ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/09/26 朝刊

2011/09/26

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/09/26 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日は彼岸明け。早いもので3連休も「あっ」という間に終わりましたが、
皆様におかれましては、いかがお過ごしになられたでしょうか。

 さて、東京市場が3連休の間、海外市場は通常通りの取引が行なわれていま
す。チェック出来なかった方もいらっしゃると思いますので、ここで簡単に連
休中のNY市場の動きを時系列にまとめさせて頂きます(小数点以下切捨て)。


         22日(木)    23日(金) 

 NYダウ    10733     10771

          −391       +37

 ナスダック    2455      2483

           −37       +27

 シカゴ日経先物  8390      8455


 尚、先週末の東京市場の日経平均株価の終値は8560円です。

 為替は対ドルで76.60円前後と連休前の水準76.50円前後とほぼ同
水準。対ユーロでは103.30円台と休み前の103.60円前後からやや
円高に振れています。対ユーロでは一時1ユーロ=102円台前半と10年ぶ
りの円高水準に振れる場面がありました。

 原油価格は1バレル=79.85ドルと休み前の水準85.92ドルから下
落。金価格は1オンス=1639.80ドルと休み前の水準1808.10ド
ルから大幅下落となっています。


 ところで、明日は配当など当月決算物の権利付き最終日となりますので、お
忘れなきようご注意下さいませ。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      10771.48(+ 37.65)△0.35%
□ナスダック       2483.23(+ 27.56)△1.12%
□S&P500      1136.43(+  6.87)△0.61%

□CME日経225先物  8455   (− 35)※大証比

□為替      (対ドル) 76.54  (対ユーロ)103.35

□半導体株指数        359.95(+ 7.17)
□NY原油先物(11月限)  79.85(− 0.66)
□NY金 先物(12月限)1639.80(−101.90)
□バルチック海運指数   1920   (+36)


 先週末23日のNY株式市場は反発。前日の急落を受けて売られ過ぎとの見
方が広がり、引けにかけて買い戻しが優勢となりました。

 前日木曜日の相場は、米連邦準備理事会(FRB)が米景気について「大き
な下振れリスクが存在する」との認識を示したことで投資家心理が悪化、9月
の中国購買担当者景気指数(PMI)やユーロ圏総合PMIなど、企業の景況
感を示す指標の悪化が相次いだことも嫌気され、ダウの下げ幅は一時500ド
ルを超す急落となりました。

 週末のこの日も世界経済の先行きに関する不透明感が相場を圧迫し、20カ
国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の緊急声明に具体的な対応策が
盛り込まれなかったことなども重石となり、ダウは一時95ドル安と弱含みま
した。しかし、指数が一時的に年初来安値を下回ったことで売られ過ぎとの見
方が強まったことや、欧州中央銀行(ECB)が金融システム安定化に向けた
取り組みを強化するとの期待から指数は持ち直しています。

 ダウは3日ぶり、ナスダックとS&P500種指数は5日ぶりに上昇。週間
でのダウの下落率は6.4%(下落幅737ドル)に達し、リーマン・ショッ
ク直後2008年10以来ほぼ3年ぶりの大きさを記録しました。

 業種別では、運輸、一般消費財、金融などの上昇が目立ちました。

 個別銘柄では、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が4%を超す大幅上昇。
資金調達のために宅配ピザチェーン「ピザハット」の持ち株を8億ドル余りで
売却する交渉に入ったことが買い手掛かりとなっており、前日までの2日間で
12%の大幅安となっていたことから買い戻す動きも見られました。

 市場予想を上回る好決算を発表したスポーツ用品大手のナイキが大幅高。増
配を発表したマクドナルドも上昇。個人の景況感の影響を受けやすい宝飾品の
ティファニーや革製品のコーチ、自動車のフォードやGM、住宅用品小売りの
ホームデポやロウズなどの上昇も目立ちました。

 アナリストが投資判断を引き上げた通信向け半導体大手のテキサス・インス
ツルメンツが上げ幅を拡大。半導体大手のインテルやザリンクスなども上昇し
ています。

 一方、イーベイの元最高経営責任者(CEO)を次期CEOに招聘する人事
を発表したヒューレット・パッカード(HP)が続落。商品相場の下落でバリ
ックゴールドやニューモント・マイニングなどの産金株が売られ、エネルギー
大手のシェブロンも軟調な展開。6―8月期の利益見通しが市場予想を下回っ
た肥料大手モザイクも下げました。

 ダウ構成銘柄では、バンカメ、インテル、ホームデポ、シスコシステムズな
どが上昇。一方、デュポン、HP、コカコーラなどが下げています。

 NY原油先物は3日続落で80ドル割れ、終値では8月9日以来、約6週間
ぶりの安値となりました。NY金先物も3日続落となり、終値では8月1日以
来、約7週間ぶりの安値で取引を終了。尚、NY金先物のこの日の下げ幅は、
史上2番目の下落幅となった8月24日(104.00ドル安)以来1カ月ぶ
りの大幅安、週間の下落率は10%近くに達し、1983年以来の大きさとな
っています。バルチック海運指数(BDI)は4日続伸です。

