ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/02/05 夕刊

2018/02/05

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

            成功する株式投資への必読版

                    ┏━――――――――――━┓
                    ┃ アクア・スペシャル版 ┃
                    ┗━――――――――――━┛


   ◎お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/02/05 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 先週末のNYダウは金利の上昇を嫌気して665ドル安と過去6番目の下落
幅となりました。

 ちなみにNYダウが過去最大の下落幅を記録したのは08年9月29日です。

 その少し前の9月15日にリーマン・ブラーザーズが経営破たんし、瞬く間
に世界中に危機が伝搬。28日にはベルギー・オランダ系金融グループのフォ
ルティスが経営危機で国有化、29日には英政府が英銀ブラッドフォード&ビ
ングレーの国有化を発表し、同日には米銀ワコビアの経営が立ち行かなくなり
ました。

 そうした中で、米政府は金融危機のさらなる拡大を阻止するため公的資金で
米金融機関の不良債権を買い取ることを定めた「金融安定化法案」を準備し、
29日の下院で採決にかけましたが、結果は賛成205:反対228でまさか
の否決。

 これにより売りが殺到しNY株は急落。ダウは取引終了時間から15分経っ
ても終値が確定しない異常事態となり、同時多発テロやそれ以前の幾多の危機
を上回る過去最大の下げ幅(777ドル安)を記録しました。

 ちなみに、先週末のダウの下げ幅は、08年9月29日に記録した過去最大
の下げ幅と100ドル程度しか違いはありません。しかし、相場の水準が違う
ため、下落率で比較すると08年9月29日が6.98%安だったのに対し、
先週末は2.54%下げたに過ぎません。

 先週末のダウの下落幅は08年12月1日(679ドル安)以来、9年2カ
月ぶりの大きさでしたが、2%半ばの調整はわりと頻繁に発生しています。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.適温相場






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22682.08(−592.45)▼2.55%
◎TOPIX  1823.74(− 40.46)▼2.17%

◎売買高概算   18億8189万株
◎売買代金概算   3兆5671億円
◎時価総額   676兆8893億円

◎値上り銘柄数  118   ◎(昨年来)新高値 111
◎値下り銘柄数 1930   ◎(昨年来)新安値  12
◎変わらず     17

◎騰落レシオ(25日) 95.49%(前日比5.41%低下)

◎サイコロ(日経平均) 4勝8敗 〇〇〇●●●●●●〇●● 33.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −3.63% 75日線比 −0.43%


◎為替  (対 ド ル)110.01(前週末比0.24円安)
     (対ユーロ)136.99(前週末比0.31円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 204.9円(−  2.7円)18240万株
 2.三菱UFJ<8306> 820.9円(− 24.5円)10577万株
 3.日経Wイン<1357>  1277円(+   59円) 4327万株
 4.東芝   <6502>   314円(−    6円) 3812万株
 5.野村   <8604> 694.8円(− 10.8円) 2922万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 20570円(− 1090円) 2295億円
 2.ソニー  <6758>  5568円(+   83円) 1450億円
 3.任天堂  <7974> 46910円(−  260円) 1153億円
 4.三菱UFJ<8306> 820.9円(− 24.5円)  866億円
 5.トヨタ  <7501>   125円(−  125円)  624億円



◆相場概況


 本日の東京マーケットは日経平均株価が大幅安、592円(2.55%)安
の2万2682円で取引終了です。16年11月9日に米大統領選で共和党候
補のドナルド・トランプ氏が優勢と報じられ、これを嫌気して919円安とな
って以来、約1年3ヶ月ぶりの大きさとなります。

 週末のNYダウが過去6番目の下げ幅となる665ドル安となったことを受
けて東京市場も朝方から幅広い銘柄に売りが優勢。13:04には下げ幅が6
15円となる場面がありました。引けにかけては幾分下げ幅を縮小したものの、
香港、台湾、韓国、インドなどアジア市場が大幅安となっているのを横目に、
また今晩のNY市場を見極めたいとして買い手控え気分は強く、ほぼ終日安い
水準での値動きで推移しています。売買代金は3兆5671億円、上海総合指
数だけは25ポイント(0.7%)高の3487です。

 業種別では、33業種全て下落。特に、石油、非鉄、紙パ、機械、不動産、
食品、陸運、精密などの下げが顕著です。

 個別銘柄では、相場全般大幅安の中にあって、ソニーが4日連続高で83円
高の5568円となっています。先週末の引け後に18年3月期の連結純利益
が前期比6.5倍の4800億円になる見通しと発表。従来計画から1000
億円の上方修正となり、好感した買いが膨らんでいます。

 ホンダも81円高の3971円と逆行高。18年3月期通期の連結純利益が
前期比62%増の1兆円になる見通しと発表。従来計画5%減の5850億円
からの大幅上方修正を好感した買いが膨らんでいます。

 20〜30代女性向け美容関連情報サイト「アットコスメ」を運営するアイ
スタイルが大幅高、259円高の1371円と株式分割考慮後で上場来の高値
となっています。化粧品の電子商取引(EC)向け販売が国内や中国で伸び、
17年7〜12月期の連結純利益が前年同期に比べ47%増加しています。

