ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/11/16 朝刊

2011/11/16

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  
【人の行く裏に道あり 花の山】教訓

  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。


    『 逆襲高、超割安&好業績の赤札市銘柄○○7○!』

  
     『 格言から見える相場の習性 』



  お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/11/16 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 ギリシャに端を発したこの度の欧州財政不安問題。「ソブリン・ショック」
とも申しますが、そのショック直前の7月22日の日経平均株価の高値1万0
132円から安値を付けた10月5日の8382円まで値幅にして1750円、
率にして17%の下げとなっています。

 この7月22日から10月5日の間、相場全般下落する中にありましても、
特に欧州関連、すなわち欧州向け売上比率が高い銘柄に厳しい下げを演じる銘
柄が目立ちました。もちろん、その下落率は日経平均株価を上回っています。
そうした銘柄は、欧州の債務不安が後退するとともに、下げすぎた分だけ「谷
深ければ山高し」で上昇率が高くなる可能性があります。

 ここにきて、EU首脳会議での債務危機克服へ向けた包括戦略、ECB(欧
州中央銀行)の緊急利下げ、中国による欧州金融安定基金(EFSF)への出
資、ギリシャやイタリアでの新首相誕生・・・等々、にわかに解決へ向けた動
きが出始めています。

 そこで、本日の「スペシャル版」では欧州向け売上比率が20%以上と高く、
かつ大きく下落(30%以上)した銘柄をピックアップしてご紹介させて頂き
ます。先にも申し上げました通り、今後、欧州の債務問題が改善するにつれ、
そうした銘柄は下げすぎた分、その反動から上げも大きくなることが想定され
ます。

 加えまして、『逆襲高、超割安&好業績の赤札市銘柄○○7○!』としまし
て厳選1銘柄もご紹介させて頂きますのでご期待下さいませ。


 「時は今!」、現在のような100年に1度とも言える安く買えるチャンス
にありまして、どの銘柄を買っていいのか分からない方、或いはこれまで株式
投資で上手く行ってない方、是非とも『スペシャル版』をご利用下さいませ。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な投資情報があふれてい
る中にありまして、スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か
1万5750円(1ヶ月当たり2600円程度)と極めてお値打ちな料金でご
提供させて頂いています。

 他にまずこれだけ安い料金はないはずです。「安い値段で皆様方のお役に立
ちたい」、発行当初からこの信念は一貫しており、多くの方にご購読頂いてい
ます。


 もちろん、値段が安いだけでなく、内容が充実しているからこそ、長年に渡
ってビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。


 尚、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間
に合います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12096.16(+ 17.18)△0.14%
□ナスダック       2686.20(+ 28.98)△1.09%
□S&P500      1257.81(+  6.03)△0.48%

□CME日経225先物  8540   (− 20)※大証比

□為替      (対ドル) 77.06  (対ユーロ)104.29

□半導体株指数        392.23(+ 5.67)
□NY原油先物(12月限)  99.37(+ 1.23)
□NY金 先物(12月限)1782.20(+ 3.80)
□バルチック海運指数   1846   (+28)


 15日のNY株式市場は、景況感の改善やイタリア新政権への期待を背景に
反発しました。また、バフェット氏がインテルに投資したということがハイテ
ク株に大きなインパクトとなっています。

 イタリアの新しい首相に指名されたマリオ・モンティ氏の組閣作業が難航し
ているとの観測が広がり、イタリアの10年物国債の利回りが危険水域とされ
る7%を再度突破。ユーロ圏のソブリン債リスクが飛び火するのではないかと
の懸念でフランスの国債利回りも上昇(価格は下落)するなど、この日序盤の
取引では欧州の問題が重石となり前日終値をはさみもみ合いました。

 一方、米商務省が発表した10月の小売売上高が予想を上回る増加となった
ことや、ニューヨーク連銀が発表した11月の同州製造業景気指数も予想外の
上昇となるなど、指標の改善が相場を下支え。さらに、セントルイス地区連銀
総裁やゴールドマン・サックスのトップらが米景気に対する楽観的な見方を示
したことも支援材料。イタリアのモンティ新首相が組閣に向け存在していた問
題が解消されたことを示唆したことなどから買い安心感が広がり指数は反発し
て取引を終了しました。

 業種別では、ハイテク、金融などが上昇し、資本財がしっかりでした。

 個別銘柄では、インテルが上昇。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率い
る投資会社バークシャー・ハサウェイが同社への投資を表明したことが買いを
誘いました。ハイテク株への投資に慎重だったバフェット氏のインテルへの投
資が他のハイテク株へも買いを呼び、パソコン大手のデルやヒューレット・パ
ッカード、ソフトウェアのオラクルやレッド・ハット、半導体のブロードコム
などの上昇が目立ち、スマートフォンのリサーチ・イン・モーションは大幅高
となっています。10月の小売売上高で、電子機器の売上高が大きく伸び、年
末商戦への期待が高まったこともハイテク株の上昇を後押ししました。

 大手メディアが投資ファンドによる買収の可能性を報じたITサービス大手
コンピューター・サイエンシズも大幅高となっています。

 米商務省発表の小売売上高は予想を上回ったものの、小売り企業がこの日発
表した決算は振るわず軟調な展開となる小売り株が目立ちました。1株利益が
市場予想を下回ったディスカウントストア大手のウォルマートが下落し、ダウ
を圧迫。同じくダウ銘柄で、ホームセンター最大手のホームデポの決算は事前
予想を上回り、利益見通しの引き上げと増配の発表も好感され高く寄り付きま
したが、買いが続かずマイナスに転じています。売上高が市場予想を下回った
事務用品販売大手のステープルズは大幅安となりました。

