ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/11/19 朝刊

2018/11/19

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


         << 平成最後のまぐまぐ大賞! >>

        aquaの「ハロー株式」に1票をお願いします。

  ─────────────────────────────────

 下記ページの左上にある【このメルマガをまぐまぐ大賞2018に推薦する】を
 クリックしていだければ簡単にご投票いただけます。

         https://www.mag2.com/m/0000059907.html


  これからの励みにもなりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/11/19 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 貴重な週末、皆様いかがお過ごしになられたでしょうか。

 本日はお願いで恐縮でございますが、恒例の年末イベント『まぐまぐ大賞2
018』の選考が始まりました。


 本誌「ハロー株式」は「メルマ!ガ オブ ザ イヤー」にて昨年まで10年
連続で「総合大賞」を受賞。「まぐまぐ」でもマネー部門第1位など12年連
続で様々な賞を頂いています。


 これもひとえに皆様方からのご支援の賜物であり、皆様方あっての本誌と常
々感謝し、執筆活動を続けています。


 今年もその『まぐまぐ大賞2018』の選考イベントがいよいよ始まりまし
た。推薦期間は12月3日(月)までとなっており、誠に恐縮ながら本誌をご
推薦頂ければ、今後の励みにもなり、大変うれしく存じます。


 お手数おかけしますが、以下の投票ページから是非ともご推薦の程、何卒よ
ろしくお願い申し上げます。お手数おかけして申し訳ございません。


 何度でも投票可能な方式となっており、1回〜2回〜3回と何度もご投票頂
ければ嬉しく存じます。ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


 投票は以下のページの左上の「このメルマガをまぐまぐ大賞2018に推薦
する」から出来ます。よろしくお願い致します。


  投票ページ→ https://www.mag2.com/m/0000059907.html


 念のため、本誌のマガジン・タイトルは「ハロー株式」、マガジンIDは
「59907」ですが、上記のページには自動的に記載されてますので入力の必要
はございません。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      25413.22(+123.95)△0.49%
□ナスダック       7247.87(− 11.16)▼0.15%
□S&P500      2736.27(+  6.07)△0.22%

□ダウ輸送株      10583.60(− 31.70)▼0.30%
□半導体株(SOX)   1220.14(− 14.47)▼1.17%

□NY原油先物(12月限)  56.46(±    0)
□NY 金先物(12月限)1223.00(+ 8.00)

□為替      (対ドル)112.82(前日比0.47円高)
        (対ユーロ)128.83(前日比0.33円安)

□CME日経225先物    21745(+ 95)※大阪終値比



 先週末16日のNY株式市場は、米中貿易戦争が終息に向かうとの期待を背
景にダウが続伸した一方、エヌビディアの急落でナスダック指数は反落しまし
た。

 前日引け後に半導体のエヌビディアが発表した8〜10月期決算で主力のゲ
ーム向けGPU(画像処理半導体)の売上高が減収となり、次の四半期も減収
見通しとなったことから同社株が急落して始まり、企業業績に対する先行き懸
念から主要3指数は反落スタートとなりました。

 貿易戦争を巡りトランプ米大統領が「中国が広範な行動リストを提出してき
た」と述べ、「中国は合意を望んでおり、追加制裁は不要かもしれない」と発
言したことが伝わると投資家心理が改善し、上昇に転じる銘柄が増加

 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が政策金利について「中立金
利に近づいている」と発言したことから利上げサイクルの終了が意識され、金
利が低下したことも株式市場の支援材料となりました。

 ダウとS&P500種指数は小幅ながら続伸しましたが、ナスダック指数は
エヌビディアの下落が響き反落しました。

 S&P業種別指数は、金利低下で買いが入り安い不動産や公益、原油相場の
持ち直し期待からエネルギーなどが上昇。一方、アマゾンの下落が響き一般消
費財・サービスが下落。フェイスブック株の下落でコミュニケーション、エヌ
ビディアの急落でテクノロジーなどが軟調でした。

