ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/04/25 朝刊

2018/04/25

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたします。



   『 テレビ放映きっかけに上昇の公算大、仕込んでおきたい○8○○!』


   『 5月の主なイベントと注目点 』



  ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/04/25 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は水曜日、「スペシャル版」(有料版)の配信日です。

 冬の大嵐で大きく下押しした株式マーケットですが、それでも4月相場入っ
て徐々に落ち着きを取り戻し、日経平均株価は3月26日に付けたザラ場安値
2万0347円を底にして上昇に転じ、昨日の終値2万2278円まで値幅に
して1931円の上げとなってきています。


 「4月相場は上昇する確率が高い」と申し上げてきましたが、何しろ4月は
特異月であり、外国人はこれまでこの4月相場で17年連続で買い越している
のです。あの世界的金融危機「リーマン・ショック」直後の09年4月も大幅
買い越しとなっており、更に東日本大震災直後の11年4月も大幅買い越しと
なっているのです。


 加えて、『陰極まれば陽に転ず』と申します通り、いつまでも陰(下げ)が
続くことはなく、タイムラグはありましてもいずれ相場は底打ちし、陰極まっ
た所が天底となるのが相場の常です。


 さて、大切なのはこれからです。昨年は年間上昇幅3650円のうち9月以
降から3000円を超える上げを示現しており、今年も昨年同様に年前半の波
乱から後半にかけて動きが活発化する可能性が高いです。


 それでも「種を蒔かなければ、大きな実も成りません」。株式投資で大きく
儲ける為に必要なのは『野も山もみな一面の弱気なら、阿呆になって買いのタ
ネまけ』、『人々西に走らば、我は東』との先人の教えにある気概です。


 実際に株式投資だけで何千億、いや何兆円という巨額の富を築いたウォーレ
ン・バフェット氏も『稼ぎ時は弱気相場にあり!』、そして『中長期投資』、
この投資哲学で巨額の財を築いています。


 本日の「スペシャル版」では、『テレビ放映きっかけに上昇の公算大、仕込
んでおきたい○8○○!』をご紹介させて頂きます。


 同社創業期のテレビ放送が確定しており、それをキッカケに同社株もこれか
ら動いてくる公算大です。従いまして、静かな内に仕込んでおきたい銘柄です。
ご期待下さいませ!


 株式マーケットは年に何度もない安く買えるというビッグ・チャンスを迎え
ています。それでも種を蒔かなければ、大きな実も成りません。


 この大チャンスをモノにするために、是非とも『スペシャル版』をご活用下
さいませ。もちろん、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日
号の配信から間に合います。


 料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信)で1万6200円と1
000株で10円安く買って、10円高く売ればペイできる、お釣りが出る金
額です。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      24024.13(−424.56)▼1.74%
□ナスダック       7007.35(−121.25)▼1.70%
□S&P500      2634.56(− 35.73)▼1.34%

□ダウ輸送株      10400.10(−221.05)▼2.08%
□半導体株(SOX)   1243.67(− 10.31)▼0.82%

□NY原油先物(6月限)   67.70(− 0.94)
□NY 金先物(6月限) 1330.00(+ 6.00)

□バルチック海運指数   1330   (+24)

□為替      (対ドル)108.79(前日比0.09円高)
        (対ユーロ)133.11(前日比0.33円安)

□CME日経225先物   22075(−205)※大阪終値比



 24日のNY株式市場は、キャタピラー幹部の会見をきかっけに売りが膨ら
み大幅続落となりました。

 建機のキャタピラーや航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズが取引
開始前に発表した1〜3月期決算が市場予想を上回り、ともに業績見通しを引
き上げたことから企業業績の拡大期待を背景にこの日は買い優勢で取引をスタ
ート。

 朝方発表の3月の米新築住宅販売件数や4月の米消費者信頼感指数が市場予
想を上回ったことや、前日までダウが4日続落となっていたことから自律反発
狙いの買いも入り、ダウは一時131ドル高まで上伸しました。

 一方、資源高に伴うインフレ加速への警戒感から米国債が売られ、長期金利
の指標となる10年債利回りが2014年1月以来、約4年3カ月ぶりに3%
台に乗せたことは株式相場にとって重荷。

 長期金利が3%に乗せた時点では株式相場の反応は限定的でしたが、キャタ
ピラーの最高財務責任者(CFO)が決算説明会で1〜3月期の利益が今年の
ピークだったとの認識を示すと売りが広がり指数は急落。ダウは大幅安で5日
続落。ダウの変動幅(日中の高安の差)は751ドルに達しました。

 S&P業種別指数は、通信、公益、不動産を除く8業種が下落。工業、素材、
テクノロジー、一般消費財・サービスなどが下落率上位となっています。

 個別銘柄では、好決算を発表したキャタピラーは上昇して始まりましたが、
CFOの会見をきっかけに売りが膨らみ6%超の下落。通期見通しを下方修正
したスリーエムも7%近い下落。工業株全般に売りが広がり、決算発表を控え
たボーイングも下落。ボーイングの下落率は3%程度でしたが、値がさ株ゆえ
に指数への影響が大きく、スリーエム、ボーイング、キャタピラーの3銘柄で
ダウを240ドルほど押し下げました。

