ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/10/26 朝刊

2011/10/26

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  
【人の行く裏に道あり 花の山】教訓

  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。


    『 もみ合い放れは大相場、

         工場フル生産・好取組みで大幅高狙いの○○7○!』

  
    『 例え話で株式投資を考えてみる 』



  お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/10/26 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。本日は友引。

 「閑散に売りなし!」と申しますが、10月上旬を底にして徐々にいい相場
展開となってきた株式マーケット。欧州財政問題、世界的景気減速懸念、そし
て円高・・・等々、ご存じの通り悪材料は山積みです。それでも、「稼ぎ時は
弱気相場にあり!」と株式投資で巨額の富を築いたウォーレン・バフェットは
今年最大の資金を投じて株式を購入しています。

 目立ってはいませんが、世界の株式マーケットは一旦10月上旬を底にして
上昇に転じています。ユーロ圏ではドイツDAX指数が10月4日の5216
ポイントを底にして上昇に転じ、先週末21日の5970ポイントまで14%
の上昇。フランスCAC40指数も10月4日の安値2850ポイントから同
3171ポイントまで11%の上昇。

 イギリスFT100指数は10月4日の安値4944ポイントを底にして先
週末の5488ポイントまで11%の上昇。そして、米NYダウは10月3日
の安値1万0655ドルから先週末の終値1万1808ドルまで1153ドル、
率にして11%の上昇となっており、東京市場でも日経平均株価は10月5日
の安値8382円を目先の底にして上昇に転じています(指数はいずれも終値
ベースで記載しています)。


 「秋に買って、春に売る」、これが投資成果が最も上がるアノマリー・パタ
ーンであり、どうやらこの度もそうなる可能性は高いです。弱気が広がって売
り込まれた後の市場だけに、ここからの上昇余地は大。100年に1回あるか
ないかの歴史的なチャンスと考える次第です。


 こうした環境下、本日のスペシャル版では『もみ合い放れは大相場、工場フ
ル生産・好取組みで大幅高狙いの○○7○!』としまして有望1銘柄をご紹介
させて頂きます。ご期待下さいませ。


 「時は今!」、こうしたチャンスにありまして、どの銘柄を買っていいのか
分からない方、これまで株式投資で上手く行ってない方、是非とも『スペシャ
ル版』をご利用下さいませ。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な投資情報があふれてい
る中にありまして、スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か
1万5750円(1ヶ月当たり2600円程度)と極めてお値打ちな料金でご
提供させて頂いています。

 他にまずこれだけ安い料金はないはずです。「安い値段で皆様方のお役に立
ちたい」、発行当初からこの信念は一貫しており、多くの方にご購読頂いてい
ます。


 もちろん、値段が安いだけでなく、内容が充実しているからこそ、長年に渡
ってビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。


 尚、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信から間
に合います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11706.62(−207.00)▼1.74%
□ナスダック       2638.42(− 61.02)▼2.26%
□S&P500      1229.05(− 25.14)▼2.00%

□CME日経225先物  8710   (− 60)※大証比

□為替      (対ドル) 76.00  (対ユーロ)105.70

□半導体株指数        377.46(− 7.19)
□NY原油先物(12月限)  93.17(+ 1.90)
□NY金 先物(12月限)1700.40(+48.10)
□バルチック海運指数   2161   (+ 8)


 25日のNY株式市場は大幅反落。悪材料が多かったことも事実ですが、直
近の相場が期待先行で上昇していただけに重要イベント直前にポジション調整
の売りが出たとの見方もあります。

 欧州の債務危機に関して、26日に予定されていた一連の会議の中で財務相
会合が延期され、メルケル独首相が欧州中央銀行(ECB)の国債買い入れ継
続について反対の意向を示したことや、ユーロ圏当局者が26日の首脳会議の
成果について期待を削ぐような発言をしたことなどから、解決へ向けた抜本的
な有効策が打ち出せないのではないかとの警戒感が台頭し、相場は序盤から売
りが先行しました。

 また、製造業大手のスリーエムが業績見通しを大幅に下方修正し、企業業績
に対する楽観的な見方が後退。民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表
した10月の消費者信頼感指数が市場予想を下回り、2009年3月以来の水
準に低下したことや住宅市場に関する指標が期待外れだったことなども市場心
理を冷え込ませ、指数は引けにかけて下げ幅を拡大させています。

