トップ > マネー・政治・経済 > > ハロー!株式

メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



ハロー!株式 17/01/10 夕刊

発行日:1/10

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


  お陰様で9年連続! 「ハロー!株式」が『日本一!のメルマガ』に!


  メルマ!ガ オブ ザ イヤー 2016
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               http://melma.com/contents/moy2016/





株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2017/01/10 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 昨日と一昨日は各地で成人式が行われました。新成人が生まれた1996年
は第2次ベビーブーム世代の出産期にあたるため、今年の新成人は約123万
人で2年ぶりの増加となりました。

 1996年と言えば、下野していた自民党が橋本内閣を組閣して政権に返り
咲いた年です。バンダイのデジタルペット「たまごっち」や任天堂のゲームソ
フト「ポケットモンスター」が登場したのもちょうどこの年です。

 ちなみに、1996年の日経平均株価は年前半の2万円前後から6月には2
万2750円まで上昇しています。今年の元日の日経新聞に掲載された主要企
業の経営者による日経平均の高値予想の平均は2万1750円で、実現すれば
およそ20年ぶりの高値回復となります。


 ところで、昨年暮れの忙しい時期に「2016 あなたが選ぶメルマ!ガ オ
ブ ザ イヤー」への投票をお願いしておりましたが、おかげさまで本誌「ハロ
ー!株式」が数あるメルマガの中からNo.1の【総合大賞】を9年連続で受
賞することができました。

      → http://melma.com/contents/moy2016/

 これもひとえに皆様からのご支持があればこそで、まずは心より御礼申し上
げます。

 これからも皆さまの投資生活に貢献できるよう努力を怠らず邁進してゆきた
いと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………



 1.今日の相場

 2.主な投資判断

 3.本日の経済指標等の結果

 4.1月効果






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎日経平均  19301.44(−152.89)▼0.79%
◎TOPIX  1542.31(− 11.01)▼0.71%

◎売買高概算   18億9467万株
◎売買代金概算   2兆5992億円
◎時価総額   569兆0850億円

◎値上り銘柄数  758   ◎(年初来)新高値 209
◎値下り銘柄数 1131   ◎(年初来)新安値   1
◎変わらず    115

◎騰落レシオ(25日) 121.64%(前日比3.45%低下)

◎サイコロ(日経平均) 3勝9敗 〇●●●〇●●●〇●●● 25.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比 +0.89% 75日線比 +8.13%


◎為替  (対 ド ル)115.67(連休前比0.58円高)
     (対ユーロ)122.62(連休前比0.40円高)

◎出来高上位

 1.みずほ  <8411> 212.1円(−  2.3円)12121万株
 2.東芝   <6502> 288.6円(+  1.4円) 9312万株
 3.三菱UFJ<8306> 726.7円(− 11.3円) 7279万株
 4.シャープ <6753>   323円(+    7円) 6481万株
 5.JFLA <2538>    42円(+    2円) 3380万株

◎売買代金上位

 1.日経レバE<1570> 14790円(−  250円) 1345億円
 2.ソフトBK<9984>  8423円(+   60円) 1078億円
 3.大塚HD <4578>  5668円(+  455円)  716億円
 4.トヨタ自 <7203>  6861円(−   69円)  616億円
 5.三菱UFJ<8306> 726.7円(− 11.3円)  531億円



◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り960万株 買い760万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が3日連続安、前週末比152円(0
.79%)安の1万9301円で取引終了です。東京市場が3連休中のNYダ
ウは6日が64ドル高、昨晩が76ドル安で2日間の合計では小幅な下落。た
だ、円相場が朝方から昼過ぎにかけて1ドル=115.20円前後まで進行す
る円高に振れたことを嫌気して寄付きから売りが先行。

 今週は11日にトランプ米次期大統領の公式会見が予定されていることから
買い手控え気分も強く、13:23には下げ幅が198円となる場面がありま
した。その後は円高一服もあって押し目買いが入り、引けにかけては幾分下げ
幅を縮小しています。売買代金は2兆5992億円、上海総合指数は9ポイン
トの小幅安で3161です。

