ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/02/14 朝刊

2018/02/14

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方に配信いたします。



    『 上値余地大、この安い時にそっと仕込んでおきたい○○7○!』


    『 楽観と自信、損失拡大と機会逸失 』




  ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/02/14 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日はバレンタインデー、そして水曜日で「スペシャル版」(有料版)の配
信日です。

 さて、NY市場の下落をキッカケに世界的株安という大波乱に見舞われてい
る株式マーケット。相場が下がってきますとどうしても面白くなく、心情的に
悲観的となりがちですが、ここで改めて思い出して頂きたいのは、『稼ぎ時は
弱気相場にあり!』との教えです。


 一昨年・申年相場では相場が大きく動揺して下押ししたのは、2月と6月、
そして11月の3回あり、いすれもその下押し局面が絶好の買い場となりまし
た。昨年の酉年相場も然りで3月から4月にかけて大きく下押しましたが、そ
の安値が絶好の買い場となりました。相場が動揺した時こそ「買いに利あり」
となった訳です。


 「申酉騒ぎ、犬笑う」と申しますが、今年もそうなる可能性は高く、やはり
相場の短期的な動きに振り回されて一喜一憂することなく、目線を上に向けて
微動だにしない中長期スタンス、これで臨むことが結果に繋がると考える次第
です。


 そこで、本日のスペシャル版では『上値余地大、この安い時にそっと仕込ん
でおきたい○○7○!』としまして有望銘柄をご紹介させて頂きます。嵐が過
ぎれば株価は大きく上昇、こうなることが想定されるだけに、この安い時こそ
仕込んでおきたい銘柄です。ご期待下さいませ。


 本年は『吉兆象徴、笑う戌年』です。『宝の山』である株式マーケットは大
チャンスを迎えています。種を蒔かなければ、実も成りません。この大チャン
スをモノにするために、是非とも『スペシャル版』をご活用下さいませ。


 もちろん、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信
から間に合います。


 料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信)で1万6200円と1
000株で10円安く買って、10円高く売ればペイできる、お釣りが出る金
額とさせて頂いています。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      24640.45(+ 39.18)△0.16%
□ナスダック       7013.51(+ 31.55)△0.45%
□S&P500      2662.94(+  6.94)△0.26%

□ダウ輸送株      10380.71(+ 79.43)△0.77%
□半導体株(SOX)   1278.51(−  0.63)▼0.05%

□NY原油先物(3月限)   59.19(− 0.10)
□NY 金先物(4月限) 1330.40(+ 4.00)

□バルチック海運指数   1114   (− 9)

□為替      (対ドル)107.80(前日比0.05円安)
        (対ユーロ)133.17(前日比0.46円安)

□CME日経225先物   21205(+ 35)※大阪終値比



 13日のNY株式市場は、買い戻しの動きが継続し主要指数は小幅ながら3
日連続で上昇しました。

 前日までの2営業日でダウが740ドル上げていたことから、この日は利益
確定の売り優勢で取引をスタート。欧州株や原油相場が軟調だったことや、翌
日に1月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控えていることも買い手控え
につながりました。

 ダウは一時180ドル安まで下げる場面がありましたが、前週までの2週間
で大きく下げたことによる買い戻しの需要も強く、上昇に転じる銘柄が増加。
投資家の不安心理を映すボラティリティ・インデックス(VIX)が低下した
ことや長期金利の指標となる10年債の利回りが低下したことも支援材料とな
り、指数はプラス圏に浮上しました。

 S&P業種別指数は、不動産、一般消費財・サービス、金融、生活必需品な
どが堅調だった一方、エネルギーと素材が軟調でした。

 個別銘柄では、医薬品卸売のアメリソースバーゲンが大幅上昇。ドラッグス
トアチェーンのウォルグリーンが同社買収を検討していると報じられたことが
材料視されました。四半期決算で売上高が市場予想を上回ったポーツ用品のア
ンダーアーマーが急伸。シスコシステムズやアップル、アマゾンなどが続伸し、
前日下げた半導体のエヌビディアが反発しました。

 一方、原油相場が軟調だったことからエクソンモービルなどの石油株がマイ
ナス圏で推移。大株主が富士フィルム傘下との統合に反対しているゼロックス
が下落。医薬品・医療用品の流通でアマゾンが主導的地位を確立することへ懸
念から医薬品卸売のカーディナル・ヘルスやマッケソンが下落。GMやフォー
ドなどの自動車株も軟調でした。

