ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/06/09 夕刊

2011/06/09

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃  “ 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ ”
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』

            → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/06/09 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 沖縄地方が梅雨明けしました。平年に比べ14日、昨年より10日早く、観
測史上最も早い梅雨明けだそうです。

 ところで、明日10日は「時の記念日」。天智天皇の御代(西暦671年)
のこの日、水時計を設置し初めて人々に時を知らせたことが日本書紀に記され
ており、この日は時間の大切さを再認識する日とされています。

 文明が進み人が往来できる範囲が広くなってきますと基準時刻という概念が
必要になってきますが、どこの時刻を基準にするかについては1884年の国
際会議で、当時すでに海洋国家として覇権を確立していたイギリスのグリニッ
ジ天文台を通る子午線(経線)を基点(本初子午線)としたグリニッジ標準時
(GMT)を世界標準時にすることが正式に決定されました。※子午線とは、
子(北)の極と午(南)の極を結ぶ大円。

 日本標準時(いわゆる「日本時間」)の基準となる東経135度の子午線は
京丹後市、福知山市、淡路市など12市を通過していますが、日本で最初に標
識を建てた明石市が「子午線のまち」として知られています。

 地球は24時間で自転しているため、地球(360度)を24分割した経度
15度で1時間の時差が生じることになります。本初子午線から15度ずつず
らした子午線の時刻を、概ね各地の標準時としており(厳密には他の要素も考
慮)、日本の場合は東経135度(GMTとの差は9時間)の時刻を標準時と
しています(北海道の東端と九州の西端とでは、実際にはおよそ1時間の時差
があります)。

 経度15度で1時間の時差ということを知っていますと、世界地図や地球儀
からもおおよその時差を知ることができます。ちなみに、本初子午線の真裏に
あたり、ほぼ経度180度(=東経180度=西経180度)の地点を結ぶ便
宜上の線が日付変更線です。

 時間といえば、電力不足への対応策として就業時間を30分から1時間繰り
上げる「サマータイム」を導入する動きが広がっています。ちなみに欧米では
時計の針を進めてサマータイムに対応しますが、今のところ日本では時計の時
刻をいじらずに時間を繰り上げて対応しています。

 OECD(30カ国の先進国が加盟する国際機構)加盟国でサマータイムを
導入していない国は少数派で、日本でも占領統治下で導入された時期がありま
したが不評で廃止された経緯があり、その後何度も導入が議論されたものの検
討の域を出ることはありませんでした。

 しかし、今回のことで日本にも(当面は企業や役所などの単位で)サマータ
イムが習慣として根付いていくことになるのかもしれません。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.今日の相場

 2.主な材料

 3.主な投資判断

 4.信用規制(日々公表銘柄等)

 5.編集後記






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


◎日経平均   9467.15(+ 17.69)△0.19%
◎TOPIX   812.95(−  1.50)▼0.18%

◎売買高概算  18億5974万株
◎売買代金概算  1兆1029億円
◎時価総額  278兆5617億円

◎値上り銘柄数 647  ◎(昨年来)新高値 31
◎値下り銘柄数 805  ◎(昨年来)新安値 38
◎変わらず   185

◎騰落レシオ(25日)74.39%

◎サイコロ(日経平均)6勝6敗 ●○●●○○●●●○○○ 50.0%

◎カイリ率(日経平均)25日線比−1.33% 75日線比−3.27%
 
◎為替  (対ドル) 80.12  (対ユーロ)117.27

◎出来高上位
 1.東電力  <9501>  192円(−  8円)401,009千株
 2.みずほ  <8411>  121円(−  1円) 52,801千株
 3.三菱UFJ<8306>  362円(−  1円) 47,172千株
 4.日立   <6501>  469円(+  6円) 38,277千株
 5.東芝   <6502>  411円(−  2円) 33,205千株

◎売買代金上位                           (円)
 1.東電力  <9501>  192円(−  8円) 69,689百万
 2.任天堂  <7974>16160円(−770円) 27,206百万
 3.三井住友 <8316> 2272円(− 21円) 18,698百万
 4.コマツ  <6301> 2302円(− 12円) 18,055百万
 5.日立   <6501>  469円(+  6円) 17,814百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り1930万株 買い2010万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が小幅ながら3日連続高、前日比17
円(0.19%)高の9467円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが21ドル安で6日連続安となったことを受け、朝方は売り
が優勢。9:17には下落幅が66円となって9383円まで売られる場面が
ありました。ただ、9400円割れでは割安感を意識した押し目買いが入り、
下げ幅縮小。為替が1ドル=80円台、1ユーロ=117円台の円安に振れた
ことも支援材料となり、14時過ぎからプラスに転じています。もっとも明日
のメジャーSQ算出を控え、そして今晩のNY市場を見たいと様子見気分も強
く、膠着感の強い展開です。売買代金は概算1兆1029億円、上海総合指数
は46ポイント(1.7%)安の2703です。

