ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/02/08 夕刊

2018/02/08

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

            成功する株式投資への必読版

                    ┏━――――――――――━┓
                    ┃ アクア・スペシャル版 ┃
                    ┗━――――――――――━┛


   ◎お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/02/08 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 11日は、神話上の初代天皇、神武天皇が即位した日を記念して「建国記念
の日」の祝日となっています。

 建国の逸話が記されている古事記には次のような話も記載されています。

 アマテラスの孫にあたるニニギノミコト(神武天皇の曾祖父)が、アマテラ
スの命で地上に下り(天孫降臨)、岬で出逢ったコノハナサクヤヒメ(富士山
及び全国の浅間神社の祭神)に求婚します。

 コノハナサクヤヒメの父は喜び、姉のイワナガヒメと一緒に娘二人をニニギ
に差し出しますが、ニニギは醜いイワナガヒメを送り返してしまいます。

 コノハナノサクヤヒメには天孫が花のように繁栄するようにとの願い、イワ
ナガヒメには天孫が岩のように永遠のものとなるようにとの配慮があったので
すが、イワナガヒメを送り返してしまったことにより天の御子の寿命は神々ほ
ど長くない、ということになっています。

 また、ヒンドゥー教の影響を受けた仏教にも次のような話があります。

 昔むかし、ある商家に美女が訪れました。その美女は福を招く吉祥天であり、
それに気付いた商家の主人は吉祥天を招き入れると、後ろにいた醜女も家の中
に入ろうとしました。その女性が災厄を招く黒闇天と知ると、商家の主人は黒
闇天を追い出してしまいます。

 すると、黒闇天は「吉祥天は私の姉で、二人はいつも一緒にいる。私を追い
払えば姉も出てゆく」と笑い、二人の女神は肩を並べて去っていったそうです。

 涅槃経に「姉を功徳天(吉祥天)と云い人に福を授け、妹を黒闇女と云い人
に禍を授く。此二人、常に同行して離れず」とありますとおり、禍福(ピンチ
とチャンス)は表裏一体。常に心しておきたいものです。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  21890.86(+245.49)△1.13%
◎TOPIX  1765.69(+ 15.78)△0.90%

◎売買高概算   18億2042万株
◎売買代金概算   3兆5495億円
◎時価総額   655兆3628億円

◎値上り銘柄数 1485   ◎(昨年来)新高値 21
◎値下り銘柄数  509   ◎(昨年来)新安値 43
◎変わらず     71

◎騰落レシオ(25日) 91.66%(前日比3.13%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 3勝9敗 ●●●●●●〇●●●〇〇 25.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −6.47% 75日線比 −3.97%


◎為替  (対 ド ル)109.76(前日比0.73円安)
     (対ユーロ)134.62(前日比0.40円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 201.2円(+  1.5円)15753万株
 2.三菱UFJ<8306> 800.6円(+  8.6円) 7410万株
 3.日経Wイン<1357>  1359円(−   34円) 5726万株
 4.ヤマシナ <5955>   172円(+   17円) 4303万株
 5.野村   <8604> 661.7円(+  4.7円) 2246万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 19050円(+  410円) 2262億円
 2.任天堂  <7974> 44320円(−  590円) 1508億円
 3.ソフトBK<9984>  8773円(+   85円)  920億円
 4.日経Wイン<1357>  1359円(−   34円)  784億円
 5.ソニー  <6758>  5320円(−   97円)  707億円



◆相場概況

 本日の東京マーケットは日経平均株価が連日で上昇、245円(1.13%
)高の2万1890円で取引終了です。

 昨晩のNYダウは19ドルの小幅安でしたが、円相場が1ドル=199.3
0円前後の円安に振れたことを好感して朝方から幅広い銘柄に買いが先行。買
い一巡後は警戒感から下押す場面もありましたが、GLOBEX(シカゴ先物
取引システム)が上昇していることを横目に今晩のNY市場への期待が高まり、
引けにかけて再び上げ幅を広げています。売買代金は3兆5495億円、上海
総合指数は47ポイント(1.4%)安の3262です。