 ダウ構成銘柄では、保険のトラベラーズ、医療保険のユナイテッドヘルス、
外食のマクドナルド、工業・事務用品のスリーエム、通信のベライゾン、石油
のシュブロンなどが上昇した一方、小売りのウォルマート、クジットカードの
ビザなどが下げています。航空機のボーイングは6日続落。先月のインドネシ
ア・ライオン航空機事故で737MAX型機の安全性に懸念が広がっており、
遺族がボーイングを提訴したことも嫌気されました。

 電気自動車(EV)のテスラが上昇。中国でモデル3の受注を開始したこと
が材料視。収益見通しが市場予想に届かなかった半導体製造装置のアプライド
マテリアルズは大幅安で寄り付いた後、下げ幅を縮小しプラスに転じています。

 一方、アナリストが投資判断を引き下げたアパレルのマイケルコースが下落。
失望決算で百貨店のノードストロームが急落。ゲームのアクティビジョンやエ
レクトリックアーツの下落も目立ちました。米大統領選のロシア介入疑惑への
対応で幹部が水面下で画策していたとの報道でフェイスブックが下げています。

 NY原油(WTI)は前日比変わらず。12月のOPEC総会で産油国が減
産で合意するとの観測から買い優勢で推移しましたが、週末要因による持ち高
調整の売りで前日終値付近にまで押し戻されました。NY金はドル安に伴う割
安感意識した買いで3日続伸となりました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
             有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆先週末の日経平均株価は、前日比123円安の2万1680円で取引を終了。

     日経平均の前日までの勝敗 ●〇●〇●〇●〇●〇●●

 個別銘柄では、インターアクション、極楽湯HD、マツキヨHD、大日本住
友製薬などが物色されました。※詳細は16日夕刊の「相場概況」をご参照く
ださい。

 先週末のNY株はまちまちの動き。米中貿易戦争が終息に向かうとの期待や
金利低下が相場の支援材料となった一方、エヌビディアが急落しナスダック指
数を圧迫しました。

 CME日経平均先物の終値は2万1745円で、先週末の東京市場の日経平
均終値2万1680円と比べ65円高い水準。先週末の大阪取引所の日経平均
先物(夜間取引)終値は2万1760円となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万2030円 25日線
 2万2000円 心理的節目
 2万1965円 一目基準線
 2万1882円 5日線
 2万1745円 CME日経平均先物
☆2万1680円 先週末終値
 2万1500円 心理的節目
 2万1484円 13日安値



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 10月の貿易統計


 海外では、11月の米住宅市場指数の発表などが予定されています。


◎決算発表
 ――――
 13:20 東京海上(8766)
 14:00 SOMPO(8630)
 14:40 MS&AD(8725)


●その他のトピック

・来年10月に薬価改定 増税とセットで引き下げ

・冬のボーナス、好調な企業業績を映して過去最高

・ミタチ産業、通期予想を上方修正 減益幅が縮小

・医学生物、今期最終が一転赤字 希望退職で特損

・島精機、上限100万株・40億円で自社株買い



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 20日(火) 米国10月の住宅着工件数

 21日(水) 10月の全国百貨店売上高
        10月の訪日外国人客数
        米国10月の耐久財受注額
        米国10月の景気先行指標総合指数

 22日(木) 10月の全国消費者物価指数(CPI)
        米国は感謝祭の祝日で市場休場

 23日(金) 勤労感謝の日で東京市場が休場
        米国は感謝祭翌日で株式、債券、商品市場が短縮取引
        米国は「ブラックフライデー」(年末商戦スタート)


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 上放れ売り、下寄りは見送り 突込み利入れ方針

 <相場高低判断> 浮動相場で変化なし




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





      古人の跡を求めず、古人の求めたる所を求むべし


                       松尾 芭蕉






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆11月19日 今日は何の日 六曜:先負

 世界トイレの日、鉄道電化の日、緑のおばさんの日、いい息の日



     〓重要〓    〜〜 メルマガの未着について 〜〜


 メルマガが未着となるケースがあるようです。未着の際は下記を参考に
 ご対応していただければ改善するものと思われます。

    まぐまぐ https://help.mag2.com/000335.html
 
    メルマ! http://melma.com/contents/help/reder_3_4.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。