 機械・セメント・化学・医薬など多角展開し、ナイロン原料で世界大手の宇
部興産が160円高の3410円と値を上げています。17年4〜12月期の
連結純利益が266億円と前年同期比77%の大幅増となり、好感した買いが
入っています。通期利益計画に対する進捗率は9割を超えており、これから増
額修正をしてくる可能性が高いです。

 一押しで冷凍機油原料で世界的高シェアを有するKHネオケムが本日も上昇。
8日連続高で10円高の3315円となっています。「オキソ技術」と呼ばれ
る製造方法をコア技術として各種化学製品を手掛けている同社。世界的に高シ
ェアを有する冷凍機油原料、また化粧品原料の需要拡大で業績好調であり、先
高期待からの買いが継続しています。

 その他、がん免疫薬「オプジーボ」の小野薬が4円高の2791円と昨年来
高値更新、病院向け生体情報モニターの日本光電が好業績発表で341円高の
2890円、グンゼが筆頭株主で繊維を中心とする専門商社のGSIクレオス
が決算発表を好感して275円高の1894円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、ミライト、三重交通G、アイスタイル、KHネオケム、
小野薬、ユーシン精機、リオン、日本光電、ショーワ、テレビ東京・・・等々
です。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[野村証券]
 据置き   A(3626)TIS       4,500→ 5,000円
 据置き   A(4042)東ソー       2,900→ 3,100円
 据置き   A(4183)三井化学      4,000→ 4,100円
 引上げ B→A(4208)宇部興産      3,500→ 4,010円
 据置き   A(4626)太陽HD      6,250→ 6,400円
 据置き   A(4708)りらいあ      1,440→ 1,490円
 据置き   A(6503)三菱電機      2,300→ 2,500円
 据置き   A(6758)ソニー       6,300→ 7,200円
 据置き   A(6902)デンソー      7,400→ 7,900円
 据置き   A(6963)ローム      13,000→14,000円
 据置き   A(7259)アイシン精機    7,100→ 7,600円
 据置き   A(8001)伊藤忠       2,370→ 2,830円

[みずほ証券]
 据置き   A(2810)ハウス食品     4,300→ 4,550円
 引上げ C→B(6988)日東電工      9,100→ 9,600円
 据置き   C(2168)パソナ        880→ 1,000円


[大和証券]
 据置き   1(4768)大塚商会     10,400→11,600円
 引下げ 2→3(2222)寿スピリッツ    5,000→ 6,150円
 引下げ 2→3(9831)ヤマダ電機      630→   680円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎財新非製造業PMI
 ―――――――――
 中国メディアの財新と英調査会社IHSマークイットが発表した中国の1月
 の非製造業(サービス部門)PMIは前月比0.8ポイント上昇の54.7
 と、12年5月以来5年8カ月ぶりの高水準を記録しました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】適温相場                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 「3匹の熊」というイギリスの童話にはゴルディロックスという名前の少女
が登場し、3種のお粥の中からちょうどよい温度のものを選ぶという話から、
ゴルディロックスはちょうどよい程度・適温を表す語句として使われてきまし
た。

 経済分野では、熱すぎず冷たすぎずちょうど良い状態で成長する経済、景気
の拡大と低金利が両立する経済を指して「ゴルディロックス(適温)経済」と
言い、本誌でも2010年頃から度々登場しています。


 ところで、相場上昇時には「金融相場」と「業績相場」の二つの局面があり
ます。

 景気や企業業績が低迷する中、中央銀行が景気刺激のために金融緩和で金利
を低めに誘導し、結果として「カネ余り」(過剰流動性)の状態となり、溢れ
たマネーが株式市場に流入して株価を押し上げます。これが「金融相場」です。

 その後、金融緩和の効果で景気が回復し、企業業績が改善に向かう段階の株
高が「業績相場」です。景気回復に伴い金利も上昇に転じますが、企業業績の
拡大が金利上昇のマイナス面を吸収します。

 それぞれの局面において、株価と金利と企業業績の関係を表せば下記のよう
になります。

          <株価> <金利> <業績>

   「金融相場」  上昇   低下   低迷

   「業績相場」  上昇   上昇   改善


 今回は上記の間に「適温相場」が長く続きました。「適温相場」とは景気拡
大や企業業績の回復が続くのと同時に金利は低水準に据え置かれ(ゴルディロ
ックス経済)、投資家にとって居心地のよい状態で相場上昇が続くことを言い
ます。

   「適温相場」  上昇  低位安定  改善


 トランプ大統領の登場以降、急ピッチの上昇が続き、いずれ調整は必要だろ
うと思われていた中で、先週末のNY市場では強い内容の経済指標を受けて金
利が上昇し、金利が上昇すれば適温相場の条件が崩れるとの警戒感が売りにつ
ながっています。

 しかしながら、景気が拡大し、企業業績も改善、物価にも上昇の兆しがあら
われたとなれば金利の上昇は不可避です。一時的にショック安となる場面があ
りますが、「金利が上昇するほど景気が良い」との捉え方に変わり、再び相場
が上昇に転じるというのが通常の相場サイクルです。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日は東証1部上場銘柄の約93%が下落する全面安の商状で、日経平均は昨
年末の水準(2万2764円)を下回り、年初来のパフォーマンスがマイナス
に転じました。今晩のNY市場の動きに注目が集まります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  10年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2017/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。