ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/03/12 朝刊

2018/03/12

∞―――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     

                 
             有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/03/12 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 そろそろ桜の季節到来。3月に入って暖かい日が多くなっていることから、
今年の開花は平年よりも早くなるそうです。


 現時点で一番早い開花予想は福岡で3月19日頃。大阪は3月22日、名古
屋が3月20日、東京は3月20日、仙台は4月5日、札幌は4月30日頃と
なっています。


 その桜の咲くこの時期、産卵前で最も美味しいとされるのが「魚」に「周」
(あまねく)と書く『鯛』(タイ)です。


 その名前の通り、日本周辺に生息しています。代表格は真鯛(マダイ)で、
祝い事に用いる習慣は江戸時代に定着したそうです。3〜4月の産卵期、内海
に入ってくる天然物は脂が乗ってうまみが増し、体色も赤みを帯びて一段と冴
えた色合いを見せてくれます。


 この時期の真鯛は体色が鮮やかなピンクとなり、見た目も美しく、桜の時期
とも重なるため「桜ダイ」とも呼ばれます。ただ、最近は年間を通して安定供
給できる四国などの養殖物が主流で、天然物に比べて浅場で育つため日焼けし
てしまい、黒ずんだ色になっています。尾びれが丸いのが養殖物、力強くハネ
たものが天然物です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      25335.74(+440.53)△1.77%
□ナスダック       7560.81(+132.86)△1.79%
□S&P500      2786.57(+ 47.60)△1.74%

□ダウ輸送株      10739.91(+274.28)△2.62%
□半導体株(SOX)   1431.16(+ 29.11)△2.08%

□NY原油先物(4月限)   62.04(+ 1.92)
□NY 金先物(4月限) 1324.00(+ 2.30)

□バルチック海運指数   1201   (+ 4)

□為替      (対ドル)106.77(前週末比0.08円安)
        (対ユーロ)131.41(前週末比0.01円高)

□CME日経225先物   21695(+345)※大阪終値比



 先週末9日のNY株式市場は、雇用統計の内容を好感して大幅上昇。ナスダ
ック指数は約1カ月半ぶりに過去最高値を更新しました。

 米労働省が発表した2月の雇用統計は、非農業部門の労働者数が前月比31
万3千人増と市場予想(20万人増)を大きく上回った一方、物価との関連性
から米連邦準備理事会(FRB)も注目する平均時給は前年同月比2.6%増
と市場予想(2.8%増)を下回り前月から伸びが鈍化しました。

 2月2日発表の前回の雇用統計では平均時給が予想以上に大きく伸びたこと
をきっかけに利上げペースが加速するとの観測から金利が上昇し、当日のダウ
は665ドル安と急落しましたが、この日の雇用統計では労働市場の力強さを
確認した一方、賃金の伸び鈍化でインフレ懸念は高まらず、北朝鮮情勢の緊張
緩和期待もあってNY市場はリスクオンの流れが強まりました。

 市場の不安心理を映すボラティリティ・インデックス(VIX)は、センチ
メントの改善で2月1日(前回の雇用統計の発表前日)以来の水準にまで低下。
主要指数はじりじりと上げ幅を拡大しこの日の高値圏で取引を終了しました。

 ハイテク株の比率が高いナスダック指数は6日連続高で、1月26日につけ
た過去最高値を約1カ月半ぶりに更新。ダウも続伸。ダウは1月26日に2万
6616ドルの過去最高値をつけた後、過去最大の下げを記録するなど波乱の
展開となりましたが、この日の上昇で過去最高値との差が281ドルに縮小し
ました。

 S&P業種別指数は、通信を除く10業種が上昇。金融、工業、テクノロジ
ー、エネルギー、素材などが上昇率上位となっています。

 個別銘柄では、ウェルズファーゴやモルガン・スタンレーなどの金融株が軒
並み高。強めの雇用指標に反応して米債利回りが、警戒が強まらない程度に上
昇、この日は金利上昇がプラス材料となり金融株を押し上げました。輸入制限
の適用範囲も当初懸念されたほど広範囲ではなく、貿易戦争による世界景気の
後退懸念が和らいだことも相場上昇を後押し。キャタピラーやボーイングなど
世界的な景気動向に敏感な銘柄の上昇も目立ちました。

