ハロー!株式

メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

全て表示する >

ハロー!株式 17/01/26 朝刊

2017/01/26

―――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃    〜 人の行く裏に道あり花の山 〜
 ┗━━━━┛     

                       『アクア・スペシャル版』


               → https://www.aqua-inter.com/special/



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/01/26 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 さっそくですが、昨晩のNY市場でNYダウが155ドル高の2万0068
ドルと初めて2万ドルを突破し、史上最高値を更新しています。これまでの最
高値は終値ベースでは昨年12月20日につけた1万9974ドル、ザラ場ベ
ースでは今年1月6日に付けた1万9999ドルでした。

 既に昨日にナスダック指数とS&P500種指数が史上最高値を更新してい
ましたが、新政権への政策期待を背景にした「トランプラリー」は再加速しつ
つあります。

 NYダウが初めて1万ドルを突破したのは1999年です。従いまして、1
8年で2倍となった計算です。当時はIT(情報技術)バブル期で、ハイテク
銘柄が相場上昇を牽引していました。現在は米景気の明るさや大型減税・イン
フラ投資を中心とした財政支出の拡大期待などから、金融・インフラなど内需
関連を中心に幅広い銘柄が上昇しています。

 1999年当時の日経平均株価は、同年1月の始値が1万3415円で12
月の大納会の終値が1万8934円となっています。昨日の終値は1万905
7円ですので、NY市場の上昇と比較しますと如何にも見劣りします。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.NY市況

 2.本日の注目点と話題

 3.心に残る名言





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


□ダウ工業株      20068.51(+155.80)△0.78%
□ナスダック       5656.34(+ 55.38)△0.99%
□S&P500      2298.37(+ 18.30)△0.80%

□ダウ輸送株       9421.01(+132.42)△1.43%
□半導体株(SOX)    956.06(+ 13.65)△1.45%

□NY原油先物(3月限)   52.75(− 0.43)
□NY 金先物(2月限) 1197.80(−13.00)

□バルチック海運指数    862   (−24)

□為替      (対ドル)113.23(前日比0.31円高)
        (対ユーロ)121.73(前日比0.09円安)

□CME日経225先物   19210(+140)※大阪終値比



 25日のNY株式市場は、公約実行でトランプラリーが再燃。ダウは指数
算出以来初めて2万ドル台に乗せ過去最高値を更新。S&P500種指数と
ナスダック指数は連日の過去最高値更新です。

 トランプ大統領は前日、オバマ前大統領が環境保護派への配慮から却下して
いたパイプラインの建設計画を推進する大統領令に署名。トランプ大統領は就
任以来、大統領令を連発しており、巨額減税や大型インフラ投資の実行で景気
拡大が加速するとの期待が市場に広がりました。

 取引開始前に航空機大手ボーイングが発表した10〜12月期決算は、売上
高が1%減少したものの純利益が58%増となり、1株利益は市場予想を上回
りました。好決算を発表したボーイングの上昇がけん引する形でダウはあっさ
り2万ドル台をクリア。

 その後も買いは衰えずダウは2万ドルをキープ。「大台乗せで、達成感から
利益確定の売りが優勢」となることもなく、ダウは指数算出以来の2万ドル台
で取引を終了し、昨年12月20日につけた過去最高値を約1カ月ぶりに更新
しました。

 尚、ダウが1万8000ドルから1万9000ドルを超えるまで約2年の期
間を要しましたが、1万9000ドルから2万ドルはわずか2カ月間で達成し
ました。

 S&P業種別指数では、金融、テクノロジー、資本財の上昇が目立ち、不動
産や通信が軟調でした。

 個別銘柄では、エンジニアリング・建築大手のフルーア、建築資材のバルカ
ン・マテリアルズ、アスファルトなどを手掛けるマーティン・マリエッタ・マ
テリアルズ、特殊パイプメーカーのノースウエスト・パイプなどが上昇。パイ
プラインや国境の壁建設で資本財セクターへ資金が流入しました。工場新設の
増加で恩恵を受ける産業用オートメーションのロックウェル・オートメーショ
ンなども大きく上昇しています。

 ボーイングが大幅高でダウを45ドル押し上げ。ウェルズファーゴ、バンカ
メ、JPモルガンなどの金融株が上昇。好決算を発表した鉄道のノーフォーク
サザンが買われ、同業のユニオン・パシフィックやCSXなども上昇。決算と
業績見通しがともに市場予想を上回ったHDDメーカーのシーゲートが急伸し、
同業のウェスタン・デジタルにも買いが波及。目標株価の引き上げが相次いだ
テキサス・インスツルメンツが買われ、マーベル・テクノロジーやクアルコム
など、産業のコメと言われる半導体株の上昇も目立ちました。