 ダウ構成銘柄では、シスコシステムズ、ウォルマート、キャタピラー、アッ
プル、スリーエム、ゴールドマンなどが上昇した一方、ダウ・デュポン、ユナ
イテッド・テクノロジーズ、ゼネラル・エレクトリック、メルクなどが下落し
ました。

 NY原油先物(WTI)は小反落。国際エネルギー機関(IEA)が月報で
米国などのOPEC非加盟国の原油生産が需要増を上回るペースで拡大すると
の見通しを示したことが相場を圧迫しました。NY金先物は小幅続伸。為替市
場で一時ドル安が進行し、ドル相場と逆の動きになりやすい金は堅調に推移し
ました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、連休前比137円安の2万1244円で取引終了。

     日経平均の前日までの勝敗 ●●●●〇●●●〇〇●●

 個別銘柄では、SBSHD、JR九州、三井不、野村不、鹿島などが上昇し
ました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は小幅高で3日続伸。為替市場では一時1ドル=107円40
銭付近と、昨年9月8日以来約5カ月ぶりの水準にまで円高・ドル安が進みま
したが、円買いの動きは一服しています。

 本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)終値は2万1190円。
CME日経平均先物は一時2万0905円まで下げる場面がありましたが、2
万1205円まで値を戻しました。昨日の東京市場の日経平均終値2万124
4円と比べ40円ほど安い水準となっています。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万1554円 5日線
 2万1500円 心理的節目
☆2万1244円 昨日終値
 2万1205円 CME日経平均先物
 2万1190円 2月SQ値
 2万1078円 2月6日安値
 2万1017円 200日線
 2万1000円 心理的節目


 昨日時点で騰落レシオが76%と昨年4月以来約10カ月ぶりの低水準。日
経平均と25日移動平均線とのカイリ率はマイナス8.51%と16年6月以
来約1年8カ月ぶりのマイナス幅となっています。

 相場は行き過ぎることが多々ありますが、騰落レシオやカイリ率は一般的に
「売られすぎ」とされる領域に入ってきています。



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 10〜12月期GDP速報値
 13:00 1月の首都圏マンション市場動向
 15:00 1月の投信概況


【GDP】10〜12月期の実質GDP速報値は前期比年率換算で0.9%程
 度の増加が予想されており、7〜9月期改定値の2.5%増からは減速しま
 すが、プラス成長の持続期間としては1987年4〜6月からの8四半期連
 続に並ぶ見込みです。


 海外では、10〜12月期のユーロ圏GDP改定値、1月の米消費者物価指
数(CPI)1月の米小売売上高、12月の米企業在庫などの発表が予定され
ています。



◎決算発表 ※約330社が決算を発表
 ――――
 13:30 大塚HD(4578)
 14:00 昭電工(4004)
 14:30 DIC(4631)

 15:00 ミクシィ(2121)、すかいらーく(3197)、
       出光興産(5019)、リクルート(6098)、
       日本郵政(6178)、クボタ(6326)、
       荏原(6361)、Jディスプレ(6740)、
       かんぽ生命(7181)、ゆうちょ銀(7182)、
       セイコー(8050)、T&D(8795)

 15時過ぎ ダイキン(6367)、キリン(2503)、
       MS&AD(8725)、昭和シェル(5002)、
       SOMPO(8630)、第一生命(8750)、
       東京海上(8766)、東芝(6502)など


 NY市場では、取引終了後にシスコシステムズが決算を発表します。



●その他のトピック

・明電舎、シンガポールで鉄道向けの電力設備を受注

・マクドナルド、前12月期純利益4.5倍で最高益

・DMG森精機、前12月期最終損益が2期ぶり黒字

・堀場製、6期連続最高益へ 今期最終17%増見込

・東海カ、今期最終利益2.5倍見通し 配当も増額

・アルバック、Vテク、東和薬品、日製鋼が上方修正



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 15日(木) 12月の機械受注統計と1〜3月見通し
        決算:サッポロ、アサヒ、サントリBF
        中国の春節(旧正月)休暇(〜21日)
        米1月のPPI
        米2月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数
        米1月の鉱工業生産・設備稼働率

 16日(金) 決算:ブリヂストン、ユニチャーム
        米1月の住宅着工件数
        決算:コカコーラ、ディア、クラフト・ハインツ


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 高日柄なれど飛付き買い警戒し、急伸利入れのこと

 <相場高低判断> 確かな歩調で上る




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





      良い手を指そうとするよりは、

             悪い手を指さないように自戒する


                       大山 康晴







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆2月14日 今日は何の日 六曜:仏滅

 バレンタインデー、チョコレートの日、ネクタイの日、ふんどしの日、
 煮干の日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。