ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/08/26 朝刊

2011/08/26

━━━  これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け  ━━━

         ア┃ク┃ア┃ ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
         ━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」

       独自の観点でaquaが分りやすく解説します。


■■ お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ■■


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/08/26 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 「水」(みず)は水道水を飲むのが当たり前のように子供の頃から育ってき
ましたが、このところペットボトル入りのミネラルウォーターが普通に飲まれ
るようになっています。ミネラルウォーターが日本の市場に本格的に登場した
のは1970年代前半で、飲食店などウィスキーの水割り用の水として使われ
ていました。

 ミネラルウォーターと言えば、「自然の水」、「ミネラルをたくさん含んだ
水」をイメージしがちですが、「ナチュラルウォーター」・「ナチュラルミネ
ラルウォーター」・「ミネラルウォーター」・「ボトルドウォーター」と大き
く4つに分類され、メーカーが生産しているのは、ほとんど「ナチュラルミネ
ラルウォーター」で生産量の約8割を占めています。

 この「ナチュラルミネラルウォーター」は、特定水源より採水された地下水
のうち、濾過・沈澱および加熱殺菌による殺菌処理が行われたものを指し、一
般的にイメージされている「自然の水」とは少し違います。殺菌処理されてい
ないヨーロッパ産のミネラルウォーターが「自然の水」に近いと言えるかもし
れません。

 「ミネラル」とは直訳しますと「鉱物」ですが、鉄・銅・カルシウム・マグ
ネシウム・・・などのことであり、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミンと
並んで5大栄養素と呼ばれています。


 ちなみに、品名について、食品流通局長通達の「3.表示の方法」には、以
下のように記載されています。


ア.特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外
  の物理的・化学的処理を行わないものにあっては、「ナチュラルウォータ
  ー」と記載すること。

イ.ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を
  移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二
  酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む。)をいう。)を原水と
  したものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載すること
  ができる。

ウ.ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のた
  めにミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラル
  ウォーターの混合等が行われているものにあっては、「ミネラルウォータ
  ー」と記載すること。

エ.ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォ
  ーター以外のものにあっては、「飲用水」又は「ボトルドウォーター」と
  記載すること。




……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11149.82(−170.89)▼1.51%
□ナスダック       2419.63(− 48.06)▼1.95%
□S&P500      1159.27(− 18.33)▼1.56%

□CME日経225先物  8745   (− 35)※大証比

□為替      (対ドル) 77.43  (対ユーロ)111.33

□半導体株指数        336.33(− 9.36)
□NY原油先物(10月限)  85.30(+ 0.14)
□NY金 先物(12月限)1763.20(+ 5.90)
□バルチック海運指数   1582   (−20)


 25日のNY株式市場は4日ぶりに反落。欧州での空売り規制強化の動きが
嫌気されたことや、バーナンキ議長の講演を控えて警戒感が高まったことが相
場を圧迫しました。

 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資・保険会社バークシャ
ー・ハザウェイが、金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)に50億ド
ルの投資を行うことが明らかになり、バンカメが大幅続伸、金融システムの安
定化につながるとして他の金融株にも買いが波及しました。

 しかし、朝方発表の先週の新規失業保険申請件数が市場予想に反して増加し
たことや欧州での空売り規制の拡大の動きが嫌気され指数はマイナスに転じま
した。注目のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、追加
刺激策の示唆がなかった場合に備え現金化比率を高めておきたいのとの動きも
相場を圧迫しました。

 業種別では、住宅建設と産金が上昇。一方、エネルギーや一般消費財、資本
財などの下落が目立ちました。

 個別では、バークシャー・ハザウェイから出資を受けることになったバンカ
メは一時25%高と急伸しましたが、その後は株式価値の希薄化懸念などから
伸び悩み9%高で取引を終了。バンカメの優先株とワラントを50億ドルで購
入し、年間6%の配当を受けることになったバークシャー・ハザウェイは、高
く寄り付いた後マイナスに転じました。

 JPモルガンは全体の流れの中でプラスを維持できずに下落して取引を終了。
シティやウェルズファーゴは前日比プラスを維持しました。強い勢力を持つハ
リケーン「アイリーン」が今週末にかけ東海岸に上陸する恐れがあることから
損保大手のトラベラーズやオールステートなども売られました。

 反面、ハリケーン被害で需要が高まるとの思惑を背景にパルトグループやK
Bホームなど住宅建設株が上昇。 一時1700ドル割れ寸前まで下げていた
金先物が安値圏から値を戻したことでバリックゴールドやゴールドコープなど
の産金株は序盤の下落から上昇に転じています。

 アップルの象徴的存在で経営手腕にも定評があったスティーブ・ジョブズ氏
が最高経営責任者(CEO)を退任したアップルの下落幅は0.6%と小幅で
した。半導体製造装置大手のアプライドマテリアルズは、慎重な先行き見通し
が失望され大幅安となっています。

