ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/07/07 朝刊

2011/07/07

━━━ これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け ━━━


         ア┃ク┃ア┃ ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
         ━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛


 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」

       独自の観点でaquaがやさしく解説します。



■■ お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ■■


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/07/07 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 本日7月7日は七夕(たなばた)の節句。桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句
の一つです。月遅れの8月7日に七夕祭りを行うところが多いようですが、も
ともと中国からきた行事で、年に一度牽牛と織女が天空で逢瀬を楽しむという
ロマンチックな伝説は皆様もご存知のことと思います。

 また、この日は短冊に様々な願いを書いて笹の葉に結びつけるという風習が
ありますが、織女はその名の通り天帝のために衣を織る星であり、中国ではこ
の日に裁縫の上達を願うところから広まってきたようです。


 ちなみに、春夏秋冬と季節が美しく移り行く日本では、気候の変り目の祝祭
日のことを節日(せちび・せつび)といい、お供え物をしたり行事をおこなって
祝ってきたという歴史があります。

 この節日の供物、「節供(せちく)」という言葉が、節日そのものを指すよう
になって「節句」ということばになったともいわれます。よく五節句というよ
うに現在にも下記のような五つの節句が伝えられています。


 1月7日・・・七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」

 3月3日・・・ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」

 5月5日・・・男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」

 7月7日・・・おり姫、ひこ星の物語で有名な「七夕(たなばた)の節句」

 9月9日・・・菊花の香りの酒で月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言





――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12626.02(+ 56.15)△0.45%
□ナスダック       2834.02(+  8.25)△0.29%
□S&P500      1339.22(+  1.34)△0.10%

□CME日経225先物 10070   (− 10)※大証比

□為替      (対ドル) 80.91  (対ユーロ)115.83

□半導体株指数        411.79(− 3.15)
□NY原油先物(8月限)   96.65(− 0.24)
□NY金 先物(8月限) 1529.20(+16.50)
□バルチック海運指数   1443   (+15)


 6日のNY株式市場は、雇用状勢の改善期待などを背景に上昇。ダウは反発
し、およそ2カ月ぶりの高値で取引を終了しました。

 中国人民銀行(中央銀行)が今年3回目となる利上げを発表したことにより、
中国経済が減速し世界経済の回復の勢いも鈍るとの懸念が広がりました。また、
前日にポルトガル国債の格付けを投機的等級まで一気に4段階引き下げた格付
け会社のムーディーズが、次はアイルランドを格下げするとの噂が駆け巡った
ことも相場の重石となったことに加え、米供給管理協会(ISM)が朝方発表
した6月の非製造業景況感指数が市場予想を下回ったことも嫌気され、序盤の
取引で指数は軟調な展開となりました。

 しかし、下値は限定的。中国の利上げ局面は終盤で、政策の軸足を景気刺激
へ移す時期が近付いているとの観測が台頭。ISMの非製造業景気指数を構成
する雇用指数がわずかながら上昇したことで週末の雇用統計に対する期待が高
まったことや、決算発表シーズンを控え企業業績への期待感などから指数はプ
ラス圏に浮上しました。

 業種別では、運輸が上昇した他、消費関連、資本財、素材などが堅調でした。

 個別では、ウォルマートやターゲットなど消費関連株がしっかり。ショッピ
ングセンター国際評議会とゴールドマン・サックスが発表した週間チェーンス
トア売上高が堅調に推移していることが支援材料となっています。

 景気動向に敏感なユナイテッド・テクノロジーズやスリーエムなどが上昇。
豪資源会社に掘削機械を提供すると発表した建機大手のキャタピラーは1.5
%高となり、ダウ構成銘柄の中で上昇率トップとなっています。

 6月の既存店売上高が事前予想を上回る伸びとなったドラッグストアチェー
ンのウォルグリーンが上昇。中国での販売の伸びやアナリストによる高評価を
手掛かりに自動車大手のGMも上昇しました。

 一方、欧州の信用不安拡大懸念でバンク・オブ・アメリカやJPモルガンな
どの金融株が軟調な展開。盗聴疑惑の広がりで、広告主が広告出稿を控える動
きが出ていることが嫌気されたメディア大手のニューズ・コーポレーションが
大幅安となっています。

 ダウ構成銘柄では、キャタピラー、インテル、デュポン、IBMなどが高く、
バンカメ、JPモルガン、ディズニー、アルコアなどが下げました。

 NY原油先物は欧州の債務懸念や中国の利上げが重石となり小幅反落。一方、
金先物は安全資産への逃避買いで続伸しています。ばら積み船の国際運賃指標
のバルチック海運指数(BDI)は続伸です。

 CME日経225先物はドル建てが10070(大証比10円安)、円建て
は10050(同30円安)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比56ドル高の1万2626ドルと2日ぶりに上昇
しています。5月12日以来、約2ヵ月ぶりの高値水準となっています。

