ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/06/09 朝刊

2011/06/09

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃  “ 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ ”
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』

            → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/06/09 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 = 出来高と株価 =

 保有している銘柄の日々の株価はチェックしても、意外と「出来高」のチェ
ックを忘れている人が多いようです。マーケット全体、あるいは個別銘柄にお
きましては、実はこの「出来高」が株価の「先行き」を暗示しているケースが
多々あります。

 普段、株価だけではなく、この「出来高」チェックは欠かせず、相場全体は
もちろん個別銘柄の過熱感や閑散度合い、或いは売買のタイミングを計る上で
重要な尺度として利用価値が高いのが出来高チェックです。

 ビギナーの方におかれましては、慣れるまではピンと来ないかもしれません
が、株価の動きと出来高の動きには密接な関係があり、慣れれば「アレッ、出
来高が多くなった!」といった具合にその変化が分かるようになります。そし
てその後、株価は何らかの反応を必ずと言っていいほどしてきます。

 コツは、『出来高が細ったところで仕込みの態勢に入り、多くなったら利食
いの態勢に入る』ということですが、これを尺度とすることにより、投資パフ
ォーマンスはかなり向上するはずです。

 特に、押し目買いのタイミングを計る際、出来高が落ち着いた時点での出動
は極めて的中率が高くなります。ちなみに、出来高に関する格言には、「閑散
に売りなし!」とあります。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12048.94(− 21.87)▼0.18%
□ナスダック       2675.38(− 26.18)▼0.97%
□S&P500      1279.56(−  5.38)▼0.42%
□CME日経225先物  9385   (− 75)※大証比

□為替      (対ドル) 79.91  (対ユーロ)116.49

□半導体株指数        408.94(− 8.70)
□NY原油先物(7月限)  100.74(+ 1.65)
□NY金 先物(8月限) 1538.70(− 5.30)
□バルチック海運指数   1434   (−22)


 8日のNY株式市場は、景気の先行き懸念が引き続き相場の重石となり続落
しました。

 前日の講演でバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米景気回復
の鈍さを指摘しながら、追加の量的緩和に言及がなかったことが引き続き相場
の重石となり、景気動向に敏感な素材や小売り、ハイテクなどを中心に軟調な
展開となりました。ただ、下げ幅も限定的で、OPEC(石油輸出国機構)が
この日開いた定例総会で、増産枠拡大で合意に至らず、事実上生産枠が据置き
となったことから原油先物が急伸し、エネルギー株に買いが入ったことが相場
を下支えしました。

 午後に発表された米地区連銀報告(ベージュブック)は、一部減速が見られ
るものの米経済は全体的に拡大が続いているとし、雇用については大半の地区
で緩やかに改善しているとの見方を示しました。景気拡大を確認したベージュ
ブックの内容を受けて主要指数は一時下げ幅を縮小しましたが、景気の先行き
懸念を払しょくできずに上値の重い展開です。結局ダウとS&P500種指数
は6日続落。ナスダックは4日続落で取引を終了しました。

 業種別では、エネルギー、通信が上昇し、ヘルスケアもしっかり。一方、素
材、金融、ハイテクなどの下落が目立ちました。

 個別では、原油高を背景にエクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー
株が上昇した一方、建機最大手のキャタピラーや非鉄のアルコア、化学大手の
デュポンなどの景気敏感株は軟調な展開。景気動向と燃料費に収益が左右され
るサウスウェスト航空やデルタ航空、運輸大手のユナイテッド・パーセル・サ
ービス(UPS)やフェデックスなども下落しました。

 米上院がデビットカード手数料規制の導入延期を否決したことが嫌気され、
クレジットカード大手のアメリカン・エクスプレス(アメックス)やビザ、マ
スターカードなどが軒並み安。JPモルガンやバンク・オブ・アメリカ、ウェ
ルズファーゴなどの銀行株も軟調な展開です。

 マクドナルドは、5月の世界の既存店売上高で米国と欧州の売上高が市場予
想を下回ったことが嫌気されて下げて始まりましたが、売り一巡後は下げ幅を
縮小しほぼ横ばいで取引を終了。先行きに慎重な見通しを示したカジュアル衣
料のアバクロンビー&フィッチが大幅安となり、アナリストが投資判断を引き
下げたギャップも下落。

 この日発表した先行き見通しが市場予想を下回った通信機器大手のシエナ及
びコムテック・コミュニケーションがともに急落し、ネットワーク機器関連株
に売りが波及。同じく失望決算で太陽電池関連のLDKソーラーが大幅安とな
っています。

 一方、アナリストが投資判断を引き上げた通信大手のベライゾンやインター
ネット競売大手のイーベイが上昇。景気動向の影響を受けにくい医薬品大手の
ジョンソン&ジョンソンやメルク、飲料大手のコカコーラ、食品のクラフトフ
ーズなど、いわゆるデフェンシブ関連の銘柄がしっかりでした。

