ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 17/11/09 夕刊

2017/11/09

∞―――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 ┏━━━━━━━━━━┓
 ┃アクア・スペシャル版┃  〜 株 式 投 資 の 羅 針 盤 〜
 ┗━━━━━━━━━━┛       



   ⇒ お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2017/11/09 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんにちは。aquaです。

 日本では「ポッキー&プリッツの日」として話題になりますが、1が4つ重
なる11月11日は数多くの記念日となっています。

 中国では「1(シングル)」が並ぶ11月11日は「独身の日」で、近年は
オンライン商戦が盛り上がる日として知られています。

 ヤフー!ジャパンでは11月11日を「いい買い物の日」として、5日から
大規模なセールを行っていますが、中国の独身の日セールにあやかったイベン
トです。

 中国の独身の日セールはまるでお祭り騒ぎで、その模様はテレビやネットの
ニュースで報じられたりしますのでご存知の方が多いと思います。

 ちなみに中国の電子商取引(EC)最大手のアリババの昨年の独身の日の総
取引額は前年比32%増の1207億元(約1兆9千億円)でした。※アリバ
バの最大株主はソフトバンクで約28%の株式を保有。

 わずか24時間で、アマゾン・ジャパンの2016年の年間売上高(約1兆
2千億円)を大幅に超えています。

 尚、独身の日のセールには中国国内外合わせて10万以上の企業やブランド
が参加しており、昨年の国別の売れ行きでは日本がトップ、ファーストリテイ
リングが運営するユニクロは全業態で売上高4位、アパレル部門で1位でした。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.機械受注とは




…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


        << まぐまぐ メルマガ大賞 2017 >>

        aquaの「ハロー株式」に1票をお願いします。

  ─────────────────────────────────

 下記ページの左上にある【このメルマガをまぐまぐ大賞2017に推薦する】を
 クリックしていだければ簡単にご投票いただけます。

         http://www.mag2.com/m/0000059907.html


  これからの励みにもなりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  22868.71(− 45.11)▼0.20%
◎TOPIX  1813.11(−  4.49)▼0.25%

◎売買高概算   27億4775万株
◎売買代金概算   4兆9935億円
◎時価総額   667兆7347億円

◎値上り銘柄数  858   ◎(年初来)新高値 447
◎値下り銘柄数 1111   ◎(年初来)新安値  25
◎変わらず     65

◎騰落レシオ(25日)118.96%(前日比3.36%低下)

◎サイコロ(日経平均) 8勝4敗 〇●〇〇○●〇〇〇〇●● 66.7%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +5.52% 75日線比 +11.81%


◎為替  (対 ド ル)113.51(前日比0.31円高)
     (対ユーロ)131.74(前日比0.23円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 205.2円(+  0.7円)25854万株
 2.三菱UFJ<8306> 757.0円(−  3.4円)12426万株
 3.野村   <8604> 680.2円(+  4.5円) 7643万株
 4.日経Wイン<1357>  1282円(+    5円) 6872万株
 5.神戸製鋼 <5406>  1086円(+   10円) 4166万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 21030円(−   80円) 4811億円
 2.ソニー  <6758>  5226円(−  184円) 1444億円
 3.任天堂  <7974> 43070円(−  380円) 1222億円
 4.三菱UFJ<8306> 757.0円(−  3.4円)  946億円
 5.ソフトBK<9984>  9905円(−  120円)  894億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り830万株 買い1290万

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が45円(0.20%)安の2万2
868円で取引終了です。

 昨晩のNY市場でNYダウは小幅高ながら6ドル高で史上最高値を更新し、
ナスダック指数やS&P500種など主要3指数が史上最高値を更新したこと
を好感して朝方から買いが先行。11:28には上げ幅が468円となって2
万3382円まで上昇する場面がありました。

 ただ、買い一巡後は高値警戒感が意識され、海外ヘッジファンドなどからプ
ログラム売買と見られる売りが増え、一気に上げ幅縮小。14:32には39
0円安の2万2522円まで下押しする場面がありました。その後は引けにか
けて下げ幅を縮小する値動きの荒い展開となっています。高値と安値の日中値
幅はほぼ860円となっています。売買代金は4兆9935億円と膨らんでい
ます。上海総合指数は12ポイント高の3427です。