 前日夕に増収増益決算を発表したアルファベット(グーグル)は利益率の低
下が嫌気され大幅下落。サイバー犯罪者によって個人情報の売買に利用されて
いたと報じられたフェイスブックも大幅安。1株利益が市場予想を下回った資
源大手のフリーポート・マクモランが急落しました。

 一方、大幅増益決算を発表した通信のベライゾンが買われ、日本電産への事
業売却と自社株買いの計画を発表した米家電大手のワールプールが上昇。好調
な住宅指標を受けて住宅建設のパルトグループやDRホートンなどがしっかり
でした。

 ダウ構成銘柄では、ベライゾン、ゼネラル・エレクトリック、ファイザー、
インテル、ウォルマート、ナイキの6銘柄が上昇した一方、スリーエム、キャ
タピラー、ダウ・デュポン、トラベラーズ、ボーイングなど24銘柄が下げま
した。

 NY原油先物(Wち)は反落。NY株が下げ幅を拡大したため、リスク資産
であり3年5カ月ぶりの高値圏にあった原油にも売り圧力が強まりました。逃
避資金の受け皿となるNY金先物は4営業日ぶり反発です。バルチック海運指
数(BDI)は上昇が止まらず12日連続高となっています。



―――――――――――――
アクアの有料メールマガジン
―――――――――――――

    【スペシャル版】の詳細は・・・・


                  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均は前日比190円高の2万2278円と、2月27日以来、
約2カ月ぶりの高値で取引を終了しました。

     日経平均の前日までの勝敗 〇〇●●〇〇〇〇〇●●〇

 個別銘柄では、日本郵船や川崎汽船、コマツ、シャープなどの上昇が目立ち
ました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は大幅続落。キャタピラー幹部の会見をきっかけに、先行きの
企業業績への警戒感が強まりました。

 CME日経平均先物の終値は2万2075円で、昨日の東京市場の日経平均
終値2万2278円と比べ200円ほど安い水準です。本日早朝の大阪取引所
の日経平均先物(夜間取引)は2万2070円で取引を終了しました。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万2357円 26週線
☆2万2278円 昨日終値
 2万2193円 75日線
 2万2175円 5日線
 2万2075円 CME日経平均先物
 2万2000円 心理的節目
 2万1976円 一目転換線
 2万1727円 13週線



◎本日の予定
 ―――――
 13:30 2月の全産業活動指数
 14:00 3月の外食売上高
   〃   23日時点のガソリン価格


 海外では、週間の米住宅ローン申請指数の発表。その他、北京モーターショ
ーが開幕し、北朝鮮では人民革命軍創建記念日となります。



◎新規上場
 ――――
 ベストワンドットコム(東マ・6577) 公開価格4330円
 アイペット損害保険 (東マ・7323) 公開価格2850円


◎決算発表
 ――――
 14:30 OBC(4733)
 15:00 エムスリー(2413)、LINE(3938)、
       キヤノン(7751)、カブコム(8703)
 15:30 東エレク(8035)


 NY市場では、ボーイング、フェイスブック、AMD、イーベイ、ペイパル、
ビザ、フォード・モーターなどが決算を発表します。



●その他のトピック

・伊藤忠、トルコの原発建設計画から離脱 コスト増で

・日本電産、米ワールプールから冷蔵庫部品事業を買収

・LINE、損保ジャパンと組みレジャー向け保険など

・カシオ、コンデジ撤退へ 事業見直しで業績下方修正

・日立ハイテク、前期最終2%増 減益予想が一転増益

・医学生物、19年3月期は営業利益90%増益を計画

・鉄建、18年3月期営業利益予想を引き上げ 増配も



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 26日(木) 決算:イビデン、OLC、日立建、ファナック、任天堂など
        欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表・総裁会見
        米国3月の耐久財受注額
        米企業決算:アマゾン、マイクロソフト、インテル、GM

 27日(金) 南北首脳会談
        日銀金融政策決定会合の結果発表・総裁会見
        3月の失業率、求人倍率、鉱工業生産、住宅着工
        4月の都区部CPI
        4月の展望リポート
        決算:TOTO、ガイシ、ソニー、村田製、ホンダなど
        米国1〜3月期GDP速報値
        米企業決算:エクソンモービル、シェブロン


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 一方に偏して動く日 足取りについて駆引きせよ

 <相場高低判断> 保合うて放れ値あり





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





        英雄のいない時代は不幸だが、

             英雄を必要とする時代はもっと不幸だ。


              ベルトルト・ブレヒト ドイツ劇作家







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆4月25日 今日は何の日 六曜:赤口

 初任給の日、国連記念日、世界マラリアデー、DNAの日、拾得物の日、
 小児がんゴールドリボンの日、ギロチンの日、歩道橋の日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。