ハロー!株式

メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

全て表示する >

ハロー!株式 17/04/21 夕刊

2017/04/21

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ┏━━━━┓
   ┃株式投資┃ 「有望銘柄の紹介」と「分かり易い解説」で大好評!
   ┗━━━━┛     


    『アクア・スペシャル版』のお申込み・詳細は


                → https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/04/21 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 明後日23日にフランス大統領選挙の第1回投開票が行われます。

 20日に行われた世論調査によりますと、4人の有力候補の支持率は中道系
独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相が24%、極右政党・国民戦線の
マリーヌ・ルペン党首が22.5%、中道右派・共和党のフランソワ・フィヨ
ン元首相が19.5%、急進左派・左翼党のジャンリュック・メランション元
共同党首が18.5%と、1位と4位の支持率の差が6ポイント内の異例の混
戦模様となっており、誰が決戦投票に進んでもおかしくない状況です。

 ちなみに、マクロン氏とフィヨン氏は欧州連合(EU)の枠組みを支持する
「親EU」で、EU離脱・反移民・自国第一主義を掲げるルペン氏とEUを敵
視しているメランション氏は「反EU」と色分けできます。

 実際のところフランス国内でEUを支持する向きはそう多くはありません。
ルペン氏とメランション氏は極右と極左で本来なら立ち位置が真逆ですが、両
名ともフランスがEU残留か否かを問う国民投票の実施を提唱しており、反E
Uという点では共通しています。

 市場が警戒するのはルペン氏とメランション氏が決戦投票に進むことで、も
しそうなればEUの支柱の一つフランスに反EUの大統領が誕生することにな
り、EU崩壊が現実味を帯びます。

 より穏健なマクロン前経済相が最終的に勝利するというのが市場のメインシ
ナリオですが、まさかの英国のEU離脱決断や泡沫候補だったトランプ氏の米
大統領就任など、ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭著しい昨今の世界情勢
にあって明後日の投票結果を市場は注視しています。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.思想の違いによる右と左







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  18620.75(+190.26)△1.03%
◎TOPIX  1488.58(+ 15.77)△1.07%

◎売買高概算   18億6244万株
◎売買代金概算   2兆2391億円
◎時価総額   550兆0590億円

◎値上り銘柄数 1645   ◎(年初来)新高値 41
◎値下り銘柄数  288   ◎(年初来)新安値 13
◎変わらず     83

◎騰落レシオ(25日)  78.49%(前日比2.51%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 6勝6敗 ●〇〇●●●●〇〇〇●〇 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 −1.12% 75日線比 −2.57%


◎為替  (対 ド ル)109.29(前日比0.30円安)
     (対ユーロ)117.20(前日比0.06円安)

◎出来高上位

 1.東芝   <6502> 207.3円(− 12.6円)13000万株
 2.みずほ  <8411> 196.0円(+  2.0円)11921万株
 3.三菱UFJ<8306> 678.4円(+ 11.8円) 7516万株
 4.レナウン <3606>   157円(+   50円) 7231万株
 5.ティアック<6803>    43円(+    1円) 4047万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 13840円(+  270円)  823億円
 2.任天堂  <7974> 27005円(+  190円)  546億円
 3.ソフトBK<9984>  8090円(+  100円)  528億円
 4.三菱UFJ<8306> 678.4円(+ 11.8円)  510億円
 5.トヨタ自 <7203>  5855円(+  101円)  451億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り550万株 買い600万

 本日の東京マーケットは、日経平均株価が190円(1.03%)高の1万
8620円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが174ドルの大幅高となったこと、円相場が1ドル=10
9.30円前後の円安に振れたこと、加えてナスダック指数が史上最高値を更
新したことを好感して朝方から幅広い銘柄に買いが先行。足元で一押し入れた
後だけに、来週以降の先高を期待した買いも加わり、引けにかけて上げ幅を拡
大しています。売買代金は2兆2391億円、上海総合指数は1ポイントの小
幅高で3173です。

 業種別では、土石、海運、証券、鉄鋼、自動車、機械、非鉄、医薬品、石油、
電力ガスなどの上げが目立ちます。

 個別銘柄では、13年に中国・山東如意科技集団の子会社となったレナウン
がストップ高、50円高の157円となっています。低価格新ブランドを来年
春に投入すると報じられ、業績拡大期待から買いが集まっています。ユニクロ
などと同水準の価格設定をし、国内のショッピングセンターや電子商取引サイ
ト向けに販売していく模様です。

 半導体や液晶フォトレジスト用感光性材料を製造する東洋合成がストップ高、
100円高の683円となっています。半導体チップや自動車、航空機向けが
見込める構造密着用の樹脂硬化剤と硬化促進剤を開発し、材料視した買いが集
まっています。加熱で固めて透明で高い接着力を持つ模様です。