 業種別ではほぼ全セクターが下落。特に金融の下落が顕著で、素材やエネル
ギーなどの下げも目立ちました。

 個別銘柄では、ダウ構成銘柄のスリーエムが6%超の下落で指数を押し下げ。
市場予想を上回る好決算を発表したダウ銘柄のデュポンは上昇して始まりまし
たが、買いが続かず下落に転じ、景気動向に敏感なアルコアの下げ幅も拡大し
ました。

 減収減益決算とともに先行きに慎重な見通しを示した通信向け半導体メーカ
ーのテキサス・インスツルメンツ(TI)が下落。鉄鋼大手USスチールの決
算は市場予想を上回ったものの先行き見通しが慎重と受け止められ株価は大幅
安。国際配送の伸びが市場の予想を下回った貨物大手のユナイテッド・パーセ
ル・サービス(UPS)も軟調な展開でした。7―9月期決算が市場予想を下
回ったデルタ航空は大幅安で取引を終了しました。予想以上の好決算を発表し
た高級革製品のコーチはプラス圏で推移する場面もありましたが、終盤にかけ
て下落に転じています。

 一方、バリックゴールドやニューモント・マイニングなどの産金株が上昇。
南アフリカ共和国の金生産会社アングロゴールド・アシャンティのCEO(最
高経営責任者)が、世界経済の不確実性が続けば2013年に金価格が1トロ
イオンス=2200ドルまで上昇する可能性があるとの見方を示したことが金
や金鉱株に買いを誘いました。

 また、この日はダウを構成する全30銘柄が下落。下落率上位はスリーエム、
アルコア、バンカメ、HP、JPモルガン、ファイザーなどとなっています。

 NY原油先物は3日続伸で約3カ月ぶりの高値。大幅続伸となったNY金先
物はおよそ1カ月ぶりの高値です。米経済指標の悪化を受けてドルが下落し、
ドル建てで取引されている商品相場の割安感が強まったことや、指標悪化で量
的緩和第3弾(QE3)への期待の高まったことなどから国際商品に資金が流
入しています。バルチック海運指数(BDI)は3営業日ぶりの上昇です。

 CME日経225先物はドル建てが8710(大証比60円安)、円建ては
8700(同70円安)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは大幅安。前日比207ドル安の1万1706ドルと4日ぶ
りに値下がりしています。

 シカゴ日経平均先物は8710円と昨日の東京市場の日経平均株価8762
円と比べて50円ほど安い水準となっています。


 = 円、一時最高値更新 =

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=75円95銭前後とやや円
高が進行しています。円は一時75円73銭まで上昇し、21日に付けた戦後
最高値の75円78銭を更新しています。

 EU連合(EU)が26日の首脳会議の前に開催を予定していた財務相理事
会の延期を発表し、欧州債務問題に対する「包括戦略」の詳細が示される可能
性は低いとの見方が広がったことや米連邦準備理事会(FRB)が11月にも
追加緩和に踏み切るとの観測が拡大したことで、安全資産とされる「円」に資
金が流入しています。

 日銀は日本経済が下振れするリスクが高まったと判断し、27日に開催する
金融政策決定会合で、追加的な金融緩和策を検討する見通しです。

 対ユーロは1ユーロ=105円75銭後とほぼ横ばいとなっています。


 NY原油は3日連続高。前日比1.90ドル高の1バレル=93.17ドル
となっています。一時94.65ドルを付け、8月2日以来、ほぼ3ヵ月ぶり
の高値水準となっています。

 NY金価格は大幅高。前日比48.1ドル高の1トロイオンス=1700.
4ドルと3日連続で上昇し、1700ドル台を回復しています。一時171
0.7ドルを付け、9月23日以来、約1ヵ月ぶりの高値水準となっています。


 本日は、13:00台に新日鉄、14:00台にJFE、15:00台に日
本電気硝子などが決算発表を予定しています(詳細は下記参照)。

 昨日、引け後に発表された注目企業の業績は以下の通りです。

 日立建機の4〜9月期決算は、売上高が前年同期比5%増の3649億円、
営業利益が67%増の204億円と大幅増益となっています。12年3月期通
期の業績予想は、売上高だけを下方修正し、従来予想より400億円少ない同
11%増の8600億円、営業利益は同57%増の650億円と従来予想を据
え置いています。中国の需要減が影響しますが、原価の低減で収益力は確保す
る見通しです。

