ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2010/09/22 朝刊

2010/09/22

■ お・知・ら・せ ■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  
【人の行く裏に道あり 花の山】教訓

  今週のスペシャル版は下記内容にて本日夕方の配信予定です。


    『 秋相場、買いに利あり! 上値余地大の○6○○! 』

  
    『 イベント情報の確認と計画・実行・検証 』

 

  お申込み・詳細は・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2010/09/22 朝刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


おはようございます。aquaです。

 日経平均株価で9600円台と徐々にいい相場展開となってきた株式マーケ
ット。昨日は23円の小幅安となりましたが、先週の大幅高の後にしては非常
にしっかりであり、ここからの先高を期待させる動きです。

 テクニカル的には、新値三本足が9月6日に陽転、9月15日には75日移
動平均線を突破、そして上値抵抗線も突破するなど強気転換の兆しが出現し、
明らかに相場の流れは変わっています。


 ところで、7月1日から中国人の個人観光ビザの発給条件が大幅に緩和され
ましたが、8月25日に日本政府観光局が発表した7月の中国からの訪日は、
前年同月比2.4倍の16万5100人と月間では過去最高を記録。09年の
中国からの訪日旅行者数は約100万人でしたが、政府は今年180万人とい
う大幅増を計画しています。ただ、このくらいはまだまだ序の口。今回の緩和
によって将来的には年間4860万人と日本の人口の4割に相当する潜在的な
訪日中国人旅行者が存在するとしています。


 その「観光立国」という国策を推進する上でど真ん中に位置するのが「羽田
空港」であり、「観光&羽田」という大きなテーマ性に沿った銘柄の上値を指
向する動きが継続しています。中でも観光客に人気のハローキティなどキャラ
クター商品を手掛ける「サンリオ」の株価は年初から2倍超、昨日も71円高
の1525円と値を飛ばし、年初来高値を更新しています。また、新駅「羽田
空港国際線ターミナル駅」を開業する「京浜急行電鉄」も直近で年初来高値を
更新し、上値指向の動きが継続しています。

 ファナックも昨日320円高の1万0590円と値を飛ばしていますが、大
きなテーマとして中国の工場の省力化投資関連も見逃せません。中国政府は「
所得倍増5ヵ年計画」を揚げていますが、5年で所得を倍増させるには人件費
が5年連続で年20%上昇することを意味します。

 今、中国では工場で人間が担当していた工程を機械に置き換える動き、すな
わち工場自動化が加速していますが、これは日本で所得が倍増した70年代と
同じ動きです。モノを作るための設備・機械は必要不可欠であり、その恩恵を
享受する関連銘柄は要注目となります。

 そこで、本日のスペシャル版では、『秋相場、買いに利あり! 上値余地大
の○6○○!』としまして、その工場自動化加速によって多大な恩恵を享受で
きる有望銘柄をご紹介させて頂きます。ご期待下さいませ。


 『株式投資で上手く行かない』、或いは『どの銘柄を買ったらいいのか分か
らない』という方はこの機会に是非一度『スペシャル版』(有料版)をご利用
下さいませ。株式投資におきましては、年に何回かは必ず大きなチャンスがあ
り、そのビッグ・チャンスをしっかりとモノにすることで大きな果実を手にす
ることが出来ます。


 1ヶ月で何万円、或いは年間で何十万円という高額な情報料が溢れている中、
スペシャル版の料金は6ヶ月コース(26回配信)で僅か1万5750円(1
ヶ月当たり2600円程度)という極めてお値打ちな料金でご提供させて頂い
ています。


 もちろん、値段が安いだけでなく、上昇期待大の有望銘柄紹介、チャートの
見方、相場見通し、投資ノウハウの解説など内容が充実しているからこそ、長
年に渡って多くの方にご好評を頂いています。


 種を蒔かなければ、実も成りません。投資成果向上のため、是非一度スペシ
ャル版をご活用下さいませ。

 もちろん、本日中にお申込みとご入金のお手続きを頂きますと本日号の配信
から間に合います。


 お申込みと詳細 → https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.NY市況

 2.主な注目材料とニュース

 3.心に残る名言








――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】NY市況                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞

