ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/10/24 朝刊

2018/10/24

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


   今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたします。


    『 押し目買い好機到来、

         ここで仕込んでおきたい上昇余地大の○○5○!』


    『 投資家によく利用されているツイッター情報 』



   ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/10/24 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は水曜日。『スペシャル版』(有料版)の配信日です。

 「一時的に安くなる秋に買う、これが株式投資で最も投資成果が上がるパタ
ーン」です。そこで、そうした観点を踏まえ、本日はこの絶好の下押し局面で
仕込んでおきたい上昇余地大の有望銘柄をご紹介させて頂きます。


 日本を代表する企業であり、18年3月期の営業利益は20年ぶりに過去最
高を更新。同社の稼ぐ力は相当に高まっており、これから更に業績拡大→株価
上昇、こうなる可能性は極めて高いです。


 従いまして、足元の下押し局面での「押し目狙い」、「種蒔き」は大きな果
実となって報われる公算大です。ご期待下さいませ。


 「儲(もう)かる」という字は「信じる者」と書きます。この大切な時期に
是非ともスペシャル版をご活用下さいませ。


 『スペシャル版』の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か1万6200
円(1ヶ月当たり2700円程度)と極めてお値打ちな料金でご提供させて頂
いています。


 「安い値段で皆様方のお役に立ちたい」、発行当初からこの信念は一貫して
おり、多くの方にご購読頂いています。


 もちろん、値段が安いだけでなく、内容が充実しているからこそ、長年に渡
ってビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間に合
います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      25191.43(−125.98)▼0.50%
□ナスダック       7437.54(− 31.09)▼0.42%
□S&P500      2740.69(− 15.19)▼0.55%

□ダウ輸送株      10237.02(−198.74)▼1.90%
□半導体株(SOX)   1227.61(−  6.59)▼0.53%

□NY原油先物(12月限)  66.43(− 2.93)
□NY 金先物(12月限)1236.80(+12.20)

□為替      (対ドル)112.40(前日比0.08円安)
        (対ユーロ)128.95(前日比0.15円安)

□CME日経225先物    22175(+255)※大阪終値比



 23日のNY株式市場は、リスク回避の売りで下落しましたが、日中の安値
からは大きく値を戻しています。

 中国当局の株価支援策で上昇した上海株が早くも反落し、サウジアラビアを
めぐる地政学リスク、イタリアの財政問題や英国の欧州連合(EU)離脱交渉
への警戒感でドイツやフランス、イタリア、スペインなどの株価指数が軒並み
年初来安値を更新する中、NY株式市場も朝方からリスク回避の売りが先行。

 建機のキャタピラーが朝方に決算を発表し、7〜9月期の利益は市場予想を
上回りましたが、通期の利益を見通しを据え置いたことで失望売りが膨らみ同
社株は一時10%超の急落。工業製品・事務用品のスリーエムも決算と業績見
通しへの失望売りで一時8%超の急落。投資家の不安心理を映すボラティリテ
ィ・インデックス(VIX)が前日比25%上昇の24まで急騰したことから
システムテマチックな売りも出て、ダウは一時548ドル安まで下げ幅を拡大
しました。

 しかし、売り一巡後は下げ渋り。好調な決算を発表したファストフードのマ
クドナルドや航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズなどが上昇し、序
盤下げていた銘柄にも見直し買いが入り、ダウは日中の安値から422ドルほ
ど値を戻して取引を終了。ハイテク株の比率が高いナスダックも一時の208
ポイント安(2.8%)安から値を戻し、VIXは上げ幅を縮小しました。

 S&P業種別指数は、不動産、生活必需品、コミュニケーションがしっかり
だった一方、エネルギー、工業、素材、金融などの下げが目立ちました。

 ダウ構成銘柄では、好決算を発表したマクドナルド、通信のベライゾン、ユ
ナイテッド・テクノロジーズが大きく上昇し指数を下支え。この3銘柄でダウ
を111ドル押し上げています。医療保険のユナイテッドヘルスやアップル、
IBMなども上昇しています。

 一方、決算への失望りでキャタピラーが7.5%安、同じくスリーエムが4
%超の下落。世界的な景気動向に敏感な航空機のボーイングや化学のダウ・デ
ュポンも売られ、原油安でシェブロンやエクソンモービルなどエネルギー株の
下落も目立ちました。株安を受けて金利が低下したことや欧州の金融市場に対
する懸念からゴールドマンなどの金融株も下落。キャタピラー、スリーエム、
ボーイング、シェブロン、ゴールドマンの5銘柄でダウを212ドル押し下げ
ました。

