ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 増刊号

2018/04/21

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎     2018/04/21 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 さわやかな風が肌に心地よい季節となりました。皆様におかれましては、い
かがお過ごしでしょうか。


 さて、「4月は特異月であり、上がる確率が高い」、こう申し上げてきまし
たが、実際にその通りの相場展開となってきました。今週は日経平均株価が2
万2000円台を回復し、週末(金)の日経平均株価は2万2162円と3月
26日に付けたザラ場安値2万0347円からは値幅にして1815円の上げ
幅となっています。


 相場格言に「節分天井・彼岸底」とありますが、今年もどうやらそのパター
ンに当てはまる足取りとなりつつあります。「特異月」と申し上げましたのは、
4月相場では外国人が17年連続で買い越しとなっており、今年もそうなる可
能性が高いからです。


 実は昨年も然りであり、相場は4月から持ち直して後半から大きく上昇。年
間上昇幅3650円のうち9月以降から3000円を超える上げを示現してい
ます。今年も昨年同様に年前半の波乱から後半にかけて動きが活発化しますと、
いよいよ干支で言う「戌笑う」の年となるだけに期待が高まります。


 これまでの数ある下げ局面もそうでしたが、『陰極まれば陽に転ず』と申し
ます通り、いつまでも陰(下げ)が続くことはなく、いずれ相場は底打ちし、
陰極まった所が天底となるのが相場の常です。


 そして、株式投資で大きく儲ける為に必要なのは、『野も山もみな一面の弱
気なら、阿呆になって買いのタネまけ』、『人々西に走らば、我は東』との先
人の教えにある気概です。そして、『中長期投資』、これです。これは忘れて
はなりません。


 相場の聖典と言われる「三猿金泉秘録」の中にも


  『目に強変を見て、心に強変の淵に沈むことなかれ』


という一節があります。相場は下げても心まで沈むことがないようにする必要
があります。何故なら、


  『万人気弱き時は、上がるべきの理なり。みなこれ天性理外の理なり』


とあるからです。


 次のような一節もあります。


  『待つは仁(じん)、向かうは勇』


「仁」にはおもいやり、いつくしみ、などの他に、己に打ち勝つ徳(人徳・人格
・品性)という意味があります。つまり、待つには自分に打ち勝つ人徳、克己心
(こっきしん)が必要であり、そういう能力が備わっていない人は、チャンスが
来るまで待つことが出来ず、慌てて事(投機)を行なうため、失敗するというこ
とです。

 
 その他、「三猿金泉秘録」の中には次のような教えもあります。


・『売買を、せけばせくほど損をする、とんと休んで、手を変えてみよ』

 (売買を慌てれば慌てるほど損をする。そんな時には十分休んで、手を
  変えてみよ)


・『下がる理も、時いたらねば下がるまじ、買いぜきするは、大たわけなり』

 (相場は下がるのが当然の状況にあっても、時期が来なければ下がらない。
  買い急ぎするのは大馬鹿者)


・『上がる理も、時節が来ねば上がらぬぞ、せき買いをして悔やむまじきぞ』

 (相場は上がるのが当然の状況にあっても、時節が到来しなければ上がらな
  い。買い急ぎをして後悔してはならない)


 まさに、『待てば海路(かいろ)の日和(ひより)あり』で、チャンスが到来
するまで、じっくり『待つは仁』という訳です。


 そして、『向かうは勇』に続きますが、チャンスが到来した時に積極果敢に挑
戦するには勇気がいるということです。チャンスとは皆が皆、弱気になっている
底を買い、皆が皆、強気になっている天井圏で売るということですから、皆と逆
のことをするには大変な勇気が必要となります。



 ここまでの前半相場で大きくやられた方も焦る必要は全くありません。現在の
相場環境は年に何度もない大バーゲンセール、ビッグ・チャンスであり、ここか
らが本番で十分に巻き返しが可能です。もちろん、『いのち金には手を付けるな』、
この鉄則は順守する必要があります。


 「いのち金」に手を付けますと、間違いなく冷静な判断が出来なくなり、上手
く行きません。


 『スペシャル版』(有料版)のご案内

                    → https://www.aqua-inter.com/special/



 相場の変化はチャンスであり、その変化が大きければ大きいほどチャンスも
大です。英語の「CHANGE」(変化)の「G」を「C」に換えますと、ま
さしく「CHANCE」(チャンス)となります。


 また、「辛い」という字はもう少しで「幸せ」になれる字なのです。


 『宝の山』である株式マーケット。こうした状況下で『どの銘柄を買ったら
いいのか?』、『相場の見方が分からない』、加えて『安く手に入る投資情報
が欲しい』とお考えの方は、是非とも『スペシャル版』をご活用下さいませ。


 料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信、毎週水曜日)で何と1
万6200円(税込み)であり、これだけの低料金はまず他にはございません。
決して安いを売りにしている訳ではなく、「安くかつお役に立てる」、これを
モットーに長年に渡ってお届けさせて頂いています。


 『スペシャル版』(有料版)購読ご希望の方は、すぐ下のリンクからお気軽
にお申込み下さいませ。


  『スペシャル版』のご案内 → https://www.aqua-inter.com/special/



 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                             aquaより



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。