ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 17/06/15 夕刊

2017/06/15

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


                    〓 有望銘柄の紹介で大好評!〓

     【 アクア・スペシャル版 】



    お申し込み・詳細は → https://www.aqua-inter.com/special/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/06/15 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 体調の変化によって天候の悪化をピタリと言い当てる人がいます。雨が近づ
くと頭が痛くなったり、古傷が関節が痛んだりするためで、これを「気象病」
と呼ぶそうです。

 気圧や気温、湿度の変化が気象病を引き起こすとされており、中でも気圧の
変化が大きく影響していると考えられています。

 気象病の症状で最も多いのが頭痛で、気圧の変化で自律神経が活性化し、交
感神経と副交感神経の調整がうまくいかない時に症状があらわれます。

 普段から適度な運動を心掛け、十分な睡眠を取るなどして自律神経を整える
ことが症状の改善につがるそうです。また、気圧の変化による頭痛は、発生の
メカニズムが乗り物酔いと似ているため、酔い止め薬も効果があるとか。

 ちなみに、気圧の変化から頭痛の発生を予測・通知してくれる無料アプリ「
頭痛ーる」もあります。事前に知ることで心構えやスケジュールの調整ができ
るため、気象病による頭痛で悩む人には便利なようです。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.第16循環






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  19831.82(− 51.70)▼0.26%
◎TOPIX  1588.09(−  3.68)▼0.23%

◎売買高概算   18億8192万株
◎売買代金概算   2兆4775億円
◎時価総額   585兆3001億円

◎値上り銘柄数  817   ◎(年初来)新高値 110
◎値下り銘柄数 1063   ◎(年初来)新安値  32
◎変わらず    139

◎騰落レシオ(25日)  94.81%(前日比1.41%低下)

◎サイコロ(日経平均) 4勝8敗 ●〇〇●●〇●〇●●●● 33.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.00% 75日線比 +2.40%


◎為替  (対 ド ル)109.65(前日比0.53円高)
     (対ユーロ)123.01(前日比0.48円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 196.9円(−  3.4円)14097万株
 2.東芝   <6502> 316.5円(+  3.2円)10924万株
 3.アンジェス<4563>   762円(+   59円) 8166万株
 4.エンシュウ<6218>   127円(+   10円) 7261万株
 5.三菱UFJ<8306> 715.0円(− 14.3円) 7220万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 36250円(+ 1490円) 1758億円
 2.日経レバE<1570> 15640円(−   90円)  987億円
 3.ソフトBK<9984>  8857円(−  131円)  747億円
 4.アンジェス<4563>   762円(+   59円)  603億円
 5.三菱UFJ<8306> 715.0円(− 14.3円)  519億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り700万株 買い300万

 本日の東京マーケットは日経平均株価が4日連続安、51円(0.26%)
安の1万9831円で取引終了です。

 昨晩のNYダウは46ドル高の2万1374と連日で史上最高値を更新しま
したが、ハイテク株が多いナスダック指数は25ポイント安の6194と下落。
FOMCで今年2回目となる0.25%の利上げが決定したことで材料出尽く
し感から1ドル=109.50円前後の円高に振れたことが重石となり、東京
市場は朝方から売りが先行。

 もっとも、下値を売り込む動きも見られず、下値では先高期待からの押し目
買い意欲は根強く、一時はプラスに転じるなどしっかりとした展開となってい
ます。内需関連がしっかりで大手ゼネコンは軒並み昨年来高値を更新です。売
買代金は2兆4775億円、上海総合指数は1ポイント高の3132です。

 本日、東証が6月第1週(5〜9日)の投資家別株式売買動向を発表。外国
人は小幅ながら10週ぶりに売り越しで売越額は354億円(前の週は428
2億円の買い越し)。個人は3週連続の売り越しで売越額は43億円(前の週
は3217億円の売り越し)、年金基金の売買動向を反映する信託銀行は2週
連続の売り越しで売越額は557億円となっています。

 業種別では、建設、小売、医薬品、空運、陸運、水産などが高く、一方でゴ
ム、鉄鋼、石油、非鉄、銀行、海運、証券などが下げています。


 個別銘柄では、建設株が連日で上昇。5月24日にご紹介させて頂いた一押
しの大成建が19円高の1026円、同じく大林組も20円高の1314円と
値を上げて約26年半ぶりの高値水準まで上昇中、清水建設も16円高の11
72円、鹿島も29円高の922円といずれも昨年来高値更新。

 海上土木首位の五洋建も20円高の656円、ダム・トンネルなど土木得意
の西松建設も8円高の616円、土木に強い前田建も24円高の1295円、
関西系中堅ゼネコンで免震技術やトンネル施工技術に定評の奥村組も13円高
の762円といずれも昨年来高値を更新です。

 いずれも好業績を好感した買いに加え、東京五輪関連の特需を期待した買い、
更に為替の動きに左右されにくい内需系銘柄としての買いが連日で入っていま
す。


 美顔器や痩身器具など家庭用美容・健康機器メーカーのヤーマン。昨日スト
ップ高で1500円高となり、本日も500円高の9370円と大幅高。。好
業績に加え、昨日の引け後に10月31日を基準日、11月1日を効力発生日
として1株を10株に分割すると発表。流動性の向上を好感した買いが継続し
ています。

 ANAも連日で目立たず静かに上昇中、1.2円高の387.2円と連日で
昨年来高値を更新です。足元、NY市場で原油価格が下落しており、燃油安に
よる採算改善を期待した買いが継続しています。

