ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 増刊号

2011/01/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お陰様で、約6万誌のメールマガジンの中から

            本誌が「日本一!」の称号をいただきました。


  〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=


◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎   2011/01/15 増刊号

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


全国及び海外の皆様、こんにちは。aquaです。

 一陽来復の春、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。


 さて、外国人主導の好調な相場展開が継続していますが、皆様の投資成果は
いかがでしょうか。相場の中身を見ますと物色対象は極めて簡単であり、好業
績かつテーマに乗った銘柄に物色の矛先が向かっています。では、「テーマと
は何か?」となりますが、それは簡単に申し上げますと次の6つです。


 1.鉄道
 2.資源
 3.スマートフォン
 4.原発
 5.中国関連
 6.リチウムイオン電池を含めた電気自動車関連


 上記のテーマに沿い、かつ好業績。こうした銘柄を押さえておけば非常に分
かりやすい相場です。


 冒頭、外国人主導と申し上げましたが、昨日、東証が1月第1週(1月4日
〜7日)の投資家別売買動向を発表しています。それを見ますと、外国人投資
家の買越額は2576億円と大きく膨らんでおり、これで10週連続の買い越
し。この間の累計買越額は1兆2096億円となっています。一方、個人投資
家は1667億円の売り越しで、これで10週連続の売り越しです。


 10週前と申しますと、ちょうど米中間選挙(昨年11月2日)直後となり
、日経平均株価が9123円の安値を付けて底打ちしたのがその11月2日。
翌日から本格上昇に転じた訳ですが、「米中間選挙後は高い」というまさしく
経験則通りの展開です。そして、構図的には外国人が個人投資家を含めた国内
勢の売りを吸収する形となっており、そうした構図の中での相場上昇という点
はしっかり押さえておく必要があります。


 何故なら、以前から申し上げています通り、この構図こそ「相場上昇のため
の方程式」だからです。東京マーケットにおける外国人の売買シェアは60%
を超えており、相場の牽引役としてその外国人は大きな影響を及ぼします。

 「では、何故外国人が大量に日本株を買い始めたのか?」となりますが、計
算高い外国人のこと。やみくもに買っている訳ではなく、当然のことながら日
本株の先高観、平たく申しますと儲かる可能性が高いからです。そしてその方
向に向けて相場は動き始めています。


 本日は年の初めでもあり、また、最近本誌を読み始めて下さった方もたくさ
んいらっしゃいますので、改めて『株式投資勝利の法則十一ヶ条!』をご紹介
させて頂きたいと思います。以前より本誌を読んで頂いている方には大変恐縮
ですが、年始に当たり、今一度再確認して頂ければと思います。これを実行す
るだけでも新年の投資パフォーマンスは大幅にアップするはずです。


☆ aquaの株式投資 勝利の法則 十一ヶ条 ! 


一.『相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、

        楽観とともに成熟し、幸福感とともに消えてゆく』

 誰もが良いという銘柄が、儲かる銘柄とは限りません。そうした銘柄は、既
 に高値圏にあるものが多く、買ったところが大天井で高値掴みになることが
 多いのです。誰もが見向きもしない時こそ安く買える絶好のチャンスであり
 、高い確率でうまく行きます。

二.『いのち金には手を付けるな』

 ゆとりを持っての投資に心がけましょう。株式投資には必ず値下がりリスク
 が伴ないます。生活資金や教育資金には手を付けてはならず、余裕のない状
 態では冷静な判断が出来なくなってしまいます。余裕資金で株式投資を行う
 のが大原則です。

三.『さんまのアタマとシッポはくれてやれ』

 アタマからシッポまで食べると毒が回るといいます。決して欲張り過ぎては
 いけません。大底で買って大天井を売るというのは、プロであっても100
 %無理です。仮にそうなったとしたら、それは偶然です。底値ゾーン、高値
 ゾーンといったゾーンで考えるのが、良い結果をもたらします。また、時に
 は「損切る」勇気も必要であり、多少の損は勉強にもなり、次回に取り返し
 が効きます。

四.『農耕型投資と狩猟型投資の区別をはっきりする』

 株式投資には2種類あります。1つは狩猟型投資。これは、名前のごとく動
 き回る株式市場のターゲットを追いかけて短期間のうちに何回も売り買いを
 する投資法です。そして、もう一つは農耕型株式投資。これは、種を蒔くこ
 とから始めて、じっくり果実が実った頃を見計らって刈り取る投資法です。
 これを中長期投資と言います。個々のスタンスによりこの区別が付いていな
 いと上手く行きません。

