ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/03/29 朝刊

2011/03/29

――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
 
 ┏━━━━┓
 ┃株式投資┃  “ 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育つ ”
 ┗━━━━┛     
           
                       『アクア・スペシャル版』

            → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/03/29 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 寒い日には、1杯の紅茶がいつもより「美味しい!」と感じることがありま
す。以前、『飲みたい紅茶ブランド』というアンケート調査を目にしましたが、
1位はフランスの老舗「フォション」で、ほぼ7割の人が飲みたいと答えてい
ます。特に、果実や花をブレンドしたフレーバーティーが人気で、中でもアッ
プルティーは定番商品となっています。

 2位は英国の「フォートナム・メイソン」で、英王室や貴族らに愛飲されて
います。上品で伝統的な紅茶文化の象徴でもあり、ブレンドの技術は世界一と
の声もあります。

 3位は英国の「ハロッズ」で、日本には約25種類が輸入されており、定番
のNo.14は4種類の紅茶がブレンドされており、ベストセラーとなってい
ます。

 尚、4位以下は次のようになっていました。

 4.ウェッジウッド(英国)
 5.ロイヤルコペンハーゲンティー&グルメ(デンマーク)
 6.トワイニング(英国)
 7.レピシエ(日本)
 8.マリアージュフレール(仏)
 9.リプトン(英)
10.ミントン・ティー(英)


 紅茶にはブランドの他、産地による茶葉の違いもあり、「ダージリン(イン
ド)」、「アッサム(インド)」、「ウバ(スリランカ)」等々がありますが
、同じダージリンでも農園や収穫時期によって香りや味は大きく変わってきま
す。尚、英国は伝統的なブレンド、フランスは果実や花の香りを加えたフレー
バーが得意です。また、日本ではストレートかレモンを入れて飲む人が多いで
すが、英国ではミルクティーが一般的です。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      12197.88(− 22.71)▼0.19%
□ナスダック       2730.68(− 12.38)▼0.45%
□S&P500      1310.19(−  3.61)▼0.27%
□CME日経225先物  9375   (− 35)※大証比

□為替      (対ドル) 81.68  (対ユーロ)115.08

□半導体株指数        436.75(+ 0.48)
□NY原油先物(5月限)  103.98(− 1.42)
□NY金 先物(4月限) 1419.90(− 6.30)
□バルチック海運指数   1585   (± 0)


 週明け28日のNY株式市場は、4営業日ぶりに小幅反落となりました。

 米商務省が朝方発表した2月の個人消費支出が事前予想を上回る増加となっ
たことや原油安が好感され買いが先行。また、2月の米仮契約住宅販売指数が
予想外の上昇となり、住宅販売が上向く可能性を示唆したことも支援材料とな
りました。

 ダウは一時52ドル高まで上昇する場面もありましたが、その後は伸び悩み。
引けにかけては利益確定の売りが進み、指数はマイナスに転じています。海外
情勢の不透明感から様子見ムードが強く、出来高は年明け以降の最低水準とな
っています。

 業種別では、通信が上昇した一方、一般消費財、素材、金融などが軟調でし
た。

 個別では、写真用品メーカーのイーストマン・コダックが上昇。米国際貿易
委員会が、コダックがアップルやリサーチ・イン・モーション(RIM)を特
許侵害で提訴していた件で、「特許侵害はない」とした1月の判断を見直すと
発表したことが好感されています。一方、アップルやRIMは軟調な展開でし
た。

 アナリストが投資判断を引き上げた画像処理用半導体のエヌビディア、携帯
電話大手ノキア、通信大手のベライゾンとAT&Tがそれぞれ上昇。AT&T
は投資専門誌のバロンズが最大15%の上昇余地があるとの見方を示したこと
も好感されています。

 アメリカン航空の親会社AMRが上昇。AMRが子会社で地方路線中心のア
メリカン・イーグル航空を分離するとの観測が広がり買いを誘いました。リビ
アの反政府側による石油輸出が近々再開されるとの見通しを背景に供給不安が
後退し原油先物相場が続落。原油安を好感してUPSやフェデックスなどの運
輸株も堅調です。

 電子商取引用ウェブサイト構築のGSIコマースを総額約24億ドルで買収
すると発表したインターネット競売大手イーベイが下落。アナリストが投資判
断を引き下げた石炭大手ピーボディ・エナジーが下落し、同業のコンソル・エ
ネジーも売り優勢の展開。第1四半期の利益見通しについて、従来の予想を下
方修正したホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが急落。同業の
スターウッドやインターコンチネンタルなどにも売りが波及しました。

 ダウ構成銘柄では、AT&T、ベライゾン、アルコア、クラフトフーズなど
が上昇。一方、ホームデポ、ディズニー、ヒューレット・パッカード、マイク
ロソフトなどが下げています。

 原油先物・金先物はともに3営業日続落。CME日経225先物はドル建て
が9375(大証比35円安)、円建ては9355(同55円安)で取引を終
了しています。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等

 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


 ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi  ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは、前日比22ドル安の1万2197ドルと4日ぶりに値下
がりしています。

