ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/10/01 朝刊

2011/07/01

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/07/01 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 月日が経つのは早いもので、本日から7月1日。7月1日と言えば、197
9年(昭和54年)の本日、今から32年前となりますが、ソニーの携帯型ヘ
ッドホンステレオ「ウォークマン」の1号機が3万3000円で発売され、当
時、歩きながら、或いは電車の中で聴いている姿をあちこちで目にしたもので
す。ご存知の通り、「ウォークマン」は大ヒット商品となりましたが、皆様も
懐かしい思い出がたくさんあるのではないでしょうか。

 ところで、昨日は全国の公務員の大半に夏のボーナスが支給されました。管
理職を除く一般行政職の平均支給額は56万4800円(平均年齢35.6歳)
と昨年の夏に比べて1万2700円(2.2%)減少。地方公務員(平均年齢
36.2歳)は52万700円と同1万6800円(3.1%)の減少となっ
ています。

 特別職の最高額は管首相と最高裁長官でともに約480万円。衆参両院議長
には約441万円、閣僚は約351万円、国会議員は約263万円となってい
ます。


……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12414.34(+152.92)△1.25%
□ナスダック       2773.52(+ 33.03)△1.21%
□S&P500      1320.64(+ 13.23)△1.01%

□CME日経225先物  9900   (+ 90)※大証比

□為替      (対ドル) 80.50  (対ユーロ)116.75

□半導体株指数        410.35(+10.18)
□NY原油先物(8月限)   95.42(+ 0.65)
□NY金 先物(8月限) 1502.80(− 7.60)
□バルチック海運指数   1413   (− 7)


 6月末のNY株式市場は、景気改善期待を背景に4日続伸。ダウは約1カ月
ぶり高値で取引を終了しました。

 ギリシャ議会が中期財政計画の実施方法を定めた法案を可決し、ドイツの金
融機関がギリシャ国債の買い替えを含む草案で政府と合意したと伝わったこと
などからギリシャの問題に対する懸念が大きく後退したことで、市場の目は景
気動向に向きました。

 朝方発表の先週の新規失業保険申請件数は事前予想をやや上回ったものの、
シカゴ購買部協会が発表した6月の景気指数(PMI)が前月比で低下を見込
んでいた市場予想に反して改善したことで明日発表の6月のISM製造業景況
感指数も改善するとの期待が強まったことが相場を後押ししました。また、こ
の日は四半期末とあって期末特有の買いも入り指数は終日高値圏で推移してい
ます。

 業種別ではほぼ全セクターが上昇。上昇率としては資本財、エネルギー、ハ
イテクなどが上位となっています。

 個別では、1日発表のISM製造業景気指数が改善するとの期待から、キャ
タピラーが上げ幅を拡大。ボーイングやユナイテッド・テクノロジーズ、スリ
ーエム、ゼネラル・エレクトリックなど景気動向に敏感な大手製造業の上昇が
目立ちました。1日発表の6月の新車販売でシュアを伸ばすとの期待を背景に
自動車大手フォードも買われています。

 ギリシャ不安の後退や経済指標の改善でマネーのリスク選好度が高まり、原
油相場が強含みの展開。エクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー株が
軒並み高となり、リオ・ティントやフリーポート・マクモランなどの資源株も
上昇しました。
 
 アナリストによる投資判断の引き上げが相次いだインターネット競売大手の
イーベイが大幅高。市場予想を上回る業績見通しを示したストレージ関連のネ
ットアップも大幅上昇。家電量販店のベストバイがIT大手ヒューレット・パ
ッカード(HP)のタブレット型端末を7月1日から販売すると発表したこと
が好感されHP株は急騰。また、HPに関しては、複数のプライベート・エク
ィティ(未公開株)投資会社が、同社の解体や一部事業の売却を望んでいると
一部メディアが報じており、思惑買いも入りました。

 四半期末のこの日は下げていた銘柄を中心に買い戻しが入り、ハイテク株の
上げ幅が拡大。インテルやマイクロソフト、シスコシズテムズ、グーグルなど
指数への影響の大きい大型株が総じて上昇。経済指標の改善期待も買いを誘い
ました。ちなみに4―6月期のパフォーマンスはダウが約0.8%プラス、ハ
イテク株の比率が高いナスダックは約0.3%のマイナスとなっています。

 ダウ構成銘柄では、前日下げたインテルやキャタピラーが上昇をけん引しま
した。一方、バンカメが下落し、ファイザーやマクドナルドなども小幅安とな
っています。

 商品相場は原油先物が3日続伸。金先物は3日ぶり小幅反落。ばら積み船の
国際運賃指標のバルチック海運指数(BDI)は小幅に3日続落です。CME
225先物はドル建てが9900(大証比90円高)、円建ては9890(同
80円高)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは大幅高。前日比152ドル高の1万2414ドルと4日連
続で上昇しています。

 シカゴ日経平均先物は9900円と昨日の東京市場の日経平均株価9816
円と比べて80円ほど高い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=80円50銭前後、対ユー
ロは1ユーロ=116円75銭前後とほぼ横ばいで推移しています。

