ハロー株式

「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見

全て表示する >

ハロー!株式 2010/09/03 夕刊

2010/09/03

━━━ これまで株でうまくいかない方・ビギナーの方へ毎週お届け ━━━

         ア┃ク┃ア┃ ス┃ペ┃シ┃ャ┃ル┃版┃
         ━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 「いつ、どの銘柄を買えばいいの?」「現在の相場をどう見ればいいの?」

       独自の観点でaquaがやさしく解説します。
         株価チャート活用の仕方も随時掲載中!

■■ お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ■■


株式投資のPARTNER ━━━━━━━━ http://www.aqua-inter.com/

              ◎ ハロー!株式 ◎     2010/09/03 夕刊

・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・


こんばんは。aquaです。

 今日9月3日はドラえもんの誕生日です。もちろん、22世紀の未来からや
ってきているわけですから、正確には2112年の9月3日生まれとなります。

 実際、藤子・F・不二雄氏がドラえもんを世に登場させたのは1970年の
ことですが、現在は日本文化の一つして世界中に紹介されています。

 ところで、1970年と言えば、1960年に池田内閣が打ち出した「所得
倍増計画」の最終年次に当たります。

 輸出増進、雇用拡大、生活水準の引き上げが計られ、その結果、国民1人あ
たりの所得は、1960年から10年後の1970年には2.7倍になりまし
た。また、この年は大阪万博が開催された年でもあり、(昭和)40年不況後の
57カ月にも及んだ「いざなぎ景気」が終りを告げた年でもありました。

 1970年の日経平均株価は4月6日に年間高値の2534円をつけました
が、4月末には「IOSショック(投信主体の米金融複合会社の破たん)」で
急落。4月6日の高値から5月27日の1929円まで、2カ月足らずで24
%もの暴落となります。そして、この深刻な株安で大打撃を受けた個人投資家
は株式相場から離れて行きました。

 ただ、今振り返って見ると、当時の下げ相場で悲観し逃げ出してしまうのは、
その後の日本経済の成長を知っているだけに「もったいない」とさえ思えます。



……………………………………………………………………………………………
 〜目次〜          編集者:aqua[ aqua@aqua-inter.com ]
……………………………………………………………………………………………


 1.今日の相場 

 2.主な材料

 3.主な投資判断

 4.投資の肴

 5.編集後記






――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【1】今日の相場                         **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


◎日経平均    9114.13(+ 51.29)△0.57%
◎TOPIX    823.70(+  4.28)△0.52%

◎売買高概算  13億8863万株
◎売買代金概算  1兆0136億円
◎時価総額  279兆8551億円

◎値上り銘柄数 1015  ◎(年初来)新高値  5
◎値下り銘柄数  474  ◎(年初来)新安値 28
◎変わらず    178

◎騰落レシオ(25日)91.49%

◎サイコロ(日経平均)7勝5敗 ○●●●●○○○●○○○ 58.3%

◎カイリ率(日経平均)25日線比−1.36% 75日線比−4.07%
 
◎為替  (対ドル) 84.27  (対ユーロ)108.09

◎出来高上位
 1.東芝   <6502>  388円(+  4円) 49,805千株
 2.みずほ  <8411>  131円(±  0円) 47,035千株
 3.三菱UFJ<8306>  403円(+  3円) 41,777千株
 4.日立   <6501>  350円(−  3円) 36,484千株
 5.福田組  <1899>  168円(±  0円) 25,122千株

◎売買代金上位                           (円)
 1.トヨタ自 <7203> 2909円(+ 59円) 35,387百万
 2.ホンダ  <7267> 2824円(− 35円) 30,083百万
 3.東芝   <6502>  388円(+  4円) 19,363百万
 4.キヤノン <7751> 3550円(+ 45円) 18,842百万
 5.ソニー  <6758> 2485円(+ 58円) 18,805百万


◆相場概況

 外国証券の寄付前の注文状況・・・売り850万株 買い1410万株

 本日の東京マーケットは日経平均株価が3日連続高、前日比51円高の91
14円と9100円台に乗せて取引終了です。

 昨晩のNYダウが50ドル高となったことを受けて朝方から買いが先行、1
0:19には上げ幅が78円まで上昇しました。ただ、買い一巡後は今晩に注
目の米8月雇用統計の発表を控えて様子見気分が強まり、またこのところ連日
で上昇していた後だけに伸び悩み、昼過ぎには一時マイナスとなる場面があり
ました。それでも先高期待から下値での押し目買い意欲は強く、引けにかけて
再び買い直されて引けています。尚、米雇用統計の市場の事前予想は、非農業
部門雇用者数が前月比で10万人減(7月は13万1000人減)、失業率は
9.6%(7月は9.5%)となっています。売買代金は概算1兆136億円、
上海総合指数は小幅安、0.3ポイント(0.01%)安の2655です。