 業種津では、精密、ゴム、非鉄、小売り、繊維などが高く、石油、証券、電
力ガスなどが下げています。

 個別銘柄では、ジェネリック(後発医薬品)関連株が軒並み高。沢井製薬が
320円高の8450円、東和薬品が100円高の4705円、日医工が13
円高の1938円となっています。大震災も加わって財政赤字が大きく膨らむ
中、医療費抑制策としてジェネリック使用促進策の一層の強化を図ってくるこ
とが想定され、物色の矛先が向かっています。

 太陽光発電関連のタムラ製作所が18円高の268円と7%を超える大幅高。
太陽光発電装置向け接合材の量産を約3カ月前倒しすると報じられ、材料視し
た買いが入っています。量産するのは太陽光パネルと基盤を接合する材料で、
接合の持続力の高さやコスト面での安さが特徴で、太陽光発電需要の拡大を受
け量産の前倒しをするとしています。

 ドクターシーラボが1万8500円高の36万9000円と値を上げ、連日
で年初来高値更新。一時は39万4000円まで買われる場面がありました。
昨日の引け後に、2011年7月期の1株当たり年間配当を6300円(前期
実績は3200円)にすると発表し、好感した買いが膨らんでいます。株主配
分の目安として新たに配当性向30%を採用し従来予想の3300円から大幅
増となります。また、2万株の自社株買いを実施すると発表したことも支援材
料になっています。

 その他、ガス器具トップのリンナイが70円高の5800円と年初来高値更
新、オール電化製品からガス機器への需要回帰の流れがみられ、収益向上を期
待する買いが入っています。石油ファンヒーター大手のダイニチ工業が22円
高の644円、LNG関連の千代田化工建設が15円高の951円と連日で年
初来高値更新。

 鍵・ガラス・水回り等日常生活のトラブル解決事業のJBRが2800円高
の8万6800円と連日で年初来高値更新。ヤマダ電機は4日連続高、120
円高の6880円と連日で年初来高値更新、電力不足の長期化懸念を受け、エ
アコンや冷蔵庫、LED電球など省エネ家電の需要が拡大しているとあって、
恩恵を受けやすい銘柄としての買いが継続しています。

 一方、東京電力は連日で上場来安値を更新、一時は148円まで売られる場
面があり、終値は8円安の192円となっています。売買高は過去最多となる
4億株を突破し、4億0100万株と東証1部全体の売買高の2割強を占めて
います。福島第1原発の事故収束のメドが立たないことや政府支援の枠組みが
不透明なこと、また東証が昨日に同社株を信用取引に関する「日々公表銘柄」
に指定すると発表したことも投げ売りを誘う要因となっています。

 ソニーは一時1996円と約2年2ヶ月ぶりに2000円の大台を割り込む
場面があり、終値は12円安の2026円、任天堂は770円安の1万616
0円と4%を超える下げとなっています。

 本日の新高値銘柄は、伊藤ハム、JBR、ひらまつ、アリアケ、沢井製薬、
東和薬品、ドクターシーラボ、住友ゴム、リンナイ、タクマ、住友精密、千代
田化工建設、ヤマダ電機・・・等々です。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な材料                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・1―3月期GDP改定値、年率3.5%減に上方修正

・4月の環境装置受注、38.5%増 官公需がプラスに

・5月の消費者態度指数、4カ月ぶり上昇 自粛緩和で

・5月都心オフィス空室率は8.88% 2カ月連続低下

・レジャー施設、自家発電装置相次ぎ導入 集客確保へ

・公取委、「モバゲー」運営のDeNAに排除措置命令

・6月第1週の部門別動向、海外勢が2週ぶり買い越し

・米地区連銀報告、自動車などの生産販売に震災の影響

・シティ、未公開株への投資資産17億ドル相当を売却

・シティにハッカー攻撃 20万人の情報流出の可能性

・エクソン、メキシコ湾で最大級の油田とガス田を発見



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[UBS証券]
 引下げ A→B (7974) 任天堂      31,000→18,000円