 本日、東証が16年12月第4週(26〜30日)の投資家別株式売買動向
を発表。注目の外国人は2週ぶりに買い越しで買越額は324億円(前の週は
1947億円の売り越し)、個人は8週連続の売り越しで売越額は2156億
円(前の週は1982億円の売り越し)となっています。

 業種別では、医薬品、紙パ、空運などが小高く、一方、電力ガス、保険、銀
行、証券、食品、石油、陸運、不動産などの下げが目立ちます。

 個別銘柄では、天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望していること
を受け、平成31年(2019年)1月1日に皇太子の天皇即位に伴う儀式を
行い同日から新元号とする方向で政府が検討に入ったと報じられています。

 これを受け、関連銘柄として印刷の光村印刷が40円高の264円、オフセ
ット印刷用写真製版大手の光陽社がストップ高で50円高の212円、商業印
刷のカワセコンピュータサプライもストップ高で80円高の371円、野崎印
刷もストップ高で50円高の202円と印刷関連に物色の矛先が集まっていま
す。

 相場全般安の中にあって、円相場の影響を受けにくい出遅れ銘柄として物色
の矛先が向かい、バイオ関連株が上昇。カルナバイオが5日連続高で89円高
の2400円、コスモバイオが32円高の1289円、がん領域特化の創薬ベ
ンチャーのナノキャリアが12円高の919円、小野薬品も27.5円高の2
625円と値を上げています。

 一押しのソフトバンクが60円高の8423円と連日で昨年来高値を更新、
2年4ヶ月ぶりの高値水準となっています。昨年12月6日、孫社長はトラン
プ次期米大統領とNYのトランプタワーで会談しており、トランプ銘柄との位
置付けから物色の矛先が向かっています。

 尚、本日にはソフトバンクの持ち分法適用会社である中国電子商取引最大手
アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長がトランプタワーでトランプ次期
米大統領と会談しています。

 その他、日経平均株価の構成銘柄に新規採用される製薬大手でポカリスエッ
トも手掛ける大塚HDが445円高の5668円と大幅高、アパレル大手で「
23区」や「組曲」などを手掛けるオンワードHDが業績改善期待から49円
高の877円と大幅高で昨年来高値更新となっています。

 本日の新高値銘柄は、関電工、三晃金、中部飼、ツクイ、東亜合、日油、大
日住薬、富士薬、富士通ゼネ、日立国際、ローム、スター精密、阪急阪神、王
将、ソフトバンク・・・等々です。




 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃    〜投資情報の 『スペシャル版』 〜
 ┗━━━━┛                      
                      
  2017年最初のスペシャル版は明日配信です。 お申し込み受付中!


         → https://www.aqua-inter.com/special/



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



[クレディS証券]
 据置き   A(2201)森永製菓      5,000→ 5,600円
 据置き   A(8283)PALTAC    2,600→ 3,300円

[JPモルガン証券]
 新 規   A(4927)ポーラオルビス      12,600円
 据置き   A(8035)東京エレクトロン 11,000→15,000円

[野村証券]
 据置き   A(6756)日立国際      2,405→ 3,084円
 据置き   A(6849)日本光電      3,700→ 4,000円
 据置き   A(7701)島津製       2,100→ 2,500円
 据置き   B(8233)高島屋        900→ 1,050円

[SMBC日興証券]
 据置き   A(5929)三和HD      1,080→ 1,220円
 引上げ B→A(6755)富士通ゼネラル   2,600→ 3,200円
 据置き   B(3291)飯田グループ    2,600→ 2,700円

[大和証券]
 据置き   1(2659)サンエー      6,700→ 7,000円
 据置き   1(7974)任天堂      31,900→35,000円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※投資判断を再開した場合は新規と記載
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】本日の経済指標等の結果                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



◎中国CPI・PPI
 ―――――――――
 中国の16年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.1%上
 昇。前月(2.3%)から伸びがやや鈍化したものの、市場予想の範囲内
 でした。

 16年12月の中国の生産者価格指数(PPI)は前年同月比5.5%の
 上昇で、上昇率は前月(3.3%)から拡大、市場予想も上回り2011
 年9月以来5年3カ月ぶりの大きな伸びとなっています。



