ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 17/04/14 朝刊

2017/04/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃   〜 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ 〜
 ┗━━━━┛     
           

           『アクア・スペシャル版』


                 https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/04/14 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 今から105年前の1912年(大正元年)の本日4月14日午後11:4
0。豪華巨船「タイタニック号」が氷山に衝突。その2時間40分後の午前2
時20分、多くの乗員乗客が脱出できないまま、轟音と共に船体が2つに大き
く割れ、海底に沈没しました。


 この豪華巨船「タイタニック号」は2223人を乗せて4月10日にイギリ
スのサウサンプトンから出航、ニューヨークへ向かう途中でした。


 沈没後、数艘ある救命ボートのうちたった1艘しか救助に向かわなかったそ
うですが、行けば遭難者の皆がしがみつき、一気に全員死ぬかもしれないと乗
船員が考えたためでした。その結果、海に投げ出された人々は、気温・海水温
が低かったため、低体温症などでほとんどが短時間で死亡、或いは低体温症以
前に心臓麻痺で数分以内で死亡したと見られています。


 事故の犠牲者数は様々な説がありますが、イギリス商務省の調査では151
3人に達し、当時世界最悪の海難事故といわれました。全長268M、幅27
.7M、総トン数は4万6328トンという当時世界最大の客船でした。


 ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、映画「タイタニック」(TI
TANIC)は、1997年のアカデミー賞で史上最多の全11部門を受賞し
た大ヒット作です。日本でも超ロングランを記録し、巷ではレオナルド・ディ
カプリオにハマる女性が大量発生。ヨン様ならぬレオ様ブームに日本中が湧い
ていたのは記憶に新しいところです。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      20453.25(−138.61)▼0.67%
□ナスダック       5805.15(− 31.01)▼0.53%
□S&P500      2328.95(− 15.98)▼0.68%

□ダウ輸送株       8874.56(− 97.28)▼1.08%
□半導体株(SOX)    960.01(−  6.54)▼0.68%

□NY原油先物(5月限)   53.18(+ 0.07)
□NY 金先物(6月限) 1288.50(+10.40)

□バルチック海運指数   1296   (+14)

□為替      (対ドル)109.11(前日比0.10円安)
        (対ユーロ)115.83(前日比0.20円高)

□CME日経225先物   18355(− 45)※大阪終値比



 13日のNY株式市場は大幅安で3日続落。最強爆弾投下でリスクオフの売
りが広がりました。

 相場は下げて始まった後、午前中はおおむねプラス圏で推移。取引開始前に
増収増益決算を発表した金融大手JPモルガン・チェースが上昇したことや、
ミシガン大学調査の4月の消費者態度指数速報値が低下予想に反して上昇し、
2000年11月以来16年4カ月ぶりの高水準となったことが好感され買い
が入りました。

 ただ、シリアや北朝鮮の問題で地政学リスクに対する懸念が相場の重荷とな
っており、3連休を前に様子見ムードが強い中、低金利政策を望むとしたトラ
ンプ大統領の発言や地政学リスクを背景にした質へ逃避で債券が買われ、金利
が一段と低下した場面で金融株が崩れ、指数はマイナス転換。

 米軍がアフガニスタンの過激派組織「イスラム国」(IS)施設に、核兵器
以外では最強の破壊力をもつ大規模爆風爆弾兵器(MOAB)を使用したこと
が伝わるとリスクオフの流れが強まり、引けにかけては連休前の手仕舞い売り
が増えて相場は下げ幅を拡大しました。ちなみにMOABが実戦で使われるの
は初めてです。

 S&P業種別指数は全11業種が下落。エネルギーや金融、素材、工業など
が下落率上位となっています。

 個別銘柄では、好調な決算を発表したJPモルガンやシティグループが序盤
上昇し、バンク・オブ・アメリカなどにも買いが波及しましたが、金利の低下
とリスクオフの流れの中でそろってマイナスに転じました。1〜3月期が減益
となったウェルズファーゴは売られ下げ幅を拡大しています。

 一方、好決算を発表したネットワーク部品の米アプライド・オプトエレクト
ロニクスが大幅上昇。ナスダック市場に上場したバイオ医薬品トカジェンが買
いを集め、バイオジェンやギリアド・サイエンシズなどもしっかり。電気自動
車(EV)のテスラが上昇。イーロン・マスクCEOが9月に商用EVトラッ
クを発表とツイートしたことが材料視されました。