 任天堂も連日で上昇、1490円高の3万6250円と約8年半ぶりの高値
水準となっています。家庭用ゲーム機「スイッチ」向けソフト「スーパーマリ
オオデッセイ」の発売日が10月27日に決定し、収益向上を期待した買いが
継続しています。

 その他、家具のニトリが210円高の1万6800円、住商情報システムが
CSKを吸収して誕生したSCSKが25円高の4980円、ゲーム開発のK
Labが137円高の1591円、グリー向けゲーム主力のオルトプラスが1
09円高の1397円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、日水、東建コーポ、大成建、大林組、清水建、西松建、
五洋建、味の素、ニチレイ、ロート、ヤーマン、ホーチキ、任天堂、デサント、
住友不、京成電、JR東日本、ANA、東京ガス、乃村工藝社・・・等々です。




 ┏━━━━━━━━━━┓
 ┃アクア・スペシャル版┃  〜 株 式 投 資 の 羅 針 盤 〜
 ┗━━━━━━━━━━┛       

 
                ⇒ https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(6273)SMC      37,000→40,000円
 据置き   A(6586)マキタ       4,500→ 5,000円
 据置き   A(6758)ソニー       4,300→ 4,700円

[モルガンSMUFJ証券]
 引上げ B→A(6976)太陽誘電      1,500→ 2,200円
 引下げ A→B(6592)マブチ       7,300→ 6,500円
 引下げ B→C(6762)TDK       8,100→ 6,000円

[野村証券]
 据置き   A(1824)前田建設      1,213→ 1,570円
 据置き   A(1893)五洋建設       774→   800円
 据置き   A(4186)東京応化工     4,250→ 4,400円

[SMBC日興証券]
 据置き   A(1925)大和ハウス     4,000→ 4,300円
 据置き   A(2579)コカコーラ     4,040→ 5,020円
 据置き   A(3665)エニグモ      2,250→ 2,650円
 据置き   C(5332)TOTO      4,150→ 4,100円
 据置き   C(5947)リンナイ      8,200→ 8,600円

[みずほ証券]
 据置き   A(4452)花王        7,200→ 8,200円

[大和証券]
 引上げ 2→1(2802)味の素       2,500→ 3,000円
 引上げ 2→1(8001)伊藤忠       2,000→ 2,050円
 据置き   1(8058)三菱商事      3,300→ 2,850円
 引上げ 3→2(8031)三井物産      1.900→ 1,800円
 引上げ 3→2(8053)住友商事      1,600→ 1,700円
 据置き   3(8002)丸紅         750→   750円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】                 **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎マンション市場動向
 ―――――――――
 5月の首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比13.3%減と4カ月
 ぶりに減少。契約率は72.2%で、好不調の目安とされる70%を5カ月
 ぶりに上回りました。

 1戸当たり価格と平米単価はともに2カ月連続で上昇しました。



◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 5月21日〜27日

  海外投資家 −1431億円(+5435億円) 3週ぶり売り越し



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 6月第1週(6月5日〜9日、日経平均164円下落・週間ベース)

  個人投資家 −  43億円(−3217億円) 3週連続売り越し

  海外投資家 − 354億円(+4282億円)10週ぶり売り越し

  事業法人  + 655億円(+ 763億円) 4週連続買い越し

  信託銀行  − 557億円(− 522億円) 2週連続売り越し


 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。



◎新規上場          公開価格
 ――――
 ビーブレイク(3986) 1670円 ※3845円買い気配で値付かず





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】第16循環                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 戦後、日本の景気拡大期は14回あります。景気の「谷(ボトム)→山(ピ
ーク)→谷(ボトム)」を1循環とし、1954年11月を谷として始まった
第3循環は、朝鮮特需の恩恵に浴し景気拡大が31カ月間続きました。

 日本初代の天皇とされる神武天皇が即位して以降、例を見ない好景気という
意味で「神武景気」と名付けられました。

 1958年の6月を景気の谷として始まった第4循環は、戦後高度成長時代
の波に乗り、景気拡大が42カ月続きました。神武景気を上回り、天照大神が
天の岩戸に隠れて以来の好景気という意味で「岩戸景気」と呼ばれました。

 戦後の景気拡大の最長記録はは、2002年1月を谷として2008年2月
まで73カ月間続いた第14循環の景気拡大期で、国生みの伝説までさかのぼ
り「いざなみ景気」との名称がつけられていますが、当時の与謝野経済財政担
当大臣は「だらだらかげろう景気」だと述べています。

 尚、政府の公式見解としての景気の「山」と「谷」は、内閣府が開く景気動
向指数研究会で討議され確定します。

 戦後の景気拡大の平均期間は約36カ月、景気後退の平均期間は約16カ月、
谷―山―谷の1循環の平均期間は約52カ月となっています。

 ちなみに本日、およそ2年ぶりに景気動向指数研究会が開催されました。

 現在は2012年11月を景気の谷として景気拡大が続く第16循環の途中
にあり、2014年3月以降、景気が足踏みする状況がありましたが、本日の
会合ではさらにデータの蓄積が必要だとして景気の山は設定されませんでした。

 景気拡大は現在も続いている可能性が高く、今月まで含めるとその期間は5
5カ月に達し、戦後3番目の長さとなっています。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本ではタワーマンションなどのハシゴ車が届かない11階建て以上の高層住
宅には延焼を防止するための鉄扉や11階以上はスプリンクラーの設置が義務
付けられており、高層住宅で大規模な延焼は発生しにくいとされています。日
本では起こりにくい災害だと理解しつつも、ロンドンで発生した火災の映像が
与えた衝撃は小さくありません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。