ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 増刊号

2011/01/22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お陰様で、約6万誌のメールマガジンの中から

            本誌が「日本一!」の称号をいただきました。


  〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎   2011/01/22 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 冬来たりなば春遠からじと申します。皆様におかれましては、いかがお過ご
しでしょうか。


 さて、節分天井を先取る形でようやく下押し局面を迎えている株式マーケッ
ト。では、「このままどんどん下に行くのか」と気になる方もいらっしゃるか
と思いますが、そうではなく、ここは短期的な値幅・日柄調整と考えています


 例年そうですが、1月相場は中旬頃に一度下押しするケースが多く、後半に
かけて再び出直ってきます。そう考えますと、どう対応するのがいいか自然に
見えてくると思います。そうです、ここは買いたい人にとりましては絶好の買
い場探しの局面、こう捉えて臨みたいところです。


 振り返りますと、日経平均株価は昨年11月2日、ちょうど米中間選挙の日
ですが、その日の9123円を安値にして新年1月13日(先週の木曜日)の
高値1万0620円まで値幅にして1497円、ほぼ1500円の上げを示現
しました。この値幅から計算しますと、的中率の高い黄金分割比率で計算した
下値メドは1万0050円前後となります。

 週末の日経平均株価の終値は1万0274円ですので、あと200円余りと
いうことになります。もちろん相場ですのでピッタリという訳には行きません
が、それでもこの200円余りのゾーンは買い場探しという前向きな意味で非
常に大切なゾーンとして臨みたいところです。


 狙いたい銘柄はいくらでもあります。例えば、中国を中心とした新興国の航
空機需要が旺盛なことから炭素繊維やチタンの価格が上昇し、その関連銘柄と
してチタン工業が昨年12月10日の224円から直近1月18日の高値59
5円まで2倍以上に上昇。この度、初押しを入れていますが、割り切り型投資
の出来る人はコツンと来たところは見逃せないところかもしれません。東邦チ
タニウムや大阪チタニウム、テイカ、石原産業といったところも関連銘柄とし
て賑わった経緯があり、調整完了後に出直ってくる可能性があります。


 北半球の厳冬や豪州の水害によって原油や石炭価格が上昇していますが、足
元調整している関連銘柄、エネルギー関連の代表格としましては三菱商事、穀
物に強い丸紅、プラント関連で日揮などは強調基調が継続しています。


 また、中国の新車販売台数が今年は2000万台を突破する勢いですが、そ
の中国で活躍しているのが日産自動車。自動車部品ではニッパツ、KYB(カ
ヤバ)、ヨロズ、そしてハーモニック・ドライブ・システムズなどは11年3
月期に過去最高益を更新する見通しです。


 インドネシアで絶好調のダイハツ工業も経常最高益を更新する見通しであり
、部品や素材では日本電産やクラレ、東洋インキなども過去最高益更新が濃厚
です。

 他にもたくさんあります。余り長くなってもいけませんので割愛させて頂き
ますが、いずれにしましても足元下押しする局面は前向きな意味で押し目買い
の好機、安く買うチャンス到来と捉えて臨みたいところです。


 巷では悲観ムード一色だった昨年秋。スペシャル版にて「買いに利あり、あ
ほうになって買いの種蒔け!」と繰り返し申し上げてきましたが、ドンピシャ
リ。外国人の大量買いで相場は大きく上昇しました。


 個別銘柄におきましては、強力な上げを示現しています。例えば、ご紹介銘
柄からはニチコンが35%、東芝機械が25%、ウェザーニューズが65%、
三愛石油が30%、ダイハツ工業が35%・・・等々、他にもありますが、既
に当時(と申しましても2〜3ヶ月前ですが)、あほうになって買いの種蒔か
れた方は大幅利喰いの状況です。


 ここまで相場に上手く乗れなかった人、全然儲かっていない人におかれまし
ても心配ありません。相場は始まったばかりであり、ここからが本番です。た
だし、種を蒔かなければ実が成らないのは事実です。下押しする局面は絶好の
押し目買い好機と捉え、「買いに利あり!」のスタンスで臨みたいところです
。特に、1月相場は中旬頃に一度下押しし、後半にかけて出直ってくる傾向が
あります。


 気学では新年は七赤金星(しちせききんせい)であり、その名の通りお金(
カネ)の星です。「七」は七福神の七、「赤」は実った紅葉の赤。そして、「
金」はお金・貨幣などを意味します。株式投資をするという観点からは、相場
の年回りからしましても今年の「七赤金星」は逃すことが出来ません。


 まだスペシャル版を購読されてない方、「どの銘柄を買ったらいいのか分か
らない」という方、或いは「これまで株式投資で上手く行かない」という方は
この新年の機会に是非『スペシャル版』(有料版)をご利用下さいませ。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な情報料が溢れている中
にありまして、スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か1万
5750円(1ヶ月当たり2600円程度)と極めてお値打ちな料金でご提供
させて頂いています。


 もちろん、値段が安いだけでなく、個別有望銘柄紹介、チャートの見方、相
場見通し、投資ノウハウの解説など内容が充実しているからこそ、長年に渡っ
てビギナーからベテランの方まで多くの方にご好評を頂いています。


 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。


 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                           aquaより

 Have a nice weekend!

        Thank you for reading
   
                  my mail magazine.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。