ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/01/30 朝刊

2018/01/30

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


                    〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓

     【 アクア・スペシャル版 】



    お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/01/30 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます、aquaです。

 ご飯に味噌汁、この組み合わせはあまりにも当たり前で、普段その価値を考
えることはあまりないのですが、言うまでもなく日本人の食生活の基本です。
日本人が鎌倉時代以降、一汁一菜を食の基本として毎日味噌汁を食べ続けてき
た理由に、味噌が健康づくりの基本であることを昔の人が経験上よく知ってい
たことが挙げられますが、今この味噌が健康効果で注目を集めています。


 ご存知の通り味噌の原材料は大豆です。大豆は栄養価が極めて高いのですが、
そのまま煮たり炒ったりする通常の料理法では消化吸収が悪いのが難点です。
ところが、この大豆を味噌にすることにより、大豆タンパクが酵素によって分
解されてアミノ酸となり、炭水化物もブドウ糖になります。旨みが増すうえに、
消化吸収もよくなって一挙両得、そしてさらに重要なのは、味噌から大豆のも
つタンパク質やビタミンB群を取り入れつつ、味噌汁にすれば野菜や海草、根
菜などを煮て汁ごと食べるため、カリウムやマグネシウムほか各種ビタミン、
ミネラル、食物繊維を一度にとれることです。期せずして上手に栄養バランス
をとることができるわけですね。


 日本各地の味噌は、地域によって味や色などそれぞれの特徴がありますが、
大まかに分けると主として北関東から東北、北海道地方では辛口味噌、愛知や
三重などでは豆味噌、京都を中心とする近畿地方では白甘味噌が好まれ、九州、
四国では甘口の麦味噌や米味噌が好まれているそうです。


 味噌汁の丁寧な呼び方に「おみおつけ」があります。漢字にすると「御御御
付け」となるそうです。御を三つも重ねて付けるほど、日本人の食卓には欠か
せない大切な汁物というのが伝わってくるようです。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      26439.48(−177.23)▼0.67%
□ナスダック       7466.51(− 39.27)▼0.52%
□S&P500      2853.53(− 19.34)▼0.67%

□ダウ輸送株      11114.23(− 11.52)▼0.10%
□半導体株(SOX)   1378.42(−  2.86)▼0.21%

□NY原油先物(3月限)   65.56(− 0.58)
□NY 金先物(2月限) 1340.30(−11.80)

□為替      (対ドル)108.94(前日比0.01円安)
        (対ユーロ)134.89(前日比0.22円高)

□CME日経225先物   23535(− 75)※大阪終値比



 週明け29日のNY株式市場は利益確定の売りで反落。米長期金利が3年9
カ月ぶりの水準に上昇したことも相場を圧迫しました。

 前週末にかけて主要指数の最高値更新が続き、今週はトランプ大統領の一般
教書演説や米連邦公開市場委員会(FOMC)、雇用統計の発表などイベント
が多く、ひとまず目先の利益を確保する売りが先行。最新スマホの高級モデル
「アイフォーンX(テン)」の生産を半減させるとの報道でアップルが下げて
始まったことも相場の重石。

 原油相場の下落でエネルギー株が下げたことや、欧州で出口戦略(金融政策
の正常化)が意識された流れで米長期金利が2014年4月以来約3年9カ月
ぶりの水準に上昇したことも相場を圧迫しました。

 一方で、決算発表を控えたネット通販大手のアマゾン・ドットコムやゲーム
ソフトのエレクトリック・アーツが上昇するなど好業績に対する期待は根強く、
金利上昇を好感して金融のゴールドマン・サックスなどに買いが入ったことな
ども相場を下支えしました。

 この日は主要3指数そろって反落。先週1週間で545ドル上昇したダウも
上昇一服です。

 S&P業種別指数は全11業種が下落。エネルギー、通信、公益、不動産、
素材などが下落率上位となっています。

 個別銘柄では、日本のルネサスエレクトロニクスが買収を目指して協議中と
報じられたアナログ半導体のマキシム・インテグレーテッドが引け間際に急伸。
投資ファンド傘下の飲料機器メーカー、キューリグ・グリーン・マウンテンが
買収すると発表した清涼飲料のドクターペッパー・スナップルが急騰しました。

 アナリストが目標株価を引き上げたアマゾンや動画配信のネットフリックス
が上昇。好決算を発表した防衛関連のロッキード・マーチンが買われ、同業の
レイセオンやノースロップ・グラマンなども上昇しました。

 一方、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉協議を巡る懸念などから建機
のキャタピラーが売られ、キャタピラーとアップルの2銘柄でダウを55ドル
ほど押し下げました。パソコンメーカーのデルに逆買収を仕掛ける可能性が報
じられた仮想化ソフトのVMウェアが急反落。金利上昇で通信株や公益株も軟
調でした。

