ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/04/11 朝刊

2011/04/11

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃     【 アクア・スペシャル版 】
 ┗━━━━┛     
            
     
                 投資力をアップさせたい方は必読です。

              https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/04/11 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 = 外国人の売買シェア64% =

 2010年度(10年4月〜11年3月)の外国人の日本株売買シェアが前
年度比10.4ポイント上昇して64.1%と過去最高を記録しています(日
経集計)。これまでの最高は07年度の62.9%で、これを1.2ポイント
上回っています。

 日銀が追加金融緩和に踏み切った昨年10月第1週(4〜8日)と震災直後
の3月第3週(14〜18日)は特にシェアが高く、いずれも70%近くまで
上昇しています。

 震災直後の3月15日に日経平均株価は8227円の最安値を付けています
が、その日を含む3月第3週に外国人は9552億円と1兆円に迫る過去最大
規模の買い越しを記録しています。そして、足元3月第5週(28日〜4月1
日)まで、22週連続の買い越しとなっています。

 一方、国内勢のシェアは低下しており、個人は6.5ポイント減の22.6
%と01年度以来9年ぶりの低水準です。年金資金などを運用する信託銀行は
6.3%と比較可能な97年度以降で最低。投資信託も2.5%と4年ぶりの
低い水準です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12380.05(− 29.44)▼0.24%
□ナスダック       2780.42(− 15.72)▼0.56%
□S&P500      1328.17(−  5.34)▼0.40%
□CME日経225先物  9730   (− 40)※大証比

□為替      (対ドル) 84.70  (対ユーロ)122.65

□半導体株指数        439.58(− 3.67)
□NY原油先物(5月限)  112.79(+ 1.47)
□NY金 先物(6月限) 1474.10(+14.80)
□バルチック海運指数   1376   (−25)


 先週末8日のNY株式市場は続落。原油高でインフレ進行が意識され軟調な
展開でした。

 7日に日本で発生した余震の被害が限定的だったことや欧州の株高が支援材
料となりNY株式市場はプラスで取引を開始しましたが、2月の米卸売売上高
が予想外の減少となったことや予算案をめぐる議会での交渉が難航しているこ
とが買い手控えにつながり、原油価格の高騰が個人消費や企業業績の足かせに
なるとの警戒感が広がったことで指数はマイナスに転じました。

 原油など19品目で構成されインフレ動向の先行指標となるCRB指数は7
日連続の上昇で、年初来高値を更新しておよそ2年半ぶりの高値をつける中、
インフレ抑制を重視するタカ派と知られるダラス地区連銀のフィッシャー総裁
が金融緩和策縮小を視野に入れるべきだとの見解を改めて示したことも相場の
重石となっています。

 ダウが昨年来高値圏にあり利益確定の売りが出やすいことも上値圧迫要因と
なりましたが、来週から発表が相次ぐ企業業績への期待も根強く、指数は引け
にかけて下げ幅を縮小させています。

 業種別では、エネルギーと通信が上昇した一方、運輸、金融、資本財などの
下落が目立ちました。

 個別では、商品相場の上昇を手掛かりに、英豪系鉱山大手のBHPビリトン
やリオ・ティントが上昇。金先物は連日の最高値更新で上値追いとなっており、
バリックゴールドやゴールドコープなどにも買いが入り、原油高を背景にエネ
ルギー大手のシェブロンなども堅調でした。

 一方、ガソリン価格の上昇が個人消費の足かせになるとの懸念を背景に、ウ
ォルマート、メーシーズ、ホームデポ、ベストバイ、ティファニーなどの消費
関連株は軒並み下落。燃料費の高騰が直接的に収益圧迫要因となるAMRやジ
ェットブルーなどの航空株、小荷物輸送のUPSやフェデックス、トラック運
送のJBハントやコンウェイなども値を下げています。

 オンライン旅行販売のエクスペディアは、自社を2分割する計画を発表した
ことが好感され大幅高。市場予想を上回る収益見通しや配当の復活を発表した
HDD(ハードディスク駆動装置)大手のシーゲイトが買いを集め、同業のウ
ェスタン・デジタルも上昇しました。

 ダウ構成銘柄では、シェブロンやエクソンモービルが上昇し、景気動向に左
右されにくくM&Aの話題が相次いでいる医薬品セクターのメルクとファイザ
ーも堅調でした。一方、シスコシステムズやJPモルガン、ボーイングなどが
下落。序盤の取引で上昇していたアルコアやキャタピラーなどもマイナスに転
じています。

 原油先物は3日続伸で約2年半ぶりの高値。金先物は5連騰で、史上最高値
更新は4日連続です。一方、バルチック海運指数(SDI)の下落は9日連続
となっています。CMEの日経225先物はドル建てが9730(大証比40
円安)、円建ては9720(同50円安)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 先週末のNYダウは、前日比29ドル安の1万2380ドルとなっています。
シカゴ日経平均先物は9730円と8日(金)の東京市場の日経平均株価97
68円と比べて38円安い水準となっています。

