ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 増刊号

2011/02/05

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お陰様で、約6万誌のメールマガジンの中から

            本誌が「日本一!」の称号をいただきました。


  〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎   2011/02/05 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 今日この頃の日の光、春遠からじの感じがいたします。皆様におかれまして
は、いかがお過ごしでしょうか。


 さて、いい相場展開が継続している株式マーケット。エジプトを中心とした
中東情勢の緊迫化(アラブ・ショック)によって一時的に下押しする場面があ
りましたが、シナリオ通り、やはりその場面は絶好の買い場となりました。そ
して、その直後から大きく上昇してきています。この度の件で2009年11
月の「ドバイ・ショック」を思い出しますが、その際も売り一巡後は翌年4月
にかけて大幅高。日経平均株価で2000円を超える上げを示現した経緯があ
ります。

 
 この度の上昇相場における買いの本尊は外国人です。先日発表された1月第
4週(1月24日〜1月28日)の投資家別売買動向を見ますと、外国人の買
越額は1189億円となっています。これで、昨年11月第1週から13週連
続の買い越しであり、この間の累計買越額は1兆6000億円を超えます。国
内投資家の売りを全て外国人が吸収する構図となっている訳ですが、この構図
こそまさしく私aquaが申し上げています『株価が上昇するための勝利の方
程式」であり、実際にそのようになってきています。


 「では、これから何を買ったらいいのか?」となりますが、狙いたい銘柄は
いくつでもあります。この度の上昇相場、相場の中身を見ますと物色対象は極
めて簡単です。それは、好業績かつテーマに乗った銘柄、ここに物色の矛先が
向かっています。そのテーマとは、これも繰り返し申し上げています通り、簡
単に分けますと以下の6つです。


 1.鉄道・航空機
 2.資源
 3.スマートフォン
 4.環境(原発・太陽光・パワー半導体など)
 5.新興国関連(中国・ASEANなど)
 6.リチウムイオン電池を含めた電気自動車関連


 これに、「スマートグリッド」・「インフルエンザ関連」を加えますとまず
完璧です。こうしたテーマに沿い、かつ好業績。こうした銘柄を押さえておけ
ば非常に分かりやすい相場です。


 具体的には、リチウムイオン電池やその部材関連では、電解液の三菱ケミカ
ルやセントラル硝子、負極材で日立化成やチタン工業、正極材で戸田工業や東
ソー、電解質でステラケミファや関東電化、インバータで明電舎、急速充電器
で高岳製作所・・・・等々。


 太陽光ではシリコン製造のフェローテック、製造装置のエヌ・ピー・シーや
アルバック、太陽電池加工用ワイヤソーの旭ダイヤ、パワー半導体で三菱電機
・・・等々。中国を含めた新興国関連では、中国の自動車販売は今年2000
万台を突破する見通しであり、ASEANの需要も旺盛。日本の自動車部品は
信頼性の高さから受注が拡大しており、KYB(カヤバ工業)、ケーヒン、ア
イシン精機、TBK・・・等々。


 中国の工場自動化投資も大幅拡大しており、安川電機、牧野フライス、ハー
モニック、ナブテスコ、オムロン・・・等々。スマートフォンでは、タッチパ
ネルのアルプスやSMK、コネクタのヒロセ電機や航空電子、保護フィルムの
KIMOTO・・・等々。資源関連では、脱レアアースで愛知製鋼のジスプロ
シウム不使用の磁石、大同特鋼のジスプロシウム使用量を抑えた高性能磁石、
資源エネルギーの代表格で三菱商事、穀物の丸紅・・・等々。


 上記で申し上げましたのは、ほんの一部ですが、こうした具合にテーマに沿
った関連銘柄、それに加えて好業績か否か、ここを押さえますと的中率は飛躍
的に向上します。


 既にスペシャル版にてご紹介しました多くの銘柄が強力な上げを示現してい
ます。例えば、東芝機械が40%、ニチコンが35%、ウェザーニューズが6
5%、トラック用ブレーキでトップのTBKが80%、ダイハツ工業が35%
、ナブテスコが60%・・・等々、いずれもテーマ性に加えて業績面、そして
チャートなどテクニカル面を勘案して銘柄選別しています。


 ここまで相場に上手く乗れなかった人、全然儲かっていない人におかれまし
ても心配ありません。相場は始まったばかりであり、ここからが本番です。た
だし、種を蒔かなければ実も成りません。


 気学では新年は七赤金星(しちせききんせい)であり、その名の通りお金(
カネ)の星です。「七」は七福神の七、「赤」は実った紅葉の赤。そして、「
金」はお金・貨幣などを意味します。株式投資をするという観点からは、相場
の年回りからしましても今年の「七赤金星」は逃すことが出来ません。


 まだスペシャル版を購読されてない方はこの新年の機会に是非『スペシャル
版』(有料版)をご利用下さいませ。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な情報料が溢れている中
にありまして、スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か1万
5750円(1ヶ月当たり2600円程度)と極めてお値打ちな料金でご提供
させて頂いています。


 もちろん、値段が安いだけでなく、個別有望銘柄紹介、チャートの見方、相
場見通し、投資ノウハウの解説など内容が充実しているからこそ、長年に渡っ
てビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。


 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi




 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                           aquaより

 Have a nice weekend!

        Thank you for reading
   
                  my mail magazine.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。