 ダウ構成銘柄では、キャタピラー、アップル、コカコーラ、ダウ・デュポン、
ビザなどの下落が目立った一方。ゴールドマン、ウォルマート、ゼネラル・エ
レクトリック(GE)などが堅調でした。

 NY原油先物(WTI)は反落。原油は前週末に終値ベースで約3年1カ月
ぶりに66ドル台に乗せましたが、この日は為替市場でドルが上昇したことや
米国内の石油掘削設備(リグ)の稼働数が増加したことなどにより利益確定の
売りが優勢となりました。NY金先物は続落。米長期金利が数年ぶりの水準に
まで上昇し、金利がつかない金には逆風となりました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、前週末比2円安の2万3629円で取引を終了。

     日経平均の前日までの勝敗 ●〇〇●●〇〇〇●●●●

 個別銘柄では、信越化学、エムスリー、マクニカ富士などが大きく上昇しま
した。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は、利益確定の売りで主要3指数そろって反落。米債券が売ら
れ、米長期金利は3年9カ月ぶり水準に上昇しました。

 本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)終値は2万3540円。
CME日経平均先物の終値は2万3535円で、昨日の東京市場の日経平均終
値2万3629円と比べ90円ほど安い水準です。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万3799円 5日線
☆2万3629円 昨日終値
 2万3535円 CME日経平均先物
 2万3506円 窓下限(1月4日高値)
 2万3500円 心理的節目
 2万3483円 25日線
 2万3428円 一目基準線



◎本日の予定
 ―――――
 08:30 12月の家計調査
   〃   12月の完全失業率
   〃   12月の有効求人倍率
 08:50 12月の商業動態統計速報


 海外では、10〜12月期ユーロ圏GDP速報値、11月の米S&Pケース
シラー住宅価格指数、1月の米CB消費者信頼感指数などの発表が予定されて
います。

 トランプ大統領が施政方針を示す「一般教書演説」を行います。インフラ投
資に10年間で1兆7000億ドル(約190兆円)を投じる方針を表明する
と報じられており、雇用創出、経済政策、移民規制の強化、貿易などについて
も今後の方針を示す見込みです。なお、演説で貿易赤字に言及し保護主義的な
色彩を強めれば改めてドル安に傾く可能性があります。

 また、きょうから米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まります。今回は
金融政策は据え置かれる見通しで、景気や物価に対する当局(FRB)の認識
に注目が集まります。今回からFOMCのメンバー(投票権を持つ地区連銀総
裁)が入れ替わり、金融引き締めに積極的なタカ派色が強まるとみられます。
ちなみに、今回のFOMCはイエレン氏がFRB議長としてのぞむ最後の会合
となります。※結果発表は日本時間2月1日午前4時。



◎決算発表
 ――――
 12:30 SBI(8473)
 13:30 積水化(4204)、HOYA(7741)
 14:20 ヤクルト(2267)
 15:00 日本M&A(2127)、野村不(3231)、
       NEC(6701)、アルプス(6770)、
       アドテスト(6857)、村田製(6981)、
       キヤノン(7751)、H2Oリテ(8242)、
       JR東日本(9020)、JR東海(9022)、
       ヤマトHD(9064)、NTTドコモ(9437)


 15時過ぎに、オムロン(6645)、日清粉(2002)、東エレク(8
035)、ガイシ(5333)、OLC(4661)、東電(9501)など
が決算を発表します。

 NY市場では、取引開始前にファイザー、マクドナルド、コーニング、取引
終了後にエレクトリック・アーツ、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AM
D)などが決算を発表します。



●その他のトピック

・ルネサス、米半導体マキシム買収で交渉 2兆円超

・シャープ、東芝のパソコン事業の収検討 協議入り

・日立建機、今期純利益5.7倍 2回目の上方修正

・横河ブリッジ、業績見通しを上方修正 純利益倍増

・航空電子、今期純利益78%増 従来予想を上回る

・ゼンリン、3月31日現在の1株を1.5株に分割



◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

   31日(水) 12月の鉱工業生産指数速報
          三越伊勢丹、オークマ、任天堂などが決算を発表
          米1月のADP雇用報告
          米1月のシカゴ購買部協会景気指数
          米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
          ボーイング、マイクロソフトなどが決算発表

 2月 1日(木) 1月の新車販売
          新日鉄住金、野村、ANAなどが決算を発表
          米1月の新車販売
          米1月ISM製造業景況感指数
          アップル、アマゾン、アルファベットが決算を発表

    2日(金) 小野薬、三菱電、ソニー、ホンダなどが決算を発表
          米1月の雇用統計
          メルク、エクソンモービル、シェブロンが決算発表


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 初め高いと後安し

 <相場高低判断> 相場は変化あって高し





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





        一日延ばしは時の盗人である。

                  上田 敏








THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆1月30日 今日は何の日 六曜:先勝

 3分間電話の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。