ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/10/11 朝刊

2011/10/11

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃  “ 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ ”
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』

            → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/10/11 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は大安。貴重な3連休、皆様いかがお過ごしになられたでしょうか。

 さっそくですが、昨晩のNY株式市場は大幅高。NYダウで330ドル高の
1万1433ドル。シカゴ日経平均先物で8795円と週末の日経平均株価の
終値8605円よりも190円高い水準となっています。

 これを受けて、本日の東京マーケットは朝方から買いが先行、シカゴ日経先
物にサヤ寄せする形で高く始まることが想定されます。詳細は下記のNY市況
欄と注目材料欄をご参照下さいませ。


 秋の味覚「柿」がそろそろ出回り始めます。『柿が赤くなれば、医者が青く
なる』といわれるほど柿には多くの栄養素が含まれています。

 ビタミンC・カロチン・食物繊維・カリウム・タンニン(渋味の原因)など
が豊富で、その他にも、ビタミンK、B1、B2、カロチン・ミネラルなどが
多く含まれています。『二日酔いには柿』ともいわれますが、ビタミンCとタ
ンニンには血液中のアルコール分を外へ排出する働きがあり、豊富なカリウム
には利尿作用があるからだそうです。

 良い柿の選び方は、「ヘタ隙き」でないものを選ぶということです。「ヘタ
隙き」とは果肉とヘタの間に隙間(亀裂)ができる現象で、虫が入る原因とな
ります。虫が入りますと、その部分の色が熟れたように変色して、果肉が軟ら
かくなってしまいます。その状態を「色虫実」と言うそうです。

 柿を選ぶ際には、ヘタが果実に張り付いているようなものを選ぶのがGOO
D。柿には4つの溝があり、その溝にそって切れば種を切ることはないそうで
す。

 ふと、英語で「柿」を何と言うかと気になって調べましたら、「Persimmon」
(パーシモン)となっていました。「干し柿」は「dried persimmon」です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11433.18(+330.06)△2.97%
□ナスダック       2566.05(+ 86.70)△3.50%
□S&P500      1194.89(+ 39.43)△3.41%

□CME日経225先物  8795   (+205)※大証比

□為替      (対ドル) 76.65  (対ユーロ)104.54

□半導体株指数        366.79(+10.06)
□NY原油先物(11月限)  85.41(+ 2.43)
□NY金 先物(12月限)1670.80(+35.00)
□バルチック海運指数   2032   (+32)


 週明け10日のNY株式市場は、欧州債務問題の拡大懸念が後退したことで
大幅反発。ダウは9月16日以来、ナスダックは9月20日以来の高値水準で
取引を終了しました。ダウの上昇幅は8月11日(423ドル高)以来の大き
さです。

 ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領が9日夕の会談で、欧州
銀行の資本増強を進める方針で一致し、来月3日・4日に仏カンヌで開催され
る20カ国・地域(G20)首脳会議までにユーロ安定に向けた包括的な対策
を協調して打ち出すなどの方針を示したことが好感され週明けのNY株式市場
は大幅高で取引スタート。

 経営難に陥った欧州の大手金融グループのデクシアは、ベルギー、フランス、
ルクセンブルの政府が関与する形で解体・分割されることが決定し、債務問題
の民間部門への拡大がひとまず阻止されたことも相場の支援材料となり、商品
相場が大幅高になるなどリスク投資が積極化しました。株式市場は金融株が主
導する形で引けにかけて一段高、主要指数はほば高値引けとなっています。

 業種別では、金融、エネルギー、素材、運輸、資本財などの上昇が顕著です。

 個別銘柄では、アップルが5%高と急反発。世界7カ国で始まった「iPh
one(アイフォーン)4S」の予約販売が開始24時間で100万台に達し、
前機種「アイフォーン4」の同時期の60万台を大幅に上回ったことが好感さ
れています。「4S」の事前予約が、開始12時間で20万台を超えたと発表
した通信大手AT&Tも上昇しています。一方、増資を検討していると伝わっ
た通信大手スプリント・ネクステルは、複数のアナリストが投資判断を引き下
げたこともあって株価が急落しました。

 バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、ウェルズファーゴ、モルガン・ス
タンレーなどの主要金融株が軒並み5%超の大幅高。独仏首脳の合意やデクシ
アの迅速な処理で、欧州の財政問題拡大についての過度な警戒感が後退したこ
とで投資家心理が大きく改善しています。リスク志向の復活により原油などの
商品相場も大きく上昇し、エクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー株、
BHPビリトンやリオ・ティントなどの資源株も軒並み高となっています。主
要銘柄の先陣を切って決算を発表するアルコアも約4%高と大きく上昇しまし
た。

 インターネット検索大手ヤフーが約3%高。共同創業者の一人であるジェリ
ー・ヤン氏が投資ファンドへの売却を検討していると報じられ、同社の買収観
測が強まりました。DVDレンタルと動画配信部門の分割を取りやめると発表
したネットフリックスは一時急騰しましたが、アナリストによるネガティブな
評価が相次ぎ大幅安に転じています。

 インドでの再生エネルギー事業への投資を明らかにしたゼネラル・エレクト
リック(GE)は4%高。景気動向に敏感なキャタピラーやスリーエム、ボー
イング、ユナイテッド・テクイノロジーズなども上昇しています。

 ダウを構成する全30銘柄が上昇。上昇率上位はバンカメ、JPモルガン、
キャタピラー、アメリカン・エクスプレス、トラベラーズ、GE、ディズニー
の順となっています。

 NY原油先物は欧州問題の解決へ向けた動きと米株高を追い風に大幅高で4
日続伸となり、約2週ぶりの高値で取引を終了。NY金先物も反発。バルチッ
ク海運指数(BDI)は4日続伸で約10カ月ぶりの高水準となりました。

 CME日経225先物はドル建てが8795(大証比205円高)、円建て
が8790(同200円高)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは大幅高。前日比330ドル高の1万1433ドルとなって
います。先週末(7日)は前日比20ドル安となっており、連休中の2日間で
はほぼ310ドル値上がりしています。

 シカゴ日経平均先物は8795円と7日(金)の東京市場の日経平均株価8
605円と比べて190円ほど高い水準となっています。

 NY原油は4日連続高。前日比2.43ドル高の1バレル=85.41ドル
となっています。先週末(7日)は前日比0.39ドル高となっており、連休
中の2日間では2.82ドル値上がりしています。

 NY金価格は、前日比35.0ドル高の1トロイオンス=1670.8ドル
となっています。先週末(7日)は前日比17.4ドル安となっており、連休
中の2日間では17.6ドル値上がりしています。

 昨晩のロンドン市場の円相場は、対ドルで1ドル=76円70銭〜76円8
0銭とほぼ横ばいとなっています。対ユーロは一時1ユーロ=104円99銭
と約3週間ぶりの円安水準をつけました。ドイツとフランスが、ユーロ圏の債
務危機解決に向けて新たな対策を打ち出す方向で一致したことから欧州の債務
問題への懸念が和らぎ、ユーロに買いが入っています。


 先週末の日経平均株価は2日連続高、前日比83円高の8605円と9月3
0日以来、1週間ぶりに8600円台を回復しています。25日移動平均線(
8656円)まで50円ほど、9月限SQ値(8732円)には120円程度
に迫っています。

 ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は9日(日)、ベルリン
で会談し、欧州域内の銀行の資本増強を進める方針で一致しています。両首脳
の合意を基に、23日(日)開催の欧州連合(EU)首脳会議で銀行増資の議
論を進める見通しです。

 本日は、8:50に8月の国際収支が発表されます。海外とのモノやサービ
ス、投資の状況などを示す経常収支の事前予想は前年同月比61%減の444
0億円程度(前年同月は1兆1429億円)の黒字となっています。6ヵ月連
続で前年同月を下回る見通しです。

 14:00に9月の景気ウォッチャー調査が発表されます。8月(前回)の
調査では、街角の景況感を示す現状判断指数(DI)は前月比5.3ポイント
低下の47.3となり、5ヵ月ぶりに低下しています。景気判断の分かれ目と
される50を2ヵ月ぶりに下回っています。

 2〜3ヵ月先を見る先行き判断指数は前月比1.4ポイント低下の47.1
となり、2ヵ月連続で低下しています。景気判断の分かれ目とされる50を
51ヵ月連続で下回っています。

