トップ > マネー・政治・経済 > > ハロー!株式

メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



ハロー!株式 17/03/09 夕刊

発行日:3/9

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┏━━━━┓
   ┃株式投資┃ 「有望銘柄の紹介」と「分かり易い解説」で大好評!
   ┗━━━━┛     


    『アクア・スペシャル版』のお申込み・詳細は


                → https://www.aqua-inter.com/special/




株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/03/09 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 2020年の東京オリンピックでは男子野球・女子ソフトボールが正式競技
に復帰しますが、08年の北京オリンピックを最後に野球がオリンピックの正
式種目から外されました。

 その理由にはいくつかあり、野球に熱心な国・地域はアメリカやカリブ海諸
国、日本や韓国、台湾など東アジアの地域に限られること、オリンピックの開
催時期はメジャーリーグのペナントレースの山場と重なるため、実力も人気も
あるメジャーリーガーの出場が期待できないことなどがあげられます。

 オリンピックと野球の冷ややかな関係が続く中、アメリカ大リーグ機構(M
LB)とアメリカ大リーグ選手会の主導で野球マーケットの拡大を目指して始
まったのが「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」です。

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の「野球の世界一決定戦」とい
う位置づけではありますが、長いシーズンを戦う下地を作るこの時期の召集を
辞退する選手も多く、選手の怪我が懸念されることや契約上の問題で各球団の
全面的な協力を得るのは難しいという現実もあります。

 ちなみに、MLB主導の国際大会(WBC)の実施が提唱された際、日本側
は開催時期の問題から参加をしぶりましたが、MLBは日本の参加を強く要求
し、もし日本の不参加によりWBCが失敗に終わった場合は日本に経済的補償
を要求することを通達、さらにはWBCへの不参加は「日本の国際的な孤立を
招くだろう」とも警告し、日本をひっぱり出したという経緯があります。

 第1回大会は06年に行われ日本が優勝、第2回大会は09年で日本が連覇
しました。それ以降、4年に1度の開催となり、13年開催の第3回大会では
ドミニカ共和国が優勝しました。

 現在行われているのが第4回大会で、日本、アメリカ、韓国、台湾、キュー
バ、メキシコ、ベネズエラ、カナダ、オランダ、オーストラリア、イタリア、
プエルトリコ、ドミニカ共和国、中国、コロンビア、イスラエルの16チーム
で本戦を戦っており、3月23日に米ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで
決勝が行われます。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場 <スペシャル版(有料版)通信>

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.SQとは







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  19318.58(+ 64.55)△0.34%
◎TOPIX  1554.68(+  4.43)△0.29%

◎売買高概算   15億9502万株
◎売買代金概算   1兆8791億円
◎時価総額   573兆3482億円

◎値上り銘柄数 1216   ◎(昨年来)新高値 148
◎値下り銘柄数  625   ◎(昨年来)新安値   2
◎変わらず    163

◎騰落レシオ(25日) 119.36%(前日比9.63%上昇)

◎サイコロ(日経平均) 4勝8敗 ●●●●〇〇〇●●●●〇 33.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.32% 75日線比 +1.29%


◎為替  (対 ド ル)114.40(前日比0.52円安)
     (対ユーロ)120.57(前日比0.32円安)

◎出来高上位

 1.東芝   <6502> 204.8円(− 15.9円)17223万株
 2.みずほ  <8411> 211.3円(±    0円) 8343万株
 3.三菱UFJ<8306> 756.9円(+  2.7円) 3700万株
 4.大垣銀  <8361>   344円(±    0円) 3510万株
 5.シャープ <6753>   372円(+    3円) 3327万株

◎売買代金上位

 1.任天堂  <7974> 24660円(−  165円)  532億円
 2.日経レバE<1570> 14760円(+  120円)  500億円
 3.ソフトBK<9984>  8328円(−   98円)  446億円
 4.東芝   <6502> 204.8円(− 15.9円)  359億円
 5.トヨタ自 <7203>  6434円(+   64円)  321億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り520万株 買い960万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が5日ぶりに上昇、64円(0.34
%)高の1万9318円で取引終了です。

 昨晩のNYダウは69ドル安でしたが、円相場が1ドル=114.40円前
後の円安に振れたことを好感して朝方から買いが先行。10日(金)に注目の
2月米雇用統計の発表を控えて手控え気分は強いものの、円相場が1ドル=1
15円台乗せも視界に入っていることから先高期待の買いで終日高い水準での
値動きとなっています。売買代金は1兆8791億円、上海総合指数は23ポ
イント(0.7%)安の3216です。

