ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/09/01 朝刊

2011/09/01

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/09/01 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 1923(大正12)年の本日9月1日、午前11時58分。『関東大震災
』が発生しました。マグニチュードは7.9で、死者9万人、負傷者10万人、
全壊1万4千戸、破壊焼失戸数は68万戸にも及びました。

 ちょうど昼食準備の時間だったため、地震の後に大火災が発生し、被害がさ
らに大きくなったという経緯があります。東京市の死者は6万人にものぼりま
したが、つぶれた家屋の下じきになって死んだ人はそのうちの2千人で、大多
数はその後の火災が原因となっています。平成7年1月17日に起きた阪神淡
路大震災の際にも地震の後の火災によりやはり被害が拡大しています。

 本日9月1日は「防災の日」。常日頃から災害に対する備えを万全にし、防
災の心構えを徹底させるのが「防災の日」の目的です。特に日本の場合、こわ
いのは地震そのものよりも、それによって起こる火災です。「防災」すなわち
「防火」であり、まず火をとめることを心がける必要があります。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11613.53(+ 53.58)△0.46%
□ナスダック       2579.46(+  3.35)△0.13%
□S&P500      1218.89(+  5.97)△0.49%

□CME日経225先物  9030   (+ 70)※大証比

□為替      (対ドル) 76.61  (対ユーロ)110.13

□半導体株指数        355.79(− 2.44)
□NY原油先物(10月限)  88.81(− 0.09)
□NY金 先物(12月限)1831.70(+ 1.90)
□バルチック海運指数   1619   (+82)


 8月最終日のNY株式市場は、堅調な経済指標を手掛かりに4日続伸です。
ダウは4週間ぶりの高値となり、年初来のパフォーマンスが再度プラスに転じ
ました。

 前回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で追加金融緩和への期
待が強まり上昇した前日の流れが継続しこの日も買い優勢で取引をスタート。
週末の雇用統計を占う上で注目度の高いADP雇用報告は冴えない内容でした
が、予想から大きく下振れしなかったことも買い安心感につながりました。

 また、シカゴ地区購買部協会がまとめた8月の景気指数(PMI)は前月か
ら低下し2009年11月以来の低水準となりましたが、市場予想は上回りま
した。米商務省発表の7月の製造業新規受注は予想以上に増加するなど、堅調
な経済指標を手掛かりに指数は上値を伸ばし、ダウは一時152ドル高まで上
伸しています。

 しかし、米通信大手AT&Tによる米携帯4位のTモバイルUSAの買収に
ついて、寡占化につながるとして米司法省が反トラスト訴訟を起こしたことが
伝わると株式相場は上げ幅を縮小。プラスは維持したものの、明日あさってで
重要経済指標の発表が相次ぐこともあり引けにかけて手仕舞い売りが優勢とな
りました。

 業種別では、金融、資本財、エネルギーなどが上昇し、通信、農業関連など
が下落しました。

 個別では、上昇して寄り付いたAT&Tは、司法省がTモバイル買収阻止で
動いたことが嫌気され一気にマイナス圏に。一方、アメリカン・モバイルやモ
バイル・テレシスなど携帯電話各社は司法省の動きを歓迎して大幅高となって
います。

 ゴールドマン・サクッスのアナリストが、銅生産大手のフリーポート・マク
モランや鉄鋼・アルミニウム加工会社のリライアンス・スチール・アンド・ア
ルミナムの投資判断を「買い」としたことが好感さ両銘柄ともに上昇し、アル
ミ大手のアルコアも連れ高となっています。

 好決算を発表した採鉱機メーカーのジョイ・グローバルは買い先行で始まっ
たものの、利益確定の売りで上げ幅を縮小。カルヴィン・クラインやDKNY
などのブランドを展開するPVHは予想以上の好業績を手掛かりに堅調に推移
しました。

 ダウ構成銘柄では、アルコアが上昇率首位で指数を押し上げた他、アメリカ
ン・エクスプレス、ディズニー、マイクロソフトなども上昇しています。反面、
AT&Tが大きく下げダウの上値を抑えました。

 NY原油先物は5営業日ぶり反落、NY金先物は続伸ですが、水準としては
いずれも前日比ほぼ横ばいです。バルチック海運指数は大幅に反発し、およそ
8カ月ぶりの高水準です。