 NY原油は3日連続高。前日比0.65ドル高の1バレル=95.42ドル
となっています。6月22日以来、6日ぶりに終値ベースで95ドル台に乗せ
ています。

 NY金価格は、前日比7.6ドル安の1トロイオンス=1502.8ドルと
なっています。


 本日は、10:00頃に中国の6月製造業購買担当者指数(PMI)が発表
されます。同指数は4月、5月と2ヵ月連続で低下し、5月は前月比0.9ポ
イント低下の52.0となっています。ただし、景気判断の分かれ目とされる
50は27ヵ月連続で上回り、景気の拡大基調は継続しています。

 国内では、8:50に6月の日銀短観(企業短期経済観測調査)が発表され
ます。大企業製造業の業況判断指数(良いとする企業から悪いという企業を引
いた割合:DI)は事前予想でマイナス6となっています。前回(3月)に比
べて12ポイント悪化し、5四半期ぶりのマイナスとなる見通しです。3ヵ月
後の先行きDIについては、生産・販売体制の正常化が進んでいることを背景
に、前回のマイナス2からプラス3への改善が見込まれます。

 国内主要経済指標の発表が相次ぎます。8:30に5月の有効求人倍率、5
月の完全失業率、5月の家計調査、5月の全国消費者物価指数(CPI)、6
月の東京都区部消費者物価指数(CPI)が発表されます。

 5月の有効求人倍率の事前予想は、前月を0.01ポイント下回る0.60
倍と2ヵ月連続の低下となっています。5月の完全失業率は4.7%と2ヵ月
連続で横ばいとなる見通しです。

 5月の全国CPIの事前予想は、生鮮食品を除く総合で前年同月比0.5%
上昇となっています。4月は0.6%上昇し08年12月以来、2年4ヵ月ぶ
りにプラス転換しています。先行指標とされる6月の東京都区部CPI(中旬
速報値)の事前予想は、生鮮食品を除く総合で前年同月比0.2%上昇なって
います。4月の0.2%上昇、5月の0.1%上昇に続き、3ヵ月連続でプラ
スとなる見通しです。

 その他、今年1月1日時点の「路線価」(約38万地点)が本日発表されま
す(国税庁)。

 昨日発表された6月第4週(6月20日〜6月24日)の投資部門別売買動
向を見ますと、外国人投資家は3週連続で売り越し、売越額は220億円とな
っています。売越金額は前週(6月13日〜6月17日:売越額1428億
円)の約6分の1に縮小しています。一方、年金資金などを運用する信託銀行
は5週連続で買い越し、買越額は378億円となっています。

 その他、米国では景気先行指数として注目度が極めて高い「6月の米ISM
製造業景気指数」の発表などが予定されています。本日は香港(香港特別行政
区設立記念日)、タイ(年央休暇)の市場が休場となります。


◆主なニュース

・電力制限令発動「節電の夏」始まる 生活への影響様々

・消費増税時期を明記せず 一体改革案、政府・与党決定

・国際会計基準、世界的企業に限定も 企業会計審が議論

・6月平均、80円51銭で過去最高値 円高傾向が定着

・東大、春から秋入学に移行検討 企業の採用に影響必至

・日航、格安航空に参入 来年にも国内線、豪社と新会社

・昭和電工、環境車向け高機能合金の生産中国に一部移管

・丸紅、米自動車ローン大手に資本参加 回復需要を狙う

・サッポロHD今期75%減益 工場被災、特損50億円 

・鴻海、ブラジルに液晶パネル工場 東アジア以外では初

・ギリシャ7月危機回避 財政再建計画、関連法案を可決


◆経済指標等

・日銀短観(6月調査)
・家計調査(5月、総務省)
・全国消費者物価指数(5月、総務省)
・完全失業率(5月、総務省)
・有効求人倍率(5月、厚労省)
・鉄鋼輸出量(5月、日本鉄鋼連盟)
・新車販売台数(6月及び上期、自販連)
・軽自動車販売台数(6月および上期、全軽自協)
・路線価(今年1月1日時点、国税庁)

・中国製造業購買担当者景気指数(6月PMI)
・ユーロ圏製造業PMI(6月改定値)
・米建設支出(5月)
・米新車販売台数(6月)
・米消費者信頼感指数(6月確報値)
・米ISM製造業景況感指数(6月)

◆その他 

・決算発表 ハイデイ日高(7611:低価格の『中華食堂日高屋』主力)
      宝印刷(7921:上場企業のディスクロージャー事業大手)

・東京電力と東北電力の管内で電力使用制限令開始
・東電が「でんき予報」を開始
・関西電力の15%節電要請期間が開始

・韓国とEUのFTA発効
・中国共産党創立90周年



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




   人は苦しみを数えあげることを好み、喜びは数えようとしない。


               ドストエフスキー (地下室の手記)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆7月1日 今日は何の日? 六輝:赤口
 新月、山開き・海開き、国民安全の日、安全週間(1〜7日)、弁理士の日、
 童謡の日、更生保護の日、こころ看護の日、建築士の日、鉄スクラップの日、
 銀行の日、クレジットの日、ウォークマンの日、壱岐焼酎の日、琵琶湖の日、
 健康独立宣言の日、井村屋あずきバーの日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。