ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー株式 17/09/07 夕刊

2017/09/07

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ┏━━━━┓
   ┃株式投資┃ 「有望銘柄の紹介」と「分かり易い解説」で大好評!
   ┗━━━━┛     


    『アクア・スペシャル版』のお申込み・詳細は

                →  https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー株式 ◎       2017/09/07 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 数多くの合併などを経て社名の変更が相次いだ結果、社名を聞いてもその企
業の具体的イメージが浮かびにくいといったケースがあります。

 例えば、「新日石」といえば「ENEOS」ブランドでサービスステーショ
ン(ガソリンスタンド)を展開する石油元売大手とすぐに思い浮かびますが、
「JXTGホールディングス」と聞いて石油元売りと分かる人がいても、展開
するブランドをすべて答えられる人は少ないように思います。

 JXTGホールディングスは、日本石油と三菱石油が合併し新日本石油にな
り、次に新日石と新日鉱(ジャパンエナジー)が統合しJXホールディングス
が発足。さらに株式交換により東燃ゼネラル石油を完全子会社化。それに伴い
社名がJXTGホールディングスに変更されたという経緯があります。

 ちなみに、JXTGの名称はジャパンの「J」、未知の「X」、Tonen
Generalの「TG」からきています。

 JXTGホールディングスの中核事業となるエネルギー事業は傘下のJXT
Gエネルギーが担っていますが、上記のような経緯から「ENEOS」「エッ
ソ」「モービル」「ゼネラル」の4つのブランドでガソリンスタンドを展開し
ています。

 「エッソ」が全国に1803店舗、「モービル」が1004店舗、「ゼネラ
ル」が518店舗ありますが、この3ブンラドは廃止が決まり「ENEOS」
に統一されることになりました。2019年度中に完了する予定で、単純合算
しますと「ENEOS」は現在の1万0243店舗から1万3568店舗に増
えることになります。

 上記4ブランドの給油所の全国シェアは4割程度で、オンラインの地図サー
ビスでガソリンスタンドを表示させますとJXTGの給油所が数多く確認でき
ます。エコカーシフトによるガソリン需要の減少や価格競争の激化でガソリン
スタンドの経営環境は厳しく、廃業も目立つ昨今、大手でありましても店舗の
統廃合は必要で、ブランドの統一でそれもやりやすくなるはずです。

 松下電器産業は歴史ある名前を捨て、社名とブランドを「パナソニック」に
統一しました。複数の企業が一緒になったJXTGホールディングスは事情が
異なりますが、社名も展開ブランドと同じ「エネオス」になれば、消費者や投
資家にとっても分かりやすくなります。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.業種別分類の見直し








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  19396.52(+ 38.55)△0.20%
◎TOPIX  1598.24(+  6.24)△0.39%

◎売買高概算   15億2648万株
◎売買代金概算   2兆0448億円
◎時価総額   588兆1359億円

◎値上り銘柄数 1432   ◎(年初来)新高値 59
◎値下り銘柄数  485   ◎(年初来)新安値 18
◎変わらず    107

◎騰落レシオ(25日) 99.21%(前日比2.03%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 〇●〇●●〇〇〇●●●〇 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −1.04% 75日線比 −2.38%


◎為替  (対 ド ル)109.07(前日比0.29円安)
     (対ユーロ)130.04(前日比0.23円安)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 186.1円(−  0.3円)10040万株
 2.シャープ <6753>   331円(+    6円) 5019万株
 3.ティアック<6803>    43円(±    0円) 4790万株
 4.三菱UFJ<8306> 656.9円(−  1.0円) 4312万株
 5.野村   <8604> 577.7円(−  1.6円) 2511万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 35420円(−  340円)  564億円
 2.日経レバE<1570> 14940円(+   40円)  560億円
 3.ソフトBK<9984>  8520円(−   59円)  358億円
 4.トヨタ自 <7203>  6235円(+   70円)  354億円
 5.三菱UFJ<8306> 656.9円(−  1.0円)  284億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り570万株 買い1260万

 本日の東京マーケットは日経平均株価が小幅高、38円(0.20%)高の
1万9396円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが54ドル高となり、円相場がも1ドル=109.20円前
後の円安に振れたことを好感して朝方から買いが先行、9:25には上げ幅が
124円となる場面がありました。ただ、北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒
感は根強く、買い一巡後は手控え気分が強まり、上げ幅を縮小しています。売
買代金は2兆448億円、上海総合指数は19ポイント(0.5%)安の33
65です。

 東証が本日発表した投資家別株式売買動向を見ますと、外国人は6週連続の
売り越しで売越額は613億円。個人は4週ぶりに売り越しで売越額は860
億円、年金基金の売買動向を反映する信託銀行は4週連続の買い越しで買越額
は87億円となっています。

 業種別では、紙パ、機械、金属、自動車、建設、鉄鋼などが高く、一方で保
険、海運、情報通信、不動産などが下げています。

 個別銘柄では、建設機械のコマツが89円高の3109円と値を飛ばして年
初来高値更新。米下院が米国本土直撃のハリケーン「ハービー」の被災地支援
に約8500億円の予算法案を可決。復興が進んで建機需要が高まるとの見方
から買いが入っています。大型ハリケーン「イルマ」も米国本土に上陸する可
能性があります。

 名古屋に本拠を置く中古品のコメ兵が90円高の1625円と値を飛ばして
います。月日売上高が5ヶ月連続で前年実績を上回っており、収益拡大への期
待感から買いが入っています。訪日外国人客による売上げが特に伸びています。

 エンジン部品製造の安永が連日で大幅高、本日はストップ高で500円高の
2712円となっています。日産自が6日にEV「リーフ」の新型車を発表し
てEV普及への期待が高まっています。同社はリチウムイオン電池の寿命を大
幅に向上させる独自技術を持つだけに、収益拡大への思惑から買いが集まって
います。