 業種別では、鉱業、建設、鉄鋼、小売、精密などが高く、一方でゴム、海運、
自動車、非鉄、医薬品などが下げています。

 個別銘柄では、介護首位で医療事務受託最大手のニチイ学館が大幅高、16
2円高の1312円となっています。4〜9月期の連結営業利益が前年同期の
4.6倍の37億円と発表し、好業績を好感した買いが入っています。

 藤倉ゴムが88円高の1005円と大幅高。収益性の高いゴルフ用シャフト
や有機ELに使用する振動抑制機器が伸びて業績好調。好感した買いが膨らん
でいます。

 極小ベアリングで世界シェア6割、17年1月にミツミ電機と経営統合した
ミネベアミツミが大幅高、211円高の2419円と上場来の高値を更新して
います。18年3月期の連結純利益が前期比39%増の570億円になる見通
しと発表。従来計画508億円から大幅上方修正し、好感した買いが入ってい
ます。

 自動車や家電向け小型ベアリング、また今年1月に経営統合した旧ミツミ電
機が製造する任天堂の新型ゲーム機に使う部品が拡大しています。

 博多ラーメン店「一風堂」などの飲食店を国内外で展開する力の源HDが大
幅高、113円高の1270円となっています。18年3月期の連結純利益が
前期比2.3倍の6億1000万円になる見通しと発表。従来計画4億650
0万円から上方修正し、好感した買いが入っています。

 その他、一押しのコーセーが270円高の1万5730円と連日で値を飛ば
して昨年来高値更新、同じく一押しで橋梁・鉄道・空港・港湾・上下水道など
土木工事を幅広く展開するPS三菱も32円高の787円、中国でロボット増
産の安川電機が35円高の4465円、酸化チタン事業が好調で好業績発表の
テイカが340円高の2964円と大幅高です。

 本日の新高値銘柄は、ショーボンド、大林組、鹿島、PS三菱、大和ハ、中
部飼料、明治HD、マツキヨ、クレハ、デンカ、東ソー、オリエンタルランド、
コーセー、東邦鉛、ミネベアミツミ、オークマ、SMC、安川電、日本電産、
キーエンス、三井物、三菱商、松屋、三井不、京成電・・・等々です。


 本日東証が11月第1週(10月30日〜11月2日)の投資家別株式売買
動向を発表。外国人は6週連続の買い越しで買越額は528億円。個人は8週
連続の売り越しで売越額は1326億円。信託銀行は4週連続の売り越しで売
越額は953億円となっています。



 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
            有望銘柄や投資のノウハウ等 お役立ち情報満載!

                  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[野村証券]
 据置き   A(6367)ダイキン     13,600→15,200円
 据置き   A(6869)シスメックス    8,800→ 9,400円

[三菱UFJMS証券]
 引上げ B→A(7735)スクリン      9,100→14,500円
 引上げ C→B(6857)アドバンテス    1,200→ 2,600円

[みずほ証券]
 新 規   A(4203)住友ベーク         1,220円

[大和証券]
 据置き   1(3086)Jフロント     2,100→ 2,350円
 据置き   2(4917)マンダム      3,355→ 3,720円
 据置き   2(6457)グローリー     4,200→ 4,800円
 引下げ 2→3(4912)ライオン      2,560→ 2,100円

[ゴールドマンS証券]
 引下げ 2→3(7261)マツダ       1,950→ 1,650円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎国際収支
 ――――
 9月の国際収支(速報)によりますと、海外との総合的な取引状況を示す経
 常収支は2兆2712億円の黒字。黒字は39カ月連続で、前年同月と比べ
 21.8%増と3カ月連続で伸び率が拡大しました。

 4〜9月累計の経常黒字は前年同期比11.7%増の11兆5339億円で
 上期としては10年ぶりの黒字額となっています。

 訪日外国人が国内で使った金額から、日本人が海外で支払った金額を差し引
 いた9月の旅行収支は1002億円の黒字。黒字は36カ月連続で、前年同
 月比では22.2%増加、データが遡れる1996年以降で9月の旅行収支
 としては過去最大の黒字額となっています。