 業種別では、鉱業・非鉄・ガラス・化学・不動産・鉄鋼などの上げが目立ち
ます。

 個別銘柄では、三井不が21円高の1421円、三菱地所が18円高の13
24円、住友不が27円高の1666円となるなど不動産株が上昇。住宅金融
支援機構が昨日発表した長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の9月の
適用金利で、主力の21年以上のローン最低金利が年2.06%と5年4ヶ月
ぶりに過去最低を更新。低金利の継続が住宅の購入意欲を促すとの見方から買
いが入っています。政府が8月30日に決定した経済対策の基本方針で、同機
構の金利優遇措置の延長が盛り込まれたことも買い安心感を誘っています。

 クレハが13円高の426円と上昇。昨日の引け後、2010年4〜9月期
の連結業績見通しで純利益を10億円と事前計画から4億円上方修正したこと
が好感されています。自動車向け樹脂の出荷が想定以上に伸びています。
 
 コニカミノルタが21円高の797円、テルモが35円高の4445円、ダ
イキンが18円高の2971円となるなど欧州での売上高比率が高いユーロ敏
感株の一角が値を上げています。昨日の定例理事会で現行の金融政策維持を決
めた欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が、景気認識を上方修正。これを
受けてユーロが買われ、1ユーロ=108円台前半の円安水準に振れたことが
輸出採算の改善期待を誘っています。

 リコール(回収・無償修理)問題を受けて安く始まったダイハツが一転して
プラスに浮上、6円高の1121円となっています。昨日、軽自動車「ムーヴ」
と「ミラ」について計58万1192台をリコールすると発表し、これを嫌気
して始まりましたが、アジアでの事業展開好調が再評価されて買い優勢となっ
ています。2日に付けた年初来高値1139円を意識した値動きとなっていま
す。

 その他、戸田工業が40円高の689円、ステラケミファが202円高の3
121円となるなどリチウム電池関連の一角が大幅高。スター精密が44円高
の835円、カカクコムが1万8000円高の44万3000円、内需関連の
思惑買いから日本橋梁が22円高の210円、中国での拡大期待からレナウン
が21円高の217円、レナウン筆頭株主のルックも19円高の141円と値
を飛ばしています。

 羽田空港関連の京浜急行は7円高の868円と年初来高値更新、同じく関連
銘柄で羽田や伊丹中心に全国11空港で施設の運営・賃貸を担当する空港施設
が14円高の316円、羽田空港ターミナルビルの家主である日本空港ビルも
6円高の1481円。シスメックスは70円高の5470円、トラック・バス
用ブレーキで首位のTBKは12円高の314円と値を飛ばしています。

 本日の新高値銘柄は、京浜急行、富士急、メガネスーパー、ケンタッキー・
・・等々です。



          ★  『 アクア・スペシャル版 』 ★
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ビギナーの方も、なかなか上手くいかないという方もどうぞご活用ください。


  ◆お申込みは・・・ https://www.aqua-inter.com/special/post.cgi ◆


――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【2】主な材料                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


・4―6月期の企業の設備投資、9四半期ぶりに前期比プラス

・4―6月期GDP、上方修正の公算 法人企業統計結果受け

・帝国データの8月の景気動向調査、円高響き8カ月ぶり悪化

・長期金利、一時2カ月ぶり高水準に急上昇 需給悪化懸念で

・小沢氏の発言巡り閣僚から批判相次ぐ 財源論「全く矛盾」

・ISO、企業の社会的責任を明確化 新規格案を各国に通知

・中国不動産最大手、8月マンション販売額が単月で過去最高

・EU、金融監督体制の構築で合意 監督一元化で危機を防止

・米シスコシステムズ、次世代電線網関連ITベンチャー買収



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【3】主な投資判断                        **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


[ゴールドマンS証券]
 据置き   A (2914) JT        44万→  41万円

[シティG証券]
 据置き   A (1878) 大東建託          6,200円
 据置き   A (2466) PGM          86,000円
 据置き   A (6902) デンソー      2,800→ 2,700円
 据置き   A (7259) アイシン精機    3,000→ 2,800円
 据置き   A (7276) 小糸製作所     1,660→ 1,610円
 据置き   A (7283) 愛三工業       850→   800円
 据置き   B (6995) 東海理化      1,910→ 1,460円

[野村証券]
 新 規   B (3313) ブックオフ          680円

[みずほ証券]
 据置き   A (6789) ローランドDG       1,700円
 新 規   A (6929) 日本セラミック       1,900円
 据置き   C (7251) ケーヒン      1,510→ 1,470円