 CME日経225先物はドル建てが8455(大証比35円安)、円建てが
8445(同45円安)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 先週末のNYダウは、前日比37ドル高の1万0771ドルと3日ぶりに上
昇しています。22日(木)は前日比391ドル安となっており、連休中の2
日間では350ドルほど値下がりしています。

 シカゴ日経平均先物は8455円と連休前(22日)の東京市場の日経平均
株価8560円と比べて100円ほど安い水準となっています。

 週末のNY市場の円相場は、対ドルで1ドル=76円55〜65銭、対ユー
ロは1ユーロ=103円35〜103円45銭ととなっています。

 NY金価格は3日連続安。前日比101.9ドル安の1トロイオンス=16
39.8ドルとなっています。22日(木)は前日比66.4ドル安となって
おり、連休中の2日間では168ドルほど値下がりしています。

 欧州不安の広がりを背景に、世界景気の減速懸念が強まったことで、家電製
品などへの需要が減少するとの見方から銀や銅先物が大幅安となり、その損失
を埋めるために上昇基調にあった金先物に利益確定の売りが出ています。

 NY原油は3日連続安。前日比0.66ドル安の1バレル=79.85ドル
となっています。22日(木)は前日比5.41ドル安となっており、連休中
の2日間では6ドルほど値下がりしています。

 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は22日(日本時
間23日午前)、金融市場の安定に向けて各国が「必要な全ての行動をとる」
とした共同声明を採択し、閉幕しています。11月に仏カンヌで開かれるG
20サミット(首脳会議)までに、すべての国・地域が持続的な成長と財政再
建に向けた行動計画を策定することで一致しています。声明では、「ユーロ圏
は10月中旬の次回会合までに欧州金融安定化基金(EFSF)の柔軟性を高
める(機能を強化する)」ことをうたっています。


 本日は、15:00に9月第2週(9月12日〜9月16日)の投資部門別
売買動向が発表されます。9月第1週(9月5日〜9月9日)の外国人投資家
は7週連続で売り越し、売越額が5340億円となっています。この間の売越
額の合計は1兆6892億円に達しています。

 一方、個人投資家は2週ぶりに買い越し、買越額が599億円となっていま
す。年金資金を受託している信託銀行は6週連続で買い越し、買越額が214
0億円となっています。この間の買越額の合計は8837億円に達しています。

 今週の主な国内経済指標・行事は、29日(木)は白川日銀総裁が全国信用
金庫協会主催の全国大会で挨拶。30日(金)は8月の全国消費者物価指数、
8月の完全失業率、8月の有効求人倍率、8月の家計調査、8月の鉱工業生産、
8月の住宅着工戸数などの発表が集中します。
 
 海外では、今晩は8月の米新築1戸建て住宅販売。27日(火)は7月のS
&Pケース・シラー米住宅価格指数、9月の米消費者信頼感指数(コンファレ
ンス・ボード)。28日(水)は8月の米耐久財受注。29日(木)は4〜6
月期米GDP・確定値、8月の米中古住宅販売成約指数などの発表が予定され
ています。


◆主なニュース

・所得増税、13年度から10年間 1年先送り、民主税調

・住金、自動車の車軽量化で新技術 骨格に鋼管、5割軽く

・新日鉄と住金、年1500億円費用削減 合併後3年メド

・「787」が変える経営戦略 航空会社や航空機産業など

・家電量販店、採用抑制・出店見直し 地デジ特需の反動で

・「Xbox」向けゲーム、スマホでも 米マイクロソフト

・いすゞ、中国大手とトラック開発 部品共通化、日本採用

・三菱自、日産に電気自動車をOEM供給 EVの販売拡大

・ロシア、プーチン氏が大統領出馬 来春、返り咲き確実に

・新興国、一転自国通貨買い 通貨安、経済への波及を警戒


◆経済指標等

・白物家電国内出荷実績(8月、日本電機工業会)
・外食売上高(8月、日本フードサービス協会)

・独IFO企業景況感指数(9月)
・米シカゴ連銀全米活動指数(8月)
・米新築住宅販売件数(8月)

◆その他

・KDDI新商品発表会

・決算発表 ウェザーニューズ(4825:民間気象情報で世界最大手)
      ライトオン(7445:ジーンズカジュアルチェーン大手)
      壱番屋(7630:カレー専門店を直営・FCで展開)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




   命を運ぶと書いて運命。

   つまり運命とは、定められて仕方なくたどるものではない。

   みずからの命を自分の力で運んでこそ運命といえるのではないか。


                      大谷 徹奘(薬師寺僧侶)






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆9月26日 今日は何の日? 六輝:赤口
 彼岸明け、台風襲来の日、ワープロの日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。