ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/10/20 朝刊

2011/10/20

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/10/20 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。本日は友引。

 朝食は「バナナ」1本とコーヒー、これだけで出勤という方も多いようです。
バナナには「カリウム」が豊富で、「食物繊維」や「フラクトオリゴ糖」、「
マグネシウム」等が含まれています。カリウムは血圧を抑える効果があり、脳
梗塞や心筋梗塞、糖尿病の予防に効果があるそうです。

 また、マグネシウムは新陳代謝に欠かせず、食物繊維は消化を促進し、便秘
改善に効果的。フラクトオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やす効果があり、
バナナを食べると大腸がんにかかりにくいという話しもあります。

 時間がない時にはすぐに食べられ、栄養豊富で美味。そして1本30円程度
と安く、手軽に栄養補給できるバナナ。本当にありがたい食材です。

 ちなみに、バナナの輸入先はフィリピンが圧倒的なトップで90%超を占め、
次いでエクアドル、台湾と続きます。国内産では、沖縄県が約50%、鹿児島
県が約45%を占めています。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11504.62(− 72.43)▼0.63%
□ナスダック       2604.04(− 53.39)▼2.01%
□S&P500      1209.88(− 15.50)▼1.26%

□CME日経225先物  8765   (− 25)※大証比

□為替      (対ドル) 76.78  (対ユーロ)105.64

□半導体株指数        370.16(− 8.50)
□NY原油先物(11月限)  86.11(− 2.23)
□NY金 先物(12月限)1647.00(− 5.80)
□バルチック海運指数   2140   (+ 4)


 19日のNY株式市場は反落。景気の先行き懸念で引けにかけて慎重ムード
が強まりました。

 前日に決算を発表した時価総額最大のアップルが下落して始まったことが相
場全体の重石となったものの、欧州の債務問題が解決へ向かっているとの期待
が途中まで持続していたことや、好決算を発表した複数のダウ採用銘柄が買い
優勢となりダウはプラス圏で推移する場面がありました。

 米商務省が発表した9月の住宅着工件数は市場予想を大きく上回り、1年5
カ月ぶりの大幅な伸びとなりましたが、先行指標の着工許可件数が減少したた
めで相場への影響は限定的でした。
 
 ダウは、地区連銀報告(ベージュブック)が発表された午後2時までは堅調
でしたが、米連邦準備理事会(FRB)がベージュブックで景気の先行きにつ
いて「不確か」との見方をしことでと投資家心理が悪化し、引けにかけてリス
ク回避の動きが強まりました。
 
 業種別では、素材、ハイテク、金融、一般消費財などの下げが目立ちました。

 個別銘柄では、時価総額1位のアップルが5%超の下落で相場を圧迫。同社
が前日夕に発表した7―9期決算は、売上高が前年同期比39%増、純利益は
同54%増で、7―9月期としては過去最高を記録しましたが市場予想に届か
ず。市場ではさらに高い伸びが期待され、株価も過去最高値を更新していただ
けに利益確定の売りが先行しました。

 一方、売上高・利益ともに市場予想を上回った半導体最大手でダウ採用銘柄
のインテルは終日堅調に推移し4%近い上昇。同じくダウ採用で損害保険大手
のトラベラーズも、売上高が予想を上回ったことが好感され大幅高。また、決
算が懸念されていたほど悪化しなかったインターネット・サービス大手のヤフ
ーは、投資会社連合による買収検討の思惑買いも入り上昇しました。

 利益が市場予想を上回った証券大手のモルガン・スタンレーは買いが先行し
たものの、前日比ほぼ変わらずで取引を終了。同じく好業績を手掛かりに上昇
して始まった地銀大手のUSバンコープはマイナスに転じ、1株利益が市場予
想を下回った同業のコメリカは急落しました。

 ダウ採用で機械大手のユナイテッド・テクノロジーは好決算を発表し、通期
見通しも引き上げたことで株価は一時上昇しましたが引けにけけて軟調な展開。
大幅な増益だった鉄道大手のCSXもさえない展開となり、4四半期連続の赤
字決算となった航空大手AMRは大幅安。住宅指標の改善で一時買いが先行し
た住宅建設株はマイナスに転じています。

 ダウ構成銘柄では、トラベラーズとインテルが大きく上昇。ウォルマートと
プロクター&ギャンブル、コカコーラがしっかり。これらを除く25銘柄が下
落し、3.6%安のアルコアが下落率首位となっています。

 NY原油先物は、欧州債務危機が解決へ向け進展するとの期待が後退し大幅
反落。NY金先物は小幅ながら3日続落で約2週間ぶりの安値です。バルチッ
ク海運指数(BDI)は小幅反発です。

 CME日経225先物はドル建てが8765(大証比25円安)、円建てが
8755(同35円安)で取引を終了しました。





          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比72ドル安の1万1504ドルと2日ぶりに値下
がりしています。

 シカゴ日経平均先物は8765円と昨日の東京市場の日経平均株価8772
円と比べて7円程度安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=76円80銭前後とほぼ横
ばい。対ユーロは1ユーロ=105円65銭前後とやや円高に振れています。

