ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/12/07 朝刊

2011/12/07

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  
【人の行く裏に道あり 花の山】教訓

  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。


    『 大底、買いチャンス到来のマル秘銘柄○○○7!』

  
     『 切り込みとカブセの出現で反転を想定 』



  お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/12/07 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。本日は大安、そして暦の上では大雪(た
いせつ)となり、鰤(ぶり)漁など冬の漁が盛んになる頃です。

 つい最近まで新興国と言えば「BRICs」(ブラジル、ロシア、インド、
中国)を指していましたが、このところ急速に存在感を高めているのが『AS
EAN諸国』です。

 ASEANとは、「Association of South―East
Asian Nations」の頭文字の略で、シンガポール、マレーシア、
インドネシア、タイ、フィリピン、ブルネイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、
ミャンマーの10カ国を指します。

 域内人口は約6億人(うちインドネシアが約4割を占めます)。欧州連合(
EU、27カ国)の約5億人、米国の約3億人を上回っています。

 ここ数年は大国である中国、インドに挟まれて埋没感が否めませんでしたが、
国民の勤勉性、識字率の高さ、人件費の安さ、親日的な国民性もあり、このと
ころ製造拠点として日本企業の進出が相次ぐなど、ASEANの経済は、まさ
に離陸開始状態にあります。

 株式市場におきましても、テーマとしての「ASEAN」関連が動き始めて
おり、目が離せません。


 ところで、本日のスペシャル版では、『大底、買いチャンス到来のマル秘銘
柄○○○7!』としまして有望1銘柄をご紹介させて頂きます。

 今上期業績は過去最高益を更新し、通期業績も最高益に迫る、或いは更新す
る公算大です。それにもかかわらず株価は底値圏に位置しており、これからの
上昇余地大です。ご期待下さいませ。


 今、株式マーケットは『宝の山』、100年に1度の大チャンスを迎えてい
ます。この大チャンスをモノにするためにも、是非『スペシャル版』をご活用
くださいませ。『スペシャル版』では、買いチャンスの「超有望銘柄」、「相
場の見方」、そして「投資ノウハウ」を分かりやすく、かつお値打ちな料金で
ご提供しています。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な投資情報があふれてい
る中にありまして、スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か
1万5750円(1ヶ月当たり2600円程度)と極めてお値打ちな料金でご
提供させて頂いています。

 他にまずこれだけ安い料金はないはずです。「安い値段で皆様方のお役に立
ちたい」、発行当初からこの信念は一貫しており、多くの方にご購読頂いてい
ます。

 もちろん、値段が安いだけでなく、内容が充実しているからこそ、長年に渡
ってビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 尚、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間
に合います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12150.13(+ 52.30)△0.43%
□ナスダック       2649.56(−  6.20)▼0.23%
□S&P500      1258.47(+  1.39)△0.11%

□CME日経225先物  8595   (+ 15)※大証比

□為替      (対ドル) 77.73  (対ユーロ)104.16

□半導体株指数       377.41(− 0.71)
□NY原油先物(1月限) 101.28(+ 0.29)
□NY金 先物(2月限)1731.80(− 2.70)
□バルチック海運指数  1848   (− 8)


 6日のNY株式市場は、欧州首脳会議への期待を背景にダウが続伸しました。

 前日夕に格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)はユーロ圏15カ
国の格下げの可能性を警告しましたが、この日は欧州の金融安全網となる欧州
金融安定基金(EFSF)の長期債格付けを引き下げ方向で見直すと発表しま
した。一方で、8、9日両日に開催される欧州連合(EU)首脳会議で危機回
避に向けた対策が講じられるとの期待が相場を下支え。ダウは、指数構成銘柄
のスリーエムやゼネラル・エレクトリックなどに買いが入りプラス圏で推移し
ました。

 午後2時過ぎに、英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が、欧州連合(E
U)は救済基金の規模倍増を協議していると報じたことを受けダウは一段高と
なり、マイナス圏で推移していたナスダック指数も下げ幅を縮小しました。

 業種別では、ヘルスケア、通信、農業関連、産金などが上昇しました。

 個別銘柄では、日用品・工業品メーカーのスリーエムは、楽観的な業績見通
しが買い安心感につながり1.5%高。医療機器機や発電設備、航空エンジン、
金融、メディアなど数多くの事業を展開するゼネラル・エレクトリック(GE)
は、アナリストによる投資判断の引き上げが好感され約2.4%高。アルツハ
イマー治療薬への期待を背景に医薬品のイーライリリーが大幅高となり、ファ
イザーも上げ幅を拡大。市場予想を上回る好決算を発表した住宅建設大手のト
ールブラザーズも上昇しました。

 一方、レッドロブスターなどのレストランチェーンを経営するダーデンレス
トランツは、弱気な業績見通しが嫌気され急落。昨年、メキシコ湾で原油流出
事故を起こした英BPが、爆発した油井のセメント施工を担当したハリバート
ンを提訴したと伝わり、ハリバートンが大幅安。前日までに4営業日連続で上
昇していたナスダックは、主力株に利益確定の売りが続き軟調に推移しました。

