ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/02/28 夕刊

2018/02/28

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたしました。



      『 連続増配中、先高期待大で仕込んでおきたい○6○○!』


     『 3月の主なイベントと注目点 』



  ※配信についてのお問い合わせは・・・ aqua@aqua-inter.com まで。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/02/28 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 暦の上では二月初旬の立春から「春」になりますが、気象庁の定義では三月
から五月までを「春」と呼びます。

 旧暦ではまだ1月の中旬で肌寒さも残りますが、新暦では明日から弥生三月、
いよいよ春の始まりです。

 ちなみに、今の時期にぴったりの梅とウグイスは対のものとして考えられが
ちですが、実際には梅の開花とウグイスの鳴き初めにはひと月ほどのズレがあ
り、ウグイスの初鳴き前線はこれからしだいに北上してきます。

 沖縄や九州ではすでにウグイスの初鳴きが観測されていますが、関東でウグ
イスの初鳴きが聞かれるのは平年で3月の中旬ごろです。

 ウグイスには、歌詠鳥(ウタヨミドリ)、経読鳥(キョウヨミドリ)、百千
鳥(モモチドリ)、匂鳥(ニオイドリ)、人来鳥(ヒトクドリ)、黄鳥(コウ
チョウ)などたくさんの異名がありますが、やはり春告鳥(ハルツゲドリ)の
名がふさわしい鳥です。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.鉱工業生産指数とは







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22068.24(−321.62)▼1.44%
◎TOPIX  1768.24(− 22.10)▼1.23%

◎売買高概算   15億4229万株
◎売買代金概算   2兆9369億円
◎時価総額   657兆0790億円

◎値上り銘柄数  679   ◎(昨年来)新高値 84
◎値下り銘柄数 1326   ◎(昨年来)新安値 12
◎変わらず     62

◎騰落レシオ(25日) 88.94%(前日比7.23%低下)

◎サイコロ(日経平均) 7勝5敗 ●●〇〇〇●〇●〇〇〇● 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −1.32% 75日線比 −3.02%


◎為替  (対 ド ル)107.02(前日比0.01円安)
     (対ユーロ)130.96(前日比1.09円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 199.4円(−  2.8円)12129万株
 2.ヤフー  <4689>   496円(−   38円) 6401万株
 3.三菱UFJ<8306> 762.3円(− 16.9円) 6022万株
 4.アライド <6835>   180円(+   17円) 4089万株
 5.日経Wイン<1357>  1324円(+   35円) 2448万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 19420円(−  500円) 1782億円
 2.任天堂  <7974> 49080円(−  350円) 1332億円
 3.ソニー  <6758>  5442円(+    3円)  608億円
 4.三菱UFJ<8306> 762.3円(− 16.9円)  462億円
 5.ソフトBK<9984>  8895円(−  218円)  461億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が4日ぶりに下落、321円(1.4
4%)安の2万2068円で取引終了です。

 パウエルFRB議長の議会証言を受けて利上げが加速するとの見方から昨晩
のNYダウは299ドルの大幅安。これを受けて東京市場も朝方から売りが先
行。米利上げによる日米金利差拡大期待から1ドル=107.50円前後まで
円安が進んで下げ幅を縮小する場面もありましたが影響は限定的。

 中国の2月の製造業購買担当者景気指数が50.3と1月の51.3から低
下したことで上海などアジア主要株価指数が下落していることも重しとなり、
引けにかけて徐々に下げ幅を広げています。売買代金は2兆9369億円、上
海総合指数は32ポイント(0.99%)安の3259です。

 業種別では、精密、空運が小高く、一方で石油、鉄鋼、銀行、証券、不動産、
自動車、機械、非鉄などの下げが目立ちます。

 個別銘柄では、富士ソフトの子会社で通信分野を中心としたソフトウエア開
発を主力とするサイバーコムが連日でストップ高、400円高の2014円と
なっています。次世代通信規格「5G」の商用化が2019年に1年早まると
報じられ、通信ソフトウエアを開発する同社の収益が拡大するとの期待から連
日で買いが集まっています。

 電子顕微鏡で世界首位の日本電子が29円高の889円と値を上げて連日で
昨年来高値更新。18年3月期の連結純利益が前期の6.2倍に拡大すると発
表し、好感した買いが入っています。半導体製造工程で使う電子ビーム描画装
置などの需要が拡大しています。

 液晶ディスプレーや有機ELディスプレーなどの製造検査関連装置を手掛け
るブイ・テクノロジーが2730円高の2万8710円と大幅高。株式分割調
整済みの実質ベースで上場来高値を更新です。中国の液晶投資拡大で装置の出
荷が拡大しており、業績絶好調。更なる成長を期待した買いが入っています。

 その他、コンタクトレンズ業界大手のシードが510円高の6040円、ゲ
ームセンター向け景品の企画販売を手掛けるエスケイジャパンが業績上方修正
で54円高の719円、金融関連ソフト開発に強い独立系SIのTDCソフト
が業績上方修正で118円高の1287円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、佐田建、三重交通G、小松精練、日本化、KHネオケ
ム、小野薬、テルモ、ファンケル、シーズHD、東洋炭素、日精ASB機械、
酒井重工、日本光電、日本電子、Vテク、三陽商・・・等々です。





 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 引上げ B→A(6971)京セラ       8,000→ 7,300円
 据置き   A(4543)テルモ       6,000→ 6,900円

