ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/11/14 朝刊

2011/11/14

━━━ これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け ━━━

         ア┃ク┃ア┃ ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
         ━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」

       独自の観点でaquaがやさしく解説します。
         株価チャート活用の仕方も随時掲載中!

■■ お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ■■



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/11/14 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。


 平均PER     15.2倍

 平均配当利回り   2.26%


 本誌を読んでいらっしゃる方の中には、本当に多くの株式投資ビギナーの方
がいらっしゃいます。「つい2ヶ月前に始めたばかり」、或いは「これから始
めようと考えている」等々、年代・男女・職業を問わずそうした方々が大勢い
らっしゃいます。

 そこで、本日は銘柄選択をする上で、最低限チェックして頂きたい最も基本
的かつポピュラーな投資尺度【PER】(ピーイーアール)について簡単に触
れさせて頂きたいと思います。既にご存知の方には恐縮ですが、復習の意味で
再確認して頂ければ幸いです。

 株式投資の世界では、この銘柄は「割高」とか「割安」といった言葉が頻繁
に使われます。その判断をする上での一つのツールが【PER=株価収益率】
です。これは、誰でも簡単に計算でき、Price Earning Rat
io の頭文字をとったものです。

 株価がその企業の一株当たり利益の何倍まで買われているかを表し、その値
が他の企業と比べて高ければ割高、低ければ割安といった具合に判断します。

 では、「一株当たり利益とは何だ?」となりますが、簡単に申し上げますと、
その企業が年間で上げた利益をその企業が発行している株式数で割ったもので
あり、会社四季報とか会社情報とかを見れば載っています。そして、その一株
当たり利益のことをEPS(Earnings Per Shareの略)と
言います。

 普通は、PERを計算するときは、今の決算期の予想の数字を当てはめれば
よく、例えばA社の株価が1000円、予想一株当たり利益が100円ならA
社のPERは10倍、B社の株価が2000円、予想一株当たり利益が100
円ならB社のPERは20倍と計算でき、A社のPER10倍の方が低いので
A社の方が「割安」と一般的には判断します。

 繰り返しますと、PERは、「株価÷予想1株当たり利益(EPS)」で計
算し、株価がEPSの何倍になっているかを計る投資尺度です。具体的には、
自分の注目している銘柄のPERが何倍かをチェックして、さらに、同業他社
のPER、或いは市場平均のPERと比較し、PERが高ければ『割高』、低
ければ『割安』といった具合に判断します。

 先にも申し上げましたが、これは最も基本的かつポピュラーな投資尺度であ
り、ぜひ頭に入れておいて頂ければと思います。ちなみに、東証一部全銘柄の
平均PERは直近で【15.2倍】、平均配当利回りは【2.26%】となっ
ています。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12153.68(+259.89)△2.19%
□ナスダック       2678.75(+ 53.60)△2.04%
□S&P500      1263.85(+ 24.16)△1.95%

□CME日経225先物  8600   (+100)※大証比

□為替      (対ドル) 77.11  (対ユーロ)106.00

□半導体株指数        391.60(+13.37)
□NY原油先物(12月限)  98.99(+ 1.21)
□NY金 先物(12月限)1788.10(+28.50)
□バルチック海運指数   1835   (− 5)


 先週末11日のNY株式市場は、市場心理の改善で大幅続伸となりました。

 イタリアの上院が財政収支の黒字化を約束する財政安定法案を可決したこと
や同国国債の利回りが低下したことで、欧州の債務危機に対する懸念が和らぎ
欧州株が一段高、NY株式市場も買い先行で始まりました。

 朝方発表されたミシガン大学調査の11月の消費者信頼感指数速報値は事前
の予想を大きく上回り、5カ月ぶりの高水準となったことや、レジャー大手の
ウォルト・ディズニーが大幅な増益決算を発表したことを受けて、これから年
末商戦を迎える米個人消費への期待が高まったことも相場を支援し、主要指数
はこの日の高値圏で取引を終了しました。