 ダウ構成銘柄では、ベライゾン、ジョンソン&ジョンソン、エクソンモービ
ル、メルクなどが高く、キャタピラー、アルコア、アメックスなどが下落しま
した。

 原油先物は大幅続伸。OPEC(石油輸出国機構)が増産合意を見送ったこ
とや米エネルギー省発表の在庫統計で先週の原油在庫が大幅減となったことが
買い手掛かりとなりました。金先物は利益確定の売りで続落。ばら積み船運賃
指標のバルチック海運指数(BDI)は3日続落です。

 CME225先物はドル建て・円建てともに9385(大証比75円安)で
取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは6日連続安。前日比21ドル安の1万2048ドルとなっ
ています。シカゴ日経平均先物は9385円と昨日の東京市場の日経平均株価
9449円と比べて60円ほど安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=79円90銭前後とほぼ横
ばいで推移しています。対ユーロは1ユーロ=116円50銭前後とやや円高
が進行しています。

 NY原油は2日連続高。前日比1.65ドル高の1バレル=100.74ド
ルとなっています。終値ベースで3日(金)以来、3日ぶりに100ドル台に
乗せています。石油輸出国機構(OPEC)が昨日の総会で、生産枠引き上げ
の合意を見送ったことから、買いが優勢となっています。

 NY金価格は2日連続安。前日比5.3ドル安の1トロイオンス=153
8.7ドルとなっています。


 本日は、8:50に1〜3月期の実質国内総生産(GDP)改定値が発表さ
れます。事前予想は10年10〜12月期に比べて0.8%減、年率換算では
3.0%減となっています。1〜3月期GDP速報値(5月19日発表)時点
での前期比0.9%減、年率換算3.7%減から、いずれも上方修正される見
通しです。

 11::00に5月末時点のオフィス空室率が発表されます。4月末時点の
東京都心5区における主要オフィスビルの平均空室率は、前月比0.27ポイ
ント低下の8.92%と4ヵ月ぶりに改善しています。東日本大震災に伴い、
3月は募集の自粛が相次ぎ、1989年の調査開始以来、過去最悪の9.19
%を記録しましたが、その後は中断していた入居募集が再開されたことなどに
より、空室率が改善しています。

 15:00に5月の工作機械受注(速報値)が発表されます。4月の受注総
額(確報値)は、前年同月比32.3%増の1069億4300万円と17ヵ
月連続でプラスになっています。前月比は5.8%減となったものの、4ヵ月
連続で単月として1000億円を超える高い水準を維持しています。

 同時刻に6月第1週(5月30日〜6月3日)の投資部門別売買動向が発表
されます。5月第4週(5月23日〜5月27日)の外国人投資家は30週ぶ
りに売り越し、売越額は71億となっています。売り越しは昨年10月第4週
以来となります。一方、個人投資家は3週連続で買い越し、買越額は233億
円となっています。

 海外では、欧州中央銀行(ECB)理事会、英中銀金融政策委員会(2日
目)、4月の米貿易収支の発表などが予定されています。


◆主なニュース

・iPS細胞の発がん防ぐ新製法 山中教授ら再生医療へ前進

・日本の中長期債、中国が買い増し 4月は1兆3000億円

・街角景気、消費の自粛ムード緩む 5月は2ヵ月連続で改善 
 
・Jパワーと伊藤忠、高効率石炭火力受注へ インドネシアで

・ローソンとヤフー、スマートフォンで提携 セール情報発信

・化粧品・日用品メーカー、新商品を削減へ 資生堂は半数に

・ソフトバンク、ドコモと対決 接続料の「根拠」開示拒否へ

・NTN、車・産業機械向け軸受けを欧州で増産 能力3割増

・米景気懸念、ドル安相場 東京市場、2ヵ月半ぶり79円台

・OPEC、原油の生産枠据え置き イランなどが総会で反対


◆経済指標等

・GDP(1―3月期改定値、内閣府)
・対内証券売買契約(先週分、財務省)
・東京都心オフィス空室率(5月、三鬼商事)
・消費動向調査(5月、内閣府)
・部門別売買状況(先週分、東証)
・産業機械受注額(4月、日本産業機械工業会)
・環境装置受注額(4月、日本産業機械工業会)
・工作機械受注額速報(5月速報値、日本工作機械工業会)

・米新規失業保険申請件数(先週分)
・米貿易収支(4月)
・米卸売売上高(4月)
・米FRB資金循環統計

◆その他

・新規上場 クロタニコーポレーション
              (6168:銅を中心とした非鉄金属関連ビジネス) 公1,200円

・主な決算 積水ハウス(1928:鉄骨主力の住宅首位)
      ロックフィールド(2910:サラダ主体の高級総菜が主力)
      オハラ(5218:光学ガラス生産量は国内トップ)

・欧州中央銀行(ECB)理事会(金利発表)
・英中銀金融政策委員会(金利発表)

・ゲーム見本市「E3」 (ロサンゼルス、最終日)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




  努力よりほかにわれわれの未来をよくするものはなく、

  また努力よりほかにわれわれの過去を美しくするものはないのである。


                        幸田 露伴(小説家)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆6月9日 今日は何の日? 六輝:赤口
 ロックの日、我が家のカギを見直すロックの日、ロックウールの日、
 無垢の日、まがたまの日、たまごの日、胸キュンの日
 

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。