 東証が発表した1月第5週(1月29日〜2月2日)の投資家別株式売買動
向を見ますと、外国人は4週連続の売り越しで売越額は3525億円。一方、
個人投資家は2週連続の買い越しで買越額は2733億円、年金基金の売買動
向を反映する信託銀行は3週連続の買い越しで買越額は1787億円となって
います。

 業種別では、ゴム、土石、自動車、繊維、医薬品、精密などの上げが目立ち、
一方で海運、食品、陸運、電力ガスなどは小安いです。

 個別銘柄では、土木鉱山用機械と銅製錬を2本柱とし、削岩機で国内首位の
古河機械金属が94円高の2364円と大幅高。14時に17年4〜12月期
の営業利益が前年同期比54%増の62億円と発表。直近で大きく下押しして
いただけに好業績を見直した買いが膨らんでいます。国内でトンネル掘削用ド
リルジャンボ、海外で油圧ドリルなどが伸びています。

 綿紡績名門で半導体や防災無線も手掛ける日清紡HDが57円高の1496
円と値を飛ばしています。11:30に17年4〜12月期の営業損益が前年
同期の13億円の赤字から43億円の黒字に転換したと発表。自動運転技術が
進む中、高度道路交通システム向けの通信機器が伸び、スマートフォンや車載、
産業機器向けの半導体事業も堅調であり、好感した買いが入っています。

 資生堂が218円高の5706円と値を飛ばしています。17年12月期の
売上高を従来の9850億円から1兆50億円(前期比18.2%増)、営業
利益を650億円から805億円(同2.2倍)に大幅上方修正し、好感した
買いが入っています。高級化粧品を中心にインバウンド需要が拡大し、プレス
テージブランドが世界的に拡大しています。

 その他、化粧品のコーセーが570円高の1万9550円、NTT工事など
電気通信工事大手の協和エクシオが75円高の2739円、半導体検査用プロ
ーブカード大手の日本電子材料がストップ高で100円高の668円。

 PETなどプラスチックボトル成形機メーカーの日精エー・エス・ビーが好
業績発表で1000円高の7480円とストップ高、セロテープで有名なテー
プ大手で絆創膏も手掛けるニチバンも好業績発表で406円高の3300円と
大幅高。

 がん免疫薬「オプジーボ」の小野薬が128.5円高の2950.5円と大
幅高で昨年来高値更新、戌年銘柄で業績増額と株式分割発表のゴールドウイン
が650円高の1万3190円と大幅高で連日で上場来高値更新です。

 本日の新高値銘柄は、小野薬、東和薬品、コーセー、タカラバイオ、アルペ
ン、ゴールドウイン・・・等々です。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   C(4540)ツムラ       3,600→ 3,300円

[野村証券]
 据置き   A(1835)東鉄工       4,190→ 3,900円
 据置き   A(3254)プレサンス     1,900→ 2,040円
 据置き   A(3941)レンゴー       930→ 1,060円
 据置き   A(4661)OLC      11,600→12,100円
 据置き   A(4974)タカラバイオ    1,780→ 2,000円
 据置き   A(5201)旭硝子       6,000→ 6,400円
 据置き   A(6920)レーザーテク    2,336→ 4,587円
 据置き   A(7701)島津製       3,200→ 3,500円

[三菱UFJMS証券]
 据置き   A(3626)TIS       4,400→ 5,000円
 据置き   A(6534)DAC       2,400→ 3,000円
 据置き   A(6622)ダイヘン      1,200→ 1,000円

[みずほ証券]
 据置き   A(8279)ヤオコー      5,700→ 6,200円
 引上げ B→A(9531)東京ガス      3,000→ 3,200円

[大和証券]
 据置き   1(8252)丸井        2,250→ 2,400円
 据置き   1(8604)野村         800→   840円
 据置き   2(2371)カカクコム     1,850→ 2,050円
 据置き   2(6869)シスメックス    8,540→ 8,880円
 据置き   2(8919)カチタス      3,600→ 3,700円