 業種別でもほぼ全面高の様相となり、中でも一般消費財(小売り等)や資本
財(機械や設備などの大手製造業等)の上昇が目立ちました。

 個別銘柄では、レジャー・メディア大手のウォルト・ディズニーが6%高と
なりダウを押し上げ。同社の7―9月期決算が、有料テレビ事業の伸びや広告
収入の増加、テーマパークの入園料引き上げなどが寄与し大幅増益となったこ
とを好感した買いが入りました。消費者心理の改善を手掛かりにウォルマート
やギャップ、JCペニー、ホームデポなどの消費関連株が高く、クレジットカ
ードのビザやマスターカード、アメリカン・エクスプレス(アメックス)など
も上昇しています。

 ソニーが投資ファンドなどと共同で、大手銀シティーグループ傘下の英音楽
大手EMIグループを買収することで合意したことを受けて、財務体質の改善
期待でシティグループに買いが入りました。欧州懸念の後退でJPモルガンや
バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)なども上昇。景気動向に敏感な建機のキ
ャタピラー、航空機のボーイング、機械のユナイテッド・テクノロジーズ、非
鉄のアルコア、化学のデュポンなども上昇。鉄道のユニオン・パシフィックや
宅配・貨物のフェデックスなども買われました。

 画像用半導体のエヌビディアが発表した8―10月期決算は、売上高・利益
ともに市場予想を上回り、同社株は3.5%高。インテルやブロードコムなど
も高く、シスコシステムズやグーグル、マイクロソフトなども上昇しました。

 一方、アップルは、アナリストが「iPhone(アイフォーン)」の生産台
数見通しを引き下げたことが嫌気され軟調な展開。取締役会が身売り案を否定
したオンライン証券のEトレード・ファイナンシャルが大幅安となりました。

 ダウを構成する全30銘柄が上昇。ディズニー、アメックス、ボーイング、
バンカメ、キャタピラーなどが上昇率上位となっています。

 NY原油先物は続伸。節目の100ドルに接近し、約3カ月半ぶりの高値で
終了。為替市場でユーロが買われドルが下落したことで、ドル相場に逆行しや
すい金にも買いが入りました。バルチック海運指数(BDI)は小幅反落です。

 CME日経225先物はドル建てが8600(大証比100円高)、円建て
が8595(大証比95円高)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 先週末のNYダウは大幅高。前日比259ドル高の1万2153ドルと2日
連続で上昇しています。

 シカゴ日経平均先物は8600円と11日(金)の東京市場の日経平均株価
8514円と比べて80円ほど高い水準となっています。

 週末のNY為替市場はベテランズデー(退役軍人の日)のため休場です。

 週末のロンドン外為市場の円相場は、対ドルで1ドル=77円00〜10銭
とやや円高に振れています。一時77円06銭を付け、10月31日の政府・
日銀による円売り介入後の高値を更新しています。一方、対ユーロは1ユーロ
=105円80〜90銭とやや円安に振れています。

 NY原油は2日連続高。前日比1.21ドル高の1バレル=98.99ドル
と100ドルに接近しています。時間外取引きで一時99.40ドルを付け、
7月27日以来、約3ヵ月半ぶりの高値水準となっています。11日にイタリ
アの財政安定化法案が上院で可決されたことで欧州債務問題への懸念が後退し、
原油に買いが入っています。

 NY金価格は、前日比28.5ドル高の1トロイオンス=1788.1ドル
と3日ぶりに上昇しています。外為市場でユーロ買い・ドル売りの動きからド
ル建てで取引される金に割安感が強まり、相場の上げ要因となっています。


 イタリアの下院は12日、2013年までに財政収支の黒字化を約束する財
政安定化法案を賛成多数で可決、上院では11日に可決済みのため、同法案は
成立しています。これを受けてベルルスコーニ首相はナポリターノ大統領に辞
表を提出、受理されています。大統領は13日、欧州連合(EU)の元欧州委
員、マリオ・モンティ氏を次期首相に指名し、同氏を首班とする連立暫定政権
が樹立する見通しです。

 ギリシャでは11日、ルーカス・パパデモス前欧州中央銀行(ECB)副総
裁を首相とする与野党2大政党による連立暫定政権が発足しています。

 本日は、8:50に7〜9月期の国内総生産(GDP)速報値が発表されま
す。事前予想は実質ベースで前期比プラス1.5%(年率換算でプラス6.1
%)と4期ぶりのプラスとなる見通しです。今回は東日本大震災で寸断したサ
プライチェーン(供給網)復旧に伴う生産回復により、輸出や個人消費が増え
たことが主な要因です。