[UBS証券]
 引上げ B→A(2121)ミクシィ      6,100→ 5,200円

[モルガンSMUFJ証券]
 引上げ B→A(4528)小野薬品      2,750→ 3,550円

[野村証券]
 据置き   A(1605)国際帝石      1,540→ 1,770円
 据置き   A(4849)エンジャパン    6,050→ 6,760円
 据置き   A(9684)スクエニ      6,200→ 5,800円

[SMBC日興証券]
 引上げ B→A(2267)ヤクルト      8,200→12,000円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   A(3230)スターマイカ        2,620円
 引上げ B→A(3254)プレサンス     1,600→ 2,150円
 引上げ B→A(9684)スクエニ      4,860→ 5,350円
 据置き   A(6856)堀場製作      8,800→ 9,000円
 据置き   A(6965)浜松ホトニクス   4,200→ 4,700円
 引下げ B→C(5440)共英製鋼      2,060→ 1,600円

[大和証券]
 据置き   1(5706)三井金属      7,580→ 7,200円
 引上げ 3→2(5233)太平洋セメント   4,800→ 4,800円
 引上げ 3→2(5471)大同特殊鋼     7,880→ 7,000円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎鉱工業生産
 ―――――
 1月の鉱工業生産指数(2010年=100)速報値は99.5と前月から
 6.6%低下。4カ月ぶりの低下で、予想以上の大幅な落ち込みとなりまし
 た。

 これを受けて経産省では、生産の基調判断を「持ち直している」から「緩や
 かな持ち直し」に下方修正しています。



◎小売業販売額
 ――――――
 1月の商業動態統計(速報)によりますと、小売業販売額は前年同月に比べ
 1.6%増加し3カ月連続で前年実績を上回りました。

 小売業販売の基調判断は「緩やかに持ち直している」で据え置きです。



◎中国PMI
 ―――――
 中国国家統計局が本日発表した2月の製造業購買担当者景気指数(PMI)
 は前月比1.0ポイント低下の50.3。景況判断の分れ目となる50は上
 回っていますが、水準としては1年7カ月ぶりの低さです。2月は春節休暇
 に伴い工場の操業停止があったことが一因とみられます。

 1月の非製造業PMIは54.4で、前月から0.9ポイント低下しました。



◎自動車生産
 ―――――
 1月の自動車生産台数は前年比3.8%減少し、15カ月ぶりに前年実績を
 下回りました。
 
 車種別の内訳は、普通乗用車が0.15%増、小型乗用車が13.68%減、
 軽自動車が0.44%増、トラックが8.78%減となっています。



◎建機出荷額
 ―――――
 1月の建設機械出荷額は前年同月比15.5%増と、15カ月連続で前年実
 績を上回りました。国内向けは3.3%減と5カ月連続のマイナスでしたが、
 輸出が27.6%増と15カ月連続のプラスとなっています。



◎ガソリン価格
 ――――――
 26日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(1リットル当りの全国平均)
 は前週から0.3円値下がりの144.4円と、2週連続で下落しました。



◎住宅着工戸数
 ――――――
 1月の新設住宅着工戸数は前年同月比13.2%減と、予想以上の落ち込み
 となりました。減少は7カ月連続です。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】鉱工業生産指数とは                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 毎月発表される「鉱工業生産指数」は、国の鉱業と製造業の生産、出荷、在
庫に関連する諸活動を体系的にとらえた経済指標で、景気の先行きを占う上で
非常に重要なデータとなっています。

 鉱工業生産指数は、製造工業、鉄鋼、金属製品、電気機器、輸送機械、化学、
石油・石炭製品など、500品目以上の鉱工業製品の生産量、出荷量、在庫量
について2000年を100として指数化しており、経済の生産活動のうち鉱
工業部門の動きを示しています。

 経済のサービス化で鉱工業の比重はしだいに低下してきており、国内総生産
(GDP)に占める鉱工業の割合は2割弱程度でしかありませんが、鉱工業製
品の流通を担う卸売業、小売業、運輸業などの関連産業も考慮するとGDPに
占める比重は約4割の大きさとなるため、景気の変動を捉える上で鉱工業部門
の動向は非常に重要となります。

 鉱工業生産は景気の状況によって大きな変動を示すため、GDPの変化はま
ず鉱工業部門で生ずる場合が多く、鉱工業生産指数の動きからGDPの変化方
向を読み取ることができます。

 また、経済活動の動きを捉えた経済指標としては、鉱工業生産指数(速報)
は最も早く公表される指標の一つで、速報性という点でも優れています。

 なお、1月は正月休み、5月はゴールデン・ウィーク、8月はお盆休み等、
季節的な要因で生産量は減少しますが、一般的にはこうした季節的要因をデー
タから排除した季節調整済みのデータが用いられます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

スペシャル版読者の方で、配信時間がきても受信が確認できないという方がい
ましたら、お手数でもその旨お知らせください。すぐに再送させていただきま
す。昨今は射幸心を煽るような迷惑メールやスパムメールが増加傾向にあるた
め、プロバイダーあるいはセキュリティソフトなどではそのようなメールを迷
惑メールとして自動判断しておりますが、投資を扱うスペシャル版も誤判断さ
れてしまうケースがあるようです。その場合、当方からのメールを受信する(
受信拒否しない)よう設定(必着設定)すれば状況が改善する可能性がありま
す。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。