 週末のNY市場の円相場は、対ドルで1ドル=84円70〜80銭で推移し
ています。一方、対ユーロは1ユーロ=122円70〜80銭と円安が進行し
ています。欧州中央銀行(ECB)による追加利上げ観測を背景に、一時12
3円09銭を付け、昨年5月5日以来、約11ヵ月ぶりの安値水準となってい
ます。


 = NY金、4日連続で史上最高値更新! =

 NY金価格は5日連続高。前日比14.8ドル高の1トロイオンス=147
4.1ドルとなっています。取引終了後の時間外取引では、一時1476.4
ドルまで上昇し、終値ベース、取引時間外ともに4日連続で史上最高値を更新
しています。


 = NY原油、2年半ぶり高値! =

 NY原油は3日連続高。前日比2.49ドル高の1バレル=112.79ド
ルとなっています。一時113.21ドルまで上昇し、08年9月22日以来、
約2年半ぶりの高水準となっています。


 先週末の日経平均株価は9768円と4月限オプションSQ値の9612円
を大幅に上回っています。日経平均株価の終値がSQ値を上回って引ければ、
翌週以降の相場は堅調となり、下回ると軟調になるというアノマリーが見られ
るだけに、更なる相場上昇への期待が高まります。


 8:50に2月の機械受注が発表されます。1月の機械受注(船舶・電力を
除く民需)は前月比4.2%増(12月は同1.7%増)の7661億円とな
り、2ヵ月連続で増加しています。海外からの受注である外需が71.4%
増(12月は同7.7%減)と前月から大幅にプラスに転じたことが牽引とな
っています。

 今回(2月)の事前予想は前月比1.1%減となっており、3ヵ月ぶりに減
少する見通しです。事前予想と比べてどの程度上下に振れるか注目が集まりま
す。今後(3月)については大震災の影響で急減が避けられない見通しです。


 その他、今週の主な国内経済指標・行事は、12日(火)は日銀金融政策決
定会合議事要旨(3月14〜15日分)、3月の工作機械受注。13日(水)
は「月例経済報告」に関する閣僚会議(終了後に月例経済報告)。14日(
木)は3月の首都圏マンション発売戸数の発表などが予定されています。

 海外では、12日(火)はインド市場休場(ラム・ナヴミ)、2月の米貿易
収支、3月の米財政収支。13日(水)は3月の米小売売上高、米地区連銀経
済報告(ベージュブック)。14日(木)はインド市場休場(アンベードカル
博士誕生日)、G20財務相・中央銀行総裁会議が予定されています。

 週末の15日(金)は中国経済指標の発表が相次ぎます。1〜3月期GDP、
3月の消費者物価、生産者物価、小売売上高、鉱工業生産、都市部固定資産投
資が予定されおり、市場の注目が集まります。同日に、米国では3月の鉱工業
生産、消費者物価、4月のニューヨーク連銀製造業景況指数の発表などが予定
されています。

 米国では、主要企業の四半期(1〜3月期)決算発表が本格化します。今晩
はアルコア、13日(水)はJPモルガン・チェース、14日(木)はグーグ
ル、15日(金)はバンク・オブ・アメリカ・・・等々が発表を予定していま
す。



◆主なニュース

・政府、風評被害に貿易保険 日本製品、輸入規制が広がる 

・夏の電力25%制限、複数企業で削減幅合算 経産省方針

・仮設住宅7万戸などに5000億円 1次補正骨格固まる

・イオンやファミマ、牛乳や水のPB商品増産 東日本向け

・ドコモ、SIMロック解除に対応した携帯を4月下旬発売 

・シャープ、液晶パネル工場休止 工業用ガスなど調達不安

・トヨタ、北米13工場4〜5日休止 計3万5000台に

・ホンダ、2〜3ヵ月でフル生産 社長表明、新車開発再開

・東京ディズニーランド15日再開 節電で夜間は当面自粛

・JFE、高炉1基休止へ 新型高炉に集約、生産能力維持

・米企業、1〜3月期は12%増益 素材・エネルギー好調


◆経済指標等

・機械受注統計(2月、内閣府)
・日銀支店長会議 地域経済報告

◆その他

・決算発表 ビックカメラ(3048:首都圏地盤のカメラ系家電量販)
      スター精密(7718:工作機械、小型プリンタ、音響部品が主力)
      松屋(8237:呉服店発祥の名門百貨店)

・海外決算 アルコア(ダウ採用、非鉄)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




         上を見て生きる、下を見て暮らすんや。

         ほとんどはその逆なんや、

         要するに志ということ、生活とはそういうこと。


                      開高 健 (小説家)







THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆4月11日 今日は何の日? 六輝:大安
 ガッツポーズの日、メートル法公布記念日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。