ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 増刊号

2017/11/18

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎     2017/11/18 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。


 銀杏の葉が一面に散り積もり、まるで黄色いじゅうたんを敷き詰めたようで
す。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。


 さて、例年そうですが、機関投資家に絡んだ「45日ルール」の関係で11
月は中旬頃まで一時的に相場軟調となる傾向があります。そして今年も然りで
あり、15日の木曜日まで軟調な展開を余儀なくされました。


 それでも、その時期は経過しました。過去5年の11月相場はいずれも月末
にかけて尻上がりの展開となっており、加えてクリスマスラリー、新春相場に
向けて今後の展開に大いに期待が高まります。


 ところで、「爆買い一服」とはいうものの、インバウンド消費は極めて好調
です。今年1〜9月期の訪日客消費額は3兆2761億円となり、この期間で
3兆円を超えるのは史上初です。


 7〜9月期の3ヶ月で見ても消費額は1兆2305億円と四半期ベースで過
去最高を記録し、観光庁長官が「年間で4兆円をクリアできる」と強調するほ
どの勢いです。


 日本政府観光局が発表した9月の訪日客数は前年同月比19%増の228万
人となり、これで4月から6ヶ月連続で2ケタ増が続いています。訪日客数は
10月に入っても好調が続いていますが、それでもまだまだ序の口。これから
訪日客数、訪日客消費額は大きく増えます。なにしろ、政府は20年までに訪
日客数を4千万人、消費額を8兆円に引き上げる大目標を掲げているのです。


 既にスペシャル版(有料版)にてご紹介させて頂き、大きく大きく上昇して
きていますが、改めて注目の消費関連銘柄を再確認しますと、日本製化粧品の
人気は根強く、「雪肌精」が中国人観光客を中心に大人気となった経緯がある
「コーセー」(4922)。


 他にも「ポーラ・オルビスHD」(4927)、「資生堂」(4911)。
アンメルツやサカムケアが大人気の「小林製薬」(4967)。


 育児用品国内トップで訪日客需要根強い「ピジョン」(7956)、中国で
ウォシュレット大人気の「TOTO」(5332)、関西中心に訪日客需要拡
大中の「ドンキホーテHD」(7532)。


 ドラッグストア首位の「マツモトキヨシHD」(3088)、銀座の老舗百
貨店の「松屋」(8237)、富士山人気旺盛で「富士急行」(9010)、
椿山荘・太閤園を擁する「藤田観光」(9722)。


 オーソドックスなところで、「JR東日本」(9020)、「JR西日本」
(9021)、「JR東海」(9022)、「JAL」(9201)、「AN
A」(9202)など主力鉄道・航空関連といったところ。こうした関連銘柄
は目立たず静かに上昇してきており、要注目となります。



 繰り返し申し上げていますが、相場ですので短期的な上げ下げは常にありま
す。それでもその目先の動きに一喜一憂して振り回されますと株式投資は上手
く行きません。米ナスダック指数は16日(木)に史上最高値を更新していま
す。引き続き、世界的株高という上向きの大きな流れ・トレンドをしっかりと
見据えて臨みたいところです。



 「儲かる」という字は「信じる者」と書きますが、私aquaは『スペシャ
ル版』(有料版)を発行しており、毎週水曜日に個別有望銘柄や相場の見方、
さらに投資ノウハウなどをお届けしています。


 最近、そのスペシャル版読者様から次のようなお便りを頂いています。

「 こんにちは、大阪の○○○です。いつもお世話になっております。 お陰様
で購読開始から5ヶ月強で資産が1.5倍になりました。当初は、売買のタイ
ミングが悪く、高値掴みや早売りが多かったのですが、最近は大分慣れてきま
した。難しいのは、売のタイミングです。特に、第一目標を突破した後の第二、
第三目標を狙うか否かの判断です。何れにしても、迷いなく銘柄と狙い所を指
値で注文出来るので助かります。今後ともよろしくお願いいたします。失礼し
ます」


 他にもスペシャル版読者様から以下のようなお便りを頂いています。


「スペシャル版を購読させて頂いているのですが、自分にとっては、もう手放
すことの出来ないものになっています。推奨銘柄、相場全体の流れ・・・等々、
いつも大変勉強になります。aquaさんのおっしゃっている大勢上昇、目先
の株価に一喜一憂せずなどのアドバイス、相場観のおかげで下げ局面でもジッ
と耐えることができ、好業績銘柄の突っ込み場面では買い向かうことができま
した」


「とても勉強になります。色々なメルマガを読みましたが、本当に信頼できる
のはこれしか無いと思います。底値買いは大分できるようになったのですが、
売りは我慢が足りなくてうまくいきません。目先の株価に一喜一憂せずという
のがまだまだですが、お蔭様でよくなってきました。スペシャル版の購読継続
でお願いします」


「初めまして。今までの私は、買った銘柄の値動きに一喜一憂して将に小さく
儲けて大きく損をするといったような投資でした。ゆっくりと株価の動きを見
守っていきたいと思います。私にとってこのスペシャル版は熱くなりがちな気
持ちを落ち着かせる作用があるようです。これからもどうぞよろしく」


 株式マーケットは『宝の山』です。「何を、どの銘柄を買ったらいいのか分
からない」という方、そうした方は是非とも『スペシャル版』(有料版)をご
利用してみては如何でしょうか。


 スペシャル版は多くの方々に長年に渡ってご購読頂いており、投資成果向上
のお役に立っています。料金は極めて安いです。6ヶ月コース(26回配信、
毎週水曜日)で1万6200円(税込み)であり、1000株で10円安く買
って10円高く売ればペイできる金額です。


 これだけ安い投資情報料は他にはまずありません。「安い値段で皆様のお役
に立ちたい」、この気持ちを長年に渡って貫かせて頂いています。


 スペシャル版(有料版)購読ご希望の方は、すぐ下のリンクからお気軽にお
申込み下さいませ。


  スペシャル版詳細と申込み →  https://www.aqua-inter.com/special/


 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                             aquaより



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。