 一方、減益決算を発表した機械のユナイテッド・テクノロジーズは軟調な展
開。決算が予想を下回った資源大手のフリーポート・マクモランが下落。決算
を発表したスチール・ダイナミクスが売られ、同業のAKスチールやUSスチ
ールにも売りが波及しました。

 ダウ構成銘柄では、ボーイングを筆頭にキャタピラー、アップル、JPモル
ガン、ゴールドマン・サックス、IBMなどが上昇率上位。一方、プロクター
&ギャンブル、ウォルマート、ベライゾンなどが軟調でした。

 NY原油先物(WTI)は反落。週間の在庫統計で原油在庫が予想以上の積
み増しとなったことが相場の重石となりました。NY金先物は続落。リスクオ
ンムードで金に売りが出ました。




   ┏━━━━┓
   ┃株式投資┃ 「有望銘柄の紹介」と「分かり易い解説」で大好評!
   ┗━━━━┛     


    『アクア・スペシャル版』のお申込み・詳細は

                →  https://www.aqua-inter.com/special/


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】本日の注目点と話題                     **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◆昨日の日経平均株価は、前日比269円高の1万9057円で取引を終了。

    ※日経平均の前日までの勝敗 ●〇●〇●●〇〇〇●●〇

 個別銘柄では、ソフトバンク、トクヤマ、新日鉄住金、イントランスなどの
上昇が目立ちました。※詳細は昨日夕刊の「相場概況」をご参照ください。

 昨晩のNY株式市場では主要3指数がそろって過去最高値を更新。ダウは史
上初めて2万ドルを突破しました。

 本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引終値)は1万9230円。
CME日経225先物の終値は1万9210円で、昨日の東京市場の日経平均
終値1万9057円と比べ150円ほど高い水準です。


◎日経平均株価と上下の節目
 ――――――――――――
 1万9241円 25日線
 1万9210円 CME日経平均先物
 1万9132円 一目基準線
☆1万9057円 昨日終値
 1万9000円 心理的節目
 1万8989円 5日線


 尚、本日は月内受け渡し(1月決算銘柄の権利付き)最終売買日です。



◎本日の予定
 ―――――
 08:50 12月の企業向けサービス価格指数
   〃   対外・対内証券売買契約
 10:30 中国12月の工業企業利益
 15:00 投資部門別株式売買動向


 海外では、10〜12月期の英GDP速報値、12月の米新築住宅販売件数、
12月のシカゴ連銀全米活動指数、週間の米新規失業保険申請件数、12月の
米景気先行指数、1月の米サービス業PMIなどの発表が予定されています。



◎決算発表
 ――――
 15:00 エムスリー(2413)、サイバー(4751)、
       日立金(5486)、日立国際(6756)、
       アドテスト(6857)、ファナック(6954)、
       H2Oリテ(8242)

 15:30 富士電機(6504)、オリックス(8591)


 海外では、インテル、マイクロソフト、キャタピラー、アルファベット(グ
ーグル)、バイオジェン、ダウ・ケミカル、フォードなどが決算を発表する予
定です。



●その他のトピック

・JDI、新型ディスプレー製品公開 試作品含め20点

・DIC、太陽HDに19.5%出資 持ち分法適用会社

・フュートレック、ドコモがロボットに音声認識技術採用

・ドコモ、4〜12月期営業益2割増 動画利用の拡大で

・カルビー、4〜12月期営業利益が8%増 過去最高益

・日立化成、今期純利益は3%増 減益予想から一転増益

・旭硝子、前12月期純利益が7%増 減益予想から一転




◎明日以降の主な予定 ※予定は変更になる場合があります。

 27日(金) 12月の全国CPI
        (国内決算)信越化、アルプス、ANA、NTTドコモ
        米10〜12月期GDP速報値
        米12月の耐久財受注額
        (海外決算)シェブロン

 28日(土) 中華圏の春節(旧正月)

       ※中国では今週1月27日(金)から来週2月2日(木)まで
        7連休で、27日(金)の上海市場は休場となります。


◆今日の高島暦 

 < 相場の波動 > 人気に逆行して動く日 逆張り方針良し

 <相場高低判断> 高保合いで変化なし




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞





      神に祈れ、だが岸に向かって漕ぐ手は休めるな

                     ロシアの格言








THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆1月26日 今日は何の日 六曜:仏滅

 文化財防火デー有料駐車場の日・パーキングメーターの日、帝銀事件の日、
 1ドア2ロックの日、コラーゲンの日、携帯アプリの日



〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。