ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2010/11/25 夕刊

2010/11/25


━━━ これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け ━━━

         ア┃ク┃ア┃ ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
         ━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」

       独自の観点でaquaがやさしく解説します。
         株価チャート活用の仕方も随時掲載中!

■■ お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ■■


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2010/11/25 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 アメリカでは、最初の移民が初めて収獲を得て神に感謝したことを記念して、
11月第4木曜日の本日は「感謝祭(サンクスギビングデー)」の祝日となり
ます。

 感謝祭前日から感謝祭後の日曜日にかけて、帰省や旅行で空港や高速道路、
鉄道などの交通機関が大変な混雑となります。アメリカにおける感謝祭は大切
な家族行事の一つとなっており、その日は家族揃って七面鳥を食べるのが一般
的な習慣です。

 また、食べられる運命にあった七面鳥に米大統領が恩赦を与えることも恒例
行事で、今年は「アップル」と「サイダー」の2羽の七面鳥に大統領恩赦が発
令されました。

 そして、感謝祭翌日からアメリカの年末商戦(クリスマス商戦)が本格化し
ます。

 例年、米年末商戦期間の小売売上高は年間売上高の3割から4割を占めるほ
どで、中には年間トータルの約半分をこの期間に売り上げる店もあります。

 値下がりを待つ消費者が少なくないこともあって、実際の米年末商戦の売上
げのピークは感謝祭の1週間後かクリスマス直前になることが多いのですが、
感謝祭翌日の金曜日は「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」と呼ばれるほ
どに小売店の売上げが伸びます。

 また、オンラインショッピングの売上げが伸びる感謝祭明けの月曜日は「ブ
ラックマンデー」または「サイバーマンデー」、オンラインショッピングの取
引件数がピークとなる12月第2月曜日は米ドル札の色にたとえて「グリーン
マンデー」と呼ばれます。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.今日の相場 <紹介銘柄の○○が年初来高値を更新!>

 2.主な材料

 3.主な投資判断

 4.今年の米年末商戦

 5.編集後記






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


◎日経平均   10079.76(+ 49.65)△0.50%
◎TOPIX    869.81(+  3.24)△0.37%

◎売買高概算  19億2179万株
◎売買代金概算  1兆2379億円
◎時価総額  295兆3316億円

◎値上り銘柄数 1056  ◎(年初来)新高値 19
◎値下り銘柄数  458  ◎(年初来)新安値  6
◎変わらず    148

◎騰落レシオ(25日)107.65%

◎サイコロ(日経平均)8勝4敗 ●○○●○●○○○○●○ 66.7%

◎カイリ率(日経平均)25日線比+4.67% 75日線比+6.87%
 
◎為替  (対ドル) 83.45  (対ユーロ)111.16

◎出来高上位
 1.みずほ  <8411>  135円(−  1円)128,203千株
 2.三菱UFJ<8306>  403円(−  2円) 65,564千株
 3.双日   <2768>  169円(+  1円) 49,578千株
 4.富士通  <6702>  536円(+  6円) 44,460千株
 5.いすゞ自 <7202>  386円(+ 15円) 40,943千株

◎売買代金上位                           (円)
 1.トヨタ自 <7203> 3305円(+ 35円) 34,227百万
 2.コマツ  <6301> 2390円(+ 65円) 28,253百万
 3.三菱UFJ<8306>  403円(−  2円) 26,511百万
 4.ソフトBK<9984> 2950円(− 13円) 25,852百万
 5.富士通  <6702>  536円(+  6円) 23,409百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り2180万株 買い2040万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が前日比49円(0.5%)高の1万
0079円で取引終了です。

 昨晩のNYダウが150ドル高となったことや為替が落ち着いた動きとなっ
ていることを好感して朝方から買いが先行。朝鮮半島情勢に対する過度な懸念
が後退して韓国や中国などアジア市場が上昇していることも支援材料となり、
終日高い水準での値動きとなっています。短期的な過熱感が意識され、また今
晩のNY市場が感謝祭で休場となることから様子見ムードが強まる中、戻り売
りを吸収して腰の強い展開が継続しています。売買代金は概算1兆2379億
円、上海総合指数は38ポイント(1.3%)高の2898です。

 業種別では、機械、自動車、非鉄、海運、不動産の上げが目立ちます。

 個別銘柄では、いすゞ自動車が6日連続高、15円高の386円と連日で年
初来高値を更新、6日間での上昇率は12%となっています。コマツも65円
高の2390円と連日で年初来高値更新となっており、中国・新興国関連との
位置付け、さらに割安感を意識した買いが連日で入っています。尚、中国・上
海で23日から開かれている国際的な建設機械の見本市「バウマ・チャイナ2
010」にコマツが出展していることもあり、改めて中国での建機需要拡大へ
の期待感を誘っています。

