ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/10/21 朝刊

2011/10/21

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/10/21 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。本日は先負、土用入りとなります。

 42年にわたってリビアの最高指導者だったカダフィ大佐が潜伏先で拘束さ
れ、負傷が原因で死亡したと報じられています。報道が事実なら、独裁者とし
て民衆蜂起の末に殺害されるのは1989年のルーマニアのチャウシェスク大
統領以来となります。

 カダフィ大佐の死亡は、シリアなど反政府デモで揺れる他のアラブ諸国の指
導部の判断にも大きな影響を及ぼします。リビアではチュニジアやエジプトの
政変に触発され、2月中旬に反カダフィ派が蜂起。大佐は武力弾圧を続けてい
ましたが、欧米が3月に軍事介入して反カダフィ派を束ねる国民評議会に肩入
れし、大佐は徐々に追い詰められていきました。

 ちなみに、リビアは地中海に面する北アフリカに位置し、首都はトリポリ。
人口は約642万人、公用語はアラビア語。宗教は国教のイスラームが約97
%で、大半がスンナ派です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11541.78(+ 37.16)△0.32%
□ナスダック       2598.62(−  5.42)▼0.21%
□S&P500      1215.39(+  5.51)△0.46%

□CME日経225先物  8700   (+ 30)※大証比

□為替      (対ドル) 76.82  (対ユーロ)105.87

□半導体株指数        363.88(− 6.28)
□NY原油先物(11月限)  85.30(− 0.81)
□NY金 先物(12月限)1612.90(−34.10)
□バルチック海運指数   2161   (+21)


 20日のNY株式市場は、欧州の動向で方向感のない展開となりましたが、
ダウは反発。ナスダックはタイの洪水の影響が懸念され続落となりました。

 米フィラデルフィア地区連銀が朝方発表した10月の製造業景気指数が予想
外のプラスに改善し、半年ぶりの高水準となったことが支援材料となった一方、
民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した9月の景気先行指数が事前
予想を下回ったことや欧州債務危機の先行き不透明感が相場の重石となりまし
た。

 欧州連合(EU)首脳会議の延期が検討されているとの報道に加え、欧州金
融安定化基金の機能拡充で独仏の意見が対立しているとの観測が市場のムード
を悪化させ、ダウの下げ幅は一時100ドル超まで拡大。その後、EU首脳会
議に関して延期はなく、開催はするもののその場では決定は行われず、来週の
26日に追加会議を開催し包括策を決定すると発表されたことで市場は落ち着
きを取り戻し、指数は日中の下げを埋めて取引を終了しました。

 業種別では、金融、素材、資本財などが上昇。一方、半導体セクターが下落
し、通信も軟調でした。

 個別銘柄では、製造業に関する指標改善が好感されキャタピラーやユナイテ
ッド・テクノロジーズ、スリーエムなど、景気動向に敏感な製造業大手(資本
財)の一角が堅調。予想上回る好決算を発表した地銀フィフス・サード・バン
コープが急伸。前日下げたバンク・オブ・アメリカやJPモルガンなどの主要
金融株も反発しました。

 4四半期連続の赤字決算が嫌気され前日急落した航空大手AMRが大幅反発。
前日、ダウ銘柄で下落率トップだったアルコアも反発し前日の下げ幅の半分程
度を戻しました。また、決算を発表した携帯電話大手ノキア(フィンランド)
とスウェーデンのエリクソンに買いが入りともに大幅高となっています。

 一方、ハイテク株は半導体やPC関連などが下落し、ナスダック指数を圧迫。
タイの洪水被害拡大により工業団地も冠水、ハイテク部品の製造停止や供給網
寸断が懸念されることからPCメーカーのデルが大幅安。好決算を手掛かりに
前日上昇したインテルが反落し、エヌビディア、ブロードコム、マーベル・テ
クノロジーなど半導体関連株の下落が目立ちました。アップルも小幅続落です。

 慎重な業績見通しが嫌気されたネット競売大手のイーベイが下落。7―9月
期の利益が市場予想を下回ったカジノ運営会社ウィン・リゾーツが大幅安とな
り、同業のラスベガス・サンズもつれ安。決算を発表した通信大手のAT&T
は終日軟調な展開でした。

 ダウ構成銘柄では、JPモルガン、アルコア、キャタピラー等が上昇率上位
で、インテルやボーイング、ヒューレット・パッカードなどが下げました。

 NY原油先物は続落。リビアからの原油輸出が予想よりも早く再開されると
の見通しから売り優勢となりました。NY金先物は4日続落で3週間半ぶりの
安値。バルチック海運指数(BDI)は続伸です。

 CME日経225先物はドル建てが8700(大証比30円高)、円建てが
8690(同20円高)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比37ドル高の1万1541ドルと2日ぶりに上昇
しています。

 シカゴ日経平均先物は8700円と昨日の東京市場の日経平均株価8682
円と比べて18円程度高い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=76円80銭前後とほぼ横
ばい。対ユーロは1ユーロ=105円85銭前後とやや円安に振れています。