五.『リスクについて知る』

 リスクとは、単純に直訳すれば「危険」という意味ですが、株式投資におい
 て使われる意味はちょっと違います。ウォーレン・バフェットはこの意味を
 「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるもので
 す」と言っています。逆に言えば、最近、投資信託や仕組み債など複雑な金
 融商品が多く出回っていますが、こういった商品を理解せずに買うと大きな
 リスクにあうということです。きちっと商品を理解することがリスクを小さ
 くする秘訣です。理解できない商品は勧められても、「ノー」と言いましょ
 う。

六.『天は自ら助くる者を助く』

 勉強すれば儲かる確率も必ず高くなります。予備知識や事前分析があるに越
 したことがなく、分かる範囲内から少しずつ勉強して、自分なりのマーケッ
 ト見通しを養いましょう。ただし、相場はまれに理屈では説明がつかない動
 きをすることがありますので、そのことも頭の片隅に入れておきましょう。

七.『漁師は潮を見る』

 相場の大きな流れ、トレンドを見極めましょう。自分の投資スタンス(資金
 の性格、投資期間、投資金額等々)に合った銘柄選択に心掛け、ツキのない
 ときは無理をしてはいけません。相場の世界にも、少なからず運・不運があ
 り、ツキがないと思ったら無理をせずチャンスを待つのも大事です。

八.『筋の耳打ちは信頼するな』

 根拠のない、きな臭い情報に惑わされないようにしましょう。マーケットに
 は根拠のない怪情報をもとに売買をする人達(仕手筋)が存在します。こう
 いった情報に乗って成功した例はありません。王道を行きましょう。

九.『買うべし、売るべし、休むべし』

 時には売買をいったん止め、相場を客観的に眺めることも必要です。売り買
 いを頻繁に行っても、必ずしも儲かるわけではありません。小さな動きに目
 を奪われ、大きな動きを見落とす危険性があります。

十.『株式投資はロマン』

 株式投資は博打やギャンブルではなく、健全な資産形成になくてはならない
 ものです。高い志とロマンを持って取り組めば、資産が何倍、何十倍となる
 可能性を秘めています。また、物事の見方・考え方が豊富になり、自己の向
 上に繋がります。

十一.『アクア・スペシャル版(有料版)を投資の指針として利用する』

 かの孫子曰く、明君賢将が戦えば必ず敵を破ってはなばなしい成功を収める
 のは、相手に先んじて情報をさぐり出すからである。しかもかれらは、神に
 祈ったり、経験に頼ったり、星を占ったりして情報をさぐり出すわけではな
 い。あくまで人間を使ってさぐり出すのである。また孫子曰く、百金をおし
 みて情を知らざるものは不仁の至りなりと断言しています。


 以上が『aquaの株式投資 勝利の法則 十一ヶ条』ですが、その十一で
申し上げました通り、私aquaは本誌と併行しまして「個別有望銘柄」や「
投資ノウハウ」を分かりやすく、かつお値打ちな料金でご提供する『スペシャ
ル版』を発行しています。

 その『スペシャル版』を読んで頂いている方の中には、外資系・国内系証券
会社の方々、都銀・生保の運用担当者の方々、ベテラン個人投資家の方々、医
師・議員・大学の先生・主婦・OLといった方々・・・等々、専門家からビギ
ナーに至るまで幅広い層の方が数多くいらっしゃいます。そして、長年に渡っ
てご好評を頂いています。


 まだ、『スペシャル版』をご利用されてない方は、新年というこの好機に是
非一度ご利用下さいませ。料金は26回(6ヶ月コース)の配信で1万575
0円。これは1000株を20円高く売ったり、或いは安く買ったりすればペ
イできる金額であり、1回当たりに換算しますと600円程度、1ヶ月当たり
では2500円程度という極めてお値打ちな料金でご提供させて頂いています。


 株式を持ってないお金持ちを見たことがないように、ゼロ金利のもとで、株
式を持たずに資産形成をするのはほとんど不可能です。確かな将来のために現
在の不確定を買うのが株式投資であり、健全な株式投資は本来的に資産が何倍
、何十倍と増える可能性を秘めています。ここに【株式投資はロマン】といわ
れる所以があります。


 種を蒔かなければ、実も成りません。せっかくのチャンスを迎えても、何を
、どの銘柄を買ったらいいのか迷っていらっしゃる方、是非一度『スペシャル
版』をご利用下さいませ。


 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi


 それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。


                             aquaより

 Have a nice weekend!

        Thank you for reading
   
                  my mail magazine.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =5年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2010 http://melma.com/contents/moy2010/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 3年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。