 原油高を背景にシェブロンなどのエネルギー株が上昇。リスク選好の買いで
アルファベット(グーグル)やアマゾンなどのハイテク株の上昇も目立ちまし
た。中でも半導体製造装置のラム・リサーチやアプライド・マテリアルズ、半
導体のインテルやブロードコムなどが高く、半導体関連銘柄で構成されるフィ
ラデルフィア半導体株指数(SOX)は連日で過去最高値を塗り替えました。
尚、インテルがブロードコムへの買収提案を検討していると報じられています、

 NY原油先物(WTI)は大幅高で3日ぶり上昇。2月の雇用統計で雇用者
数が予想以上に増加したことを受けて先行きの需要増を期待した買いが入りま
した。北朝鮮を巡る地政学リスクの後退や株高で投資家のリスク選好姿勢が強
まっていることも原油相場の追い風となっています。NY金先物も3日ぶりに
上昇しました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃    〜 人の行く裏に道あり花の山 〜 
 ┗━━━━┛     

                      『アクア・スペシャル版』

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆先週末の日経平均株価は、前日比101円高の2万1469円で取引終了。

     日経平均の前日までの勝敗 ●〇〇〇●●●●〇●〇〇

 個別銘柄では、東京エレクトロン、積水ハウス、ヴィンクス、鎌倉新書、ヤ
ーマンなどの上昇が目立ちました。※詳細は9日夕刊の「相場概況」をご参照
ください。

 先週末のNY株は、雇用統計の内容を好感して大幅上昇。ナスダック指数が
約1か月半ぶり、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は連日で過去最高
値を更新しました。

 先週末の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)の終値は2万1690円。
CME日経平均先物の終値は2万1695円で、先週末の東京市場の日経平均
終値2万1469円と比べ230円ほど高い水準です。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万1752円 25日線
 2万1719円 一目転換線
 2万1695円 CME日経平均先物
 2万1645円 窓上限(3月1日安値)
 2万1575円 3月SQ値
 2万1500円 心理的節目
☆2万1469円 先週末終値
 2万1309円 5日線
 2万1216円 200日線



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 1〜3月期の法人企業景気予測調査
 13:30 1月の特定サービス産業動態統計速報


 海外では、ユーロ圏財務相会合、2月の米財政収支の発表などが予定されて
います。



◎市場変更
 ――――
 マークラインズ(3901) ジャスダック → 東証2部



◎決算発表
 ――――
 15:00 大盛工(1844)、シーズ(4924)



●その他のトピック

・洋上風力発電、普及目指し基本ルール法案を閣議決定

・石原ケミカル、3月16日付けで東証1部に指定替え

・東日システム、4月30日基準日に1対5の株式分割

・旭硝子、自社株319万株消却 発行済の1.36%

・日本駐車場、8〜1月期純利益6%増 子会社も好調

・鳥貴族、中間期純利益31%増 通期38%増益予想



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 13日(火) 2月の企業物価指数
        米国2月の消費者物価指数(CPI)

 14日(水) 1月の機械受注統計
        日銀金融政策決定会合の議事要旨
        中国2月の主要経済指標
        米国2月の小売売上高
        米国2月の卸売物価指数(PPI)

 15日(木) 2月の首都圏マンション市場動向
        米国2月の輸出入物価指数
        米国3月のニューヨーク連銀製造業景況指数
        米国3月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数

 16日(金) 米国2月の住宅着工件数
        米国2月の鉱工業生産・設備稼働率
        米国3月の消費者態度指数速報値


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 初め高ければ売り狙い、初め安ければ買い仕込め

 <相場高低判断> 往来相場にて値幅あり




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




            太陽が照れば塵も輝く


                   ゲーテ





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆3月12日 今日は何の日 六曜:先勝

 サンデーホリデーの日・半ドンの日、財布の日、スイーツの日、モスの日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。