ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/05/15 朝刊

2018/05/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃   〜 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ 〜
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』


                → https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/05/15 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 栄養たっぷりで低カロリーの「バナナ」。果実の中で輸入量第1位であり、
この時期に最も消費が増えます。

 日本に最初に入ったのは今から110年以上前の1903年。当初は台湾産
バナナが中心で高級食材でした。1963年に輸入が自由化され、現在は主力
のフィリピン産(90%超)を中心に糖度が高いインド産やベトナム産も出回
っています。


 テニスやゴルフなどスポーツの舞台では栄養補給の定番となっており、東京
マラソンでもランナーにはバナナが配られます。消化酵素のアミラーゼを多く
含むためエネルギーの吸収効率が良く、血圧の上昇を抑える効果のあるカリウ
ムが豊富に含まれており、脳梗塞や心筋梗塞などの予防に効果が期待できます。


 また、食物繊維やフラクトオリゴ糖が消化を促進し、便秘改善にも効果的だ
そうです。フラクトオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やす効果があるされ、
普段からバナナを食べている人は大腸がんになりにくいとも言われています。


 生産量はインドが1位、2位が中国、3位がインドネシア、そしてブラジル、
エクアドル、フィリピンと続いています(2016年FAOSTAT調べ)。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      24899.41(+ 68.24)△0.27%
□ナスダック       7411.32(+  8.43)△0.11%
□S&P500      2730.13(+  2.41)△0.09%

□ダウ輸送株      10663.16(− 50.41)▼0.47%
□半導体株(SOX)   1367.50(+ 17.04)△1.26%

□NY原油先物(6月限)   70.96(+ 0.26)
□NY 金先物(6月限) 1318.20(− 2.50)

□バルチック海運指数   1476   (+ 4)

□為替      (対ドル)109.68(前日比0.18円安)
        (対ユーロ)130.80(前日比0.36円高)

□CME日経225先物   22880(+ 20)※大阪終値比



 週明け14日のNY株式市場は、米中貿易摩擦が和らぐとの見方を背景に買
いが先行。引けにかけては上げ幅を縮小しましたが、ダウは昨年9月以来の8
日続伸で取引を終了しました。

 中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)が米国の経済制裁によって事業停止
に追い込まれていることに関して、トランプ米大統領が「速やかに事業を再開
できるよう習主席と共に取り組んでいる」とツイート。

 さらに、中国が米半導体大手クアルコムによるオランダのNXPセミコンダ
クターズ買収の承認申請について審査を再開したと伝わったことから、米中が
歩み寄り、米中貿易摩擦は緩和の方向へ動いているとの見方から買いが先行。
ダウは一時163ドル高まで上伸し、2万5000ドルをうかがう展開となり
ました。

 その後、ロス商務長官が貿易問題で米中の隔たりは依然大きいとの認識を示
したことで勢いが鈍り、米大使館のエルサレム移転に伴う抗議デモが市場心理
を冷やしたことや、この日を含めてダウが8日連続高となっており、反動安へ
の警戒感もあって引けにかけて上げ幅を削りましたが、ダウ、ナスダックとも
に3月16日以来、およそ2カ月ぶりの高値で取引を終了しました。

 S&P業種別指数は、ヘルスケア、エネルギー、素材などが堅調だった一方、
不動産、公益、通信、工業などが軟調でした。

 個別銘柄では、半導体のクアルコムが上昇。中国がアクルコムによるNXP
セミコンダクターズ買収の審査を再開すると伝わったことが好感されており、
NXPは大幅高となっています。来週にアナリスト説明会を開催するマイクロ
ン・テクノロジーは期待感から買い優勢で推移。家電やリフォーム事業の売却
を検討していることを明らかにした小売りのシアーズが大幅高となっています。

 一方、富士フイルムとの統合合意を撤回したゼロックスが大幅安。電気自動
車(EV)のテスラは、先週「モデルS」が停車中のトラックに追突する事故
を起こしたことが嫌気され下落。アマゾンやアップル、フェイスブックなど大
型ハイテク株の一角も軟調でした。

 ダウ構成銘柄では、ユナイテッドヘルス、ウォルマート、ファイザー、ダウ
デュポン、ゼネラル・エレクトリック、エクソンモービルなどが上昇した一方、
トラベラーズ、ジョンソン&ジョンソン、シスコシステムズ、ビザ、マクドナ
ルドなどが下落しました。

