +2484億円(+1101億円) 6週連続買い越し

  信託銀行  − 670億円(−1358億円) 2週連続売り越し


 ※個人の取引別動向は、現金が差し引き183億円の買い越し、信用取引も
  差し引き891億円の買い越しでした。

 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※海外投資家の売買状況の推移は下記にてご確認いただけます。
  (週間)→ http://www.aqua-inter.com/hint/w_data.html#weekly




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】信頼感指数と態度指数                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 コンファレンス・ボード(全米産業審議会、略称CB)は、経済の分析・予
測、マネジメント分析、リサーチなどを行う非営利の民間シンクタンクです。

 コンファレンス・ボードはいくつか重要な経済指標を発表しており、「消費
者信頼感指数」もその一つです。

 消費者に対するアンケート調査を基に消費者のマインドを指数化したのが消
費者信頼感指数で、当月最終火曜日に発表されます。

 調査項目は現在の景況感・雇用状況、6カ月先の景況感・雇用・所得、6カ
月以内の購入計画(自動車・住宅など)で、現状の消費者マインドを示す「現
況指数」、6カ月先の景況感を示す「期待指数」が発表されます。

 トムソン・ロイターとミシガン大学が調査・発表している「消費者信頼感指
数」もCB消費者信頼感指数と同様の指標で、こちらも現状の景況感を表す「
現況指数」と先行きの景況感を示す「期待指数」が発表されます。

 CBとミシガン大の両指数の違いはまず一つは規模で、CBが約5000人
を対象にしているのに対し、ミシガン大の指数のサンプル数は速報が300人、
確報が500人と、かなり少な目でそれ故にブレも大きくなります。

 そして、発表のタイミングにも違いがあり、CB消費者信頼感指数が最終火
曜日であるのに対し、ミシガン大消費者信頼感指数は、速報が第2金曜日、確
報が最終金曜日となっています。

 消費者信頼感指数は、アメリカのGDPの約7割を占める個人消費の動向を
知る手掛かりとして大変注目度の高い指標で、速報性の高いミシガン大消費者
信頼感指数速報で個人消費の動向を推測し、サンプル数の多いCB消費者信頼
感指数で確認する形となります。

 尚、指数の名称はCBが「コンシューマー(消費者)・コンフィデンス(信
頼)・インデックス(指数)」、ミシガン大が「コンシューマー(消費者)・
センチメント(感情)・インデックス(指数)」で、両方とも「消費者信頼感
指数」と訳し、頭に「CB」あるいは「ミシガン大」をつけて違いを表してい
る場合がある一方、CB版を「消費者信頼感指数」、ミシガン大調査のものを
「消費者態度指数」としているケースもあります。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

感謝祭翌日の金曜日のNY株式市場は午後1時までの短縮取引となっており、
多くの市場参加者が感謝祭から日曜日まで4連休をとります。米年末商戦は感
謝祭翌日から始まり、商戦のスタートが良ければその勢いに乗って株式相場が
上昇するケースが多く、これを「クリスマスラリー」または「サンタクロース
ラリー」と呼びます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 〓重要〓    〜〜 メルマガの未着について 〜〜


 メルマガが未着となるケースがあるようです。未着の際は下記を参考に
 ご対応していただければ改善するものと思われます。

    まぐまぐ https://help.mag2.com/000335.html
 
    メルマ! http://melma.com/contents/help/reder_3_4.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。