ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/08/02 夕刊

2018/08/02

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┏━━━━┓
   ┃株式投資┃  「注目テーマ」や「有望銘柄」の紹介で大好評!
   ┗━━━━┛     



    『アクア・スペシャル版』のお申込み・詳細は

                  https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/08/02 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 国土交通省は毎年、都市鉄道の混雑率を調査しており、先日発表された最新
の調査結果によりますと、混雑率ワースト3(いずれも朝の時間帯)は下記の
ようになっています。

       <区間>       <線名>    <混雑率>

  1位 木場  →門前仲町 (東京地下鉄東西線) 199%

  2位 錦糸町 →両国 (JR東日本総武緩行線) 197%

  3位 武蔵小杉→西大井 (JR東日本横須賀線) 196%


 ちなみに、混雑率は、輸送人員÷輸送力で算出され、混雑度の目安は180
%が「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」、200%が「体がふれあ
い相当圧迫感があるが、週刊誌程度など読める」などとなっています。

 2020年の東京オリンピックは猛暑への対応もさることながら、交通混雑
の緩和も大きな課題となっています。

 専門家の試算によりますと、オリンピック期間中は観客の増加で混雑する頻
度と程度が増し、ピーク時には東京駅や新宿駅などの構内は普段の3倍もの乗
客で溢れかえるとしています。

 普段の通勤客と違い、首都圏の鉄道に不慣れな乗客が増えることも混雑に拍
車をかけ、駅構内やホームでは人が進まず、電車への乗り降りもできなくなり、
このままでは電車の運行も困難になると専門家は予測しています。

 2020年7月24日(金)にオリンピックは開幕しますが、その年に限り、
10月第2月曜日の「海の日」を開会式前日の23日(木)に、10月第2月
曜日の「体育の日」(2020年からスポーツの日)を24日(金)にそれぞ
れ移動することで開会式前後を4連休とし、8月11日の「山の日」を閉会式
翌日の8月10日(月)に移すことも混雑緩和の一環です。

 さらに政府は、開会式が行われる7月24日を、今年から「テレワーク・デ
イ」と定め、都心の混雑緩和の切り札・働き方改革の一環として、自宅など普
段の職場以外で働く「テレワーク」の普及を後押ししており、テレワークを導
入する企業が徐々に増えています。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.アップルのエコシステム





☆☆彡

 割り切りで材料株の勢いに乗るのも良し、優良株をコツコツ仕込むのも良し、
 チャンスは至る所にあります。

 具体的に銘柄が決まらない方は、本誌【スペシャル版】をご活用ください。


 ※※ お申し込み・詳細は →  https://www.aqua-inter.com/special/ ※※



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22512.53(−234.17)▼1.03%
◎TOPIX  1752.09(− 17.67)▼1.00%

◎売買高概算   16億4242万株
◎売買代金概算   2兆7678億円
◎時価総額   650兆2885億円

◎値上り銘柄数  509   ◎(年初来)新高値 
◎値下り銘柄数 1509   ◎(年初来)新安値 
◎変わらず     85

◎騰落レシオ(25日)102.56%(前日比5.87%低下)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 〇●●●〇〇●〇●〇〇● 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.80% 75日線比 +0.29%


◎為替  (対 ド ル)111.72(前日比0.39円高)
     (対ユーロ)129.91(前日比1.12円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 199.8円(±    0円)19314万株
 2.三菱UFJ<8306> 702.5円(−  3.5円) 6917万株
 3.ビジョナリ<9263>   157円(+   25円) 2965万株
 4.東京電力 <9501>   555円(+   11円) 2661万株
 5.りそな  <8308> 639.0円(+  3.1円) 2267万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 20160円(−  470円) 1353億円
 2.任天堂  <7974> 38220円(−  880円) 1065億円
 3.ソニー  <6758>  6117円(+   12円)  493億円
 4.三菱UFJ<8306> 702.5円(−  3.5円)  488億円
 5.キーエンス<6861> 60080円(−   20円)  458億円


