ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/09/21 朝刊

2011/09/21

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  
【人の行く裏に道あり 花の山】教訓

  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。


   『 国策関連で上昇余地大、先取りで仕込んでおきたい○○5○!』

  
   『 サイコロジカルと騰落レシオ 』



  お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/09/21 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 漢字で『無花果』と書いて『イチジク』。果実の内側に花があり、外側から
は見えないことから漢字では『無花果』と書くそうです。そのイチジクがそろ
そろ出荷の最盛期を迎えます。旧約聖書にも登場するなど歴史の古い果物で、
世界中で栽培されています。

 国内では愛知、和歌山、福岡など温暖な土地で盛んですが、1日に1果熟す
ことから「一熟」と呼ばれた・・・等々、名前の由来には諸説があります。

 聖書にもたびたび登場する「イチジク」は世界最古の栽培果樹といわれ、エ
デンの園でアダムとイブが食べた禁断の果実はイチジクという説があります。
一般的にはリンゴと思われていますが、当時の中東ではリンゴが採れなかった
ことや、アダムとイブが恥ずかしくて前を隠していた幅の広い葉っぱがイチジ
クの葉として描かれているからだそうです。


 さて、本日のスペシャル版では、『国策関連で上昇余地大、先取りで仕込ん
でおきたい○○5○!』としまして有望1銘柄をご紹介させて頂きます。国策
・政策関連のスケジュールを見ますと、そろそろ動き出す公算大、先取りして
仕込んでおきたい銘柄です。ご期待下さいませ。

 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。尚、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂き
ますと本日号の配信から間に合います。


 スペシャル版の詳細とお申込み

       → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11408.66(+  7.65)△0.07%
□ナスダック       2590.24(− 22.59)▼0.86%
□S&P500      1202.09(−  2.00)▼0.17%

□CME日経225先物  8645   (−  5)※大証比

□為替      (対ドル) 76.43  (対ユーロ)104.71

□半導体株指数        372.76(− 4.73)
□NY原油先物(10月限)  86.89(+ 1.19)
□NY金 先物(12月限)1809.10(+30.20)
□バルチック海運指数   1795   (+31)


 20日のNY株式市場は、一時上げ幅を拡大するも引けにかけて失速。ダウ
は小幅反発、ナスダックは続落で取引を終了しました。

 欧州の株式市場が上昇したことや、当初予定を1日延長し明日までの日程で
行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)で何らかの景気刺激策が発表され
るとの期待からNY株は徐々に上げ幅を拡大。ダウの上げ幅は一時150ドル
近くまで拡大しました。

 ただ、国際通貨基金(IMF)が世界経済と米国の成長率見通しを下方修正
するなど、依然として景気の先行き不安は根強く、FOMCの結果を見極めた
いとして様子見ムードが強まったことで引けにかけて失速しました。

 また、欧州連合(EU)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)
の査察団によるギリシャ経済の審査完了が10月初めになると発表されたこと
で、ギリシャ支援の正式決定が10月にずれ込むとの失望が広がったことも市
場心理を悪化させました。

 業種別では、産金、ヘルスケア、通信などが高く、運輸、素材、資本財など
が軟調でした。

 個別では、「iPhone(アイフォーン)5」への期待を背景にアップル
が小幅続伸。422ドルまで上値を伸ばし上場来高値を更新しました。一方、
売上高見通しを下方修正した半導体大手のザイリンクが下げ幅を拡大しナスダ
ック指数を圧迫。引け後に決算発表を控えたオラクルも軟調な展開でした。

 競争激化による先行きの成長懸念から太陽電池・発電システム大手のファー
ストソーラーが大幅安となり、同業種のサンパワー、サンテック・パワー、L
DKソーラーなども急落。コスト上昇が収益を圧迫したと発表した食品大手コ
ナグラ・フーズが軟調な展開でした。

 アナリストが投資判断を「買い」に引き上げた損害保険大手のトラベラーズ
が上昇。、ビザやアメリカン・エクスプレスなどクレジット大手も上昇。グー
グルの決済サービス、グーグルウォレットに2社が追加される可能性があると
発表されたことでクレジット株に買いが入りました。また、市場予想を上回る
好決算を発表したクルーズ運営のカーニバルが急伸し、同業のロイヤル・カリ
ビアン・クルーズも大幅高となっています。

 金先物価格の上昇を手掛かりにゴールドコープやニューモント・マイニング
など産金株が上昇した一方、アナリストがレアアースの価格が下落するとの見
通しを理由に投資判断を引き下げた資源会社モリコープが急落し、テック・コ
ミンコやフリーポート・マクモランなども大幅安となっています。

 ダウ構成銘柄では、ホームデポ、インテル、アメリカン・エクスプレスなど
が上昇した一方、アルコアやヒューレット・パッカードなどの下落が目立ちま
した。

 NY原油先物は、景気刺激策への期待から買い戻しが入り反発。NY金先物
も同じく買い戻しで大幅反発。バルチック海運指数(BDI)は4日ぶり反発
です。

 CME日経225先物は、ドル建てが8645(大証比5円安)、円建てが
8630(同20円安)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは小幅高。前日比7ドル高の1万1408ドルとなっていま
す。