 13:00に9月の鉱工業生産・確報値の発表が予定されています。同・速
報値は前月比4.0%低下の89.9と東日本大震災が発生した3月以来、6
ヵ月ぶりのマイナスとなっています。円高による生産調整などが響き、全業種
で低下しています。

 今週の主な国内経済指標・行事は、15日(火)は日銀金融政策決定会合(
〜16日)、10月の首都圏マンション発売戸数。16日(水)は白川日銀総
裁の記者会見。17日(木)は11月の日銀金融経済月報。18日(金)は
10月の全国百貨店売上高、10月の日本製半導体製造装置BBレシオの発表
などが予定されています。

 今週は金融株の決算発表が相次ぎます。本日はメガバンク(三菱UFJ、三
井住友FG、みずほFG)と第一生命。18日(金)はメガ損保(東京海上、
MS&AD、NKSJHD)などが予定しています。

 海外では、15日(火)は7〜9月期のユーロ圏GDP速報値、10月の米
小売売上高。16日(水)は10月の米消費者物価指数、10月の米鉱工業生
産指数、11月の米NAHB住宅市場指数の発表が予定されています。

 17日(木)は東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議(〜19日・イ
ンドネシア)、10月の米住宅着工件数、10月の北米半導体BBレシオ。1
8日(金)は10月の米景気先行指数(コンファレンス・ボード)の発表など
が予定されています。


 今週、中間決算の決算発表を予定している主な企業は以下の通りとなってい
ます。


 【14日】(月)
 
   日基技(1914)、ニチアス(5393)、日電子(6951)、
   三菱UFJ(8306)、三井住友トラ(8309)、
   三井住友FG(8316)、横浜銀(8332)、
   みずほFG(8411)、プロミス(8574)、
   SONYFH(8729)、第一生命(8750)、東映(9605)、
   9月期本決算:日農薬(4997)


 【15日】(火)
 
   あおぞら銀(8304)

   
 【17日】(木)
 
   T&D(8795)


 【18日】(金)

   NKSJHD(8630)、MS&AD(8725)、
   東京海上(8766)・・・等々。


◆主なニュース

・TPP交渉の対象巡る首相発言 日米政府で食い違い

・首相、中国にガス田交渉の早期再開を要請 首脳会談

・米中、アジア太平洋経済圏で花火 APECで議論へ

・みずほ3000人削減、傘下2行合併計画、今後4年

・日興アセット上場 売り出し500億円、12月にも

・製造業の経常益16%減 12年3月期、円高で苦戦

・オリンパス、過去決算5年分を訂正 自己資本減少へ

・ソニー連合、EMIを分割買収 音楽著作権で首位に

・ドコモ、おサイフケータイ海外へ まずアジアで展開

・イタリア最大手銀が増資を検討へ 7400億円規模


◆経済指標等

・GDP(7―9月期速報値、内閣府)
・発受電電力量(10月、電事連)
・産業機械受注額(9月と上半期、JSIM)
・環境装置受注額(9月と上半期、JSIM)
・鉱工業生産指数(9月確報値、経産省)
・投信概況(10月、投資信託協会)

・ユーロ圏鉱工業生産(9月)

◆その他

・主な決算 三菱UFJ(8306:国内最大の金融グループ)
      三井住友トラ(8309:傘下に信託銀と運用会社)
      三井住友FG(8316:傘下に銀行やカード、SMBC日興證券)
      横浜銀(8332:地銀首位級)
      みずほFG(8411:傘下に法人向け銀、リテール銀、信託、証券等)
      第一生命(8750:生保業界大手、契約者数約800万人)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



   父と母で二人 父と母の両親で四人

   そのまた両親で八人

   こうしてかぞえてゆくと

   十代前で千二十四人 二十代前では・・・なんと百万人を越すんです

   過去無量のいのちのバトンを受けついで

   いまここに自分の番を生きている

   それがあなたのいのちです

   それがわたしのいのちです

                             相田みつを





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆11月14日 今日は何の日? 六輝:仏滅
 二の酉、医師に感謝する日、アンチエイジングの日、いい石の日、盛人の日、
 世界糖尿病デー、パチンコの日、ウーマンリブの日、いい樹脂の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。