ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2011/01/21 朝刊

2011/01/21

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      誠意と信頼をお届けする株式投資有料メールマガジン
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

            『アクア・スペシャル版』


 具体的な個別銘柄情報や、一歩踏み込んだ相場観や投資手法に関する解説等
 お役立ち情報満載! 株式投資を考えているすべての方へおすすめします。


◆お申込み・詳細は・・・https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆



株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2011/01/21 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 胃もたれ気味になっている時など、炊きたてご飯に漬物と熱いお茶さえあれ
ば食が進みます。先日、その「好きな漬物」というランキングを目にしました
が、第1位はキムチです。

 キムチは、激辛ブームや健康食ブームを追い風にここ10年ほどで急速に日
本の家庭に普及しました。日本の漬物との大きな違いは、野菜と一緒に漬け込
む材料の豊富さにあります。トウガラシ、ニンニク、小エビに似たアミ、小魚、
果物などを混ぜて乳酸発酵させ、アミや小魚にはたんぱく質、トウガラシには
脂肪を燃やす効果のあるカプサイシンなどが含まれています。


 「好きな漬物」ランキングは以下のようになっていました。

 1.キムチ・・・・・白菜キムチ、大根キムチ、水キムチなどが有名

 2.たくあん漬け

 3.野沢菜漬け・・・長野県を代表する漬物

 4.しば漬け・・・・京都を代表する漬物の一つ

 5.らっきょう漬け

 6.千枚漬け・・・・しば漬けと並ぶ京都を代表する漬物

 7.福神漬け

 8.高菜漬け・・・・福岡や熊本など九州を代表する漬物

 9.べったら漬け・・大根のこうじ漬け

10.わさび漬け・・・静岡を代表する漬物


 一言で漬物と言いましても、数多くの種類があります。皆様のお好きな漬物
は何でしょうか。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言







――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      11822.80(−  2.49)▼0.02%
□ナスダック       2704.29(− 21.07)▼0.77%
□S&P500      1280.26(−  1.66)▼0.13%
□CME日経225先物 10485   (+ 45)※大証比
□為替      (対ドル) 82.99 (対ユーロ)111.79

□半導体株指数        434.77(− 4.56)
□NY原油先物(2月限)   88.86(− 2.00)
□NY金 先物(2月限) 1346.50(−23.70)
□バルチック海運指数   1393   (−18)


 20日のNY株式市場は、エネルギー・素材関連の下げや利益確定の売りで
続落しました。

 中国が発表した一連の経済指標を受けて中国が利上げや景気抑制策を加速さ
せるとの懸念が強まり、この日のNY株式市場は売りが先行。中国の追加利上
げ観測を背景に原油などの商品相場が下げ足を加速したことも相場の圧迫材料
となりました。

 一方、この日発表された先週の新規失業保険申請件数は予想以上に減少し、
雇用市場の改善期待が高まったことに加え、12月の中古住宅販売件数が大幅
増加で2カ月連続のプラスとなり、12月のコンファレンス・ボード景気先行
指数も市場予想を上回り過去最高を更新。フィラデルフィア地区の製造業景気
指数は市場予想には届きませんでしたが、内訳の新規受注や雇用情勢を示す従
業員数が大幅上昇するなど、一連の米経済指標が強い内容だったことは好材料。

 ただ、フィラデルフィア地区の製造業景気指数で内訳の支払価格が急上昇し
たことでインフレ進行が意識され、FRBによる金融引き締め懸念を背景に債
券価格が急落し金利が上昇、為替市場がドル高で反応したことが株式市場の重
しとなり、ダウは一時80ドルほど下落しました。

 その後、金融規制法案の内容が緩和されるとの観測で金融株に買いが入ると
指数も下げ幅を縮小。利益確定の売りで戻りは鈍いもののダウは前日終値付近
まで戻しました。

 業種別では、小売りが高く、素材、エネルギーなどが軟調でした。

 個別では、好調な決算を発表した金融大手モルガン・スタンレーが上昇。下
落して始まったバンク・オブ・アメリカが上昇に転じ、JPモルガン・チェー
スは上げ幅を拡大。アメリカン・エクスプレスも値を戻すなど、金融株の動き
がダウを押し上げました。

 中古住宅販売が大きく伸び、雇用改善期待の高まりなどを背景にホームセン
ター大手のホームデポやロウズ、ディスカウント大手のウォルマートやターゲ
ット、百貨店大手のJCペニーやシアーズなどが上昇。