 ダウ構成銘柄では、バンカメが大きく上昇し、アメリカン・エクスプレスは
前日比ほぼ横ばいでしたが他の28銘柄は下落。トラベラーズ、スリーエム、
キャタピラー、シスコシステムズなどが下落率上位となっています。

 NY原油先物は小反発。前日急落したNY金先物は、この日から今月2度目
の証拠金引き上げが実施され序盤は売り優勢の展開でしたが、株安を横目に買
い戻しが入り小幅に反発しました。バルチック海運指数(BDI)は12日営
業日ぶりに反落しました。

 CME日経225先物は、ドル建て・円建てともに8745(大証比35円
安)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比170ドル安の1万149ドルと4日ぶりに値下
がりしています。

 シカゴ日経平均先物は8745円と昨日の東京市場の日経平均株価8772
円と比べて20円ほど安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=77円45銭前後とやや円
安が進行しています。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が今晩、講
演を予定している経済シンポジウムで、新たな債券買い入れを示唆しないとの
憶測が広がり円が売られています。対ユーロは1ユーロ=111円40銭前後
とほぼ横ばいで推移しています。

 NY金価格は、前日比5.9ドル高の1トロイオンス=1763.2ドルと
なっています。通常取引開始前の時間外取引で一時1705.4ドルまで値下
がりし、8日以来、約3週間ぶりの安値を付けています。その後、米株式市場
が値下がりしたことや欧州の先行き不安から、安全資産として金先物を買う動
きが強まっています。

 NY原油は、前日比0.14ドル高の1バレル=85.30ドルとなってい
ます。


 昨日の東京市場は日経平均株価が前日比132円高の8772円となり、
18日(木)以来、1週間ぶりの水準を回復しています。騰落レシオは前日の
63%から68%となっています。

 本日は、8:30に7月の全国消費者物価指数(CPI)、8月の東京都区
部消費者物価指数(CPI)の発表が予定されています。

 7月の全国消費者物価指数(CPI)の事前予想は、生鮮食品を除く総合で
前年同月比マイナス0.1%となっています。5年ごとの基準年改定(基準年
を05年から10年に変更)に伴い、7月分から新基準が正式採用されるため、
その結果、マイナスに転じる見通しです。先行指標とされる8月の東京都区部
CPI(中旬速報値)の事前予想は、生鮮食品を除く総合で前年同月比マイナ
ス0.1%となっています。

 昨日発表された8月第3週(8月15日〜8月19日)の投資部門別株式売
買動向を見ますと、外国人投資家は4週連続で売り越し、売越額が1561億
円となっています。前週(8月8日〜8月12日)の売越額(3383億円)
からは半減しています。

 一方、個人投資家は4週連続で買い越し、買越額が1017億円となってい
ます。1000億円以上の買い越しは、これで4週連続となります。年金資金
を受託している信託銀行は3週連続で買い越し、買越額が831億円となって
います。

 ファーストリテイリングは昨日、11年秋冬シーズンの発熱保温肌着「ヒー
トテック」の販売目標を、前シーズンの8000万枚から25%増の1億枚に
すると発表しています。

 海外では、バーナンキ米FRB議長がワイオミング州ジャクソンホールで行
われる経済シンポジウムで講演する予定です。議長は昨年の講演で追加の金融
緩和を示唆し、その後QE2(量的緩和第2弾)に踏み切った経緯があるだけ
に、今回も金融緩和に向けた言及があるかどうか市場の注目が集まります。  



◆主なニュース

・割安携帯会社急増、年内100社超 家電量販やベンチャー

・民主代表選、鹿野・野田氏ら出馬へ 小沢氏ら、公約見極め

・株信用取引、同じ担保で日に何度も 松井証券が10月から

・三菱重工やIHI、NEC、ロケット・衛星の生産能力増強

・三井化学、紙おむつに使う高機能不織布の生産能力1.5倍

・ゼブラ、自社生産に回帰 国内向け、比率2%を50%超に

・シャープ、アンテナ配線不要のテレビ本格販売 4機種投入

・太陽電池大手3社、今年度販売35%増計画 中国勢と競合

・市場、欧州銀の資金繰りへの不安くすぶる 国債下落を懸念

・中国で民間金融拡大論が浮上 中小企業の破たん回避へ融資


◆経済指標等

・全国消費者物価指数(7月、総務省)

・米GDP(4―6月期改定値)
・米企業利益(4―6月期)
・米消費者信頼感指数(8月確報値)

◆その他

・再生エネルギー特別措置法案が成立(見込み)
     *法案成立後に菅首相が退陣表明の可能性

・バーナンキFRB議長講演(米ワイオミング州ジャクソンホール)

・海外決算 ティファニー



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    疲れた人は、暫(しば)し路傍(ろぼう)の草に腰をおろして、

    道行く人を眺めるがよい。

    人は決してそう遠くへは行くまい。


                          ツルゲーネフ





THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆8月26日 今日は何の日? 六輝:先負
 シルマンデー、ユースホステルの日、パパフロの日、Miniバースデー

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。