 ジェネリック(後発)医薬品の沢井製薬が120円高の5940円と値を上
げています。米国の後発薬会社のアップシャー・スミス・ラボラトリーズを約
1155億円で買収すると発表し、業績拡大を期待した買いが入っています。
6月末までに全株式を取得して完全子会社化する見通しです。

 東京エレクトロンが4日連続高で485円高の1万2300円となっていま
す。3月の日本製半導体製造装置のBBレシオ(速報値)が1.12と受注が
販売を上回る状態が続いており、28日の決算発表を前に好業績を期待した買
いが入っています。

 その他、円高一服でトヨタ自が101円高の5855円、米インフラ拡大期
待から建設機械世界2位のコマツが98円高の2764円、有機EL関連でア
ルバックが220円高の4925円、ソフトバンクが100円高の8090円、
オフィスビル等の間仕切り総合メーカーの小松ウオールが157円高の199
0円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、トーエネック、日本電設、中部飼料、ドトール日レス、
コメダ、レナウン、協和キリン、日ペ、タツタ電線、KOA、前田工繊・・・
等々です。



 …………………………………

 株式投資情報のスタンダード 〓 アクア・スペシャル版 〓

 …………………………………
 
            → https://www.aqua-inter.com/special/




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[野村証券]
 据置き   A(6361)荏原        4,100→ 4,200円
 据置き   A(6857)アドバンテスト   2,534→ 2,411円

[SMBC日興証券]
 引上げ 2→1(5201)旭硝子        770→ 1,100円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   A(6534)DAコンソーシアム     2,000円

[大和証券]
 引上げ 3→2(4151)協和発酵キリン   1,800→ 2,300円
 引下げ 2→3(2337)いちご        520→   350円

[ゴールドマンS証券]
 引下げ A→B(3938)LINE      4,700→ 4,040円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎製造業PMI
 ――――――
 日経新聞社が発表した4月の日本の製造業PMI(速報値)は前月比0.4
 ポイント上昇の52.8で、2か月ぶりに改善しました。尚、PMIは50
 が景気判断の分岐点となります。



◎第3次産業活動指数
 ―――――――――
 2月の第3次産業(サービス産業)活動指数(2010年=100)は前月
 比0.2ポイント上昇の104.1で、3カ月ぶりの上昇。

 上昇方向に影響した業種は、土木・建築サービス業や機械設計業、小売業、
 飲食サービス業などで、低下方向に影響した業種は、ソフトウェアなどの情
 報サービス業、卸売業、不動産業などとなっています。





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】思想の違いによる右と左                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 政党の思想・立場による「右派」と「左派」の区別について簡単に触れてお
きたいと思います。 

 「右派」とは、保守主義と同義で「伝統的な社会秩序や価値を尊重・維持す
るスタンスを取り、急激な改革に反対する層」を指しており、従来の体制下で
の既得権益を守る側はこちらになります。

 これが「右翼」となりますと、国粋主義(国独自の文化や伝統を礼賛するこ
とで国家意識の発揚をはかる思想)的な意味合いが強まり、極端に右翼的な思
想を持つ個人や集団を「極右」と呼びます。

 対して「左派」とは、政治や主義において「より平等な社会を目指すための
社会変革を支持する層」を指しており、富の再分配や福祉・社会保障を積極肯
定する側で、「リベラル」(弱者擁護的な自由主義)的なニュアンスも帯びて
います。

 これが「左翼」となりますと、急進的、革新的、革命的社会主義的、共産主
義的、無政府主義的な色彩が濃くなり、極端に左翼的な思想を持つ個人や集団
を「極左」と呼びます。

 このような区別はフランス革命時の国民議会に由来しており、旧体制の維持
を支持する王党派、貴族派、国教派などが議長席から見て右側の席を占め、急
進的な共和派が左側に座ったことから上記のような呼称・区別が生まれました。

 また、一般的に政党は右・左で呼ばれることを嫌い、左寄り(中道左派)は
「リベラル」、右寄り(中道右派)は「保守」を標榜しています。

 尚、上記に挙げたような右・左の区別は相対的なものであり、何を「右」あ
るいは「左」と呼ぶのかについては、時代や国、立場や視点などによって変化
しています。

 また、一つの政党の中に右も左もあって、多種多様な主義主張が混在してい
るケースも珍しくありません。右・左のレッテルは政敵を攻撃する際にもよく
使われます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ボリンジャーバンド」は相場の方向や変化、振幅の度合いなどを見るテクニ
カル指標です。過去1カ月の日経平均はボリンジャーバンドが描く下降トレン
ドの中で推移していましたが、本日の上昇で過去1カ月間続いたトレンドを脱
しています。また、頭を押さえていた一目均衡表の転換線も突破しています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。