 シカゴ日経平均先物は1万0070円と昨日の東京市場の日経平均株価1万
0082円と比べて10円ほど安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=80円90銭前後とほぼ横
ばい。対ユーロは1ユーロ=115円85銭前後とやや円高が進行しています。

 NY金価格は2日連続高。前日比16.5ドル高の1トロイオンス=152
9.2ドルとなっています。

 NY原油は、前日比0.24ドル安の1バレル=96.65ドルとなってい
ます。

 バルチック海運指数(BDI)は2日連続高。前日比15ポイント高の14
43となっています。


 昨日の日経平均株価は7日連続高、前日比110円高の1万0082円とな
っています。日経平均株価の7日連続高は09年7月14日〜7月21日以来、
約2年ぶりとなります。また、日経平均株価が終値ベースで1万円台を回復し
たのは5月2日以来、約2ヵ月ぶりとなります。

 次は、節目として意識される大震災当日の終値1万0254円がターゲット
となり、そこを上回れば今年の年初来高値(2月17日)1万0891円が射
程圏に入ってきます。

 本日は、8:50に5月の機械受注統計が発表されます。4月の同統計(船
舶・電力を除く民需)は前月比3.3%減の7119億円と4ヵ月ぶりに減少
しています。東日本大震災後では初の減少となり、内閣府は「震災で企業が若
干、発注をキャンセルした影響もあった」としています。今回(5月)はプラ
スに転じる見通しで、事前予想は前月比2.7%増となっています。

 11:00に6月末時点のオフィス空室率が発表されます。5月末時点の東
京都心5区における主要オフィスビルの平均空室率は、前月比0.04ポイン
ト低下の8.88%と2ヵ月連続で改善しています。

 15:00に6月第5週(6月27日〜7月1日)の投資部門別売買動向が
発表されます。6月第4週(6月20日〜6月24日)の外国人投資家は3週
連続で売り越し、売越額は220億円となっています。売越金額は前週(6月
13日〜6月17日:売越額1428億円)の約6分の1に縮小しています。
一方、年金資金などを運用する信託銀行は5週連続で買い越し、買越額は37
8億円となっています。

 2月期第1四半期(3〜5月期)の決算発表で、本日は7&iHD(338
2)、久光薬(4530)、ファミリーM(8028)、吉野家HD(986
1)・・・等々が予定しています。

 海外では、ECB(欧州中央銀行)理事会、英中銀金融政策委員会(2日
目・最終日)6月のADP全米雇用報告の発表などが予定されています。

 中国人民銀行(中央銀行)は昨日、金融機関の貸し出しと預金の基準金利(
期間1年)を7日からいずれも0.25%引き上げると発表しています。利上
げは4月6日以来、約3ヵ月ぶりで、金融政策を引き締め方向に転じた昨年
10月以降では5回目となります。貸出金利は6.56%、定期預金金利は
3.50%となります。


◆主なニュース

・原発、今夏の再稼働困難 首相が一転、安全宣言を撤回

・経産省幹部、インサイダー取引か 監視委会が強制調査

・大手銀、関電に最大500億円の協調融資へ 月内にも

・太陽光投資ファンド100億円、三井物と東京海上アセ

・イオンやセブン、ディスカウント店拡大 節約志向対応

・携帯各社、高速回線を急ぐ スマートフォン普及に対応

・宇部興産、米ダウと合弁 リチウムイオン電池電解液で

・新潮社など、全新刊配信 電子書籍、日本でも離陸期に

・スズキ、高台に拠点再配置 東海地震の被災リスク分散

・タカラトミー、中国子供服大手提携 1500店で玩具

・イオン、純利益見通し上方修正 12年2月期16%減


◆経済指標等

・対内証券売買契約(先週分、財務省)
・機械受注統計(5月、内閣府)
・外貨準備高(6月、財務省)
・産業機械受注額(5月、日本産業機械工業会)
・環境装置受注額(5月、日本産業機械工業会)
・東京都心オフィス空室率(6月、三鬼商事)
・携帯電話各社の契約件数(6月)
・部門別売買動向(先週分、東証)

・米石油在庫統計(先週分)
・米新規失業保険申請件数(先週分)
・米主要小売業売上高(6月)
・米ADP雇用報告(6月)

◆その他 

・主な決算 セブン&アイ(3382:国内最大の流通コングロマリット)
      久光製薬(4530:貼る鎮痛消炎剤首位)
      吉野家(9861:牛丼売上高2位)

・英中銀金融政策委員会(結果発表)
・ECB理事会(結果発表)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




     釣れないときは、

     魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。


                アーネスト・ヘミングウェイ 






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆7月7日 今日は何の日? 六輝:赤口
 小暑、七夕、赤しその日、カルピスの日、恋の日、恋そうめんの日、川の日、
 サマーバレンタインデー、スリーセブンデー、冷やし中華の日、ゆかたの日、
 ラブ・スターズ・デー、ポニーテールの日、香りの日、ギフトの日、川の日、
 竹・たけのこの日、びっくりぱちんこの日
 

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。