 日本電産の4〜9月期決算は、売上高が前年同期比8%増の3617億円、
営業利益が同24%減の395億円となっています。円高やレアアースの高騰
が収益に響いています。12年3月期通期の業績予想は、従来予想を据え置き、
売上高は同10%増の7600億円、営業利益は同0.6%減の900億円と
しています。主力の精密小型モーターは堅調が予想されますが、タイの洪水の
影響などが見通せないとしています。

 キヤノンの1〜9月期決算は、売上高が前年同期比2%減の2兆5926億
円、営業利益が同7%減の2835億円となっています。東日本大震災の影響
で生産が減少したことや円高が収益を押し下げています。11年12月期通期
の業績予想は、下方修正を発表し、売上高は従来予想より1300億円少ない
同2%減の3兆6500億円、営業利益は従来予想より200億円少ない同7
%減の3600億円としています。タイの洪水の影響を予測可能な範囲で織り
込んだとしています。

 昨日発表された10月21日時点の3市場信用取引残高は、買い残が前週比
184億円増の1兆4326億円と4週ぶりに増加しています。一方、売り残
は前週比128億円減の5198億円と2週連続で減少しています。信用倍率
は前回(10月14日時点)の2.66倍から2.76倍となっています。

 政府は昨日の民主党経済連携プロジェクトチーム(PT)の総会で、環太平
洋連携協定(TPP)に日本が参加すれば、実質国内総生産(GDP)を0.
54%分、金額ベースで2.7兆円押し上げるとの試算を公表しています。


 海外では、9月の米耐久財受注、9月の米新築1戸建て住宅販売件数の発表
などが予定されています。

 米企業の7〜9月期決算発表で、今晩はボーイング、フォード、アフラック、
シマンテック、コーニング等々が予定しています。


 本日、決算発表を予定している主な企業は以下の通りです。

 【13:00台】

   新日鉄(5401)
    

 【14:00台】

   JFE(5411)、マネックスG(8698)

   
 【15:00台】

   ステラケミ(4109)、日電硝(5214)、新光電工(6967)、
   SBI(8473)、カプコン(9697)等々。


◆主なニュース

・日銀、追加緩和策を検討 円が最高値75円73銭

・タイ洪水被害、自動車・鉄鋼などの国内生産に波及

・日立、営業益1500億円超 上期、インフラ好調

・パナソニック、中小型の液晶にシフト TV不振で

・ファナック最高益に 12年3月期、NC装置好調

・キリン、全9工場で「脱フロン」 冷却装置を刷新

・マツダが低燃費SUV 新開発ディーゼルを初搭載

・日本ユニ、自治体向けクラウド強化 東京町田導入

・伊藤園、チチヤスと共同開発 乳性飲料に本格参入

・独首相、ECB国債購入に反対 EU包括戦略詰め

・中国、金融引き締め修正示唆 首相、適時に微調整


◆経済指標等

・企業向けサービス価格指数(9月、日銀)
・自動車生産輸出実績(9月、各社)
・ガソリン店頭価格(10月24日時点、石油情報センター)

・米住宅ローン申請指数(先週分)
・米石油在庫統計(先週分)
・米新築住宅販売件数(9月)
・米耐久財受注額(9月)

◆その他

・国連人口基金「世界人口白書2011」発表
・総務省「10年国勢調査」確定値公表

・新規公開 ポールトゥウィン・ピットクルー  公開2,250円
        (3657東マ:違法有害情報の検出や不正利用の検出)

・主な決算 日本電気硝子(5214:薄型テレビ用ガラス大手)
      新日本製鉄(5401:粗鋼生産国内首位)
      JFEHD(5411:スチール、造船、エンジニアリング等が傘下)
      富士通(6702:コンピュータ世界上位)
      マネックス(8698:ネット証券大手の一角)

・海外決算 ボーイング(ダウ採用、航空機)、フォード(自動車)、
      コノコフィリップス(エネルギー)、コーニング(硝子)、
      ビザ(クレジット)

・独下院議会、欧州首脳会議前に危機対応策を投票
・ユーロ圏首脳会議、EU首脳会議



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



       過去にこだわるものは、未来を失う。


            ウィンストン・チャーチル(イギリス首相)








THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10月26日 今日は何の日? 六輝:友引
 原子力の日、反原子力デー、きしめんの日、青汁の日、サーカスの日、
 柿の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。