 一方、1株利益が市場予想を上回った高級百貨店のサックスが買われ、売上
高・利益ともに市場予想を上回ったスポーツ用品販売のディックス・スポーテ
ィング・グッズは大幅高です。

 ダウ構成銘柄では、ヒューレット・パッカード、インテル、バンク・オブ・
アメリカが上昇率上位。一方、シェブロン、ウォルマートなどが下げました。

 NY原油先物は、米経済指標が良好だったことを手掛かりに買い優勢となり、
前日の下げを打消し再度100ドルを目指す展開。終値では7月26日以来、
約3カ月半ぶりの高値水準で取引を終了しました。NY金先物は小反発。バル
チック海運指数(BDI)も上昇しました。

 CME日経225先物はドル建てが8540(大証比20円安)、円建てが
8545(大証比15円安)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比17ドル高の1万2096ドルと2日ぶりに上昇
しています。

 シカゴ日経平均先物は8540円と昨日の東京市場の日経平均株価8541
円とほぼ同じ水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=77円05銭前後とほぼ横
ばいです。対ユーロは1ユーロ=104円30銭前後とやや円高が進行してい
ます。イタリアの10年物国債利回りが再び7%台に乗せ、財政再建への懸念
が強まったことやフランス国債の利回りが3日連続で上昇するなど周辺国にも
債務問題の波及懸念が広がったことで、ユーロが売られています。

 NY原油は、前日比1.23ドル高の1バレル=99.37ドルと2日ぶり
に上昇しています。時間外取引で一時99.84ドルを付け、100ドルに接
近しています。

 NY金価格は、前日比3.8ドル高の1トロイオンス=1782.2ドルと
2日ぶりに上昇しています。


 昨日の騰落レシオは86%と8日以来、1週間ぶりの低水準となっています。
直近のピークは7月11日の144%です。

 本日は、2日目(最終日)の日銀金融政策決定会合が開催されます。会合で
は、政策金利の誘導目標を年0〜0.1%とする事実上のゼロ金利政策を続け
ることや資産買い入れなどを行う基金の規模(現行55兆円)を据え置く見通
しです。10月末時点で基金の買い入れ上限まで約15兆円の余裕があること
も背景としてあります。

 会合終了後15:30頃から白川日銀総裁の記者会見が予定されています。

 14:00に石油情報センターから11月14日時点の給油所の石油製品価
格が発表されます。11月7日時点のレギュラーガソリンの全国平均価格は前
週比変わらずの1リットルあたり142.5円となり、2週連続で価格は横ば
いとなっています。需要低迷や販売競争は激化していますが、足元の原油価格
が上昇しているため石油元売り各社は卸価格を据え置いていることが影響して
います。

 昨日発表された11月11日時点の3市場信用取引残高は、買い残が前週比
102億円減の1兆4060億円と2週ぶりに減少しています。一方、売り残
は前週比271億円減の5136億円と2週連続で減少しています。信用倍率
は前回(11月4日時点)の2.62倍から2.74倍となっています。

 ステンレス国内3位の日新製鋼と5位の日本金属工業は昨日、来年10月の
経営統合に向けた検討開始で合意したと正式発表しています。両社の統合が実
現すれば、国内ステンレス業界の再編は03年に新日本製鉄と住友金属工業が
事業を統合して新日鉄住金ステンレスが誕生して以来となります。

 海外では、10月の米消費者物価指数、10月の米鉱工業生産、11月の米
NAHB住宅市場指数の発表などが予定されています。


◆主なニュース

・エコカー減税延長へ 民主税調、住宅は贈与枠拡充検討

・日産・ダイムラー、メキシコで合弁生産へ 年20万台

・オリンパスの英社買収 高額報酬、経営幹部3人で決定

・節電企業に冬季割引 東北電など5社、ひっ迫回避狙う

・トヨタ、環境戦略車を続々と投入 東京モーターショー

・日本製粉、小麦粉の備蓄能力を5割増 サイロ新規増設

・東芝・日立・ソニー、液晶新会社 有機ELの開発急務

・エルピーダ、追加減産を検討 DRAMの販売価格維持

・ユーロ圏7〜9月期0.2%成長 南欧不振、低い伸び

・イタリアの「南北問題」根深く 北部同盟が政権を離脱


◆経済指標等

・ガソリン価格(11月14日時点、石油情報センター)

・米住宅ローン申請指数(先週分)
・米石油在庫統計(先週分)
・米消費者物価指数(10月)
・米鉱工業生産指数(10月)
・米設備稼働率(10月)
・対米証券投資(9月)
・米住宅市場指数(11月)

◆その他

・日銀金融政策決定会合(結果発表)

・日銀総裁会見

・海外決算 アプライド・マテリアルズ(半導体製造装置)、
      アバクロンビー&フィッチ(アパレル)、
      ターゲット(ディスカウントストア)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



      辛いという字がある。

      もう少しで、幸せになれそうな字である


                 星野 富弘(詩人)






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆11月16日 今日は何の日? 六輝:赤口
 自然薯の日、いい色の日、いい塗装の日、幼稚園記念日、録音文化の日、
 国際寛容デー


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。