◆相場概況

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が3日ぶりに下落して234円(1
.03%)安の2万2512円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが81ドル安となり、円相場が1ドル=111.70円前後
と円高に振れたことを嫌気して朝方から売りが先行。トランプ米政権が中国製
品に対する輸入関税の税率を10%から25%に引き上げる案を検討と報じら
れて米中貿易摩擦に対する懸念が再燃し、上海・香港・韓国・台湾などアジア
主要市場が大きく下落していることも重石となり、引けにかけて下げ幅を広げ
ています。売買代金は2兆7678億円、上海総合指数は56ポイント(2.
0%)の大幅安で2768です。


 東証が7月第4週(23〜27日)の投資家別株式売買動向を発表。注目の
外国人は3週連続の買い越しで買越額は859億。個人は3週連続の売り越し
で売越額は2186億円、年金基金の売買動向を反映する信託銀行は2週連続
の買い越しで買越額は52億円となっています。

 業種別では、紙パが唯一高く、一方で非鉄、海運、石油、鉄鋼、自動車、機
械、不動産などの下げが目立ちます。

 個別銘柄では、旭化成が93.5円高の1602.5円と大幅高で上場来高
値更新。4〜9月期の連結純利益が過去最高見通しと発表し、好感した買いが
膨らんでいます。リチウムイオン2次電池用セパレーターや繊維事業で人工皮
革などの販売が好調です。

 金型メーカーのニチダイがストップ高、150円高の1036円となってい
ます。4〜6月期の連結純利益が前年同期比で2倍近くとなり、好感した買い
が集まっています。主力の金型が国内とインドや東南アジア向けに好調です。

 いすゞ自が46円高の1581.5円と値を上げています。4〜6月期の連
結営業利益が前年同期比で約3割増の500億円程度になった模様と報じられ、
好感した買いが入っています。

 その他、好業績発表で三菱商事が20円高の3195円、ピアノやギターな
ど主力の楽器が中国や北米で好調で好業績発表のヤマハが140円高の549
0円、コニカミノルタも好業績発表で38円高の1075円と値を飛ばしてい
ます。

 一押しで昨日大幅高のソニーは本日も小幅ながら12円高の6117円と値
を上げて昨年来高値更新、有機EL関連の保土谷化学が305円高の3665
円と大幅高、ICリードフレームと自動車・家電向けモーターコアの三井ハイ
テックも151円高の1603円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、旭化成、レンゴー、KHネオケム、旭有機、竹本容器、
アンリツ、ソニー、丸紅、王将・・・等々です。





 〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓 【 アクア・スペシャル版 】


       お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[UBS証券]
 引下げ B→C(4911)資生堂       7,600→ 7,600円

[野村証券]
 据置き   A(2768)双日         450→   470円
 据置き   A(3626)TIS       6,000→ 6,400円
 据置き   A(3861)王子HD       850→   880円
 据置き   A(4208)宇部興産      3,840→ 3,780円
 据置き   A(4523)エーザイ     15,000→15,200円
 据置き   A(4768)大塚商会      5,250→ 5,000円
 据置き   A(4902)コニカミノルタ   1,316→ 1,343円
 据置き   A(8056)ユニシス      3,000→ 3,100円

[SMBC日興証券]
 据置き   B(7276)小糸製作所     7,800→ 8,200円

[三菱UFJMS証券]
 引上げ B→A(6966)三井ハイテック   2,400→ 3,200円

[みずほ証券]
 据置き   A(2810)ハウス食品G    4,670→ 4,690円

[大和証券]
 据置き   1(4812)ISID      3,120→ 3,810円
 据置き   1(9409)テレビ朝日     2,800→ 2,550円
 据置き   2(2782)セリア       5,600→ 5,400円
 据置き   2(4228)積水化成      1,550→ 1,200円
 据置き   2(4922)コーセー     22,250→25,180円
 据置き   3(8136)サンリオ      1,800→ 2,050円

[ゴールドマンS証券]
 据置き   2(6752)パナソニック    2,100→ 2,000円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 7月22日〜28日

  海外投資家 − 634億円(+1736億円) 4週ぶり売り越し



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 7月第4週(7月23日〜27日、日経平均14円上昇・週間)

