ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 18/01/25 朝刊

2018/01/25

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


                    〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓

     【 アクア・スペシャル版 】



    お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2018/01/25 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 わずか1万ドルの所持金を株式などへの投資だけで殖やし、300億ドルを
超える個人資産を持つにいたったウォーレン・バフェット。今なら日本円に換
算して約100万円が3兆円近くになったようなものです。

 そのバフェットを学べばたとえ彼のような大金持ちにはなれなくても、いく
らかは賢くなれるはずです。


 年初でもありますので、本日はその彼の投資哲学について少しだけ紹介させ
ていただきます。


  = ウォーレン・バフェットの哲学 =


  原則その一、損をしないこと。

  原則その二、原則その一を決して忘れないこと


 既に、株式投資の経験豊富な方であれば誰もが経験していると思いますが、
値動きにつられて、ほんの軽い気持ちでちょっとだけと思って買ったところが
見事に大天井で、その後、取り返すことの出来ない大きな損を抱えて塩漬けに
なってしまったという失敗は2度と繰り返してはなりません。

 バフェットも「二度同じ失敗は繰り返すな」とも言っています。得てして、
投資においては儲けることを第1義的に考えがちですが、上記の哲学も投資に
おいては欠かすことが出来ません。


 また、彼は次のようにも言っています。


 『実績を上げるためには、ストライクゾーンの最もよい場所に企業がやって
くるまで待たなくてはならない。投資家は悪いボールに手を出しすぎるので、
成績が悪くなるのであり、おそらく、投資家は好球(良い企業)を見極められ
ないのではなく、それを見たときに思わずバットを振りたくなる誘惑に勝てな
いということだろう。野球と違って投資家の場合はもっと楽なはずだ。ストラ
イクソーンギリギリに決まるボールを三球見逃してもアウトにはならない』


 今後、株価の動きにつられてバットを振りたくなる誘惑に駆られた時には、
ぜひ上記の言葉を思い出してみて下さい。確実に皆様の投資成果は向上するは
ずです。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      26252.12(+ 41.31)△0.16%
□ナスダック       7415.06(− 45.23)▼0.61%
□S&P500      2837.54(−  1.59)▼0.06%

□ダウ輸送株      11184.40(−160.15)▼1.41%
□半導体株(SOX)   1360.68(− 32.18)▼2.31%

□NY原油先物(3月限)   65.61(+ 1.14)
□NY 金先物(2月限) 1356.30(+19.60)

□バルチック海運指数   1200   (+43)

□為替      (対ドル)109.19(前日比0.76円高)
        (対ユーロ)135.51(前日比0.15円安)

□CME日経225先物   23740(−170)※大阪終値比



 24日のNY株式市場は、金融株の上昇でダウが反発。ハイテク株の下落で
ナスダック指数は反落しました。

 寄り付き前に機械・航空機関連のユナイテッド・テクノロジーズが予想以上
の好決算を発表するなど、好調な企業業績を手掛かり買いが先行。世界経済フ
ォーラム(ダボス会議)で米金融大手幹部から強気の発言が相次いだことや米
長期金利の上昇で金融株が買われたこともあってダウの一時180ドル超の上
昇となりました。

 一方、前日夕に減益決算を発表した半導体のテキサス・インスツルメンツが
急落し、他の半導体株に売りが波及。ダボス会議に出席しているムニューシン
米財務長官のドル安を歓迎するとの発言が伝わるとドル安・債券安(金利の上
昇)が進行し、金利上昇時に株価指標面での割高感が意識されやすいハイテク
株が売られたことも相場を圧迫しました。

 主力ハイテク株が軒並み下げたことでナスダック指数とS&P500指数は
4日ぶり反落。ダウは上げ幅を縮小しましたが、金融株の上昇に支えられ反発
し、2日ぶりに過去最高値を更新しました。

 S&P業種別指数は、金融、通信、一般消費財・サービス、素材などが堅調
だった一方、テクノロジー、公益、不動産などが軟調でした。

 個別銘柄では、金利上昇などを好感してゴールドマン・サックスやウェルズ
ファーゴなどの金融株が上昇。ゴールドマンのみでダウを38ドル押し上げま
した。予想以上の好決算を発表したクルーズ運航のロイヤル・カリビアンが買
われ、同業のカーニバルも連れ高。決算を手がかりに医薬品のアボット・ラボ
ラトリーズが大きく上昇。金相場の上昇を受けてニューモント・マイニングな
どの産金株も上昇しています。

 一方、決算を発表したユナイテッド・テクノロジーズは、買いが先行し最高
値を更新した後、利益確定の売りで下落に転じています。巨額の赤字を計上し
たゼネラル・エレクトリック(GE)は経営再建が進むとの期待で上昇して始
まりましたが、危機的状況との見方から一転して売りが膨らみ下げ幅が拡大し
ました。