 東証が発表した3月第1週(2月27日〜3月3日)の投資家別株式売買動
向では、外国人は3週連続の売り越しで売越額は796億円。個人は2週連続
の売り越しで売越額は840億円、年金基金の売買動向を反映する信託銀行は
5週連続の売り越しで売越額は380億円となっています。

 業種別では、ゴム、精密、非鉄、土石、自動車、建設などが高く、一方で石
油、鉄鋼、電力ガスなどが下げています。

 個別銘柄では、研究用試薬製販・受託の免疫生物研究所がストップ高、15
0円高の945円となっています。昨日に報道番組で再生医療での応用が期待
される「Muse(ミューズ)細胞」が取り上げられ、関連銘柄として買いが
集まっています。人間の体内にある多能性幹細胞でガンになりにくく心筋や血
管など様々な細胞に育ち、心筋梗塞や肝硬変などの治療への応用が期待されま
す。

 スズキが148円高の4758円と値を飛ばし、1年7ヶ月ぶりの高値水準
となっています。トランプ政権の自動車輸入への関税政策に不透明感が強い中、
北米の売上比率が相対的に低いことから買いが入っています。16年3月期の
売上高に占めるアジアの比率が44%と乗用車メーカーではアジア比率が最も
高いです。

 メガチップスが3日連続高、146円高の2946円と大幅高で昨年来高値
更新。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が順調と報じられ、LS
Iを手掛ける同社は任天堂が主要取引先であることから販売拡大を期待した買
いが連日で入っています。

 他のゲーム関連にも買いが波及しており、バンダイナムコHDも80円高の
3385円と値を上げて上場来高値を更新。ゲーム・カジノ関連のコナミHD
も95円高の4920円、スクウェア・エニックスも40円高の3525円と
値を上げています。

 その他、米テスラの電気自動車「モデルX」向けにシートフレーム供給を開
始した自動車シート大手のタチエスが166円高の2260円、電子制御の横
編み機で世界首位の島精機が295円高の4150円、家庭用美容・健康機器
メーカーのヤーマンが390円高の6650円、自動車向けのMPUのルネサ
スエレクトロニクスが52円高の1077円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、極洋、西松建、住友林、東ソー、ブリヂストン、ツガ
ミ、島精機、日立建、ダイフク、三井ハイテック、タチエス、ニチハ・・・等
々です。



☆スペシャル版(有料版)通信

  = ルネサスが52円高の1077円 =

 上がってきましたので公開しますが、2月22日に950円前後が狙い目と
してご紹介したばかりの【ルネサスエレクトロニクス】(6723)。本日、
52円高の1077円となり、既に値幅にして120円の上げ幅となってきま
した。

 売上高の約3割が自動車向けのMPUである同社。自動車の電装化で同社製
品の大幅拡大が想定され、加えて「IoT」の普及も追い風となるとしてご紹
介させて頂きましたが、取り敢えずは仕込まれた方、本当におめでとうござい
ます。


 来週も有望銘柄をご紹介させて頂きますので、ご期待下さいませ。酉(取り
)年相場は始まったばかりであり、これからが本番です。まだスペシャル版を
ご利用でない方は、お早目にご活用下さいませ。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 引上げ B→A(1963)日揮        1,500→ 2,500円

[野村証券]
 据置き   A(7220)武蔵精密      3,000→ 3,550円
 引上げ B→A(9064)ヤマトHD     2,200→ 3,000円
 据置き   B(5703)日軽金HD      300→   310円

[SMBC日興証券]
 据置き   A(5020)JX         620→   660円
 据置き   A(6592)マブチ       7,100→ 8,200円
 据置き   A(6856)堀場製       6,600→ 7,300円

[三菱UFJMS証券]
 新 規   A(6966)三井ハイテク        1,750円
 据置き   A(8766)東京海上      6,100→ 6,200円
 据置き   C(8113)ユニチャーム    2,000→ 2,050円

[みずほ証券]
 新 規   A(6113)アマダ           1,500円
 新 規   A(6367)ダイキン         13,000円
 新 規   A(6472)NTN            700円
 新 規   A(6586)マキタ           8,800円
 新 規   A(9962)ミスミG          2,300円
 新 規   C(6474)不二越            550円
 新 規   C(6954)ファナック        18,000円

[大和証券]
 据置き   1(6758)ソニー       4,200→ 4,800円


 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎マネーストック
 ―――――――
 2月のマネーストック(通貨供給量)は、代表的な「M3(現金、銀行など
 の預金)」の月中平均残高は前年同月比3.6%増の1282兆5千億円と
 なりました。

 残高は過去最高だった前月(1285兆9千億円)から減少しましたが、前
 年比では2カ月連続の増加で伸び率も拡大しました。

 尚、マネーストックは直接的にコントロールできないため、日銀は国債の購
 入などでマネタリーベース(資金供給量)の増大を図り、結果としてマネー
 ストックが増加、流通量を増やしてお金の価値を低下させることで、物価が
 上昇することを狙っています。