  個人投資家 −2186億円(− 863億円) 3週連続売り越し

  海外投資家 + 859億円(+ 319億円) 3週連続買い越し

  事業法人  + 127億円(+ 181億円) 4週連続買い越し

  信託銀行  +  52億円(+ 301億円) 2週連続買い越し


 ※個人の取引別動向は、現金が差し引き1941億円の売り越し、信用取引
  は差し引き245億円の売り越しでした。

 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※海外投資家の売買状況の推移は下記にてご確認いただけます。
  → http://www.aqua-inter.com/hint/w_data.html#weekly




◎ユニクロ売上高
 ―――――――
 ファーストリテイリングが発表した7月の国内ユニクロの既存店売上高は前
 年同月比0.3%減と3カ月連続で減少しました。

 7月の客数は前年比3.3%減、客単価は3.1%アップしています。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】アップルのエコシステム                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 米アップルが31日に発表した4〜6月期決算は売上高・利益ともに市場予
想を上回り、株価は年初来で19%上場し上場来高値を更新。時価総額は世界
初の1兆ドル(約111兆円)が目前となっています。

 決算では、主力のiPhoneの販売台数は4130万台と市場予想(41
80万台)にはわずかに届きませんでしたが、高価格機種iPhoneX(テ
ン)の販売が好調で、販売価格の平均は724ドルとアナリスト予想の694
ドルを上回りました。

 アップルの好調を支えているのは機器の販売ばかりではなく、アプリ販売の
「アップストア」や音楽配信「アップルミュージック」、アイクラウドなど、
利益率の高いサービス部門からの収入が前年同期比31%増と大幅な伸びを示
し、アップルの全体の収益を押し上げています。

 ちなみに同社のクックCEOは、2020年にはサービス部門の売上高が1
40億ドルを超えるとの見通しを示しています。140億ドルを円換算すると
約1兆5600億円となります。

 ところで、著名投資家のウォーレン・バフェットはアップルに巨額の投資を
行っています。上位株主の保有比率に変動がなければ、バフェット氏率いる投
資会社バークシャー・ハザウェイのアップル株の保有高は2億3956万株で、
資産運用会社のバンガード・グループやブラックロックに次ぐ第3位の株主と
なっています。

 バークシャーが保有するアップル株の評価額は、3月末時点で約401億ド
ルでしたが、昨日終値で換算しますと約483億ドルに膨らんでいます。円換
算すると約5兆3800億円です。今やアップルは、金融のウェルズファーゴ
を抜いてバークシャーの最大の投資先となっています。

 アップルの強みは「エコシステム(生態系)」と言われる独自の経済圏にあ
ります。

 アップルの端末は世界で13億台が稼働。アップルの端末利用者は端末を通
じてアップストアやアイクラウドなどのサービスを利用し、日々あるいは月毎
にアップルに利用料を支払っています。このエコシステムについてバフェット
氏は非常に強力であると高く評価しています。

 アップルは、従来の見方としてはスマホの製造販売会社でしたが、現在はエ
コシステムの運営会社としての評価が高まっています。

 ちなみに、バフェット氏はアップルについて「米国で2番目に収益性が高い
企業のほぼ2倍も稼ぐ。信じられない企業だ」と述べています。

 また、四半期ごとの決算でiPhoneの販売台数を気にするマーケットの
雰囲気については、「3カ月で何台売れたかを推測するのに多大な時間を費や
すのはバカげてる」とし、「来年雨が降るかどうかを考えて農場を買う人など
いない。10年、20年を超えて良い投資案件だと思うから買うのだ」と説い
ています。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昨年1月頃に2万3千円前後だった任天堂の株価は、今年前半には5万円目前
にまで上昇し、その時の高値が現時点で年初来高値となっています。高値を形
成した時期は、アナリストが同社の株価目標を7万円に引き上げた時期と重な
ります。アナリストに限らずですが、投資家はマーケットの雰囲気を忖度した
りすると、相場の天井圏で超強気になったり、買いのタイミングで弱気になっ
たりする傾向がありますので注意が必要です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。