 大同メタルが40円高の628円と値を飛ばし、連日の年初来高値更新。業
績好調を好感した買いが継続しており、これで同社株は先月末の390円どこ
ろから本日の628円まで値幅にして約238円、率にして60%を超える急
上昇となっています。

 ダイハツが39円高の1193円と値を飛ばして年初来高値更新。アセアン
地域で早くから現地化に取り組み、同市場の成長を支えに利益の底上げに成功
している同社。インドネシア市場は四輪車の普及期に入り、同社を含めたトヨ
タグループの市場シェアが5〜6割に達するため、更なる収益拡大に期待が高
まっています。割安感を意識した買いも入り、さらに野村証券が24日付のリ
ポートで投資判断を最上位としたことも支援材料となっています。

 富士電機HDが3000万株を超える大商いで19円高の226円と9%を
超える大幅高。ここまで出遅れ感が目立っていただけに、外国人と見られる大
口の買いが入っています。

 塩水港精糖が31円高の180円と20%を超える大幅高。昨日に世界で初
めてバイオ技術によるグルクロン酸及びグルクロノラクトン(以下「グルクロ
ン酸」)の工業的生産技術を確立したと発表し、材料視した買いが膨らんでい
ます。同社はこの新規製造方法を日本や中国、米国、タイ国、欧州連合(EU)
などで特許出願しています。

 日医工が207円高の大幅高で3000円ちょうどまで上昇。同社はジェネ
リック(後発)医薬品大手で業績好調、今期も連続で過去最高益更新が見込ま
れます。メインの市場は大証ですが、昨日に東証から第一部への上場承認を受
けたと発表。流動性向上やインデックス連動型ファンドからの買い需要が発生
すると期待され、先回り的な買いが集まっています。上場予定日は12月1日、
同日以降は東証、大証、名証で株式売買が可能となります。

 その他、ファナックが210円高の1万2180円、戸田工業が26円高の
732円、住友不動産が35円高の1845円、東芝機械が5円高の372円、
浜松ホトニクスが40円高の2787円、松屋が41円高の630円と値を上
げ、KYBは32円高の571円と年初来高値更新です。

 本日の新高値銘柄は、帝人、日本化成、出光興産、愛知製鋼、コマツ、日本
ピストン、新電元、いすゞ、KYB、大同メタル、プレス工業、ダイハツ、富
士重工・・・等々です。



☆スペシャル版(有料版)、プライベート・サービス通信

 本日も年初来高値更新銘柄が出ています。PS会員様には980円前後が狙
い目としてご紹介してまいりましたダイハツ工業、本日は39円高の1193
円と値を飛ばして年初来高値を更新。ここまで値幅にしてほぼ200円超、率
にして20%を超える上昇です。

 この銘柄は「アジアで売上げ絶好調、今期驚きの過去最高益更新で上昇余地
大の有望銘柄!」としてご紹介させて頂いた訳ですが、インドネシアを中心と
したASEAN地域で売上げが急増、これから更なる業績の増額修正によって
株価の上昇余地も大です。

 当時、「自動車株なんか・・・」という見方が市場では多かったですが、そ
んな中、敢えて「買いに利あり!」としてこの銘柄をご紹介させて頂きました
。仕込まれた方、本当におめでとうございます。改めて目標値を確認して頂け
ればと思います。

 尚、先週11月17日(水)のスペシャル版にて、「この度の中間決算にて
通期業績を増額修正した銘柄は好パフォーマンスとなる可能性が高く、押さえ
ておきたいところです」として主な銘柄をピックアップしてご紹介させて頂き
ましたが、その中から早くも多くの銘柄が急上昇となっています。

 例えば、大同メタルは連日で大幅高となり、ご紹介時に500円程度の株価
が本日は40円高の628円。いすゞ自動車も上昇して年初来高値更新、富士
重工も年初来高値更新、帝人も年初来高値更新といった具合です。他にも上昇
してきていますが、今一度11月17日号、スペシャル版を再確認して頂けれ
ばと思います。


 相場は始まったばかり。ここからが本番です。これまで株式投資で上手く行
ってない方、或いは何を買っていいか分からない方、是非ともお早めにスペシ
ャル版のご購読をご検討下さいませ。

 料金は極めて良心的、安く設定してあり、巷のとても高い情報料とは一線を
画しています。多くの皆様方のお役に立ちたい、これが根底にあるからです。
是非とも一度ご利用下さいませ。

 スペシャル版の詳細とお申込み

 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な材料                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・10月の外食売上高、前年比2.7%増 4カ月連続プラス