 決算への失望売りでテキサス・インスツルメンツが大幅安となり、インテル
やエヌビディア、マイクロン・テクノロジーなどの半導体株が軒並み安。四半
期決算は予想以上の増益でしたが、価格競争を仕掛けいく方針を示したことが
嫌気された航空大手のユナイテッド・コンチネンタルが急落し、他の航空株も
軒並み安となりました。

 ダウ構成銘柄では、ゴールドマン、ベライゾン、アメリカン・エクルプレス、
ナイキ、JPモルガンなどが上昇した一方、GE、アップル、インテル、メル
ク、プロクター&ギャンブル、キャタピラーなどが下落しました。

 NY原油先物(WTI)は3日続伸。この日発表された週間の在庫統計で原
油在庫が10週連続で減少したことやドル安が追い風となり、14年12月5
日(65.84ドル)以来、約3年1カ月ぶりに65ドル台に乗せて取引終了。

 NY金先物は続伸。ドル安進行により、ドル建てで取引されている金先物の
割安感を意識した買いが入り、終値としては16年8月18日(1357.2
0ドル)以来、終値としては約1年5カ月ぶりの高値をつけました。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、前日比183円安の2万3940円で取引を終了。

     日経平均の前日までの勝敗 〇●●●〇〇●●〇〇〇●

 個別銘柄では、三菱地所、三井不動産、大阪チタニウム、東邦チタニウムな
どの上昇が目立ちました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株は金融株が上昇した一方、ハイテク株が下落。商品相場が高く、
原油(WTI)が3年1カ月ぶりの高値、金は1年5カ月ぶりの高値をつけて
います。

 為替市場ではドル安・円高が進行。ムニューシン米財務長官によるドル安容
認発言でドルが主要通貨対し下落、円は一時108円台にまで上昇し昨年9月
以来の円高水準となっています。

 本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)終値は2万3730円。
CME日経平均先物の終値は2万3740円で、昨日の東京市場の日経平均終
値2万3940円と比べ200円安い水準です。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 2万4129円 1月23日高値
 2万4000円 心理的節目
☆2万3940円 昨日終値
 2万3890円 5日線
 2万3858円 一目転換線
 2万3816円 窓下限(1月22日高値)
 2万3740円 CME日経平均先物
 2万3506円 窓下限(1月4日高値)


 昨日発表された19日現在の裁定取引に伴う現物株の買い残(期近・期先合
計)は前週比893億円減の2兆8551億円。減少は2週連続です。

 19日申し込み時点での信用評価損益率はマイナス5.10%。4年ぶりの
小さなマイナス幅だった前週からマイナス幅が拡大しました。

 ※週間データ: http://www.aqua-inter.com/hint/w_data.html#weekly



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 対外・対内証券売買契約
 14:00 12月の外食売上高
   〃   12月のスーパー売上高
 15:00 投資部門別株式売買動向


 海外では、1月の独IFO企業景況感指数、週間の米週間新規失業保険申請
件数、12月の米新築住宅販売件数、12月の米景気先行指標総合指数などの
発表が予定されています。

 また、欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表およびドラギECB総裁の
記者会見が行われます。ECBでは緩和の出口に向けて意見が交わされており、
金融政策の先行きについてどのようなメッセージを出すか注目されます。



◎決算発表
 ――――
 15:00 オービック(4684)、サイバー(4751)、
       日立国際(6756)、空港施設(8864)
 16:00 富士通ゼネラル(6755)


 NY市場では、取引開始前にスリーエム、キャタピラー、バイオジェン、フ
リーポート・マクモランなど、取引終了後にインテル、KLAテンコール、ア
メリカン航空、スターバックスなどが決算を発表します。



●その他のトピック

・LIXILグ、インドの衛生陶器メーカー買収 現地生産

・アダストリア、減益幅が拡大 秋冬商品の販売が振るわず

・東京個別、株主優待制度を変更 カタログから商品を選択

・キャリアインデックス、4期ぶり復配 今期5円配当実施



◎明日の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 26日(金) 12月の全国消費者物価指数(CPI)
        信越化学、ファナック、日立ハイテクが決算を発表
        英10〜12月期GDP速報値
        米10〜12月期GDP速報値
        米12月の耐久財受注額



◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 強象日 押し目買い方針良し

 <相場高低判断> 波乱あるも下押し強し





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





    日の光を藉(か)りて照る大いなる月たらんよりは、

           自ら光を放つ小さき燈火(ともしび)たれ

                          森 鴎外






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆1月25日 今日は何の日 六曜:友引

 初天神、左遷の日、日本最低気温の日、中華まんの日、ホットケーキの日、
 主婦休みの日、お詫びの日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2017
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第4位

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。