□ダウ工業株      10761.03(+  7.41)△0.07%
□ナスダック       2349.35(−  6.48)▼0.28%
□S&P500      1139.78(−  2.93)▼0.26%
□CME日経225先物  9575   (+ 45)大証比
□為替     (対ドル) 85.11  (対ユーロ)112.84

□半導体株指数        335.29(− 0.83)
□NY原油先物(10月限)  73.52(− 1.34)
□NY金先物(12月限) 1274.30(− 6.50)
□バルチック海運指数   2562   (−66)


 21日のNY株式市場は、FOMCの結果を受けて上昇する場面もありまし
たが、引けにかけて買いが萎みました。

 米商務省が朝方発表した8月の住宅着工件数が市場予想を大幅に上回り、先
行指標となる住宅着工許可件数も市場予想に対し上振れたことから、住宅市場
が長期低迷から脱しつつあるとの期待が高まり住宅建設株が買い優勢となりま
した。しかし、前日に主要指数が大幅上昇したことや、午後にFOMC(米連
邦公開市場委員会)の結果発表を控え、前回が結果発表直後に相場が急落した
こともあって様子見ムードが支配的となり指数は小安く推移しました。

 FRB(米連邦準備理事会)はFOMCで事実上のゼロ金利政策の維持を決
定。注目された声明文でFRBは「必要に応じて追加の金融緩和を実施する用
意がある」とし低インフレへの懸念も示すなど追加緩和への地ならしを行いま
した。声明文の内容はほぼ予想どおりだったものの、量的緩和の再開すれば潤
沢なマネーが株式市場に流入するとの期待が広がり主要指数は声明発表直後に
一時急伸。ただ、引けにかけて利益確定の売りが出て伸び悩みました。ダウは
プラスを維持し5営業日続伸、4カ月ぶり高値で取引終了。ナスダックは10
営業日ぶりに小幅反落となりました。

 業種別では、運輸、通信、資本財、ヘルスケアなどがしっかり。金融、公益、
素材などが軟調でした。

 個別では、住宅建設のKBホームやレナーが上昇。住宅市場の改善期待で住
宅建設は上昇して始まりましたが、買いが続かず上げ幅を縮小。DRホートン
やパルトグループは序盤の上昇からマイナスに転じています。

 ダウ構成銘柄では、2%高となった建機最大手のキャタピラーが上昇率首位。
次いでハイテクセクターのヒューレット・パッカードとインテル、ホームセン
ター大手ホームデポ、航空機のボーイングなど16銘柄が上昇しました。反面、
非鉄大手のアルコアを筆頭に、米銀大手JPモルガン、保険のトラベラーズ、
メディア・娯楽大手のディズニー、ソフト最大手マイクロソフトなど14銘柄
が前日比マイナスで取引を終了しました。

 ハイテク株はまちまちの展開。米半導体メモリ最大手のマイクロン・テクノ
ロジーが小幅安。フラッシュメモリカード最大手のサンディスクは大幅安。と
もにアナリストによる投資判断引き下げが嫌気されています。一方、画像処理
要半導体大手のエヌビディアやAMDが上昇し、スマートフォン関連のリサー
チ・イン・モーションが大幅高となっています。

 旅客実績の改善や原油安を背景に、デルタ航空やUAL、AMRなど航空株
の上昇も目立ちました。

 商品相場は、原油先物が反落。金先物も反落しましたが、FOMCの結果発
表を受けて通常取引後の時間外取引で一時1292ドルちょうどにまで急伸し、
史上最高値を更新しました。

 その他、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は反落。バルチック海運
指数(BDI)は7営業日続落です。

 CME日経225先物はドル建ては9575(大証比45円高)、円建ては
9525(大証比5円安)で取引を終了しました。




          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


  ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な注目材料とニュース                   **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


☆注目材料

 米連邦準備理事会(FRB)は昨日、米連邦公開市場委員会(FOMC)で
最重要の政策金利であるフェデラルファンド金利の誘導目標を年0〜0.25
%で据え置くことを決定しています。声明文では「景気回復や物価を戻すため
に支援が必要なら、追加支援を行なう用意がある」とし、追加金融緩和を講じ
る可能性を示唆しています。