・10月の白物家電出荷額、前年比22%増 5カ月連続増加

・10月の企業向けサービス価格、下落止まらず 過去最低に

・10月の輸出額は7.8%増 EU向け減少で伸び率が鈍化

・三洋「ゴパン」、注文殺到で受注停止 受注再開は来年4月

・ブラジル高速鉄道、日本勢の入札見送りで韓国が受注の公算

・中国の貿易黒字、7―9月期は前年比2倍の1023億ドル

・米GM、工場設備増強で小型エンジン増産 140億円投資



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[メリルリンチ証券]
 据置き   A (6370) 栗田工業      3,400→ 3,000円
 据置き   A (6707) サンケン電気     400→   450円
 据置き   A (6770) アルプス電気         950円

[クレディS証券]
 新 規   A (4543) テルモ           5,500円
 新 規   B (6869) シスメックス        6,000円

[UBS証券]
 引上げ B→A (3401) 帝人         280→   400円
 据置き   A (6770) アルプス電気     800→   950円

[野村証券]
 据置き   A (6871) 日本マイクロニクス 1,656→ 1,521円
 再 開   A (7262) ダイハツ工業        1,600円
 再 開   B (7269) スズキ           2,000円
 据置き   A (7943) ニチハ       1,150→   750円

[三菱UFJMS証券]
 引上げ B→A (8113) ユニチャーム    3,500→ 4,000円
 引上げ B→A (8879) 東急リバブル    1,000→ 1,100円
 引上げ B→A (9502) 中部電力      2,250→ 2,500円

[みずほ証券]
 引上げ C→A (5012) 東燃ゼネラル石油   770→   970円
 引上げ B→A (5019) 出光興産      8,000→ 9,300円
 引上げ B→A (6758) ソニー       3,300→ 3,500円
 据置き   A (6676) メルコHD         5,200円
 据置き   A (3405) クラレ       1,700→ 1,900円
 引下げ B→C (5007) コスモ石油      230→   250円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記
 ※再開:保留していたレーティングを再付与
 ※価格:各証券会社が判断する妥当株価



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】今年の米年末商戦                      **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 米個人消費はGDPの7割を占めているため、必然的に株式市場においても
年末商戦期間中の消費者動向については注目度が高くなります。

 全米小売業協会(NRF)の推計によりますと、今年のブラックフライデー
を含む週末3日間の買い物客数は、前年比で最大400万人増加し1億380
0万人になる可能性があるとしています。

 また、NRFは年末商戦における1世帯あたりの支出は平均690ドル(約
5万8000円)になると予測し、世論調査会社のギャラップでは年末商戦の
平均予算を714ドル(約6万円)と推計しており、いずれも前年を上回る見
通しです。

 尚、年末商戦における売上高の前年比増減率は、08年がリーマンショック
の影響で3.9%減、09年は0.4%増。そして今年はアナリスト予想が最
大4.5%増、NRFで2.3%増の4471億ドル(約37兆5千億円)と
予測しており、過去3年で最高になる見通しです。

 また、米貨物大手のUPSは、期間中の配送量は前年同期比で約8%増と予
測しており、同業のフェデックスは同11%増で過去最高の配送量になるとの
見通しを発表しています。

 ちなみに、クリスマス商戦の勢いあるムードに乗って、感謝祭明け後からク
リスマスにかけて株式相場が上昇することもしばしばで、これを「クリスマス
ラリー」または「サンタクロースラリー」と呼びます。

 昨晩のNY市場では、消費に直結している雇用情勢の改善を示す指標(新規
失業保険申請件数)や消費者のマインドを示す指標(ミシガン大学調査の消費
者信頼感指数確報値)がいずれも市場予想よりも良い内容となったことで年末
商戦への期待が高まっています。

 また、宝飾品大手ティファニーが年末商戦に関して強気の見通しを示し、同
社の株価は株式分割調整後の上場来高値を更新。米調査会社がサイバーマンデ
ーと年末商戦全体におけるオンライションピングの売上高が前年比で1割以上
伸びると予測しており、オンライションピング最大手のアマゾンの株価が過去
1年(52週)の高値を更新するなど、「クリスマスラリー」の前哨戦のよう
な展開となっています。


___________________________________
【5】編集後記                             mailto:aqua@aqua-inter.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
感謝祭当日(今晩)は全米市場が休場となり、翌金曜日のNY株式市場は午後
1時までの短縮取引となります。感謝祭から日曜日まで連休をとる市場参加者
も多く、金曜日のNY株式市場は例年薄商いとなります。
___________________________________
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =4年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2009 http://melma.com/contents/moy2009/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 2年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。