 NY原油は2日連続安。前日比0.81ドル安の1バレル=85.30ドル
となっています。

 NY金価格は4日連続安。前日比34.1ドル安の1トロイオンス=161
2.9ドルとなっています。終値ベースで9月26日以来、約3週間半ぶりの
安値水準となっています。

 23日(日)開催の欧州連合(EU)・ユーロ圏首脳会議で、欧州金融安定
化基金(EFSF)の機能拡大などの包括案決定が、26日(水)まで遅れる
とドイツとフランスの両首脳が発表したことで、投資家のリスク回避姿勢が強
まり、ユーロが売られ、現金を確保しておく目的から金先物にも売りが出てい
ます。


 = 外国人投資家12週ぶり買い越し! =

 昨日発表された10月第2週(10月11日〜10月14日)の投資部門別
株式売買動向を見ますと、外国人投資家は12週ぶりに買い越しています。買
越額は633億円と7月第3週(7月19日〜7月22日)以来となっていま
す。

 一方、信託銀行は11週ぶりに売り越しています。売越額は11億円と7月
第4週(7月25日〜7月29日)以来となっています。個人投資家は3週連
続で売り越し、売越額は375億円となっています。


 日銀は昨日、各地域の景気情勢をまとめた地域経済報告(さくらリポート)
を公表しています。全国9地域のうち北海道、東北、関東甲信越、東海、九
州・沖縄の計5地域で景気判断を引き上げています。北陸、近畿、中国、四国
の4地域は横ばいとしています。

 全ての地域で景気は持ち直し基調にあるとしていますが、複数の地域から
は「海外経済減速などの影響が生産活動の一部に見られ始めている」との報告
も示されています。

 日銀の白川総裁は、昨日開催した全国支店長会議のあいさつで、日本経済の
現状について「持ち直しの動きが続いている」と述べ、この先も「緩やかな回
復経路に復していく」との見通しを示しています。一方で、欧州の政府債務問
題など「海外情勢をめぐる不確実性がある」とし、日本経済に悪影響を及ぼす
恐れもあるため、十分に注意する必要があるという見解を示しています。


 本日は、全国信用組合大会で白川日銀総裁が挨拶を予定しています(経団連
会館)。

 本日は、9月中間決算の発表でヤフー(4689)、KOA(6999)、
JAFCO(8595)、第3四半期の発表で中外薬(4519)等々が予定
しています。

 オリエンタルランドは昨日、東京ディズニーランドに新アトラクション「グー
フィーのペイント&プレイハウス」を12年秋に導入すると発表しています。

 海外では、10月の独IFO景気動向調査の発表、トリシェECB(欧州中
央銀行)総裁がポーランド中銀主催の会合で講演を予定しています(ワルシャ
ワ)。

 海外主要企業の7〜9月期決算発表で、本日は韓国ポスコ、米マクドナルド、
GE等々が予定しています。

 23日(日)は欧州連合(EU)首脳会議が予定されています。欧州債務危
機の解決策がどの程度まとまるのか注目が集まります。


◆主なニュース

・復興財源法案、成立が強まる 民主、与野党協調急ぐ

・農地集約へ戸別補償見直し 平均面積5年で10倍に

・「カダフィ大佐を殺害」 リビア、国民評議会副議長

・パナソニック、太陽電池増産を撤回 円高で採算悪化

・日系企業への洪水被害拡大 オークマは調査隊派遣へ

・ソニー、洪水被害でデジカメ発売延期 年末商戦に影

・ホンダ、来年度国内販売17%増 「軽」中心に攻勢

・トヨタ、主力ミニバンを12年にもインドネシア生産

・小売り大手、アジアで流通業を支援 Jフロントなど

・ブリヂスト、5年で1.2兆円投資 鉱山タイヤなど

・欧州、危機克服に3関門 21日から財務相会合開催


◆経済指標等

・電力需要実績(9月と上半期、電事連)
・食品スーパー売上高(9月、JSA)

・独IFO企業景況感指数(10月)

◆その他

・第3次補正予算案を閣議決定

・新規上場 日本管理センター(3276JQ:不動産物件の一括借上) 公1,600円

・決算発表 アツギ(3529:ストッキング大手)
      中外製薬(4519:ロシュ傘下の医薬品大手)
      ヤフー(4689:ネットサービス最大手)
      KOA(6999:固定抵抗器で世界首位級)

・ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)

・海外決算 ゼネラル・エレクトリック(ダウ採用、複合企業)、
      マクドナルド(ダウ採用、ファストフード)、
      ベライゾン(ダウ採用、通信)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    人間欲のない人間になったらおしまいです。

    欲の出しすぎはよろしくないが、欲のなさすぎも困りものです。

    欲がないのは大変きれいに聞こえますが、

    その実、骨を折ることが嫌い、精を出すのが嫌いで、

    つまり、人間が怠け者の証拠です。


                       王子製紙 藤原銀次郎






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10月21日 今日は何の日? 六輝:先負
 土用、あかりの日、国際反戦デー


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。