[クレディS証券]
 引上げ B→A (1878) 大東建託      5,700→ 7,800円
 引上げ B→A (6501) 日立             530円

[ゴールドマンS証券]
 据置き   A (5801) 古河電工       390→   380円
 据置き   A (6702) 富士通            550円
 据置き   B (6963) ローム       5,100→ 5,000円

[シティG証券]
 据置き   A (6470) 大豊工業      1,070→ 1,040円
 据置き   A (6902) デンソー      3,600→ 3,900円
 引上げ B→A (6995) 東海理化      1,670→ 1,940円
 据置き   A (7259) アイシン精機    3,600→ 4,000円
 据置き   A (7276) 小糸製作所     1,580→ 1,710円
 据置き   A (7283) 愛三工業       950→ 1,020円
 据置き   B (6201) 豊田自動織機    2,800→ 2,700円

[野村証券]
 引上げ B→A (5423) 東京製鐵           1,000円
 据置き   A (6113) アマダ            790円
 据置き   A (8036) 日立ハイテク        1,988円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※価格:各証券会社が判断する妥当株価



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】信用規制(日々公表銘柄等)                 **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 信用取引は売買の厚みを増す一方、利用が行き過ぎますと相場の騰落が激化
し、投資家に不測の損害を与える可能性があります。そのため、相場が過熱度
を増してきますと、取引所や証券金融会社ならびに証券会社は信用取引の利用
に一定の制限を設けます。こうした規制は株価にも影響するため、信用取引を
利用しない現物株中心の投資家にとりましても大きな関心事となります。

 銘柄の売買に規制がかかる前段階として、「日々公表銘柄」への指定があり
ます。これは値動きや売買高、信用残を考慮して取引所が発表するもので、信
用取引の残高が毎日公表されます。この段階では取引に規制がかかるわけでは
ありませんが、次の段階として効力のある規制が控えているため注意を促す効
果があります。

 ちなみに「日々公表銘柄」の指定・解除基準は下記のようになっています。

○指定基準 

 (残高基準) 
  ・売残高の対上場株式数比率が10%以上、かつ売残高の対買残高比率が
   60%以上である場合
  ・買残高の対上場株式数比率が20%以上である場合

 (信用取引売買比率基準)
  ・株価と25日移動平均株価との乖離が3営業日連続して30%以上であ
   り、かつ3営業日連続して信用取引の新規売付比率が20%以上である
   場合、または3営業日連続して信用取引の新規買付比率が40%以上で
   ある場合

○解除基準

 (残高基準)
  ・5営業日連続して売残高の対上場株式数比率が8%未満である場合
  ・5営業日連続して買残高の対上場株式数比率が16%未満である場合

 (株価基準)
  ・株価と25日移動平均株価との乖離が5営業日連続して15%未満であ
   る場合


 また、証券金融会社が発表する「注意喚起」も実際の規制ではありませんが、
証券金融会社が貸し株の調達が困難になっていることを意味しており、逆日歩
注意報といえます。注意喚起を通知すると同時に貸借取引に制限措置を実施す
る可能性があることを通知していますので、投資家はそのことを認識している
ものと見なされます。

 それでも過熱感が収まらなければ、その銘柄の売買に対し「委託保証金率の
引き上げ」「代用制限」(株券担保を認めず)、「貸株申込制限」(信用新規
売りや、場合によっては買い方の現引きも認めず)、「増担保規制」(担保の
上積み)などの規制が発せられます。また、証券会社も独自の判断で「新規取
引停止」(信用新規を受付けない)等の規制をかけることがあります。

 需給は、それが実需(現物)でありましても仮儒(信用)でありましても、
「買い」と「売り」には違いなく、その需給が株価を決定します。上記のよう
な規制は仮儒である信用取引の利用を制限するものですが、相場の需給全体に
大きな影響を及ぼします。そういった意味から、現物のみを手がける投資家に
おきましてもある程度の信用取引の知識は必要です。



___________________________________
【5】編集後記                             mailto:aqua@aqua-inter.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
身体や機械等は定期的にメンテナンスを行わないと、使い物にならなくなって
しまうリスクが高まります。情報や知識も然りで、加味・修正する部分はない
か定期的にチェックして、更新を行う必要があります。身体や機械の変調には
気づくことがありますが、情報や知識が価値を失ってしまっていることには自
分自身では気づきにくいというのが厄介なところです。
___________________________________
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)

◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。