ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 増刊号

2018/04/14

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎     2018/04/14 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 春たけなわ、野に山に花があふれる季節となりました。皆様におかれまして
は、いかがお過ごしでしょうか。


 さて、年初から好調なスタートをきった2018年の日米株式市場ですが、
2月に入ると大嵐到来で厳しい下落に見舞われました。足元でも幾分不安定な
値動きが続いていますが、昨日(4月13日)時点での日経平均株価とNYダ
ウの今年の高値から安値までの下落率を再確認してみますと、それぞれ『15
%』、『12%』となっています。


 日経平均株価のザラ場高値は1月23日の2万4129円、同安値は3月2
6日の2万0347円です。そして、NYダウのザラ場高値は1月26日の2
万6616ドル、同安値は4月2日の2万3344ドルです。


 値幅にしますと、日経平均株価3782円、NYダウ3272ドルの下落で
す。


 「節分天井・彼岸底」と申しますが、今年もどうやらそのパターンに当ては
まる足取りとなっており、3月26日に付けた日経平均株価の安値2万034
7円から今週末(4月14日)の終値2万1778円までは値幅にして143
1円の上昇、大方3分の1戻しの形となっています。


 この度の日米株価の下落は好調な景気を背景にした米金利上昇をきっかけと
した「通過儀礼」の側面が強く、過度な懸念は必要ないと見ています。米国の
過去の引き締め局面をみますと、短期的な揺さぶりはありましても中長期的に
は市場の捉え方は総じてポジティブであり、株価は堅調に推移しています。


 むしろ、金融引き締めはそれが過度にならなければ景気拡大の証左として市
場では好意的に受け取られるケースが多く、今回も同様の動き、すなわち調整
一巡後は上に向けて動き出す可能性は極めて高いです。


 一方、米国につられる形で大幅安となった日本市場は以前にもまして割安感
が台頭しています。株価動向に決定的に重要な企業業績見通しは極めて良好で
す。既に終了した今18年3月期の第1〜3四半期(4〜12月)累計の業績
は、上場企業の純利益で前年同期比35%増と5年連続で過去最高を更新して
います。


 この3月で終わった今17年通期の業績についても、4月下旬から本格化す
る決算発表に向けて一気に期待が高まる可能性があります。脱デフレが徐々に
浸透しつつある中、堅調な景気動向や企業業績を反映して割安となった株価は
大きく切り返す可能性は高いです。


 ここまでの相場で大きくやられた方も焦る必要は全くありません。現在の相
場環境は一面ではピンチではありますが、一面では年に何度もない大バーゲン
セール、ビッグ・チャンスとなり得ます。もちろん、『いのち金には手を付け
るな』、そして『目先の動きに一喜一憂することなく、微動だにしない中長期
投資スタンス』、この鉄則は順守する必要があります。


 「いのち金」に手を付けますと、間違いなく冷静な判断が出来なくなり、ま
ず上手く行きません。


 『スペシャル版』(有料版)のご案内

                    → https://www.aqua-inter.com/special/


 今年の相場はまだ始まったばかりであり、ここからが本番です。ここまで大
きく下押ししますと、何よりも『安いという事実、安く買えるという事実』、
これが何よりの好材料となります。何故なら、株式投資の鉄則「安く買って、
高く売る」、これに適うからです。従いまして、ここでの種蒔きは普段にもま
して大きく大きく報われる可能性は極めて高いです。


 相場の変化はチャンスであり、その変化が大きければ大きいほどチャンスも
大です。英語の「CHANGE」の「G」を「C」に換えますと、まさしく「
CHANCE」(チャンス)となります。また、「辛い」という字はもう少し
で「幸せ」になれる字なのです。


 今、株式マーケットは『宝の山』。年に1〜2度あるかないかの「BIG・
CHANGE」を迎えています。こうした状況下にあって、『どの銘柄がいい
か?』、『相場の見方が分からない』、加えて『安く手に入る投資情報が欲し
い』とお考えの方は、是非とも『スペシャル版』をご活用下さいませ。


 料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信、毎週水曜日)で何と1
万6200円(税込み)であり、これだけの低料金はまず他にはございません。
決して安いを売りにしている訳ではなく、「安くかつお役に立てる」、これを
モットーに長年に渡ってお届けさせて頂いています。


 『スペシャル版』(有料版)購読ご希望の方は、すぐ下のリンクからお気軽
にお申込み下さいませ。


  『スペシャル版』のご案内 → https://www.aqua-inter.com/special/



 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                             aquaより



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。