 CME日経225先物は、ドル建て・円建てともに9030(大証比70円
高)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは4日連続高。前日比53ドル高の1万1613ドルとなっ
ています。

 シカゴ日経平均先物は9030円と昨日の東京市場の日経平均株価8955
円と比べて70円ほど高い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=76円65銭前後、対ユー
ロは1ユーロ=110円15銭前後とほぼ横ばいで推移しています。

 NY金価格は小幅高。前日比1.9ドル高の1トロイオンス=1831.7
ドルと2日連続で上昇しています。

 NY原油は小幅安。前日比0.09ドル安の1バレル=88.81ドルと5
日ぶりに値下がりしています。

 バルチック海運指数(BDI)は、前日比82ポイント高の1619と8月
24日以来、4日ぶりに上昇しています。


 本日から名実ともに9月相場入りとなります。日経平均株価の騰落状況を見
ますと、9月は過去15年間において5勝10敗となっていますが、直近5年
間では3勝2敗となっています。

 今月は中間配当の権利取りが意識されます。権利付き最終日(27日)まで
本日を含めて立会日数で17日となり、高配当銘柄への物色意欲が高まること
が予想されます。

 10:00頃に中国の8月製造業PMI(購買担当者指数)が発表されます。
7月の製造業PMIは前月比0.2ポイント低下の50.7となっています。
製造業の景況感を表す同指数の低下は4ヵ月連続で、09年2月(49.0)
以来、2年5ヵ月ぶりの低水準となっています。ただし、景況の改善・悪化の
分かれ目とされる50は29ヵ月連続で上回り、製造業の生産活動は拡大基調
が続いています。

 14:00に8月の国内新車販売台数の発表が予定されています。7月の国
内新車販売台数(軽自動車除く)は、前年同月比27.6%減の24万147
2台となっています。1968年の統計開始以来、7月の減少幅としては過去
最大。台数ベースでも過去2番目に低い水準となっています。

 15:00に8月第4週(8月22日〜8月26日)の投資部門別売買動向
が発表されます。8月第3週(8月15日〜8月19日)の外国人投資家は4
週連続で売り越し、売越額が1561億円となっています。その前の週(8月
8日〜8月12日)の売越額(3383億円)からは半減しています。

 一方、個人投資家は4週連続で買い越し、買越額が1017億円となってい
ます。1000億円以上の買い越しは、これで4週連続となります。年金資金
を受託している信託銀行は3週連続で買い越し、買越額が831億円となって
います。

 その他、海外では今晩、8月の米ISM製造業景気指数が発表されます。市
場予想が48程度(7月は50.9)と景気の強弱の分かれ目とされる50を
下回っています。また、8月の米自動車販売台数の発表なども予定されていま
す。


◆主なニュース

・日本IBM・カゴメなど約20社、被災地にエコタウン

・野田新首相、自公に政策協議呼び掛け きょう党首会談

・「液晶首位連合」、官主導で再編 東芝・日立・ソニー

・政投銀、東電への追加融資を検討 合理化策など見極め

・日本企業の海外直接投資、新興国6割に上昇 10年度

・英テスコ、日本撤退 スーパー「つるかめ」など売却へ

・ソニー、タブレット端末を今月発売 「配信」で独自性

・UD、中国で低価格トラック向け部品を生産 まず車軸

・ヤフー、永久保存サービス 個人の動画像や文書データ

・北極海で石油開発が本格化 エクソン・シェルなど参入


◆経済指標等

・対内証券売買契約(先週分、財務省)
・新車販売台数(8月速報値、自販連など)
・鉄鋼輸出実績(7月、日本鉄鋼連盟)

・大手百貨店売上高(8月速報値)

・部門別売買動向(先週分、東証)

・中国製造業購買担当者景気指数(8月PMI)
・米新規失業保険申請件数(先週分)
・米労働生産性指数(4―6月期改定値)
・米小売り各社の既存店売上高(8月)
・米ISM製造業景況感指数(8月)
・米自動車販売(8月)

◆その他

・決算発表 伊藤園(2593:茶葉製品・緑茶飲料の最大手)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



         人に施したる利益を記憶するなかれ、

         人より受けたる恩恵は忘るるなかれ。


                     バイロン






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆9月1日 今日は何の日? 六輝:大安
 防災の日、防災用品点検の日、関東大震災の日、二百十日、くいの日、
 キウイの日、ファミ通の日、マテ茶の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。