 NY原油は、前日比2.23ドル安の1バレル=86.11ドルと2日ぶり
に値下がりしています。米連邦準備理事会(FRB)が19日午後に発表した
地区連銀経済報告(ベージュブック)で景気の先行きに慎重な見方を示し、米
国株がマイナスに転じたため、原油先物も連れ安しています。

 NY金価格は3日連続安。前日比5.8ドル安の1トロイオンス=1647.
0ドルとなっています。終値ベースで10月7日以来、約2週間ぶりの安値水
準となっています。対ユーロでのドルの堅調から、ドルの代替資産とされる金
先物に売りが出ています。


 日経平均株価は10月5日のザラ場安値8343円を目先の底にして上昇に
転じていますが、直近の7日間(10月11日〜19日)では8700円から
8900円の揉み合いとなっています。チャート上では、このところ連続し
て「コマ」や「寄せ線(十字線)」が出現しています。「コマ」は分岐を司る
もの、「寄せ線」は攻防の分岐点に現れることから、日柄調整完了後の動きは
前向きな意味で要注目となります。

 本日は、日銀支店長会議が開催されます。冒頭、白川総裁があいさつする予
定です(要旨公表)。14:30頃に全国各支店からまとめた10月の「地域
経済報告」(さくらリポート)を公表する予定です。

 15:00に10月第2週(10月11日〜10月14日)の投資部門別売
買動向が発表されます。10月第1週(10月3日〜10月7日)の外国人投
資家は、11週連続で売り越し、売越額は74億円となっています。前週(9
月26日〜9月30日)の売越額638億円から大幅に減少しています。個人
投資家は2週連続で売り越し、売越額は190億円となっています。一方、信
託銀行は10週連続で買い越し、買越額は1107億円となっています。

 16:00に9月のコンビニエンスストア売上高が発表されます。8月の売
上高は既存店ベースで前年同月比7.9%増の7364億円となり、10ヵ月
連続で前年同月を上回っています。来店客数は12億1277万人(前年同月
比0.04%増)でほぼ横ばい。平均客単価は607.2円(前年同月比7.
9%増)で9ヵ月連続のプラスとなっています。

 海外では、9月の米中古住宅販売件数、9月の北米半導体製造装置BBレシ
オなどの発表が予定されています。

 米主要企業の7〜9月期決算発表で、今晩はマイクロソフト、AT&T等々
が予定しています。

 米インターネット検索最大手グーグルと韓国サムスン電子は昨日、香港でグ
ーグル製基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新版を搭載したスマートフ
ォン(多機能携帯電話)「ギャラクシー・ネクサス」を発表しています。


◆主なニュース

・再生エネ規制93項目緩和、政府原案 地熱や風力など

・たばこ増税、公明が容認へ 財源なく転換、自民は反対

・海外企業、日本で資金調達 円建て債発行が最高水準に

・アマゾン、年内にも日本で電子書籍 出版社と価格詰め

・タイ洪水、日系車8社すべての工場停止 新たに三菱自

・明治、愛知に菓子・乳製品の新工場 投資額100億円

・ソフトバンク、印で携帯コンテンツ 地元大手と合弁で

・マツダ、中型車「アテンザ」の生産を日中2工場に集約

・日立の時価総額、電機首位に迫る 15年半ぶりに復調

・南欧国債、利回りが上昇 格下げ・景気低迷で不安定化


◆経済指標等

・対内証券売買契約(先週分、財務省)
・地域経済報告(10月さくらリポート、日銀)
・景気動向指数(8月改定値、内閣府)
・訪日外国人数(9月、日本政府観光局)
・全国コンビニ売上高(10月、日本フランチャイズチェーン協会)
・紙需給(9月速報値、製紙連)
・部門別売買動向(先週分、東証)

・英小売売上高(9月)
・米新規失業保険申請件数(先週分)
・米中古住宅販売(9月)
・米フィラデルフィア連銀景気指数(10月)
・米景気先行指標総合指数(9月)
・北米半導体BBレシオ(9月)

◆その他

・日銀支店長会議 日銀総裁があいさつ

・NHK「ニュース・ウオッチ9」に野田首相が生出演

・新規上場 シンバイオ製薬(4582JQ:医薬品) 公開価格560円

・決算発表 石塚硝子(5204:製瓶・ガラス食器大手)
      光世証券(8617:対面営業の独立系証券)

・海外決算 AT&T(ダウ採用、通信)、マイクロソフト(ダウ採用、IT)、
      ユニオン・パシフィック(鉄道)、イーライリリー(医薬品)、
      サンディスク(フラッシュメモリ製品)

・ECB理事会(金利発表の予定はなし)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




       発見とは人と同じものを見ながら、

       人の気づかないものを見つけることである。


              セント・ジェルジ(ハンガリー医学者)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10月20日 今日は何の日? 六輝:友引
 えびす講、老舗の日、リサイクルの日、疼痛ゼロの日、ヘアブラシの日、
 ソフト化の日、頭髪の日、新聞広告の日 


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。