 シカゴ日経平均先物は9375円と昨日の東京市場の日経平均株価9748
円と比べて100円ほど安い水準となっています。

 今朝6:00現在の円相場は、対ドルで1ドル=81円70銭前後とほぼ横
ばいの動きとなっています。対ユーロは1ユーロ=115円10銭とやや円安
方向に振れています。

 NY金価格は3日連続安。前日比6.3ドル安の1トロイオンス=1419.
9ドルなっています。

 NY原油は3日連続安。前日比1.42ドル安の1バレル=103.98ド
ルと終値ベースで3月21日(月)以来、1週間ぶりに104ドル割れとなっ
ています。


 寄付き前の外国証券経由の注文状況は、昨日まで9日連続の買い越しとなっ
ています。直近では、1月6日から1月20日の10日連続買い越し以来とな
ります。

 本日は、3月期決算銘柄の権利落ち日となり、実質的に新年度相場入りとな
ります。日経平均株価が配当落ち分を埋め戻すようであれば、更なる上昇への
期待が高まります。日経平均の権利落ち分は市場予想で80円程度となってい
ます。

 東日本大震災の影響で株主総会の開催が延期された場合、配当権利落ちとな
る29日以降(本日以後)に株式を売却すると配当を受け取れなくなる可能性
が発生しています。総会延期に伴い、配当をもらえる権利を確定する「基準
日」を企業が変更する場合があるからです。東京証券取引所と大阪証券取引所
は注意を喚起しています。

 経済指標の発表が本日相次ぎます。8:30に2月の有効求人倍率、完全失
業率、家計調査などが予定されています。

 2月の有効求人倍率の事前予想は、前月を0.01ポイント上回る0.62
倍(1月は0.61)と10ヵ月連続の改善となる見通しです。2月の完全失
業率は4.9%(1月は4.9%)と3ヵ月連続で横ばいの見通しです。

 16:00に、3月25日時点の3市場信用取引残高が発表されます。前回
発表分(3月18日時点)は、買い残が前週比4845億円減の1兆4010
億円と4週ぶりに大幅減少しています。買い残は昨年来で最大の減少額を記録
し、1月7日(1兆3884億円)以来の水準まで低下しています。一方、売
り残は前週比1438億円減の5748億円と2週連続で減少しています。信
用倍率は前回(3月11日時点)の2.62倍から2.43にやや改善してい
ます。

 巨大地震発生後の急落により、信用取引での追証(おいしょう:追加証拠金
の差し入れ)発生に伴う投げ売りを余儀なくされ、買い残は大幅に減少してい
ることが分かります。

 海外では、1月のS&Pケース・シラー米住宅価格指数、3月の米消費者信
頼感指数(コンファレンス・ボード)の発表などが予定されています。

 フランスのベッソン産業エネルギー・デジタル経済担当相は昨日、福島第1
原発の事故について、ラジオ局のインタビューで「東京電力からフランス側に
支援要請があった」ことを明らかにしています。


◆主なニュース

・幹線物流網ほぼ復旧 東北道利用1.3倍、被災15港開港

・福島第一2号機、建屋外にも汚染水 燃料棒に深刻な損傷か

・復興事業通じて被災者を雇用 避難者に求人紹介、政府検討

・市場、先行きの不安和らぐ 企業業績や財政悪化懸念が焦点

・トヨタ、調達拠点の復旧を急ぐ 被災取引先の支援を最優先

・懸念化学物質データ共有 電機、アジア調達先に日本方式を

・住友化学と韓国サムスン子会社、LED基盤で合弁会社設立

・ゼネコン、相次ぎインド市場開拓 日本の製造業進出に対応

・アドバンテスト、米ベリジー社909億円で買収 正式合意 

・外食小売り、深夜営業再開相次ぐ マクドナルド・西友など

・強権的なシリアも動揺 反政府デモが過激化、各地に急拡大



◆経済指標等 ※情勢により予定が変更となる場合があります。

・完全失業率(2月、総務省)
・有効求人倍率(2月、厚労省)
・家計調査(2月、総務省)
・商業販売統計(2月、経産省)
・中小企業月次景況観測(2月、商工中金)

・英GDP(10―12月期改定値)
・米チェーンストア売上高(先週分)
・米大規模小売店売上高(先週分)
・米S&Pケースシラー住宅価格指数(1月)
・米消費者信頼感指数(3月)

◆その他

・日経平均株価の構成銘柄入れ替え
  ※除外:三洋電、パナ電工、住友信託 (上場廃止に伴う措置)
   補充:安川電、スクリン、第一生命

・企業決算 ハニーズ(2792:婦人流行カジュアル衣料)
      日本化薬(4272:半導体向けエポキシなど機能化学品展開)

・TPP第6回政府間協議(4月2日まで)



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




     非暴力は暴力よりも無限にすぐれているし、

           許すことは処罰するよりはるかに男らしい。


                      マハトマ・ガンジー






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆3月29日 今日は何の日? 六輝:友引
 八百屋お七の日、作業服の日、マリモ記念日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。