 ダウ構成銘柄は30銘柄中28銘柄が下落。下落率上位はシェブロン、キャ
タピラー、エクソンモービル、デュポン、JPモルガンなど。ビザとディズニ
ーはプラスを維持しました。

 NY原油先物(WTI)は、需給改善を期待した買いとリスクオフの売りで
ほぼ横ばい。NY金先物は3日連続高で昨年11月4日以来の高値で取引を終
了。トランプ大統領の発言でドルの先高観が後退していることや地政学リスク
の高まりを背景に金に資金が向かいやすい地合いとなっています。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
                 
                   投資のノウハウがここにあります。

                 https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は前日比125円安の1万8426円で終了し、連日で
年初来安値を更新しました。

    ※日経平均の前日までの勝敗 〇●●〇●〇●〇〇●●●

 昨晩のNY株は3日続落。大規模爆弾の初使用が嫌気され、3連休を控えて
手仕舞い売りが広がりました。

 本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引終値)は1万8360円。
CME日経225先物の終値は1万8355円で、昨日の東京市場の日経平均
終値1万8426円と比べ70円ほど安い水準です。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 1万8637円 5日線
 1万8661円 窓上限(4月11日安値)
 1万8500円 心理的節目
 1万8460円 窓上限(4月12日安値)
☆1万8426円 昨日終値
 1万8355円 CME日経平均先物
 1万8304円 昨日安値
 1万8175円 窓下限(16年11月22日高値)


 なお、騰落レシオは、「売られすぎ」とされる80%を下回る状態が続いて
おり、昨日(74%)は昨年2月18日以来約1年2カ月ぶりの低水準となっ
ています。

 東証が昨日発表した4月第1週(3〜7日)の投資部門別株式売買動向によ
りますと、海外投資家は8週ぶりに買い越しています。買越額は908億円で
した。



◎本日の予定 ※株価指数オプション4月物SQ
 ―――――
 13:30 2月の鉱工業生産指数確報
   〃   2月の特定サービス産業動態統計


 海外では3月の米消費者物価指数(CPI)、3月の米小売売上高、2月の
米企業在庫などの発表が予定されています。


 尚、本日は聖金曜日(祝日)のため米株式・債券・商品市場が休場。オース
トラリア、英国、ドイツなどの株式市場も休場です。



◎決算発表
 ――――
 14:00 松竹(9601)
 15:00 わらべや日洋(2918)、ウェザーニューズ(4825)、
       リンガーハット(8200)、東宝(9602)
 15:30 キャンドゥ(2698)、ドトル日レス(3087)



●その他のトピック

・セイノー、セブンイレの宅配を代行 まず1都7県

・松屋フーズ、ラーメン店本格参入 郊外SCに出店

・大東建、今期営業益4%増 8期連続最高益見通し

・ジンズ、9〜2月期純利益96%増 今期46%増

・TSI、今期営業益26%増見通し 自社株買いも

・ファストリ、9〜2月営業益31%増 海外が好調

・松屋、前期営業利益54%減 今期は37%増予想

・ハブと毎日コムネット、5月末を基準日に株式分割



◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 前日に引き続いて高いと反落する

 <相場高低判断> 当分の高値あらん




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




                  二度に買うべし、二度に売るべし

                          株式投資の心得


 自分の判断が本当に正しいかどうかは、結果をみてみなければわかるもの
ではありません。買ってみるか、売ってみるかして、さてどういう結果が出
るのか。当たりか、それともはずれか。いくら自信がありましても、相場が
その通りに動く保証はありません。

 
 まず相場にさぐりを入れてみる。つまり打診をして、自分の判断の当否を
確かめてみるのも手です。その結果、予想どおりであることがわかりました
ら、そこではじめて本格出動してもまだ十分に間に合うという考え方です。
一度に全て出し切って失敗することを考えれば、このくらいの手間隙を惜し
むことはありません。株式投資では石橋を叩いて渡るがごとき慎重さが時に
は必要です。






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆4月14日 今日は何の日 六曜:友引

 熊本地震から1年、オレンジデー、椅子の日、良い年の日、柔道整復の日、
 フレンドリーデー、ブラックデー(韓国)、タイタニック号の日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。