 その他、電気自動車(EV)のテスラが急伸。空売り専門投資情報会社が従
来の売りから買いに判断を一転したことが材料視されました。決算を発表した
バイオジェンは小幅高。好調な決算を発表した大型バイクのハーレーは米国内
の販売の落ち込みが嫌気され下落しました。尚、引け後に決算を発表した半導
体のテキサス・インスツルメンツは、時間外取引で大幅安となっています。

 この日から取引の中心が12月物となったNY原油(WTI)は大幅下落。
サウジアラビアが増産の方針を示したことや、世界的な株安でリスク資産とさ
れる原油にも売りが波及し、終値は8月20日以来、約2カ月ぶりの安値水準
となっています。

 NY金は3営業日ぶり反発。安全資産とされる金に逃避資金が流入し、7月
16日以来、約3カ月ぶりの高値水準で取引を終了しています。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
アクアの有料メールマガジン (詳細)https://www.aqua-inter.com/special/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、前日比604円安の2万2010円で取引を終了。

     日経平均の前日までの勝敗 ●●〇●〇●〇〇●●〇●

 個別銘柄では、日本車両、神戸物産、加賀電子、クラリオンなどが逆行高と
なりました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は下落しましたが、日中の安値からは大きく値を戻しています。

 CME日経平均先物の終値は2万2175円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万2010円と比べ165円高い水準。本日早朝の大阪取引所の日経平
均先物(夜間取引)終値は2万2160円となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万2494円 200日線
 2万2284円 一目雲下限
 2万2175円 CME日経平均先物
☆2万2010円 昨日終値
 2万2000円 心理的節目
 2万1851円 8月安値
 2万1500円 心理的節目
 2万1462円 7月安値


 なお、日経平均株価の昨日終値の予想PERは12.72倍と3月以来の低
水準。

 また、昨日の日経平均株価の25日線との下方カイリ率は、下げ過ぎの目安
とされる5%を越え、2月中旬以来の水準。短期的な相場の勢いを示すRSI
(相対力指数)は昨日時点で20%と、一般的に「売られすぎ」とされる領域
に入っています。

 空売り比率(売買代金に占める空売りの割合)は高水準が続いていますが、
昨日は50.8%とデータの公表が始まった2008年11月以降で過去最高
となっています。空売り比率が高いということは、目先的に株安が進むとみる
投資家が多いことを示しています。一方、空売りは買い戻しを伴うことから、
一般的には同比率が高水準にあることは買い戻しのエネルギーの蓄積も示唆し
ています。



◎本日の予定
 ―――――
 09:30 10月の日経製造業PMI速報値
 14:00 22日時点のガソリン価格


 臨時国会が本日召集されます。会期は12月10日までの48日間で、初日
のきょうは安倍首相の所信表明演説や第1次補正予算案の提出が予定されてお
り、会期中に外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案や、日本とEU
の経済連携協定承認案などが審議されます。

 下半期最大級のIT展示会「Japan IT Week」が幕張メッセで開
催されます。本日から3日間の日程で、出展は過去最多の750社、5万人の
来場が見込まれています。


 海外では、独・仏・ユーロ圏・米国の10月の製造業PMI速報値、9月の
米新築住宅販売件数、8月の米住宅価格指数、米地区連銀経済報告(ベージュ
ブック)の発表などが予定されています。



◎決算発表
 ――――
 15:00 花王(4452)、カブコム(8703)
 15:30 LINE(3938)
 16:30 中外薬(4519)


 NY市場では、マイクロソフト、ボーイング、ビザ、AMD、フォードなど
が決算を発表します。



●その他のトピック

・日本取引所と上海証券取引所、ETFを相互上場へ

・トヨタとマツダ、販売金融事業の統合で最終調整へ

・川金HD、免振装置データ改ざん、不適合93物件

・シーズHD、J&Jが1株5900円で公開買付け

・OKI、中間期営業損益を赤字から黒字に上方修正

・日本電産、中間期営業利益は超過達成 期末配増額

・SUBARU、中間純利42%減 品質関連費計上



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 25日(木) キヤノン、富士電機、日立建機などが決算を発表
        ECB理事会の結果発表・ドラギ総裁会見
        インテル、アアゾンなどが決算を発表

 26日(金) 信越化、日立、リコーなどが決算を発表
        米国7〜9月期GDP速報値


◆今日の高島暦

 < 相場の波動 > 安値にある時は買い方針良し

 <相場高低判断> 変動の兆あるゆえ注意




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





     右の目は熱く、左の目は冷たく、心には氷の炎を持て

                         開高 健







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10月24日 今日は何の日 六曜:赤口

 国連デー、文鳥の日、暗黒の木曜日(1929年)、世界開発情報の日、
 ツーバイフォー住宅の日、マーガリンの日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。