 シカゴ日経平均先物は8645円と昨日の東京市場の日経平均株価8721
円と比べて70円ほど安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=76円40銭前後とほぼ横
ばいで推移しています。対ユーロは1ユーロ=104円70銭前後とやや円安
方向に振れています。

 NY金価格は、前日比30.2ドル高の1トロイオンス=1809.1ドル
と2日ぶりに上昇しています。欧米景気の先行き懸念や欧州の債務問題の不安
から、実物資産の裏付けのある金先物に買いが入っています。

 NY原油は、前日比1.19ドル高の1バレル=86.89ドルと3日ぶり
に上昇しています。


 昨日の日経平均株価は、前日比142円安の8721円と3日ぶりに値下が
りしています。最大のポイントはギリシャを中心とした欧州財政問題の行方と
いう国外要因です。ギリシャ問題に解決の糸口が見えれば、これまで売り込ま
れてきた輸出関連。特に電機・機械・自動車などの銘柄が大きく反転上昇する
ことも想定されます。

 もっとも、足元は昨日にレンゴーが19円高の575円と年初来高値を更新、
王子製紙も19円高の415円と上昇するなど円高メリットの紙パルプ・セク
ターが業種別で値上がり率トップ。内需関連に堅調な銘柄が目立ち、業績好調
で為替の影響を受けにくいウェザーニューズが91円高の2412円と年初来
高値を更新しています。KDDI、コロナの強調基調も継続しています。

 昨日の寄付き前の外国証券経由の注文状況は720万株の買い越しとなって
います。16日(金)の930万株に続き、2日連続の買い越しとなっていま
す。

 政府が昨日発表した9月の月例経済報告は、国内景気の判断基調を「震災の
影響により依然として厳しい状況にあるものの、持ち直している」とし、前月
から据え置いています。一方、海外景気の判断は「全体として回復が弱まって
いる」として、2ヵ月連続で引き下げています。

 本日は、8:50に8月の貿易統計が発表されます。輸出額から輸入額を差
し引いた貿易収支の事前予想は2180億円程度の赤字となっています。燃料
価格の上昇と輸入増が影響する見通しです。前月(7月)は前年同月比90.
8%減の725億円の黒字と低水準ながら2ヵ月連続で黒字となっています。

 16:00に9月16日時点の3市場信用取引残高が発表されます。前回発
表分(9月9日時点)は、買い残が前週比38億円減の1兆6030億円と4
週連続で減少しています。一方、売り残は前週比494億円増の6284億円
と4週連続で増加しています。信用倍率は前回(9月2日時点)の2.78倍
から2.55倍となっています。

 海外では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の最終日となります。償還期
間が短い保有国債を長いものに切り替えることで、長期金利を低下させる案を
含め、いくつかの選択肢が議論される見通しです。今晩の声明発表に市場の注
目が集まります。

 その他、今晩は8月の米中古住宅販売件数の発表などが予定されています。


◆主なニュース

・野田首相「来夏までに原発再稼働」 電力不足に強い危機感

・11年基準地価、全国平均3.4%下落 震災後は西高東低

・米欧の成長率1%台に IMF予測、11・12年下方修正 

・台風15号、近畿から関東上陸の恐れ 速度上げ列島縦断も

・三菱重やIHI・川重にもサイバー攻撃 防衛産業狙い撃ち

・東京製鉄、全建材7ヵ月ぶり値上げ 10月契約分3〜7%

・半導体装置、業績下振れも BBレシオ、2ヵ月連続で減少

・日産九州、部品9割を現地・アジアから調達 小型車も生産

・ニチレイ、ベトナムにアセロラ研究農場 現地で改良苗提供

・米企業、自社株買い急増 4〜6月41%増、危機前水準に


◆経済指標等

・貿易統計(8月、財務省)
・食品スーパー売上高(8月、JSAなど)
・民生用電子機器国内出荷(8月、JEITA)

・米住宅ローン申請指数(先週分)
・米石油在庫統計(先週分)
・米中古住宅販売件数(8月)

◆その他

・決算発表 アークランドサカモト(9842:ホームセンター、外食も)

・ECB理事会(22日まで、金利発表予定なし)

・日米首脳会談(ニューヨーク)

・米連邦公開市場委員会(FOMC、声明発表)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    楽観主義者とは、悲観主義者が赤信号ばかり見ている時に、

    いたる所で青信号を見る人である。


           アルベルト・シュバイツアー(フランス医師)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆9月21日 今日は何の日? 六輝:先勝
 秋の全国交通安全運動(30日まで)、ファッションショーの日、
 世界アルツハイマーデー、国際平和デー・世界の停戦と非暴力の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。