 一方、中国による追加利上げ懸念とドル高を背景に原油などの商品相場が下
落したことで、エクソンモービルやシェブロン、BHPビリトン、フリーポー
ト・マクモランなど市況関連銘柄の下落が目立ちました。

 市場予想を上回る決算と業績見通しを発表したネット競売大手のイーベイが
大幅高。アナリストが投資判断を「買い」に引き上げた半導体関連のザイリン
クスやマイクロン・テクノロジーズなどもしっかりでしたが、買いは広がらず
インテルやアップル、マイクロソフトなど主要ハイテク株は利益確定の売りで
軟調な展開となっています。

 ダウ構成銘柄では、ホームデポやJPモルガン、ウォルマートなどが上昇し、
キャタピラーやデュポン、ボーイングなどが下げています。

 原油先物は大幅安で3日連続の下落、金先物も大幅に反落しおよそ2カ月ぶ
りの安値。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は3日続落。バルチック
海運指数(BDI)も続落し、09年2月初旬以来の低水準となっています。

 CME日経225先物はドル建てが10485(大証比45円高)、円建て
は10480(大証比40円高)で取引を終了しました。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


  ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 昨晩のNYダウは2日連続の小幅安。前日比2ドル安の1万1822ドルと
なっています。

 シカゴ日経平均先物は1万0485円と20日(木)の東京市場の日経平均
株価1万0437円と比べて50円ほど高い水準となっています。

 NY外為市場で円相場は円安方向に振れています。今朝6:00現在の円相
場は、対ドルで1ドル=83円00銭前後となっています。昨年12月の米中
古住宅販売件数が前月比12.3%増の528万戸となり、市場予想の480
万戸を大幅に上回ったことや週間ベースの米新規失業保険申請件数が減少した
ことでドル買いの動きが強まりました。対ユーロは1ユーロ=111円80銭
前後となっています。


 = 外国人、11週連続買い越し =

 昨日発表された1月第2週(1月11日〜1月14日)の投資部門別売買動
向を見ますと、外国人投資家は11週連続で買い越し、買越額は2999億円
となっています。前週の買越額2576億円を上回り、昨年4月第1週(4月
5日〜4月9日)以来、約9ヵ月ぶりの高水準となっています。

 尚、個人投資家は11週ぶりに買い越しへ転じています。買越額は200億
円と10月第4週(10月25〜10月29日)以来の買い越しとなっていま
す。取引内容を見ますと、信用取引は616億円の買い越しですが、現物取引
では415億円の売り越しとなっています。

 3月期第3四半期(4〜12月期)の決算発表で本日発表を予定している主
な企業は、カゴメ(2811)、安川電(6506)、JAFCO(859
5)・・・等々です。来週から日本企業の決算発表が本格化します。

 米主要企業の決算発表では、GE(ゼネラル・エレクトリック)、バンク・
オブ・アメリカ・・・等々が予定しています。


◆主なニュース

・NEC、レノボと合弁で最終調整 パソコン日中で連合形成

・東芝など官民連合、ブルガリアで最大級の太陽光発電所建設

・地デジ移行期限延長せず宣言へ 総務省、週明けに最終計画

・個人の株式投資、指数先物に比重 10年、全体の45%に

・日本、家電の純輸入国に 音響・映像機器、10年初の入超

・太陽光発電の買い取りコスト転嫁 電気代上乗せ2〜21円

・ソニー、ネットテレビ向け動画配信 日本でも26日に開始

・吉野家社長、中国で1000店体制に 自社株使いM&Aも

・素材生産復調の兆し 粗鋼3年ぶりに増加、10年25%増

・北朝鮮のウラン阻止課題 人民元合意探る、米中が共同声明


◆経済指標等

・月例経済報告(1月)

・独IFO企業景況感指数(1月)
・英小売売上高(12月)

◆主な決算発表

・カゴメ(2811:トマト加工品の最大手)
・日本高純度化学(4973:電子部品用の金メッキ液で世界首位品多数)
・安川電機(6506:産業用ロボットは台数世界首位)
・SPK(7466:建機需要再燃で工機部門が急復活)
・ジャフコ(8595:ベンチャーキャピタル最大手)

・海外 バンク・オブ・アメリカ(金融)
    ゼネラル・エレクトリック(複合企業)




――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞



        人間性に絶望してはいけません。

           なぜなら私たちは人間なのですから。


             アルバート・アインシュタイン 物理学者






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆1月21日 今日は何の日? 六輝:大安
 瞳の黄金比率の日、ライバルが手を結ぶ日、料理番組の日


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。