[ゴールドマンS証券]
 据置き   2(7532)ドンキ       5,200→ 6,600円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎国際収支
 ――――
 12月の国際収支(速報)によりますと、海外との総合的な取引状況を示す
 経常収支は7972億円の黒字となりました。42カ月連続で経常黒字が続
 いていますが、前年同月比では2カ月連続で黒字額が減少しています。

 訪日外国人が国内で使った金額から、日本人が海外で支払った金額を差し引
 いた12月の旅行収支は1788億円の黒字で、前年同月から70%増加し
 12月としては過去最高を記録しました。

 尚、2017年の旅行収支は1兆7626億円の黒字。旅行収支の黒字は3
 年連続で、前年の1兆3266億円から4360億円増加、伸び率は前年の
 21.7%増から32.9%増に拡大しています。



◎中国貿易統計
 ――――――
 中国税関総署が発表した1月の貿易統計によりますと、ドルベースの輸出額
 は前年同月比11.1%増で、前月から伸びが拡大し、市場予想(9.6%
 増)も上回りました。

 輸入額は前年比36.9%増で、前月から伸びが加速し、市場予想(9.8
 %増)を大きく上回りました。

 結果として1月の貿易黒字は203.4億ドルと市場予想(541億ドル)
 を大きく下回りました。



◎オフィス空室率
 ―――――――
 1月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)のオフィ
 ス空室率は3.07%と、前月から0.05ポイント低下しました。低下は
 3カ月ぶりです。

 なお、東京都心5区の平均賃料(円/坪)は上昇が続いており、1月は1万
 9338円と、前年比で4.07%(756円)、前月比で0.86%(1
 65円)上昇しています。



◎街角景気
 ――――
 景気ウォッチャー調査は、生活実感としての景況感を示すことから「街角景
 気」ともいわれます。

 本日発表された1月の景気ウォッチャー調査によりますと、現状判断DIが
 前月比4.0ポイント低下の49.9と、2カ月連続で低下しました。

 1月は大雪や寒波の影響で、家計動向関連、企業動向関連、雇用関連のいず
 れのDIも低下しており、全体としては6カ月ぶりに50を下回っています。

 尚、内閣府は基調判断を「緩やかに回復している」から「一服感がみられる
 ものの、緩やかな回復基調が続いている」に変更しています。



◎ESPフォーキャスト調査
 ――――――――――――
 この調査は民間エコノミストの予測を集計したもので、本日発表された2月
 調査では17年10〜12月期の実質GDP成長率は前期比年率換算で前月
 調査の0.83%から0.94%に上方修正されました。

 消費は弱いものの、輸出と設備投資が引き続き好調で、17年度の成長率見
 通しは年率1.89%に、18年度は1.29%にいずれも上方修正されま
 した。



◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 1月28日〜2月3日

  海外投資家 −1267億円(−1718億円) 3週連続売り越し

  ※前週分は3005億円の売り越しから1718億円の売り越しに修正
   となっています。

 1月月間の海外投資家の日本株投資は6682億円の取得超で、3カ月ぶ
 りの買い越しとなっています。



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 1月第5週(1月29日〜2月2日、日経平均357円下落・週間)

  個人投資家 +2733億円(+1817億円) 2週連続買い越し

  海外投資家 −3525億円(−3560億円) 4週連続売り越し

  事業法人  + 480億円(+ 237億円) 4週連続買い越し

  信託銀行  +1787億円(+ 313億円) 3週連続買い越し

 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。

 ※個人投資家の取引別動向は現金が984億円の買い越し、信用が1749
  億円の買い越しとなっています。

 ※海外投資家の売買状況の推移は下記にてご確認いただけます。

  → http://www.aqua-inter.com/hint/w_data.html#weekly




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

明日は決算発表のピーク日で500社以上が決算を発表する予定です。2月は
日米で祝日に絡む3連休や中国では春節に絡む大型連休があり、集中力が途切
れやすい月ですが、それ故に分かりやすい材料株(好業績銘柄)に資金が集中
しやすくなります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。