◎実質賃金
 ――――
 1月の毎月勤労統計速報によりますと、物価変動の影響を除いた実質賃金は
 前年同月比横ばいでした。名目賃金は増加しましたが、物価上昇が名目上の
 増加分を相殺した格好です。



◎中国の物価指数
 ―――――――
 中国国家統計局が発表した2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で
 0.8%上昇。1月(2.5%上昇)が2年8カ月ぶりの高い伸びだったの
 に対し、2月は2年1カ月ぶりの低いに伸びにとどまりました。

 同時に発表された2月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比7.8%上
 昇と前月(6.9%上昇)から加速し8年5カ月ぶりの高い伸びを記録しま
 した。



◎オフィス空室率
 ―――――――
 2月の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)のオフィ
 ス空室率は前月比0.04ポイント低下の3.70%で、わずかに改善しま
 した。都心5区の平均賃料は小幅ながら38カ月連続で上昇しています。



◎対内証券投資・株式(財務省集計)※カッコ内は前週の動向
 ―――――――――
 2月26日〜3月4日

  海外投資家 −1671億円(−2609億円) 3週連続売り越し



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 3月第1週(2月27日〜3月3日、日経平均185円上昇・週間ベース)

  個人投資家 − 840億円(− 409億円) 2週連続売り越し

  海外投資家 − 796億円(− 727億円) 3週連続売り越し

  事業法人  + 262億円(+ 621億円) 2週連続買い越し

  信託銀行  − 380億円(− 220億円) 5週連続売り越し

 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】SQとは                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



 この時期の市場で必ず話題になる「SQ」について説明させていただきます。

 まず、機関投資家等が行う取引で、主に指数間の価格の開きを利用して値ザ
ヤを稼ぐ「裁定取引」というものがあります。

 現物価格と先物の価格には本来理論的な価格差がありますが、実際の価格差
が理論的な価格差よりも大きくなったり小さくなったりした場合、割安な方を
買い、割高な方を売って利益を得ます。これが「裁定取引」で、「サヤ取り」
または「アービトラージ」とも呼ばれます。

 ちなみにオプション取引では毎月決済が行われ、先物は3、6、9、12月
の年4回のみとなっています。ともに第2木曜日が取引最終日で、それまでに
決済されなかった未決済の建玉(たてぎょく)については、翌金曜日の最終決
済期日の清算値にて強制決済が行われます。 

 この時の清算値が「スペシャル・クォーテーション」で、略して「SQ」と
呼ばれます。日本語では「特別清算指数」と訳されますが、一般的には特別清
算指数を「SQ値」、最終決済当日(第2金曜日)を「SQ日」といった使い
方をします。オプションと先物の清算日が重なる3、6、9、12月の清算日
を特に「メジャーSQ」と呼びます。

 裁定取引で「先物売り・現物株買い」のポジションが組まれている場合、S
Q算出時には先物などが清算され、現物株には売りが出ます。いわゆる「裁定
解消売り」です。

 反対に「先物買い・現物株売り」のポジションが清算される際は現物買いに
つながります。

 そうしたこともあって、SQが近づきますと思惑絡みの売買が活発になり、
不安定な相場展開となるケースがあります。

 また、メジャーSQとなる3、6、9、12月の第2金曜日は、日々の商い
に加え、裁定取引の清算に絡む売買が重なるため出来高が膨みます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

SQ値は需給の節目となりやすく、日経平均がSQ値を上回って推移すれば、
その後の相場が強含む傾向があるため、そういった観点からもメジャーSQは
注目されます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 11年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 地球の歩き方WEB通信

    最終発行日:
    2017/03/28
    読者数:
    2503人

    「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。

  2. 今日の夕食

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    6893人

    料理のレパートリーが少なく、毎日何を作ろうか悩んでいませんか? 外食を減らしておうちでお料理にチャレンジしてみませんか? 簡単家庭料理レシピをお届けします。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    24202人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 「マエストロ」の株式デイリーコメント

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    7017人

    1日の相場概況をマエストロが解説。相場解説、テクニカル判断からの日経平均株価や個別銘柄の予想。マエストロが提案する楽しみな銘柄など内容盛りだくさんです。読者皆様からの多大なご声援感謝しております。

  5. 金では買えない「金融裏情報」

    最終発行日:
    2017/01/09
    読者数:
    20431人

    世の中にはびこる金融商品や投資話の80%以上は投資家を欺きはめ込むためのものです。当研究会では、そんな金融業界に一石を投じます。

発行者プロフィール

過去の発行記事