 ダウ構成銘柄では、複合企業のGE、医薬品のファイザー、石油大手のシェ
ブロン、工業用品のスリーエムなどが上昇率上位。一方、建機のキャタピラー、
金融のJPモルガン、非鉄のアルコアなどが軟調でした。

 NY原油先物は3日続伸。NY金先物は小幅続落。ばら積み船の国際運賃指
標となっているバルチック海運指数(BDI)も小幅続落です。

 CME日経225先物は、ドル建てが8595(大証比15円高)、円建て
が8590(同10円高)で取引を終了しました。




 ┏━━━━━━━━━━┓
 ┃アクア・スペシャル版┃  〜 投資の羅針盤 〜 
 ┗━━━━━━━━━━┛       

    新規でのお申し込みは、新春号とのセットが【お得】です。


           → http://www.aqua-inter.com/2012/otoshidama.htm



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは2日連続高。前日比52ドル高の1万2150ドルとなっ
ています。

 シカゴ日経平均先物は8595円と6日(火)の東京市場の日経平均株価
8575円と比べて20円高い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=77円70銭前後、対ユー
ロは1ユーロ=104円15銭前後とほぼ横ばいで推移しています。

 NY原油は3日連続高。前日比0.29ドル高の1バレル=101.28ド
ルとなっています。欧州中央銀行(ECB)や欧州連合(EU)による欧州債
務危機克服に向けた進展期待やイラン情勢の不透明感などから買いが入ってい
ます。

 NY金価格は2日連続安。前日比2.7ドル安の1トロイオンス=173
1.8ドルとなっています。


 昨日の日経平均株価は前日比120円安の8575円と4日ぶりに値下がり
し、8600円台を割り込んでいます。下値メド(節目)として、25日移動
平均線の8544円、心理的節目の8500円、チャート上で直近の上昇過程
で開いた窓埋めの水準8435円が意識されます。

 本日は、14:00に10月の景気動向指数・速報値が発表されます。9月
の同・改定値は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.3ポイント低下の
89.0。景気の数ヵ月先を示す先行指数は2.3ポイント低下の91.5と
なっています。内閣府は、一致指数の基調判断について「下げ止まりを示して
いる」とし、速報値段階の表現を据え置いています。

 昨日発表された12月2日時点の3市場信用取引残高は、買い残が前週比
636億円減の1兆3701億円と3週ぶりに減少しています。昨年12月
24日以来、約1年ぶりの低水準となっています。一方、売り残は前週比24
7億円増の5158億円と2週ぶりに増加しています。信用倍率は前回(
11月25日時点)の2.92倍から2.66倍となっています。

 韓国サムスン電子は有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ市場に
来年後半までに参入する方針を固めています。まず55型など大型テレビを投
入する予定です。また、韓国LG電子も同型のテレビを同時期に販売する計画
を立てており、次世代テレビでは韓国2社が、日本勢に対して先行する見通し
です。

 海外では、英国で中央銀行金融政策委員会(〜8日)が開催されます。


◆主なニュース

・オリンパス損失隠し、歴代3社長認識 第三者委報告

・温暖化対策税、12年度から導入へ 政府税制調方針

・野田首相12〜13日予定の訪中延期 中国側が要請

・COP17閣僚級会合 20年以降、枠組み本格協議

・商船三井、マークスなどと超大型タンカーを共同運航

・ハイブリッド車が1割超、今年の国内販売、比率上昇

・使い切りカイロ、中国内陸部を開拓 小林製薬や白元

・日本ケミコン、車用に大容量蓄電部品 来春から量産

・米S&P、欧州基金も格下げ検討 国債市場は様子見

・欧州中銀利下げ観測 あす理事会、国債購入拡大焦点


◆経済指標等

・外貨準備高(11月末、財務省)
・景気動向指数(10月速報値、内閣府)
・携帯電話契約件数(11月、電気通信事業者協会)
・ガソリン価格(12月5日時点、石油情報センター)

・英鉱工業生産(10月)
・米石油在庫統計(先週分)
・米住宅ローン申請指数(先週分)
・米消費者信用残高(10月)

◆その他

・新規公開 リブセンス(6054:インターネットメディア運営事業) 公990円

・決算発表 SUMCO(3436:半導体用シリコンウエハ世界首位級)
      カナモト(9678:建機レンタル最大手)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



       あなたが生まれたとき、
       周りの人は笑って、
       あなたは泣いていたでしょう。

       だからあなたが死ぬときは、
       あなたが笑って、
       周りの人が泣くような人生をおくりなさい。


                      村枝 賢一





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆12月7日 今日は何の日? 六輝:大安
 大雪、クリスマスツリーの日、国際民間航空デー


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。