ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/06/24 朝刊

2011/06/24

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/06/24 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 連日で30度を超す暑い日が続いていますが、夏バテ対策の本命と言えば「
ウナギ」です。そのウナギの価格が稚魚の不漁で高騰しています。

 主産地の出荷価格は過去最高値を記録し、平年に比べて6割強の上昇となっ
ています。養殖ウナギの主産地、愛知県西尾市一色町の現在の出荷価格は最高
値の1キロ3300円とのことですが、過去の夏場の最盛期の平均は2000
円前後ですので、平年よりも65%の大幅高。東京・築地市場でも前年比3〜
4割高いようです。

 価格高騰の原因は稚魚の不漁ですが、稚魚のシラス産地の鹿児島県ではこの
3年間で水揚げが3分の1まで減少。乱獲による減少に加えて、ダム開発など
による生息域の減少や河川の汚染などが原因と見られています。

  今年は7月21日が土用の丑。スーパーなどの小売価格も既に上昇してき
ており、夏バテ対策として楽しみにしていた「ウナギ」も高嶺の花となりそう
です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12050.00(− 59.67)▼0.49%
□ナスダック       2686.75(+ 17.56)△0.66%
□S&P500      1283.50(−  3.64)▼0.28%

□CME日経225先物  9590   (− 10)※大証比

□為替      (対ドル) 80.48  (対ユーロ)114.79

□半導体株指数        402.56(+ 5.83)
□NY原油先物(8月限)   91.02(− 4.39)
□NY金 先物(8月限) 1520.50(−32.90)
□バルチック海運指数   1414   (+ 8)


 23日のNY株式市場は、一時急落するも引けにかけて下げ幅を縮小。ナ
スダックは上昇に転じました。

 6月のユーロ圏総合PMIが市場予想を大きく下回り、09年11年以来の
低水準を記録。HSBCの6月の中国PMIも前月から悪化。NY市場では、
朝方発表の先週の新規失業保険申請件数が予想以上の増加となったことで世界
的な景気鈍化への懸念が拡大しました。

 米連邦準備理事会(FRB)が前日、米経済の成長率見通しを下方修正する
一方で、量的緩和第2弾(QE2)後の追加緩和策に慎重な姿勢を示したこと
もマーケットの重石。国際エネルギー機関(IEA)が、6年ぶりに戦略石油
備蓄の協調放出を発表したのを受けて原油先物相場が急落し、エネルギーや素
材株が大きく下げたことも指数を押し下げ、ダウは一時234ドル安まで下げ
幅を拡大しました。

 ただその後、IMF・EU調査団とギリシャ政府が緊縮財政5カ年計画で合
意したとの報道が伝わると指数は下げ幅を急速に縮めました。ハイテク株の比
率が高いナスダックはプラスに転じています。

 業種別では、ハイテク、一般消費財が上昇し、エネルギーや金融などの下落
が顕著でした。

 個別では、原油先物が一時4カ月ぶりに90ドル台を割り込む急落となった
ことで、サウスウェストやデルタなどの航空株が収益改善期待から軒並み上昇。
アナリストが投資判断を「買い」に引き上げた運送大手のフェデックスも上昇
しました。また、ガソリン価格が下落すれば個人消費にも好影響が期待できる
として、ウォルマートやメーシーズ、ギャップなどの小売株もしっかり。朝方
発表の5月の新築住宅販売が予想ほど減少しなかったことからホームセンター
大手のホームデポやロウズなどにも買いが入りました。

 ハイテク株ではアップルが上昇。「iPhone5」が9月に発売されると
の報道や、「iPhone」のタッチスクリーンに関する特許承認を申請から
3年を経てようやく承認を得たことなどが買い手掛かりとなっています。「ブ
ラックベリー」を手掛けるリサーチ・イン・モーションも買戻しで続伸。指数
への影響が大きいマイクロソフトは前日終値付近にまで下げ幅が縮小し、イン
テルは上昇に転じています。また、HDDメーカーのウェスタン・デジタルと
シーゲート・テクノロジーの上昇も目立ちました。

 無償OS「リナックス」関連製品の販売最大手レッドハットは、通期の売上
高見通しが市場予想を上回ったことが好感され大幅高。通期の利益見通しを引
き上げた家庭雑貨小売り大手のベッド・バス&ビヨンドが上昇。製薬大手のブ
リストル・マイヤーズスクイブが大幅高。同社とファイザーが共同で開発した
抗血栓薬の臨床試験で他社の競合薬よりも効果があるとの結果が示されたこと
が好感されました。ファイザーも上昇しています。

 一方、欧州債務危機が銀行に波及するとの懸念でJPモルガンやゴールドマ
ン・サックスなどの金融株は全般軟調な展開。エクソンモービルやシェブロン
などのエネルギー株も下落。大幅安で始まったアルコアは下げ幅を縮小し前日
比ほぼ変わらずまで値を戻しています。