 4〜9月累計の旅行収支は前年同期比25.0%増の8429億円で、半期
 ベースでも過去最高を記録しています。



◎中国CPI・PPI
 ―――――――――
 中国の10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.9%上昇で、伸
 び率は前月から拡大し9カ月ぶりの高水準となっています。

 消費者物価よりも上流域の物価動向を示す9月の卸売物価指数(PPI)は
 前年比6.9%上昇で、伸び率は前月から横ばいでした。



◎オフィス空室率
 ―――――――
 10月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)のオフ
 ィス空室率は前月比0.15ポイント低下の3.02%。低下は2カ月連続
 で、08年3月(2.89%)以来9年7カ月ぶりの低水準となっています。

 ちなみに、東京都心5区の10月の平均賃料(円/坪)は前年比3.2%上
 昇の1万9033円。上昇は46カ月連続で、09年11月(1万9306
 円)以来7年11カ月ぶりの高い水準です。



◎街角景気
 ――――
 景気ウォッチャー調査は、生活実感としての景況感を示すことから「街角景
 気」ともいわれる指標で、50が景気判断の分岐点となります。

 10月の現状判断DIは前月比0.9ポイント上昇の52.2と、低下予想
 に反して2カ月連続で上昇しました。基調判断は「着実に持ち直している」
 で据え置きです。



◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 10月29日〜11月4日

  海外投資家 − 124億円(+6964億円) 6週ぶり売り越し


 10月の海外投資家の日本株投資は3兆4288億円の買い越し。衆院選で
 与党が勝利したことにより安定した政権運営が続くとの見方(政治リスクの
 後退)を背景に海外からの資金流入が加速しました。

 月間での買い越しは3カ月ぶりで、買越額はデータが遡れる2014年1月
 以降最大となっています。



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 11月第1週(10月30日〜11月2日、日経平均530円上昇・週間)

  個人投資家 −1326億円(−5951億円) 8週連続売り越し

  海外投資家 + 528億円(+6703億円) 6週連続買い越し

  事業法人  + 399億円(− 251億円) 7週ぶり買い越し

  信託銀行  − 953億円(− 291億円) 4週連続売り越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】機械受注統計とは                      **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 内閣府から毎月発表される機械受注統計は、機械製造業280社の受注額を
まとめ翌々月の10日前後に発表されます。

 企業は先行きの需要増加見込みに対し設備投資を行って対応しますが、それ
に先立ちまず機械などの発注を行うため、この指標は設備投資の先行指標とし
て位置づけられています。

 受注内容は民需(国内民間企業からの受注)、外需(海外からの受注)、官
公需(官公庁からの受注)などに分けられますが、ブレが大きい「船舶」と景
気局面との関連性が薄い「電力」を除いた「船舶・電力を除く民需」を利用す
るのが通例です。

 企業の設備投資は景気動向の影響を受けるため、設備投資に先んじて変動す
る機械受注は景気の先行指標としての側面もあります。

 また、機械受注は他の指標に比べ毎月のブレが大きくなりやすいため、中期
的な流れを掴む際には四半期毎の機械受注見通し調査なども利用されます。


 なお、本日発表された9月の機械受注統計によりますと、民間企業の設備投
資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比8.1%減と
3カ月ぶりマイナス。7月(8.0%増)、8月(3.4%増)と高い伸びが
続いた反動で予想(1.9%減)以上の落ち込みとなりました。

 ただ、前月に「持ち直しの動きがみられる」へと上方修正された基調判断は
据え置きとなっています。

 7〜9月期の「船舶・電力を除く民需」の受注額は前期比4.7%増と2四
半期ぶりに増加に転じましたが、その反動で10〜12月に関しては3.5%
程度減少する見込みです。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日経平均株価は1989年12月29日に3万8915円の最高値を付け、約
19年2カ月後の2009年3月10日には7054円まで落ち込みました。
高値から5分1以下の水準で、下落率は約82%、下げ幅は3万1861円に
達しました。本日の取引で日経平均株価は一時2万3382円まで上伸し、よ
うやく上記下げ幅の半分(1万5930.5円)を取り戻し、半値戻し(2万
2985円)を達成しました。振り返れば09年の安値から約8年8カ月、最
高値からは約27年10カ月が経過しています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。