 昨晩のNYダウは5日連続高。前日比7ドル高の1万0761ドルと5月
13日(1万0782ドル)以来、約4ヵ月ぶりの高値水準となっています。

 NY外為市場で円相場は、対ドルでやや円高方向に振れています。今朝6時
現在は1ドル=85円10銭前後の水準となっています。一時、85円を割り
込み84円97銭を付けています。

 昨日のNY金価格は前日比6.5ドル安の1トロイオンス=1274.3ド
ルと4日ぶりに値下がりしています。一時、時間外取引で1292.4ドルま
で上昇し、過去最高値を更新しています。


 国土交通省が昨日発表した2010年の基準地価(7月1日時点)は、全国
の全用途平均で前年比3.7%下落しています。1992年以来、19年連続
の下落となりますが、下落幅は昨年(09年)の4.4%から0.7ポイント
改善しています。3大都市圏(東京、名古屋、大阪)の下落率は3.2%と昨
年(09年)の6.1%から半減しています。3大都市の不動産市況に下げ止
まりの兆しが出ています。

 本日は、14:00に8月の全国スーパー売上高が発表されます。7月は既
存店ベースで前年同月比1.2%減(店舗調整後)の1兆0503億円と20
ヵ月連続で減少しています。7月後半の猛暑で夏物商品など好調でしたが、根
強い節約志向や7月前半の西日本を中心とした豪雨の影響などを克服すること
はできませんでした。

 16:00に8月のコンビニエンスストア売上高が発表されます。7月は既
存店ベースで、前年同月比0.5%増の6701億円と昨年5月以来、14ヵ
月ぶりのプラスに転じています。梅雨明け後の猛暑により、来店客数が増加し、
アイスクリームや冷やし麺、飲料など夏物商品が好調だったことが要因となっ
ています。

 明日、日米首脳会談がワシントンで開催されます。日米会談では北朝鮮情勢
や世界経済などを議論する予定です。日本が6年半ぶりに実施した為替介入も
焦点となる見通しです。今後も政府・日銀が介入を継続できるかどうか注目ポ
イントとなります。

 海外では、上海・深セン市場が休場(中秋節、〜24日)。米MBA住宅ロ
ーン・借換え申請指数、7月の米FHFA住宅価格指数の発表などが予定され
ています。明日(23日)は香港市場が休場(中秋節)。8月の米中古住宅販
売件数、8月の米景気先行指数(コンファレンスボード)の発表などが予定さ
れています。


◆主なニュース

・カタール国営石油、伊藤忠などと組み石化基地 事業費3400億円

・大阪地検主任検事を逮捕 郵便不正事件の押収品改ざん容疑、最高検

・尖閣沖衝突、深まる溝 日本 漁船が体当たり、中国 不法に囲まれた

・パナソニック、新株発行を見送り 三洋電とパナ電のTOB資金調達

・日本の鉄道関連、海外受注へ加速 東芝・三菱電、欧州向け営業拠点

・食品卸最大手の国分、森永製菓の子会社買収 年内、冷菓分野に参入

・アサヒ、中国のスーパードライ取扱店1000店拡大 2500店に

・たばこ、来月値上げ コンビニ・菓子会社、ガムなどの販売促進強化

・米主要企業、増配・自社株買い相次ぐ 手元資金活用、株価テコ入れ

・米住宅着工2ヵ月連続プラス 8月10.5%増、市場予測を上回る


◆経済指標等

・全国スーパー売上高(8月)
・全国コンビニ売上高(8月)

・英中銀政策委議事録(8〜9日開催分)
・ユーロ圏鉱工業受注(7月)
・米石油在庫統計(先週分)
・米住宅ローン申請指数(先週分)
・米住宅価格指数(7月)

◆企業動向

・決算発表 日本オラクル(4716:DB管理ソフト)
      アークランドサカモト(9842:新潟地盤のホームセンター)

◆その他

・中国(上海と深セン)市場は中秋節で休場



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】心に残る名言                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞




    人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。


                      ドストエフスキー






THANK YOU FOR READING MY MAIL MAGAZINE!                 by aqua
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆9月22日 今日は何の日? 六輝:仏滅
 中秋の名月、すっぽんの日、禁煙の日、国際ビーチクリーンアップデー、
 カーフリーデー


〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =4年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2009 http://melma.com/contents/moy2009/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 2年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。