 同時刻に10月の金融経済月報が公表されます。9月の月報で、日銀は日本
経済の現状について「震災による供給面の制約がほぼ解消する中で、着実に持
ち直してきている」との判断を示しています。生産や輸出は「増加を続けてお
り、概ね震災前の水準に復している」とし、個人消費については「一部に弱さ
が残っているものの、全体としては持ち直している」としています。

 今週の主な国内経済指標・行事は、12日(水)は8月の機械受注、9月の
工作機械受注。13日(木)は日銀金融政策決定会合議事要旨(9月6〜7日
開催分)。14日(金)は10月限オプションSQ(特別清算指数)の算出日
となります。

 今週も消費・サービス関連企業の中間決算発表が相次ぎます。本日はJフロ
ント(3086)、東宝(9602)。12日(水)はコーナン(7516)。
13日(木)はローソン(2651)、8月本決算:ビックカメラ(304
8)、ファストリ(9983)・・・等々です。


 海外では、昨晩の米国市場はコロンブスデー(祝日)で外為と債券市場は休
場。株式市場は取引が行われています。

 今週の主な海外経済指標・行事は、12日(水)は欧州議会本会議(〜13
日)、米FOMC議事録(9月20〜21日開催分)。13日(木)は9月の
中国貿易統計、8月の米貿易収支。14日(金)は9月の中国消費者物価指
数(CPI)、9月の中国生産者物価指数(PPI)、G20財務相・中央銀
行総裁会議、9月の米小売売上高の発表などが予定されています。

 週末の15日(土)は中国共産党の第17期中央委員会6回全体会議が4日
間の日程で予定されています(6中全会、北京)。

 米主要企業の7〜9月期決算発表で、今晩はアルミ大手のアルコア、13
日(木)は検索大手のグーグル、大手銀行JPモルガンチェース・・・等々が
予定しています。

 米労働省が7日(金)に発表した9月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者
数が前月比10万3000人増となり、市場予想の平均(約6万人増)を大き
く上回っています。前月(8月)分も上方修正され、雇用情勢の懸念はやや和
らぐ結果となっています。一方、失業率は9.1%で前月と変わらず、市場予
想と同じとなり、高止まりの状況が続いています。


◆主なニュース

・復興特区の新設企業、法人税5年間ゼロ 法案大枠決定

・最高速のスパコン「京」輸出へ まずサウジなど5ヵ国

・天津の環境都市受注へ官民連携 日立・三菱重連合補助

・不良債権「予備軍」44兆円に 銀行融資の1割占める

・レアアース価格急落、セリウム半値に 企業が使用削減

・世界の海運市況低迷 国内3社赤字転落、景気減速映す

・コンビニ、軽量出店で攻勢 ファミマなど新店舗の4割

・三菱商事など、カタールの淡水化プラントで優先交渉権

・米アップル、新型iPhone1日で100万台超予約

・欧州銀のデクシア、解体を決定 ベルギー部門は国有化

・フィッチ、伊を1段階格下げ スペインを2段階格下げ


◆経済指標等

・国際収支(8月、財務省)
・産業機械受注額(8月、日本産業機械工業会)
・環境装置受注額(8月、日本産業機械工業会)
・企業倒産(9月と上半期、民間調査会社)
・日銀金融経済月報(10月)
・消費動向調査(9月、内閣府)
・景気ウオッチャー調査(9月、内閣府)

・英鉱工業生産(8月)
・米チェーンストア売上高(先週分)
・米大規模小売店売上高(先週分)

◆その他

・決算発表 ダイセキ環境(1712:汚染土壌の調査から浄化処理まで)
      Jフロント(3086:大丸と松坂屋、百貨店グループ国内2位)
      東宝(9602:邦画配給、興行収入で断トツ)

・海外決算 アルコア(ダウ採用、非鉄)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




 人間十人十色ではなく、実は夢のある奴とそうでない男の二種類しかない。



                            高原 慶一朗





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10月11日 今日は何の日? 六輝:大安
 安全・安心なまちづくりの日、「りんごの唄」の日、ウィンクの日、
 レーシックの日、鉄道安全確認の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。