 日本マクドナルドが80円高の4960円と値を上げて上値追いの展開継続
中。8月の既存店売上高が前年同月比14.5%増と発表。21ヶ月連続のプ
ラスとなり、好感した買いが入っています。

 その他、一押しでリチウム電池向け正極材を手掛ける日本化学産業が54円
高の2114円、化粧品のコーセーが190円高の1万3870円、展示・商
業施設などのディスプレー企画・設計・施工の乃村工藝社が47円高の242
1円。

 EV用充電スタンドのモリテックスチールがストップ高で80円高の405
円、自動車向けなどモーター部材が好調で好業績発表の三井ハイテックもスト
ップ高で400円高の2285円となっています。

 本日の新高値銘柄は、大成建、鹿島、PS三菱、中部飼、ツルハ、クスリの
アオキ、参天薬、コマツ、日立建機、安永、良品計画・・・等々です。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     

                 
    相場の読み方、有望銘柄、投資のやり方等々・・・好評配信中!


                →  https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[JPモルガン証券]
 据置き   A(2685)アダストリア    3,600→ 2,700円
 据置き   A(9843)ニトリHD    17,800→18,600円
 引下げ B→C(6472)NTN        550→   380円

[UBS証券]
 引下げ A→B(3407)旭化成       1,250→ 1,300円

[ジェフリーズ証券]
 据置き   A(6273)SMC      40,000→45,000円
 据置き   A(6481)THK       3,500→ 4,300円

[モルガンSMUFJ証券]
 引下げ B→C(6967)新光電工       950→   650円

[野村証券]
 据置き   A(6857)アドバンテスト   2,647→ 2,693円

[みずほ証券]
 新 規   A(3543)コメダ           2,300円
 据置き   A(6326)クボタ       2,200→ 2,400円
 据置き   C(8184)島忠        1,700→ 1,800円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎景気動向指数
 ――――――
 景気の方向や強さを示す指数で、景気の現状をあらわす7月の一致指数CI
 (2010年=100、速報値)は115.6と、3年3カ月ぶりの高水準
 だった前月から1.2ポイント下降しました。下降は2カ月ぶり、市場予想
 は115.5。

 数カ月先の景気を示す先行指数は105.0で、前月で比0.7ポイント下
 降しました。下降は3カ月ぶりです。

 尚、一致指数の動きから機械的に求められる景気の基調判断は「改善を示し
 ている」で10カ月連続で据え置きとなっています。




◎オフィス空室率
 ―――――――
 8月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)のオフィ
 ス空室率は3.35%で、前月から0.15ポイント上昇しました。

 大型空室の募集開始の影響で3カ月ぶりに空室率が上昇しましたが、引き続
 き需給が引き締まった状況にあり、都心5区の平均賃料は44カ月連続で上
 昇中です。




◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 8月27日〜9月2日

  海外投資家 −1583億円(−2460億円) 6週連続売り越し




◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 8月第5週(8月28日〜9月1日、日経平均238円上昇・週間)

  個人投資家 − 860億円(+1210億円) 4週ぶり売り越し

  海外投資家 − 613億円(−1529億円) 6週連続売り越し

  事業法人  + 173億円(+ 517億円) 9週連続買い越し

  信託銀行  +  87億円(+ 255億円) 4週連続買い越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】業種別分類の見直し                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 東京証券取引所が発表している業種別株価指数は、東証1部上場の全銘柄を
33の業種に分け、時価総額を基準に指数化したものですが、実際の業種分類
の基準は全国の証券取引所などで組織する「証券コード協議会」が定めており、
それに基づいて東証が指数算出を行っています。

 証券コード協議会では、最近2―3年間の実績や計画をもとに、売上高が最
も多い事業で判断し業種分けを行っており、事業規模だけで決定できない場合
は利益計画や設備の状況なども勘案されます。

 見直しの基準は、現業種分類に属する事業の売上高に比べて他の事業分野の
売上高がの2倍以上になった場合などで、定期的に所属業種の見直しが行われ
ています。

 ちなみに、今回は下記銘柄の所属業種が変更になります。



  コード   社名       現所属業種     新所属業種
  ――――――――――――――――――――――――――――――

  3521 エコナック     不動産業   →  サービス業

  6625 JALCO     電気機器   →  不動産業

  6786 RVH       電気機器   →  サービス業


  ――――――――――――――――――――――――――――――
                  変更日:2017年10月2日




 ちなみに、エコナックは日本レースとして創業し、レース・刺繍製造等を中
心とした繊維業を営んでいましたが、安定した収入が得られる不動産業に軸足
を移し、現在はテルマー湯(温浴事業)が売上高の6割を占めています。

 JALCOは、前身の雪ヶ谷金属から映像・音響機器向け接続部品を手掛け
ていましたが、現在はパチンコホール向けの不動産賃貸事業および貸金事業が
主力となっています。

 RVHは、医療用3次元グラフィックスLSI開発・販売が祖業で、M&A
により人材派遣や広告代理店業に進出。最近では美容脱毛サロンの「ミュゼプ
ラチナム」やエステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を次
々と傘下に収め、美容部門の売上高が全体の7割を占めるようになっています。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

米連邦準備理事会(FRB)は昨日公表した地区連銀経済報告(ベージュブッ
ク)で自動車の新車販売について懸念を示し、自動車産業の減速が長期化する
ことに言及しましたが、フォード・モーターの株価は昨日まで6日連続で上昇
し、ゼネラル・モーターズの株価も堅調に推移しています。背景には、ハリケ
ーン被害で自動車の買い替え需要が発生するとの期待があります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。