 NY原油先物(WTI)は反発。石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表
した月報で、協調減産の効果や需要の増加により、世界的な供給過剰が事実上
解消したとの見解を示したことが買い手掛かりとなりました。ただ、利益確定
の売りも出て上げ幅は限定的です。NY金先物は小幅続落。投資家がリスク選
好姿勢を強める中、安全資産としての金の需要が後退しています。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
                      投資のノウハウも随時掲載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、先週末比107円高の2万2865円で取引終了。

     日経平均の前日までの勝敗 〇●〇〇〇●●〇●〇〇〇

 個別銘柄では、資生堂、コーセー、日本板硝子、ユニー・ファミリーマート、
三井不動産などが大きく上昇しました。※詳細は昨日夕刊「相場概況」をご参
照ください。

 昨晩のNY株は、米中貿易摩擦が和らぐとの見方を背景に買いが優勢となり
ダウは8日続伸、およそ2カ月ぶりの高値で取引を終了しました。

 CME日経平均先物の終値は2万2880円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万2865円と比べ15円高い水準です。本日早朝の大阪取引所の日経
平均先物(夜間取引)は2万2890円で取引を終了しました。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万3122円 窓上限(2月2日安値)
 2万3000円 心理的節目
 2万2880円 CME日経平均先物
☆2万2865円 昨日終値
 2万2622円 一目転換線
 2万2607円 5日線
 2万2500円 心理的節目
 2万2382円 26週線


◎本日の予定
 ―――――
 11:00 中国4月の工業生産高、小売売上高、固定資産投資など
 13:00 3月の第3次産業活動指数
 15:00 4月の投信概況


 欧米では、1〜3月期のユーロ圏GDP改定値、5月の独ZEW景気予測指
数、4月の米小売売上高、5月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数、3月の
米企業在庫、5月の米住宅市場指数などの発表が予定されています。



◎決算発表 約380社が決算を発表
 ――――
 11:30 東洋エンジ(6330)、東芝(6502)
 12:00 鹿島(1812)
 12:30 エーザイ(4523)
 13:00 クラレ(3405)、三井化(4183)

 14:00 日本紙(3863)、藤倉ゴム(5121)、
       SMC(6273)、阪急阪神(9042)

 14:30 群栄化(4229)、DIC(4631)

 15:00 沢井薬(4555)、出光興産(5019)、
       Jディスプレ(6740)、H2Oリテイ(8242)、
       T&D(8795)、日本郵政(6178)、
       ゆうちょ銀(7182)、かんぽ生命(7181)

 15時過ぎ 鉄建(1815)、住友化(4005)、
       電通(4324)、リクルート(6098)、
       NTN(6472)、三菱UFJ(8306)、
       みずほFG(8411)、第一生命(8750)など


 NY市場では、取引開始前にダウ銘柄のホームデポが決算を発表します。



●その他のトピック

・自動車や住宅で減税も 消費増税後の買い控え防ぐ

・米最高裁、全米の州でスポーツ賭博の解禁を認める

・メルカリ、6月19日上場 時価総額2千億円超も

・アブダビ、脱石油でJXTGや出光興産に参画打診

・コニカミノルタ、前期純利が減益予想から一転増益

・ハウスドゥや一家ダイニング、1対2の分割を発表



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 16日(水) 1〜3月期GDP速報値
        米国4月の住宅着工件数

 17日(木) 3月の機械受注と4〜6月期見通し
        4月の訪日外国人客数
        米国5月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数

 18日(金) 4月の全国消費者物価指数(CPI)
        決算:富士フイルム、SOMPO、東京海上など


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 気味が悪くも突込み売りは見送り悪目買い狙え

 <相場高低判断> 高値相場出ることあり





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




       未来に向き合うにはふたつの方法がある。

           ひとつは心配、もうひとつは期待だ。

                     ジム・ローン


           (株式投資もまさにこの通りですね!)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆5月15日 今日は何の日 六曜:仏滅

 新月、沖縄本土復帰記念日、5・15事件の日、青春七五三、国際家族デー、
 ヨーグルトの日、ストッキングの日、水分補給の日、マイコファジストの日、
 Jリーグの日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。