◎消費動向調査
 ――――――
 内閣府が発表した16年12月の消費動向調査によりますと、消費者心理
 を示す消費者態度指数は前月比2.2ポイント上昇の43.1と3カ月ぶ
 りに前月を上回り、2013年9月以来3年3カ月ぶりの高水準を記録し
 ました。



◎投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ――――――――――
 12月第4週(26〜30日、日経平均313円下落上昇・週間ベース)

  個人投資家 −2156億円(−1982億円) 8週連続売り越し

  海外投資家 + 324億円(−1947億円) 2週ぶり買い越し

  事業法人  − 108億円(+  60億円)13週ぶり売り越し

  信託銀行  −1827億円(− 606億円) 3週連続売り越し

 ※投資部門別売買状況で「事業法人」は企業の自社株買い等、「信託銀行」
  は年金資金等の売買動向を反映しています。




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】1月効果                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 1月効果(1月は相場が上昇する傾向がある)というのはマーケットにおけ
るアノマリーの1つで、元々はNY市場で報告された現象ですが、世界の主要
な市場でも1月効果が観察されます。

 理由としては、1つは海外投資家の影響です。10月から11月にかけては
決算に絡むファンド勢の換金売りがあり、年末が近づくと損益通算で節税を狙
った売りが出やすく、クリスマス休暇前に現金化しておこうとする動きが強ま
ります。年が明けて新会計年度(欧米)が始まりますと、先に現金化した資金
で再投資する動きが強まり、それが1月効果としてあらわれるというものです。

 また、決算期を向かえたファンド勢はポートフォリオの見栄えをよくするた
めに小型株を売って大型株の比率を高めるという傾向があり、その反動として
1月効果では小型株の上昇が顕著になります。

 もう1つは国内事情で、個人投資家においては税金対策のため12月に持ち
株の売りが増えます。正月休みが近づくにつれて心情としては積極的には手が
けにくく、新しい年の始まりとともに心機一転で投資に積極的になるという事
情が1月効果につながるとともに、年明け早々は1年を通しての新しい動きや
明るい話題が多いこともそうした心情になることの背景にあります。
 
 ただし、近年に限れば1月相場は下がることの方が多く、米主要企業の決算
発表が始まる中旬頃から基調に変化があらわれる傾向があります。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】編集後記                                 aqua@aqua-inter.com
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

年明けに行われた某ネット証券の新システムへの移行とウェブサイトの全面リ
ニューアルではトラブルが多発したようですが、昨年末に行われた全面刷新後
の日銀のウェブサイトはなかなか良い出来栄えです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 = 12年連続受賞 =


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9年連続で『総合大賞』  06年〜08年はマネー部門賞第1位

  → http://melma.com/contents/moy2016/


◎まぐまぐ大賞 2016
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  株式資産運用部門 第5位

 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-stock.html


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
 一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
 断でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
           → aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。        → http://www.aqua-inter.com/


●当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載すること及び第三者への
 転送を含む再掲示を禁じます。

 
======================================================================
発行:アクアリンクス株式会社     関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 今日の夕食

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    6899人

    料理のレパートリーが少なく、毎日何を作ろうか悩んでいませんか? 外食を減らしておうちでお料理にチャレンジしてみませんか? 簡単家庭料理レシピをお届けします。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    23943人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. ホームページ情報局

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    15729人

    面白い・役に立つなど優れたHP・メルマガを紹介

  4. 「マエストロ」の株式デイリーコメント

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    7027人

    1日の相場概況をマエストロが解説。相場解説、テクニカル判断からの日経平均株価や個別銘柄の予想。マエストロが提案する楽しみな銘柄など内容盛りだくさんです。読者皆様からの多大なご声援感謝しております。

  5. 金では買えない「金融裏情報」

    最終発行日:
    2017/01/09
    読者数:
    20433人

    世の中にはびこる金融商品や投資話の80%以上は投資家を欺きはめ込むためのものです。当研究会では、そんな金融業界に一石を投じます。

発行者プロフィール

過去の発行記事