 ダウ構成銘柄では、ホームデポ。ファイザー、インテル、シスコシステムズ
などが上昇。一方、コカコーラ、エクソン、シェブロン、JPモルガンなどが
軟調でした。

 NY原油先物は、IEAの備蓄放出決定で急落。2月18日以来、約4カ月
ぶりの安値で取引を終了しました。NY金先物も下げ幅を拡大しは8日ぶりに
大幅反落。ばら積み船運賃指標のバルチック海運指数(BDI)は5日ぶりの
上昇です。

 CME日経225先物はドル建てが9590(大証比10円安)、円建ては
9580(同20円安)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比59ドル安の1万2050ドルと5日ぶりに値下
がりしています。一方、ハイテク比率の高いナスダックは、前日比17.56
ポイント高の2686.75と2日ぶりに上昇しています。

 シカゴ日経平均先物は9590円と昨日の東京市場の日経平均株価9596
円と比べて6円安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=80円50銭前後、対ユー
ロは1ユーロ=114円80銭前後とほぼ横ばいで推移しています。

 NY原油は大幅安。前日比4.39ドル安の1バレル=91.02ドルと4
日ぶりに値下がりしています。一時89.69ドルを付け、2月22日以来、
約4ヵ月ぶりに90ドル台を割り込んでいます。国際エネルギー機関(IE
A)が昨日、加盟28カ国に義務付けている戦略石油備蓄を協調放出すると発
表したことを受け、需給のひっ迫が薄れるとの見方から売りが膨らみました。
実施規模は日量約200万バレルに上り、日本を含む加盟各国が約10日以内
に放出します。

 NY金価格は大幅安。前日比32.9ドル安の1トロイオンス=1520.
5ドルと8日ぶりに値下がりしています。原油相場の値下がりを受け、リスク
資産の縮小から、金にも換金売りが出ています。


 日産自動車が昨日発表した12年3月期の連結業績見通しは、営業利益が前
期比14.4%減の4600億円となっています。トヨタ自動車の3000億
円(同35.9%減)、ホンダの2000億円(同64.9%減)を大幅に上
回っています。市場では、いずれも保守的な数字と見ており、下期以降の増産
体制による収益上積みに期待が集まります。

 日産自動車の世界販売台数は今期460万台と、過去最高を記録した前期の
418万5000台を上回る見通しです。一方、トヨタ自動車は724万台(
前期730万台)、ホンダは330万台(同351万2000台)と前期を下回
る見通しを示しています。

 昨日発表された6月第3週(6月13日〜6月17日)の投資部門別売買動
向を見ますと、外国人投資家は2週連続で売り越し、売越額は1428億円と
なっています。一方、個人投資家は2週ぶりに買い越し、買越額は1017億
円となっています。 

 第1四半期(3〜5月期)決算発表で、高島屋(8233)、ニトリ(98
43)・・・等々が本日発表を予定しています。

 本日、株主総会を開催する注目企業は、新日鉄(住金との経営統合)、三菱
ケミカルHD(被災により鹿島事業所が5月後半まで停止)、武田薬品工業(
1兆円でスイスの製薬会社を買収)・・・等々です。

 海外では、EU首脳会議が開催されます(2日目・最終日)。その他、主な
経済指標では5月の米耐久財受注、米1〜3月期GDP確報値の発表が予定さ
れています。


◆主なニュース

・IEA、石油備蓄を放出 日量200万バレル30日間

・コメ先物が上場へ 農水省が検討、価格形成より透明に

・復興相を週明け任命 首相、内閣大幅改造「検討する」

・地デジ完全移行、周知向け追い込み 来月24日に期限

・石油元売り、スタンド非給油事業後押し 広告配信など

・マツダ、ロシア極東に工場 来年中に、年産最大5万台

・丸紅・日立建機、豪で大型建機リース 資源開発需要で

・三菱電機、中国の売上高5000億円へ 15年までに

・食品各社、海外事業の体制強化 キリンや日清食品など

・「ミラーレス」競争過熱 HOYA「世界最小」で参入

・中国版新幹線、米国で特許申請へ 日中紛争の火ダネに


◆経済指標等

・企業向けサービス価格指数(5月、日銀)

・独IFO企業景況感指数(6月)
・米GDP(1―3月期確定値)
・米企業利益(1―3月期)
・米耐久財受注額(5月)

◆その他

・新規上場 イートアンド(2882:大阪王将をチェーン展開) 公2860円

・決算発表 西松屋チェーン(7545:子供衣料や生活雑貨の大型店を展開)
      高島屋(8233:老舗百貨店)
      ニトリHD(9843:家具・インテリア製造小売りチェーン)

・EU首脳会議(ブリュッセル、最終日)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




        地上に生きる者の最上のしあわせは

        ただ自分らしく生きること


                      ゲーテ






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆6月24日 今日は何の日? 六輝:先負
 ドレミの日、空飛ぶ円盤記念日(UFOデー)
 

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。