[大和証券CM]
 新 規   2 (2678) アスクル          2,100円

 ※3段階評価はA〜C、5段階評価は1〜5にて表記。
 ※価格は各証券会社が判断する妥当株価です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――∞
【4】投資の肴                          **
――――――――――――――――――――――――――――――――――∞


 積み荷のない船舶は軽く、スクリューなどの推進力を効率的に得るためには
船腹に海水を取り込み、船体を沈める必要があります。この時、船腹に取り込
まれる海水を「バラスト水」と言います。寄港地で積み荷を積み込めば、船体
を沈めるためのバラスト水は不要となるため排出されます。

 年間100億トン以上ものバラスト水が世界中を移動していると見られ、バ
ラスト水に含まれる微生物などが寄港地の生態系に影響を与えるとの危惧が年
々高まっています。ちなみに、資源輸入大国の日本は、空(から)の大型タン
カー(バラスト水満載)で資源国に向い、大量の資源を積んで(バラスト水を
排出して)帰ってくるため、バラスト水に関しては大幅な輸出超過となってい
ます。

 バラスト水の影響による被害としては、「日本などからもたらされたマヒト
デに豪州の養殖ホタテやカキなどが食い荒らされた」「バラスト水でメキシコ
湾にもたらされたコレラ菌により南米でが感染が拡がり、1万人が死亡した」
「北米大陸東海岸に生息するホンビノス貝が東京湾で大量に繁殖している」等
の事例があげられます。

 本来の生態系に影響を及ぼすバラスト水の移動に対する危機感の高まりを背
景に、国際海事機関は2004年に「バラスト水管理条約」を採択しましたが、
現在は「批准国30以上かつ船腹量35%以上」という条件を満たしていない
ため未発行となっています。

 ところで、今年は、地球上の多様な生物の保全を推進するため国連が定めた
「国際生物多様性年」で、この10月には日本が議長国となり生物多様性条約
第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されます。会議の主要議題
は、「2010年までに生物多様性の減少を顕著に低下させる」という目標の
達成状況の評価と次の目標の決定です。

 地球温暖化とともに「双子の環境問題」とされる生物多様性の問題は、生態
系の保全や生態系を損ねないように企業に対応を促します。また、開発などで
動植物の生息地に損失を与えた企業に対し、同等の生態系の復元を義務付け、
損失を相殺させるという考え方、いわゆる「生物多様性オフセット」を推し進
めようとの動きもあります。こうした動きは多くの企業にとってはコスト増加
要因ですが、そこに商機も生まれます。

 例えば、生物多様性への関心の高まりにより、年内にバラスト水管理条約の
発行条件が満たされる可能性が高まっています。バラスト水管理条約が効力を
持つようになれば、船舶におけるバラスト水の排水処理が段階的に義務化され、
最終的には全ての外航船舶が規制の対象になります。

 バラスト水処理装置は2〜3兆円の市場規模が見込まれ、国内ではJFEエ
ンジニアリングや日立プラントテクノロジーなどがすでに受注に成功しており、
同事業に関しては各社とも強気の見通しを立ています。韓国企業をはじめ内外
の企業が開発と受注に凌ぎをけずっており、3兆円市場を巡る争奪戦がすでに
始まっています。



___________________________________
【5】編集後記                             mailto:aqua@aqua-inter.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(序文からの続き)日経平均株価は1970年の1929円から、20年後の
1989年暮れには3万8千円と約20倍にもなったわけですが、現在の株式
相場を20年後の人が見たらどのような感想を持つのでしょうか・・・。
___________________________________
  〜 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。〜   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜皆様のご投票、心から御礼申し上げます。〜 =4年連続受賞=

◎メルマ!ガ オブ ザ イヤー2009 http://melma.com/contents/moy2009/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 2年連続での『総合大賞』

    (06年と07年はマネー部門賞第1位)


◎まぐまぐ大賞2008 http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#mon
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   「ハロー!株式」 マネー部門 第1位

    (06年から08年まで連続受賞、09年はコンテスト実施せず)


======================================================================

●内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあり
 ません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は
一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断
でなさるようにお願いいたします。


●ご意見、ご感想、広告に関するお問い合わせ等は下記までお願いいたします。
          → mailto:aqua@aqua-inter.com

●無料メールマガジンの配信登録・登録先変更、登録解除は下記にてご自身に
 てお願いいたします。→ http://www.aqua-inter.com/mailmag/list.html

●配信についての連絡事項やバックナンバーは本誌ホームページをご参照下さ
 い。
          → http://www.aqua-inter.com/


========================================================================
 発行:アクアリンクス株式会社 関東財務局長(金商)第2282号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-23  
最終発行日:  
発行周期:日刊2回朝刊夕刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。